夏物のタグまとめ

夏物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには夏物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「夏物」タグの記事(35)

  1. 10月の綿麻 - メダカと過ごす一日

    10月の綿麻

    9月に一度着用して洗っていなかった綿麻の着物を10月初旬に着るかどうか迷ったが、予想最高気温28℃だったので着てしまった。体感的には快適!動くとまだ汗をかく気温なので、綿麻の薄さとシャリ感が心地よかった。中の襦袢は洗える単衣。10月になると着物も襦袢も夏物ではさすがに軽すぎるので、襦袢を単衣にして袖や裾に季節相応の重さを出せてよかったと思う。(夏の襦袢に塩瀬の半衿を付けるのが面倒だっただけな...

  2. 今年の夏は上布を着なかった - メダカと過ごす一日

    今年の夏は上布を着なかった

    茶道教室。夏の間はお洋服でお稽古に通っていたが、この日は久し振りに着物で。シルックの江戸小紋。この日は且座之式のお稽古をする日で、もし半東に当たったら動きが激しくなるので、シワになりやすい麻の着物を着るのは諦めた。実際に当たったのは東で半東の次に動く役だったので、まあ麻を回避してよかったかな。次のお稽古は9月中旬に近くなるので、麻も今回の絽もやめて綿麻になりそうだ。今夏の薄物はこれが最後の予...

  3. お稽古着の膝下が汚れる問題 - メダカと過ごす一日

    お稽古着の膝下が汚れる問題

    茶道のお稽古着にしているシルックの絽小紋。薄い水色に江戸小紋柄が切り嵌めになっていて、一見無地っぽく見えるもの。シルックは正絹よりは少し着心地が暑いが、毎回着るたびに洗濯機のソフト洗いで洗濯して部屋干しすれば翌朝にはスッキリ乾いているのが気楽でたまらない。しかし先日部屋干ししているときに、膝下の汚れに気が付いた。上前の膝下なので、お稽古場で正座したときに付いた汚れだろう。この汚れ、着用時や床...

  4. ゲリラ豪雨にも慣れてきましたが - メダカと過ごす一日

    ゲリラ豪雨にも慣れてきましたが

    シルック小紋に向日葵柄の帯。お太鼓にはドカンと向日葵の花が一輪咲いているけれど着た状態でお太鼓を写真に撮る機会がなかなか無く。胸がずいぶんモタッとしているな。夏なので帯板をゴムベルト付きのヘチマにしたのだが、ゴムベルトに余裕がなくてまるで伊達締めのようにウエストを締め付けるので胸を強調する感じになってしまったようだ。そのヘチマ帯板はしっかり厚みがあって帯への汗移りを防いでくれそうなので好きな...

  5. "BUY1 GET1 50%OFF SALE"!!!!! - 「NoT kyomachi」はレディース専門のアメリカ古着の店です。アメリカで直接買い付けたvintage 古着やレギュラー古着、Antique、コーディネート等を紹介していきます。

    "BUY1 GET1 50%OFF SALE...

    こんばんは、かんです!本日もご来店ありがとうございました🌟まずはセールのお知らせです‼︎《BUY1 GET1 50%OFF SALE!!!》突然ですが、明日よりSALEを開催いたします!セール内容は、2点ご購入の際でどちらか単価の低いアイテムが50%OFFです!なお並行してオンラインショップは全品20%OFFのセールを行います!セール期間は8月23日(日)までとなりま...

  6. ”週末も宜しくお願い致します”‼︎ - 「NoT kyomachi」はレディース専門のアメリカ古着の店です。アメリカで直接買い付けたvintage 古着やレギュラー古着、Antique、コーディネート等を紹介していきます。

    ”週末も宜しくお願い致します”‼︎

    こんばんは、かんです!連休中もたくさんのご来店ありがとうございます!明日明後日の週末に向けて、さっぱりとした夏アイテムを並べております。明日も宜しく御願い致します!本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!明日のブログも、お楽しみに💓NoT kyomachiオンラインショップがOPEN!!!!!素敵なアイテムを随時追加しております。↓↓↓↓↓↓↓↓↓2号店...

