夏目漱石のタグまとめ

夏目漱石」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには夏目漱石に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「夏目漱石」タグの記事(31)

  1. 吾輩は猫である 「名前はまだ無い」はあまりにも有名すぎる一文 - 哲学って人間的な思考と思う夏樹のブログ

    吾輩は猫である 「名前はまだ無い」はあまりにも有名すぎる一文

    夏目漱石の長編小説吾輩は猫であるの「名前はまだ無い」というフレーズはあまりにも有名です。夏目小説の小説を読んだことがない人でもこの一文は聞いたことがあるという人が多いでしょう。私自身はこの文章を見て、この作品を読んでみたいと思ったクチです。この小説は中学教師で英語を教えている珍野宅に飼われている猫の視点で書かれた物語で、珍野一家やその周辺の人達の人間関係を風刺的、戯曲的に紹介しています。この...

  2. 漱石と虞美人草 - デンマンのブログ

    漱石と虞美人草

    漱石と虞美人草(gubijin2.jpg)(natsume.jpg)(foolw.gif)こんにちは。デンマンです。卑弥子さんが漱石と虞美人草の事について面白い話しをしていましたよね。覚えていますか?初めてこのブログを読む人も居るでしょうからサワリの部分だけ抜書きします。(himiko22.gif)おほほほほほ。。。卑弥子でござ~♪~ますわよゥ。また出てきてしまいましたわぁ~ええっ?どうして...

  3. 『漱石全集を買った日』、そして漱石さんの再読 - 素敵なモノみつけた~☆

    『漱石全集を買った日』、そして漱石さんの再読

    この前に訪れた姫路では、美味しいものの日記しか書いていませんが、おひさまゆうびん舎さんに寄っていました。お店では、京都の善行堂さんの山本善行さんと、清水裕也さんの『漱石全集を買った日』を手にいれました。関西のたくさんの古本屋が出てきます。その古本屋や買った古本、そして出会った本への思いを、京都の古本の善行堂の店主さんとの対談という形で載っています。私は古本屋には行きますが、古本屋巡りをするわ...

  4. 吾輩は猫である - おじさん秀之進の山中リタイヤ生活

    吾輩は猫である

    読んでるふりして実は読んでない本を、今になって読んだりしています。夏目漱石の「吾輩は猫である」。名作中の名作と誉れ高い本。読んでないのが恥ずかしいくらい。そういう本を、今になってようやく読み終えました。正直、こんなに読みにくい本だと思いもしませんでした。(読書力落ちてるせいかもしれませんけど。)少年少女日本文学館!?嘘でしょう。日本の少年少女は相当レベル高いのかもしれません。

  5. いだてん~東京オリムピック噺~第14話「新世界」~明治の終焉~ - 坂の上のサインボード

    いだてん~東京オリムピック噺~第14話「新世界」~明治...

    第5回ストックホルムオリンピックのマラソンが行われた日から半月後の明治45年(1912年)7月30日、明治天皇が崩御し、元号が「大正」に改められ、同日は大正元年7月30日となりました。先ごろ、平成の次の元号「令和」が発表されましたが、「令和」の出典は万葉集からだそうで、日本の国書からの出典は歴史上初のこととして話題になっていましたが、「大正」の由来は『易経』彖伝・臨卦の「大亨以正、天之道也」...

  6. 夏目漱石について論ぜよ - 私の心の宇宙

    夏目漱石について論ぜよ

    入学した最初の国文学の試験の課題がこれだった。あらかじめ知らされていた。当時はネットはないからカットペーストができる時代ではなかった。誰かが書いた文章を読んでつなぎ合わせるったってそんなことしたってすぐにわかる。そりゃあ、高校時代に夏目漱石の本は読んでいたものの、何かを論じることなどできるはずがない。最近、フランスの大学の入学試験問題(Baccalaureateバカロレア)には、学力競争に明...

