夏期休暇2021のタグまとめ

夏期休暇2021」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには夏期休暇2021に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「夏期休暇2021」タグの記事(13)

  1. 夏期休暇2021最後の日はガーデニング2021.08.01 - ひだかの山に癒やされて

    夏期休暇2021最後の日はガーデニング2021.08.01

    11連休を取得できた夏期休暇2021(7月22日~8月1日)。二人の医師が代理を務めてくれた。無床診療所は入院患者は居ないけど、特養入所者の病気の管理と救急・急患対応がある。早朝、日高門別に雨が降った。時折「お湿り」程度に雨が降るけど熱波で土はすぐに乾く。それでも「水やり」作業は軽減される。ユリ科最大のカサブランカ、巨大な白い花と強い芳香♪八重咲きのため、蕾状態から開花まで1週間以上かかった...

  2. 十勝岳2077m~夏山終焉2021.07.31 - ひだかの山に癒やされて

    十勝岳2077m~夏山終焉2021.07.31

    猛暑が続く北海道。エアコンで涼めば京都と何の変わりも無い生活。室温23℃で汗をかいて目覚めるので、エアコンの設定は扇風機と組み合わせ神経を使う。夫婦+息子(普段は私を除く)の家に、エアコン2台、扇風機6台が稼働。夏バテで山行き2パスで、気がつけば夏期休暇は7月30日(金)で終わりWeekend Hikeに。登山口の標高が高く、なるべく朝早く歩き正午までに下山したい。十勝岳、それも十勝岳温泉(...

  3. 北鎮岳2244m~下山編2021.07.28 - ひだかの山に癒やされて

    北鎮岳2244m~下山編2021.07.28

    チングルマの果穂私の髪もフサフサして欲しい(笑)11時27分北鎮岳を下山し中岳に戻る。この時間は高山蝶は姿を消す習性がある(トンボ襲来)。御鉢平(大雪山火口)の縁を中岳分岐に戻った。ここから裾合平に下る。裾合平を経て当麻乗越から北鎮岳、いつか歩きたい。あの尖り(愛別岳(未踏))も「宿題」に。中岳温泉を見下ろす。白馬槍温泉(標高2100m)の100分の1スケールだけど野趣が良い。コロナの影響で...

  4. 夏期休暇2021最後の日の猛暑2021.08.01 - ひだかの山に癒やされて

    夏期休暇2021最後の日の猛暑2021.08.01

    本日2回目の投稿になります(初)。予約投稿記事が先に進みタイムラグが生じてしまった。Tokyo2020、日本人アスリートが「世界」を相手にメダルラッシュ(素直に嬉しい)。熱帯気候に近いTokyoで欧米を負かしても地の利を活かしたとしか言えない部分も。コロナデルタ株(インド株)の猛威を何と心得ているのか(知らないふり?)。平和ボケした日本人の40代以下、バブル崩壊後アメリカに次ぐ世界2位の経済...

  5. 北鎮岳2244m~山頂展望編2021.07.28 - ひだかの山に癒やされて

    北鎮岳2244m~山頂展望編2021.07.28

    10時58分、北鎮岳山頂に立つ。オプタテシケで壊した三脚を更新して初使用。山頂からの展望を動画で紹介します。5年前11歳の息子と2回目の登頂、初登頂は1984年7月15日、今回が天気は最高だ。夏バテで登頂に4時間25分もかかり、5年前より20分遅い。西に比布岳に隠れていた愛別岳2113mを初めて見た(これまではガスで見えず)。ズームしてみるとなだらかな大雪山系では一番尖って見える。前穂高岳の...

  6. 北鎮岳2244m~お鉢平編2021.07.28 - ひだかの山に癒やされて

    北鎮岳2244m~お鉢平編2021.07.28

    続き:旭岳山頂南側から、東から南の90℃の展望を動画で紹介します。動画では風の音がうるさいけど、北海道の低山とは言えこれ以上涼しい所は無さそう。8時50分旭岳を後にした。後旭岳2216mに挟まれた残雪を下る。テン場が見えている(トイレ無し)。テントサイトへの脇道からチングルマを入れて旭岳。後旭岳と遠くニペソツは雲に隠れ石狩連峰を望む。イワギキョウと荒井岳。旭岳からお鉢平の地図を示します。北海...

