墨絵のタグまとめ

墨絵」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには墨絵に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「墨絵」タグの記事(104)

  1. 夏の風物詩として - ナリナリの好きな仁寺洞

    夏の風物詩として

    書や絵を筆で書くなんて優雅で心豊かなことです。現代社会では実用性は乏しいけれど、季節や折に触れてアクティビティとしていかしていければと思います。夏はうちわや扇子を作ったり、七夕で短冊に字を書いたり、お盆に合わせて写経をしたり。筆を使う色んな機会があります。この夏は『笹扇子のワークショップ』と『装飾写経のワークショップ』をしました。皆さま楽しく参加してくださってありがとうございました。また来年...

  2. 『笹扇子』ワークショップの準備 - ナリナリの好きな仁寺洞

    『笹扇子』ワークショップの準備

    地味~な人数のクラスではありますが^^毎月一度『サロン』と称して書道のお稽古から少し離れた時間を過ごすクラスがあります。私がやりたいこととお弟子さんがやりたいことをするという、まさにサロンの名にふさわしいゆとりあるスタンス。ふふふ。夏ですし、サロンを予定している日のすぐあとに七夕もくるし、ということで『笹扇子』を作ることになりました。たいていは一度で完結する内容なので、サロンの内容をそのまま...

  3. 『国立うちわ市』蓮 - ナリナリの好きな仁寺洞

    『国立うちわ市』蓮

    『国立うちわ市』に出品した3つ目のうちわご紹介。画像だと骨に塗った色は黒に見えますね。でも本当は濃い焦げ茶で、私なりのこだわり調合で作った色です。蓮の花をピンクにするつもりで進めていたので、赤みを含んだ焦げ茶にした方が気づかなくても視覚にしっくりとくると考えたからです。あまり奇抜なことは好きではないので、作品にしても色合いにしても、抵抗なく受け入れられる雰囲気のものが多くなりますね。そういう...

  4. 『国立うちわ市』ノウゼンカズラ - ナリナリの好きな仁寺洞

    『国立うちわ市』ノウゼンカズラ

    前からこの時期に咲くノウゼンカズラを見るたびに素敵だなぁ、描きたいなぁと思いつつも機会を逃すことが多かったのですが、最近はこのうちわ市のおかげで毎年描けています。赤を塗る前に墨で陰影をつけたのでグッと落ち着いたノウゼンカズラになりました。渋い感じにして、骨に塗った赤の方を目立たせたかったのでいい感じです。ギャラリーのシンボルツリー、今年もノウゼンカズラ咲いています。『ノウゼンカズラ』Sold...

  5. 『国立うちわ市』波 - ナリナリの好きな仁寺洞

    『国立うちわ市』波

    毎年お誘いいただくありがたい『国立うちわ市』ですが、2021年6月17日〜29日ギャラリービブリオで開催しています。初日だけ混雑を避けるための事前予約制での入場ですが、他の日は予約は必要ありません。作品は、こんなに手をかける必要がないけどかけてみた^ ^ という路線で。今年のうちわ市が開催したばかりだけど、もしまた来年も参加できたらどれだけシンプルにできるか路線というのもやり甲斐あるかもね。...

  6. 膠の展覧会 - ナリナリの好きな仁寺洞

    膠の展覧会

    溢れる情報からすかさずキャッチしてあちらこちらと動くよりも、確実に自分の中から出ることが増えるようにモゾモゾとしていることが好きなのは若い頃からまったく変わりませんね。それでもこのネット社会になって、こんな私でも情報なるものを簡単に目にする時代〜。これは行ってみたい!という展示会があってお出かけしてきました。家からちょっと北上すればいいだけですぐに行ける場所だったのもよかったです。武蔵野美術...

  7. 持ち手と裏面 - ナリナリの好きな仁寺洞

    持ち手と裏面

    本日、無事にギャラリーにうちわを納品して来ました。連日、こんなブログを更新しているからそれしかしてないのかしら、この人…みたいになってますよね。笑こちらがひと段落したらあちら、あちらが疲れたら目先を変えるためにこちら。そんな感じで色んなことを同時進行しています。私が真剣にやるぞ〜!と思ってそうすれば、自ずと関わる方々も真剣になっていってくれるもので^ ^ 主にハングルに特化して書道教育してい...