  7. 第20回ねこ展正木卓さんの作品 - くわみつの和み時間

    第20回ねこ展正木卓さんの作品

    正木卓さんの「吾輩は猫である」夏目漱石の「吾輩は猫である」にちなんだ作品です。いいお顔・・・。第20回『ねこ展』2019年2月22日(金)~3月11日(日)11:00~18:00【休み】3/4(月)・3/11(月)【参加作家】阿木志織(岡山県)あべ夏(東京都)梅野浩壱(富山県)宇埜育子(岡山県)小澤康麿(愛知県)岡村洋子(千葉県)榊原祐介(広島県)佐々木紀政(広島県)佐山泰弘(埼玉県)しきの...

  8. 漱石と虞美人草 - デンマンのブログ

    漱石と虞美人草

    漱石と虞美人草(gubijin2.jpg)(natsume.jpg)(foolw.gif)こんにちは。デンマンです。卑弥子さんが漱石と虞美人草の事について面白い話しをしていましたよね。覚えていますか?初めてこのブログを読む人も居るでしょうからサワリの部分だけ抜書きします。(himiko22.gif)おほほほほほ。。。卑弥子でござ~♪~ますわよゥ。また出てきてしまいましたわぁ~ええっ?どうして...

  9. いだてん~東京オリムピック噺~第3話「冒険世界」~東京高等師範学校入学~ - 坂の上のサインボード

    いだてん~東京オリムピック噺~第3話「冒険世界」~東京...

    明治43年(1910年)4月、金栗四三は東京高等師範学校(現在の筑波大学)に入学しました。同校はその名のとおり教師を育成する学校で、金栗の専攻は地理歴史でした。同校は創立以来、代々軍人が校長を務めてきていたそうで、そのため、学生を兵隊と同じように扱い、徹底した規律で縛るといった校風だったようです。鬼教官による軍隊さながらの体罰教育が当たり前のように行われ、寄宿舎では先輩たちによる私的な鉄拳制...

  10. 「夏目漱石とクラシック音楽」(2018年)瀧井敬子著、毎日新聞出版を読んでみました、の巻 - If you must die, die well みっちのブログ

    「夏目漱石とクラシック音楽」(2018年)瀧井敬子著、...

    題名どおりの内容の本で、面白いです。まぁ買って読むほどでもないでしょうから、とりあえず図書館で借りて読むのをお薦めします。以前に過去記事で、「野分」に出てくる「慈善音楽会」のことを書きましたが、これの元になった事実も紹介されています。それは明治39年(1906年)10月28日午後2時から上野音楽学校奉楽堂で行われた「明治音楽会」の演奏会が元になっているそうです。「明治音楽会」は東京音楽学校の...

  11. ひやひやと船小屋温泉郷 - いつかみたソラ  

    ひやひやと船小屋温泉郷

    福岡県筑後市にある「船小屋温泉郷」佐賀からの帰り道に寄ってみました。福岡で育っていながら、今まで一度も行ったことがなかった場所です。名前に惹かれるものがありましたが、でもそれ以上に、筑後の、どちらかといえばこの辺鄙な地に(昔は、です。でも今も?)鹿児島本線の「船小屋温泉」駅があるという事が不思議でした。2011年に駅は、新幹線併設駅として移設され、駅名も「筑後船小屋」となったそうです。でもな...

  12. 阿弥陀如来と珈琲と夏目漱石 - ズームでバッチリ

    阿弥陀如来と珈琲と夏目漱石

    11月になり、紅葉の綺麗な季節となりました。先週は撮影の仕事が、2日続きましたので、肩こりと、太ももの筋肉痛に悩まされてましたが、なんとか休み中に体力も回復。そして、先日、公募展に応募していた作品も戻ってきました。落選して帰ってきたのですが、それでも、友達とちまちま制作したので、なんだか愛おしいです。じゃ〜ん!阿弥陀如来と猫が合体した紙で制作した作品です。高木ブーさんに似てる?いや、知り合い...