  7. 北鎮岳2244m~旭岳編2021.07.28 - ひだかの山に癒やされて

    北鎮岳2244m~旭岳編2021.07.28

    夏期休暇2021、7日目。日帰り登山なら奇数日目に山に行けば5日以上山に行ける11連休。(4連休+夏期特別休暇3日+有給休暇2日+土日の連休)公務員は有給休暇等福利厚生が充実しているけど、代診医が確保されなければ病気でも休めない。夏バテで5日目(26日)の山行は1回パス。予定していた山行は体力的に無理と分かり、苦しいだけの修行山行は「楽しい夏休み」に似合わない。27日旭川の気温は36℃を超え...

  8. 猛暑に夏バテ~医師住宅の向日葵2021.07.27 - ひだかの山に癒やされて

    猛暑に夏バテ~医師住宅の向日葵2021.07.27

    7月25日ヒマワリが開花した🌞夏期休暇2021、四日目の25日は医師住宅の掃除兼ガーデニング。結婚以来、頑なに家事を一切しない「亭主関白」、掃除は家内に私はガーデニング。27日(火)の向日葵の咲いた表庭中央花壇。かなり出来上がってきたけど、まだまだ。ルピナスに50坪、コスモスに50坪与えても余りある広さ。25日(日)医師住宅にコスモスが開花した。ちなみに「亭主関白」と...

  9. 白雲岳2230m~緑岳から下山2021.07.24 - ひだかの山に癒やされて

    白雲岳2230m~緑岳から下山2021.07.24

    続き:10時35分避難小屋から大雪主従走路を離れ緑岳(松浦岳)へ向かう。まだ午前なので重装備の登山者達が白雲岳避難小屋のテント場に泊まるとは限らない。快適で人気のテン場なので殆どが泊まるとテン場は溢れそう。雪渓から白雲岳(避難小屋)を振り返る。昨年は視界数メートルでこのロープに助けられた(GPSを使わなくて済んだだけ)。10時44分、標高1935m、高原温泉へ注ぐ沢の源流でカフェタイム。暑さ...

  10. 白雲岳2230m~白雲岳から避難小屋2021.07.24 - ひだかの山に癒やされて

    白雲岳2230m~白雲岳から避難小屋2021.07.24

    続き:白雲岳で早い昼食を食べた。ブログに書いて始めて時間を知ったのは、時計も地図も持たない気ままな散策のため。いつも時間に追われた生活から解放され大自然を満喫した。ただ、記録に残すため写真を撮る。ガスがかかり暑さがマシになる。9時37分、白雲岳を後にした。ヨツバシオガマとエゾミヤマクワガタ。大雪主従走路を避難小屋へ向かう。左に緑岳。ここは高山植物の宝庫だった(残雪が溶けると咲き乱れる)。メア...

  11. 白雲岳2230m~赤岳から白雲岳2021.07.24 - ひだかの山に癒やされて

    白雲岳2230m~赤岳から白雲岳2021.07.24

    続き:5時57分に銀泉台を出発し8時4分赤岳に到着した。時計も地図も持たない「花見散策」で時間を自由に使おうという、夏期休暇2021山行ならではの企画。時間は気にしていないけど、赤岳の登頂に2時間を越えていたとは、気ままな山行ならでは。赤岳山頂の岩に登って北北西の展望、右の烏帽子岳2072mがランドマーク的存在感、黒岳1984mは雲がかかり、凌雲岳2125mがなだらかな山容を見せる。手前の五...

  12. 白雲岳2230m~赤岳編2021.07.24 - ひだかの山に癒やされて

    白雲岳2230m~赤岳編2021.07.24

    東岳2067mを左に、遊歩道を行く涼と高山植物を求めて「天上の楽園」へ普段は陸の孤島「日高地区」の僻地医療を担い、年に1回夏期休暇が頂ける。医師の働き方改革の一環で、過去の僻地医療のイメージ(365日間24時間勤務(拘束))とは随分変わってきた。私のブログの読者は、この人本当に仕事しているのだろうか?と思われているかも(笑)。折角の夏期休暇2021思いっ切り羽を伸ばしたい所だけど、コロナのた...

  13. 羊蹄山1898m~喜茂別コース2021.07.22 - ひだかの山に癒やされて

    羊蹄山1898m~喜茂別コース2021.07.22

    若年層中心にデルタ株の爆発的流行前夜のTokyo2020が始まった。「海の日」が22日、「スポーツの日」が23日で土日を挟み、26日(月)~30日(金)に夏期休暇を取得した。31日(土)、8月1日(日)を含め11連休、鹿児島(奄美)から医師が21日11時前に到着した。代診医が確保されて初めて夏期休暇が取得出来るため、1年前から「予約」していた。コロナ第五波(日本)は最大感染者数を記録するはず...

総件数:13 件

似ているタグ