墨のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには墨に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「墨」タグの記事(27)

  1. つなぐ - 書をつま弾く、そして歌う。

    つなぐ

  2. つなぐ - 書をつま弾く、そして歌う。

    つなぐ

    しばらく「つなぐ」が続くかも?

  3. 椿(Camellia) - 栗原永輔ArtBlog.

    椿(Camellia)

    コンセプト:椿を装飾的に表現環境・素材:水干絵の具墨顔料和紙実寸サイズ:F30号(91.0×72.7cm)製作期間:2019年制作製作期間2週間コメント:「2019近美関東美術展」出品作品A concept: A camellia is expressed.The environment and the material: Water coming to an end paint Ink ...

  4. 椿(Camellia) - 栗原永輔ArtBlog.

    椿(Camellia)

    コンセプト:椿を表現環境・素材:水干絵の具墨顔料麻紙実寸サイズ:S4号(33.3×33.3cm)製作期間:2019年制作製作期間1週間A concept: A camellia is expressed.The environment and the material: Water coming to an end paint Ink A pigment Hempen paper.Si...

  5. 刹那生滅   (藍と出会って危うい選択) - 桃蹊Calligrapher ver.2

    刹那生滅 (藍と出会って危うい選択)

    墨色を考えていた時墓じまいのため訪れた街で藍に出会って、危うい方を選んでしまう私のアンテナ。色を失うという退色は、老いを重ねること。至極当たり前で、老いていけば病も死も待っている。有機のものは皆そうである。私はまだ元気に生かされている。次の制作が頭に充満していたある日、藍が そこにあった。いろいろなことが頭の中で化学反応を起こしていた。こんな言葉が印象に残った。「藍は色落ちしますか?」と聞か...

  6. 椿(Camellia) - 栗原永輔ArtBlog.

    椿(Camellia)

    コンセプト:椿を表現環境・素材:水干絵の具墨顔料麻紙実寸サイズ:SMサイズ(15.8×22.7cm)製作期間:2019年制作製作期間1週間コメント:個人蔵動画(Movie)URLhttps://www.youtube.com/watch?v=n4HeBILZky4A concept: A camellia is expressed.The environment and the materi...

  7. 炎(Flame) - 栗原永輔ArtBlog.

    炎(Flame)

    コンセプト:天高く舞う炎を装飾的に表現。環境・素材:鳥の子和紙墨顔料実寸サイズ:M10号(33.3cm×53.0cm)製作期間:2019年制作製作期間1週間A concept: A flame is expressed. The environment and the material: Japanese paper Ink Pigment.Size: 33.3cm×53.0cmMaki...

  8. 炎(Flmae) - 栗原永輔ArtBlog.

    炎(Flmae)

    コンセプト:天高く舞う炎を装飾的に表現。環境・素材:鳥の子和紙墨顔料実寸サイズ:P8号(45.5×33.3cm)製作期間:2019年制作製作期間1週間動画(Movie)URLhttps://www.youtube.com/watch?v=vpn-mwwz1A0feature=youtu.beA concept: A flame is expressed. The environment an...

  9. 炎(Flame) - 栗原永輔ArtBlog.

    炎(Flame)

    コンセプト:天高く舞う炎を装飾的に表現。環境・素材:鳥の子和紙墨顔料実寸サイズ:P6号41.0×27.3cm製作期間:2019年制作製作期間1週間コメント:「第46回近代日本美術協会春季展」出品作品動画(Movie)URLhttps://www.youtube.com/watch?v=QDp-Hqu83o0feature=youtu.beA concept: A flame is expre...

  10. 古梅園墨譜後編 - 玲児の蔵書

    古梅園墨譜後編

    文房四宝にちなんで、古梅園墨譜後編安永二年の発行を紹介してみます。前南京(奈良)八景墨紹介したときは、画像の質がよくなかったので、少し改良しました。貧架にあるのは、不全本4冊ですが、本来は五冊本で序・天・地・玄・黄いう5冊本です。ただ、絵があるのは、天・地だけで、天は「唐方式」(中国風の墨)、地は「和方式」(日本風の墨)のはずなんですが、唐方式の中に仏足石墨なんかが入っています。江島碑墨とか...

