夕張のタグまとめ

夕張」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには夕張に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「夕張」タグの記事(94)

  1. 2019.08.17 清水沢ダム - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2019.08.17 清水沢ダム

    南部の居酒屋張張元気に営業されてますね清水沢ダム水量増えてるので迫力が有りますこの水量は上流のシューパロダムの放水量とほぼ同じどんどん流して三弦橋出てこないかな下流には清水沢発電所が見えます

  2. 2019.08.05 夕張メロンと遠幌保育園 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2019.08.05 夕張メロンと遠幌保育園

    ビッグモローさんで夕張メロンコレで216円ですめっちゃ旨いね〜遠幌保育園夕張の母校で唯一残っている建物です元は炭鉱の事務所だったらしいです

  3. 2019.08.05 のんきやで塩ラーメン - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2019.08.05 のんきやで塩ラーメン

    のんきやさんで塩ラーメン札幌から夕張へ途中由仁のガソリンスタンドで給油向かいにはアルシオーネの保存展示がある場所ですいつもと変わらず綺麗に保存されています夕張本町ののんき屋さんに来ました店主もお元気でお盆の時期は帰ってくる人が多くて昔話に花が咲くんだよと言われてましたあっさり味だから暑い日でも飲み干せます塩分も補給しないとね夕張と言えばココのお店が一番ですね

  4. 夕張の風景 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    夕張の風景

    夕張で最も古い哀悼碑、夕張神社の境内に設置されています。 建立は1895年(明治28年)、碑文は無く、堅い堆積岩に碑銘と建立者名が刻まれています。北炭(北海道炭鉱汽船株式会社)社長西村捨三が建立。礦業従事者遭難哀悼碑。1889年(明治22年)11月北炭設立後、哀悼碑建立の年まで炭鉱災害犠牲者の記録はないそうです。社長が哀悼碑を建立しなければいけない理由は何だったのでしょうか。疑問が残ります。...

  5. 夕張市滝上公園の歌碑 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    夕張市滝上公園の歌碑

    夕張市滝上公園は、古くから市民に愛されている夕張市の景勝地の一つです。10月から11月の紅葉は圧巻の景観です。是非、立ち寄ってください。アイヌ語で「ポンソウカムイコタン(北方の神々が住むところ)」と呼ばれ、夕張川の浸食による大きな滝や深い渓谷は、自然の水の力と悠久の時間を感じます。 滝上公園の滝の吊橋の袂で、大きな歌碑に出会いました。短歌が刻まれています。 龍神の昇れるならむとどろきの峡の激...

  6. 夕張神社での出来事 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    夕張神社での出来事

    私は、夕張神社へ正月に参拝することが恒例ですが、今回、神社の場所が石炭博物館の近くなので、立ち寄って参拝してきました。信仰心からではありません。単純に雰囲気が好きなのです。参拝者は、私一人でした。 夕張神社は急な石段の上にあります。石段の下から写真を撮ろうと降りてみると、私より小柄で年配の男性が車いすの女性の見繕いをしています。お二人を見た瞬間、女性の方は外からの刺激に全く反応していないよう...

  7. 夕張「ファイブペニーズ (FIVE PENNIES)」喫茶店、ライブハウス。素敵です。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    夕張「ファイブペニーズ (FIVE PENNIES)」...

    店名ファイブペニーズ (FIVEPENNIES)ジャンル喫茶店、バー住所北海道夕張市千代田25-2 とても素敵なお店です。でも、分かりにくい場所です。地名の千代田は、炭住(炭鉱で働く労働者の長屋)が密集していた場所です。現在は、付近にその面影は全くありません。 「えツここ?」と意表を突かれるログハウス風の店構えです。 店に入ると、奥にピアノ、ドラム、ベース、ギターなど、直ぐにライブ演奏が...

  8. 夕張市石炭博物館を見学しました。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    夕張市石炭博物館を見学しました。

    夕張市石炭博物館 夕張市石炭博物館は、夕張石炭の歴史村(1977~1988年)の中核として、1980年(昭和55年)に建築されました。2018年、石炭博物館は、夕張の炭鉱の歴史を大規模に展示している数少ない施設としてリニュアルオープンしました。2019年4月、「模擬坑道」で火災が発生、坑道内の石炭・木材に引火。消火に手間取りました。鎮火の発表がありましたが、現在、「模擬坑道」は立ち入り禁止、...