  13. 【10/23、11/15】明治の2大文豪の足跡をたどる!明治の文豪・夏目漱石と森鷗外ゆかりの地めぐりバスツアー - 日帰りツアー・社会見学・東京観光・体験イベン

    【10/23、11/15】明治の2大文豪の足跡をたどる...

    【10/23、11/15】明治の2大文豪の足跡をたどる!明治の文豪・夏目漱石と森鷗外ゆかりの地めぐりバスツアー明治の2大文豪の足跡をたどる!水月ホテル鷗外荘でのお食事付き●漱石山房記念館・漱石公園●根津神社●夏目漱石旧居跡(猫の家)●水月ホテル鷗外荘

  14. 【漱石山房】 - お散歩アルバム・・夏空の下で

    【漱石山房】

    私が日本橋を彷徨いている間に夫が訪ねた牛込の漱石山房です。ちょうど出来て1年が過ぎました。去年訪ねた時は定休日で見学できませんでした。すごい山!って、本の山😊夫に言わせると、展示品自体はごく一般的なもので目新しいものはないそうです。私はこのカフェで空也もなかとほうじ茶が飲みたかったのだ😝夫は柿アイスを食べたそうです。いい所だったから、又いこうね...

  15. 9月19日は「糸瓜忌」 - 折々の記

    9月19日は「糸瓜忌」

    一昨日の9月19日は「糸瓜忌」、正岡子規の命日でした。子規が34歳の若さで亡くなって、はや116年が経つ。松山出身の若き俳人、神野紗希さんが興味深い短文を書かれていたので、ご紹介したい。「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」、誰でも知っている、俳句のお手本となる名句である。ところが、子規がこの句を詠む2か月ほど前に、夏目漱石がこんな句を詠んでいる。「鐘つけば銀杏散るなり建長寺」鎌倉の建長寺だ。鐘をつ...

  16. 台風一過 - 北海道photo一撮り旅

    台風一過

    昨夜は強風のせいで寝不足でした。一夜明け見上げる空は秋の色、、「草山に馬放ちけり秋の空」夏目漱石にほんブログ村 にほんブログ村ブログ作成の励みになります気に入って頂けた写真文章などがお目に留まりましたらお好きなバナーのクリックをお願いいたします

  17. 漱石山房記念館 - 松橋登さんの舞台を観ました

    漱石山房記念館

  18. 号泣している - 梟通信~ホンの戯言

    号泣している

    柴田宵曲の「子規居士の周囲」をまだ読んでいる。書名と同名の小文に続いて、そこに書くには大きすぎる存在であった人たちが、一人一人フォ―カスされて描かれる。内藤鳴雪、愚庵、陸羯南、夏目漱石、五百木瓢亭。生き生きと綴られる志ある若者(陸はやや先輩)たちの魂の交友は、たんに思いやりに満ちているだけではなく、こと文学の話になるとお互いに歯に衣着せず、とことん批判しあう、真剣なものだった。芭蕉を離れ、三...

  19. あれから7年「天災は忘れた頃にやってくる」は、 夏目漱石の小説モデルで、一番弟子だったんだ^^!、 ブログ&動画 - 素晴らしきゴルフ仲間達!

    あれから7年「天災は忘れた頃にやってくる」は、 夏目漱...

    あれから7年「天災は忘れた頃にやってくる」は、夏目漱石の小説モデルで、一番弟子だったんだ^^!、ブログ&動画 https://blogs.yahoo.co.jp/kz10901/34974478.html

  20. 日暮里・羽二重団子 - 神楽坂旦那ブログ

    日暮里・羽二重団子

    日暮里駅近く、夏目漱石・正岡子規・司馬遼太郎達に愛用された、羽二重団子が在る。https://www.habutae.jp/☆東日暮里5-54-3☆創業文政二年☆(HABUTAE駅前店)近くに用事が有ると・・つい立ち寄ってしまう・・★日持ちは1日の儚い命の団子★と記載されている様に、・余計な添加物を使わず昔ながらの味を提供し続ける姿勢は好感が持てる・・が・遠方へのお土産には向かない&...

総件数:31 件

似ているタグ