  7. オンライン更新中! - 「NoT kyomachi」はレディース専門のアメリカ古着の店です。アメリカで直接買い付けたvintage 古着やレギュラー古着、Antique、コーディネート等を紹介していきます。

    オンライン更新中!

    こんばんは、かんです!本日もご来店ありがとうございました🌟久しく会う方が多い一日…。楽しい一日でした‼︎そして時間がありません…。毎日オンラインも少しずつアップしています♪着用画像も後日追加しておきますので、ぜひご覧下さい♪本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!明日のブログも、お楽しみに💓NoT kyomachiオンラインショッ...

  8. 銘仙の羽織から - タンバタンの洋裁大好き

    銘仙の羽織から

    曾祖母の羽織が出てきたので洗ってみました。まだまだ使えます夏の簡単着易いチュニックを縫います銘仙ですので力のかかるものは作れませんよろしければポチッと押してください。励みになります。

  9. シルック着物夏のまとめ - メダカと過ごす一日

    シルック着物夏のまとめ

    大寄せ茶会。シルックの単衣色無地に、綴れ八寸帯。綴れ帯は茶会で重宝すると聞いたので、ネットでリサイクルのものを購入してみた。軽くてこの季節には快適だったが、着付けの時に引き締めようとしても滑りが悪くて全然締まらない!前帯もお太鼓も柄が思ったところに出なくて、悪戦苦闘したので着付けの時から余計な汗をかいてしまった。着物と帯の色味が地味目なので、帯揚げと帯締めをキレイ色にしてみたけれど浮いている...

  10. 着物のはしご - メダカと過ごす一日

    着物のはしご

    呉服店のはしごをしたという話ではない。1日に2回、別の着物で出かけたという話。今週も茶会があり、朝早くに家を出て昼前に帰宅した。こんなに早く帰宅するとは思っておらず時間も体力も余っているので、他の日に出かける予定だった場所にこのまま行ってしまおう!と思い立つ。用事の一つが草履の鼻緒の調整なので着物のまま行くのが都合がいいが、シルック色無地のままでは暑いし堅苦しい。そこで着物と帯を取り替えるこ...

  11. 大雨の茶会 - メダカと過ごす一日

    大雨の茶会

    大雨の中を茶会に出掛けた。シルックの絽色無地に絽名古屋帯。襦袢もシルック。当日は時折土砂降りになるような荒れた天候になった。でも洗える着物と襦袢、雨コート、防水足袋カバー、ドーム爪革付き雨草履の組み合わせなら雨が強くても結構平気だと感じた。コートは裾まですっぽり覆ってくれるしドーム爪革も足袋カバーもしっかり足元を守ってくれる。着物の裾が濡れたとしてもタオルで拭けば湿り気は無くなるので、待合や...

  12. 天候に振り回される - メダカと過ごす一日

    天候に振り回される

    茶道教室の前日、着ていく着物と帯を選ぶ。着物はこの夏最後のシルックの絽小紋。帯は、この夏一度も出番がなかったヒマワリ柄を明日こそ使いたい。小物までコーディネイトして就寝。翌日起床したら、土砂降りの雨だった。前日の天気予報では曇りだったのに窓の外が見えなくなるほどの土砂降りで、いくらなんでもヒマワリ柄はそぐわないように思えたので慌てて化繊の献上柄夏帯に変更した。着物も帯も化繊だと着ていてテンシ...

  13. 素材と織りかた - メダカと過ごす一日

    素材と織りかた

    茶道教室へ。絽のシルック小紋正絹の名古屋帯前回この着物にシルックの絽襦袢を合わせた時は結構暑くて、お稽古中もずっと汗をかいていた感じだった(お稽古場は冷房が控えめなので)。今回は襦袢を麻の絽に替えたら前回よりも快適で、熱が体にこもる感じが少ない。この組み合わせなら夏のお稽古や茶会でもまあ大丈夫そうな気がする。そして肌着は、なんと晒しを巻いただけ!でも晒しはちょっとピンとこなかった。結構きつめ...