  9. 街角美術館佐藤忠良制作「鎮魂の像」夕張市石炭博物館前 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館佐藤忠良制作「鎮魂の像」夕張市石炭博物館前

    夕張市石炭博物館は、廃墟となった石炭の歴史村の奥に位置しています。その博物館の入口に向かって右にこの像は設置されています。彫刻家・佐藤忠良(1912-2011年)は、1919年から1925年、夕張に夕張町(現夕張市)に住み、夕張第一尋常高等小学校に通学しました。この像は、1986年(昭和61年)に佐藤忠良本人の寄贈によるものです。台座に佐藤忠良自身の碑文が添えられています。 若い女性の裸像...

  10. 青い湖(シューパロ湖) - 北海道photo一撮り旅

    青い湖(シューパロ湖)

    先日の夕張シューパロ湖で撮りました。光の加減でしょうか?立ち枯れた木立は美瑛の「青い池」にも似ている。にほんブログ村 にほんブログ村ブログ作成の励みになります気に入って頂けた写真文章などがお目に留まりましたらお好きなバナーのクリックをお願いいたします

  11. 2019.03.26〜28 緊急企画‼︎ ありがとう夕張支線お別れ撮影の旅 - 8001列車の旅と撮影記録

    2019.03.26〜28 緊急企画‼︎ ありがとう夕...

    2019.03.26〜28 緊急企画‼︎ ありがとう夕張支線お別れ撮影の旅その2前回からの続きとなります、更新をサボっている間に季節は初夏…というか日によっては完全に夏になっちゃいましたね(大汗)こちらの記事は2カ月前の北海道の旅なんでまだ冬なんですが、時間が過ぎるのが年々早くて嫌になる今日この頃です。それだけおっさんになってるんだなぁと…新夕張で夕張行きの2両編成に乗り込みまして向かった先...

  12. 豪雪の夕張 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    豪雪の夕張

    今年の冬は、夕張は豪雪で昭和の頃を思い出しました。

  13. 札幌市新川の桜と夕張サワダ珈琲店 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    札幌市新川の桜と夕張サワダ珈琲店

    5月2日、札幌の桜の名所北区新川の桜並木を見てきました。毎年の恒例になっています。あいにくの雨模様が恨めしい。それでも満開のソメイヨシノは見事でした。 花見の後は、これも恒例の夕張の実家へ移動です。一泊の予定です。今年94歳になる母が元気です。夕食には、姪、甥が大勢集まります。そのとき話題になったのが「サワダ珈琲店」。口を揃えて、教えてくれました。――豆の小売りをしているんだ。あそこの珈琲...

  14. 80年代夕張144・末広墓地からの眺め - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    80年代夕張144・末広墓地からの眺め

    1983年写す2019年3月31日の夕張支線最終日。末広墓地からの眺めが好きでよく撮影をした。かつて材木工場や炭住街があった。そして、夕張鉄道の機関庫も健在だったが今はない。夕張支線の最終日にほぼ同じ場所から望遠で撮影してみた。ここから夕張の変貌が良くわかる。

  15. 80年代夕張140・南大夕張駅 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    80年代夕張140・南大夕張駅

    古いネガから見つけた一コマ。三菱大夕張鉄道の南大夕張駅で荷物の積み下ろし作業をする駅員。こんな時代もあった。1983年、夕張市南部で写す。

  16. 80年代夕張139・煙突と炭住街 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    80年代夕張139・煙突と炭住街

    旧夕張駅付近から見た夕張炭鉱の煙突と社光の炭住街。現在は煙突が残るのみとなった。1982年写す。

  17. 80年代夕張138・夕張支線 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    80年代夕張138・夕張支線

    廃止が近い夕張支線ですが、このころ(国鉄の頃)は4両編成でした。後方は平和の炭住街、その向こうに旧夕張鉄道の鉄橋が見えます。夕張鉄道は昭和50年の3月末で廃止、私が訪れたのは4月1日でさよなら運転の後でした。今でも残念です。写真は1982年写す。

  18. 夕張神社の御朱印 - 夢風 御朱印日記

    夕張神社の御朱印

  19. 夕張・下り最終列車 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    夕張・下り最終列車

    清水沢駅午後7時6分発の夕張行き下り終列車。現在は一日5往復しかない。

  20. 久しぶりの夕張 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    久しぶりの夕張

    久しぶりに夕張を訪れた。今年は雪が多く、街はすっぽり雪に覆われていた。煙突も雪の帽子をかぶっていた。夕張・本町で写す。

総件数:94 件

似ているタグ