  11. 墨精 - 玲児の蔵書

    墨精

    詹大有の「墨精」墨1対の一本、75mmx11mmx9mmものすごく細く小さい角柱である。光沢のある表面・剥落したらしい珠のあとの穴、などをみると、まあ良いほうだと思う。側面には「詹大有監製」頭には金泥に「乾行氏」背面には金泥の長方形面に「詹大有製?」という文字が入っている。試墨してみてもまずまず良かった。

  12. 墨の懐 - 原初のキス

    墨の懐

    黒というのは比較的注意して使った方がいいと、絵を描く少なからぬ人々は思っているだろう。黒は強い色で他を圧倒しやすいし、例えば影とか暗いとか言っても実際は別のものの色が反射していたりするのでいわゆる真っ黒というのは稀なのである。絵具の黒は何種類かはもちろんあるが、使う時そのまま使うのではなく例えばアイボリーブラックにウルトラマリンを混ぜるなどして色味を加える方が使いやすい。ところで最近よく作画...

  13. 孫へ送る墨探し - 島暮らしのケセラセラ

    孫へ送る墨探し

    孫が日本語学校で月に一回書を学ぶため父が使っていた墨を1本だけ同梱しようと探した使用済みやそうでない墨が沢山残っているこの中から孫が使えそうな墨を見つけよう~色々見ていると墨の裏には文字が・・・細かい細工には中国の風景や人物や自然を感じられるこれらは元町通りの書道専門店や百貨店などの催事の時買い足し買い足ししながら集めた物だと思われる父が集めて使った墨をひ孫が使うなんてきっと父は喜んでいるだ...

  14.   workshopより 人はまるで書の如く - 桃蹊Calligrapher ver.2

    workshopより 人はまるで書の如く

    人はまるで書のようです。アトリエワークショップ表現方法をお伝えするだけ、墨の面白さを語るだけのワークショップの中で、出逢った人の数だけ物語があることを興味深く感じます。 ピースカード関西展 ワークショップ 文字を使わない表現 墨象墨という千年以上残る有機のものが、不可思議な、偶然ではない十人十色の景色を見せてくれます。私にとっては人は書のようであり...

  15. 2020年へ輝く!5色の夢 ④黒 - ムッチャンの絵手紙日記

    2020年へ輝く!5色の夢 ④黒

    黒、、、墨でくるくる渦巻き線皆で大きな紙に渦巻き線、貼るのが大変でした。。

  16. シャーレの中の玉虫色 - スズキヨシカズ幻燈画室

    シャーレの中の玉虫色

    古道具屋で上蓋面が磨り硝子のように使い込まれた「シャーレ(ペトリ皿:培養実験用硝子平皿)」を見つけたので、中に何を入れるのが相応しいかと考えて、、『玉虫』を入れました。僕が「姉(あね)」と呼ぶ笠間(茨城県)の陶芸家しがみさこ氏の工房・自宅の庭にある「榎木(エノキ)」だったっけ?何の木だけ姉さん?、とにかく玉虫が好む木が植えれていてその木の周りを「ブンブン」とたくさんの玉虫が飛び交うのだそうで...

  17. コガタスズメバチ - スズキヨシカズ幻燈画室

    コガタスズメバチ

    大阪の友だちに電話をしました。不幸中の幸いにも(家の中のモノが壊れはしましたが)友人にもその家族にもケガはなかったそうです。少し安心しましたが、被害を受けられた方々に心からお見舞い申し上げます。まだ余震は続くかと思われます。自然の成せる技。予測も出来ないコトですが、どうぞそれに備えて下さい。はやく日常がもどりますように。@自宅の軒下にコガタスズメバチの巣が出来ていました。2015年の8月にオ...

  18. しるし - スズキヨシカズ幻燈画室

    しるし

    印(しるし)が、隠されている。つねにそこに在ったかの様に。しるしが、隠されている。@

  19. モリのいる場所 - スズキヨシカズ幻燈画室

    モリのいる場所

    朝起きて洗面所で顔を洗って歯をみがき、コンタクトレンズを入れました。途端、右目に違和感を覚えて瞬きしたら右目から三分の一が欠けたコンタクトレンズが、ぽろりと落ちたました。洗面台の上に残りの三分の一の欠片を、探してみても見当たらないのです。と言うコトは、目の中に残っていると言うコトなのです。(あ〜やだやだあ〜やだやだ)右手親指と人差し指とで右目を見開かせ、目玉をギョロギョロ回転させながら左手の...

  20. 墨 - スズキヨシカズ幻燈画室

    幼稚園からいっしょの友だちのさとし君といっしょに大判のカメラを持って写真を撮りに廃線路の終点にある小さな町まで行ったのです。誰もいない町でした。なのに水田は青々として水を湛え、畑には作物が植えられていました。さとし君が紙風船の様にふくらんだ茶色の紙袋を僕に手渡しました。ねじって閉じられた紙袋の口を開くと中には黄色い鳥が二羽いて、上を向いて僕を見ました。でも僕はすぐに気づきました。二羽の鳥は僕...

総件数:27 件

似ているタグ