  14. 夏向きの数寄屋袋 - メダカと過ごす一日

    夏向きの数寄屋袋

    ※数寄屋袋を自作した話ですが、寸法や型紙などの詳しい作り方は載せていません。私も他のブロガーの方々の情報を使わせていただいているので…検索してここに辿り着いた方には申し訳ありません。覚書として、ある程度の流れを写真で紹介しています。シルックの一ツ紋絽色無地が仕立て上がってきた。相変わらず無難な感じだが、これで春夏秋冬の茶会用の着物が(最低限だが)揃ったのでホッとしている。シルックの残布を眺め...

  15. シルック絽小紋で4枚重ね着… - メダカと過ごす一日

    シルック絽小紋で4枚重ね着…

    前日に京都で麻着物の着心地の良さを味わった翌日、お稽古でシルックを着た。麻着物は他にもあるのだが、夏のシルックがどの程度暑いのか、本格的な暑さの前にできるだけ試したかった。襦袢は麻の絽にするはずが、半襟をつけ忘れていたので着物も襦袢もシルックになってしまい、さらに汗から帯を守るために少し厚手の肌着を着て上には紗の道行も羽織ったので、夏にしては中々の重ね着になってしまった。8月に大寄せ茶会に行...

  16. 初めての宵山能 - メダカと過ごす一日

    初めての宵山能

    近江上布に麻襦袢絹シナ布の八寸帯あー、麻は軽くて涼しい!(今更)この夏はお稽古でシルック絽小紋しか着ておらず、シルックの絽も恐れていたほどには着心地が悪くはないが、やはり麻の方が断然好きだ。麻のほうが軽くて空気の通りが良いのはもちろん、汗をかいても外に放出してくれる感じがシルックにはない。お稽古に麻の着物は向いていないと思いつつ、8月のお稽古は麻着物にしてしまおうかなあ。この夏も、着物で京都...

  17. "ショーツ始めました"‼︎‼︎! - NoT MUROMACHI 4号店

    "ショーツ始めました"‼︎‼︎!

    こんばんは、かんです!本日もご来店ありがとうございました‼︎NoT Muromachi オンラインストア↓↓↓↓↓こちらもチェック宜しくお願い致します。梅雨が明ければ真夏。ショーツ苦手です、という声もよく聞きますが一度履いてみると意外に良いもんなので是非試してみてください。手短となりましたが、本日は以上です‼︎気になる方おられましたら是非店頭までお越し下さいませ。インスタグラム初めました!!...

  18. 似たようなのばっかり - メダカと過ごす一日

    似たようなのばっかり

    6月のある日、着付けの時間がなくて引き出しから夏物の帯揚げをガバッと掴み取ったときの写真がこちら。あーあ、似たような色ばっかり…買うときは薄手の色が涼しげに思えてしまうのだけど、手持ちの夏着物や帯も薄手の色が多いので小物までこれでは全然締まりがない。帯締めも夏物は似たような感じで、茶道のお稽古やお茶会だと三分紐に帯留でアクセントをつけるわけにもいかないのでどうしようもない状態。去年の夏の時点...

  19. 夏のシルックに挑戦 - メダカと過ごす一日

    夏のシルックに挑戦

    絽シルック江戸小紋絽塩瀬の名古屋帯…夏に化繊の着物は、できるだけ着たくないと思っていた。10年以上前、着物初心者の頃に化繊の絽小紋と化繊の絽長襦袢で外出したら、途中で体内に熱がこもって息ができなくなり「どこかで着物を脱がないと危ないかも」と本気で考えたほど苦しくなってしまったのだ。その時はクーラーが効いたカフェに飛び込んで冷たいジュースとお水を何杯か飲んでいるうちに徐々に呼吸が回復してきて助...

  20. 中之島香雪美術館/「茶席を彩る中国のやきもの」 - メダカと過ごす一日

    中之島香雪美術館/「茶席を彩る中国のやきもの」

    阿波しじら絹シナ布の八寸帯このところ、いただき物のピンク系の着物を着ることが多かったので、久しぶりに地味系の着物を着た。地味と言っても白が入っているので暗くはないが、こういう色合いはまるで実家に戻ってきたかのような寛いだ気持ちになる(笑)ピンク系の着物も決して無理して着ているつもりはないのだが、気付かぬうちに「お出かけ着」と感じているのかも。その点、この着物は色といい素材といい普段着感覚の着...

総件数:35 件

似ているタグ