  8. 2021年『国立うちわ市』〜蓮〜 - ナリナリの好きな仁寺洞

    2021年『国立うちわ市』〜蓮〜

    連日せっせと投稿してやっと3つ目のうちわモチーフご紹介ができました。やはり蓮は描きたいですよね〜。一年中いつ描いても素敵な題材なのですが、夏にうちわときたらやっぱりねぇ^ ^うちわの紙をはがしたり骨に色づけしたりと加工をたくさんしているので、絵の色味を多くすることは控えました。墨の濃淡をベースにして一色程度にとどめました。3枚ある蓮の葉は塗り方をそれぞれ少しずつ変えて変化を持たせました。線描...

  9. 2021年『国立うちわ市』〜ノウゼンカズラ〜 - ナリナリの好きな仁寺洞

    2021年『国立うちわ市』〜ノウゼンカズラ〜

    作品のモチーフは何でもいいとはいえ、うちわとなれば、やはりうちわらしい題材ってあります。もちろん、うちわをキャンバスにして何でも自由に描くことも刺激的ですし、そういう挑戦や表現が似合う企画でもある『国立うちわ市』。でも無難なところで^ ^ やはりうちわには季節モノや涼を感じるものを描きたくなります。蓮の花はやっぱり入れたい。そして会場ギャラリーのシンボルツリーであるノウゼンカズラも。垂れ下が...

  10. 2021年『国立うちわ市』〜波〜 - ナリナリの好きな仁寺洞

    2021年『国立うちわ市』〜波〜

    2021年の『国立うちわ市』には3点ほど出品させていただくことになっています。昨年に引き続き、シースルーな加工をしてみます。写真は工筆画の紙に描く絵の線描きまでしたところです。画面が小さいので線描きはすぐに終わります。骨をブルーに塗ったうちわは波をモチーフに構成しました。彩色、貼り付けなどの工程がまだ残っていますが、色を塗るとグッと形が見えてきてちょっと安心します^ ^伝統文様の雰囲気を残し...

  11. うちわの骨に色付け - ナリナリの好きな仁寺洞

    うちわの骨に色付け

    『国立うちわ市(2021年6月17日〜29日)』に出品する団扇の制作風景。前の投稿で骨の部分に色を塗ると話していたのですが、無事に塗り終えました。予想通りなかなか手強い作業でした。残した部分の紙が目立って見えるには、骨の部分のトーンを落とす必要がありました。もちろんトーンを落とさずに全体的に明るい印象の団扇に仕上げることもできます。が、はっきりとした色味が好みだということもあって、今回はこん...

  12. 地道な剥がす作業… - ナリナリの好きな仁寺洞

    地道な剥がす作業…

    ちょっとボーッとしていたら今日から6月に突入してました!時間が経つのは早いけれど、言われているように本当に人生100年時代なら、今年はまだ後半の人生では0歳の私。今年の誕生日から『日齢』で過ごすことにしたのですが、おかげで一日単位で時の流れを意識するようになりました。あ、でも別に一日の成果が前より上がったという意味ではなく、あくまで意識です、意識。笑。もう先日には無事に31日齢を迎えまして、...

  13. 『国立うちわ市』制作風景 - ナリナリの好きな仁寺洞

    『国立うちわ市』制作風景

    昨年の『国立うちわ市』には、うちわの一部をくり抜いて、そのくり抜いた部分にまた紙を貼って絵を描くというバージョンで出品しました。お寺の書院から外の景色を眺めるイメージだと、とても優雅な褒め言葉をいただきました♡実は昨年の手法は、今年の制作に繋がるコンセプトでした。これまでもやってみたいな〜という事はたくさんたくさんあって、でも色んな言い訳でその二割も手をつけないで来てしまったことへの残念感が...

  14. 『国立うちわ市』にお誘いいただきました - ナリナリの好きな仁寺洞

    『国立うちわ市』にお誘いいただきました

    京橋でいただいたお花やお菓子で閉幕後も幸せが続いております。一日でもお花を長く楽しもうとお世話お世話^ ^おや?お花の下にあるものは…。そうです、今年も有難いことにお誘いいただいた『国立うちわ市』のDMです。実は昨年の作品から続いているコンセプトで制作予定だったので、誘っていただけてよかった^ ^ギャラリーから支給されたうちわ3枚をきちんとした形にして納品しなくては!ハングル書道の臨書作品も...

  15. 完成して額に入れました - ナリナリの好きな仁寺洞

    完成して額に入れました

    京橋 ギャラリーくぼたには二点出品しました。雲母を撒いたり金箔を貼ったりしていた作品はこんな感じに仕上がりました。仮名料紙のイメージから絵画的に仕上げましたが、タイトルは『祈誓』です。タイトルに合うように少し重厚感のある画面にしました。最後に少し暖色を入れましたが、エブルにも茶系の顔料を使っているのでしっくりきたと思います。観覧してくださる方々が『和風な感じのするエブル』と話しているのが聞こ...

  16. 制作途中 - ナリナリの好きな仁寺洞

    制作途中

    エブル(マーブリング)にあれこれ手を加えてここまできました。丸く穴をあけたところにサラサラと字を書くことにすれば、文字を書くための料紙としてそれなりに成立します。ただ、何がなんでも字を書きたくて紙を装飾するのかと言われれば、私はどうかな…。字は好きだけど固執しているわけでもないので、単に綺麗な紙を作りたいという気持ちもあります。ということで、字を書くことを前提にしないで装飾紙を作るという方向...

  17. 4月の描きぞめ - キッズクラフト子ども絵画造形教室・大阪市淀川区と豊中・箕面 

    4月の描きぞめ

    コロナでお休みしていた描きぞめを仕上げています。プチコースの子は自分の背丈よりも大きい紙に描いています。ブロッコリーの粒が見えるねひなちゃん5才!墨を磨って色を試して滲ませてみんなで1枚ウォーミングアップ色を塗るのもそりゃ大変野菜の色は何色でできるの?絵具の色、そのままだとちょっと違うアートコースの美紀先生が「チョンチョンの術」を全員に伝授少しの量で色が変わる変わる・・・!みんな見つめながら...

  18. 【 大好きなRalphLaurenのPOLOとBrookbrothersのポロシャツ 】 - 朝野家スタッフのblog

    【 大好きなRalphLaurenのPOLOとBroo...

    (墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)朝野家は2/15日〜18日の4日間休館日。時間は取れるはずだが、会議や面談が続く、会議の合間を縫って、再来週2/24日の朝野家・香りの散歩道の挿絵「ポロシャツ」を画いた。大好きなRalphLaurenのPOLOとBrookbrothersのポロシャツ。アメリカ合衆国で創業された世界最古の紳士服販売店およびそのブランドが、Brook brothersで、リンカー...

  19. コンパネやっと設置! - ナリナリの好きな仁寺洞

    コンパネやっと設置!

    今年もあっという間に師走がやってきました。といっても、世の中がこんな状況だからあっという間ということもなく、いつも通り時間が過ぎるのが早いという感じ。その中で今年を振り返ると、長い歳月の間に少しずつ積み重ねた妥協や迎合や誤魔化しなど、私の良くない部分にメスを入れることができた一年だったように思います。いろんな側面で節目だと感じていた時期だったので、日常の中で惰性に変わってしまった物事を整理し...

  20. サロンクラスで秋の風物詩を描く〜 - ナリナリの好きな仁寺洞

    サロンクラスで秋の風物詩を描く〜

    葉書サイズを繋げて折帖の状態になったものに描きました。7枚連なっているので、モチーフも秋にちなんだものを7種類。何を描くかはお弟子さんとその場で決めました。お弟子さん達も時間内に7個、上手に描けました^ ^コスモス、かぼちゃ、ススキ、いが栗、もみじ、葡萄、キノコ余白にも字を書けるとまた完成度が上がりますね。時間のある時にそこまでできたら、また完成品としてブログに載せてみます。描いているシーン...

総件数:104 件

似ているタグ