外傷のタグまとめ

外傷」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには外傷に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「外傷」タグの記事(8)

  1. 外傷性損傷後の緊急気管挿管で必要とされること:外傷監査研究ネットワーク(TARN)データベースにおける11,010人の患者の後向き解析 - 麻酔科医の日々

    外傷性損傷後の緊急気管挿管で必要とされること:外傷監査...

    ・高度気道管理は外傷ケアにおける治療の優先事項である。救急部に到着後すぐに緊急で気道管理をうける患者の一部には、病院前の段階で気道介入の要求を満たされていないこともある。この研究の目的として、大きな外傷患者での緊急気道確保の状況を調査し、こうした患者群での満たされていない現状を検証した。外傷監査研究ネットワーク(TARN)データベースを後向きにレビューして、英国の主要な外傷センターに2012...

  2. 屋外で急な痛みと白い涙 - 河野眼科Q&Aブログ

    屋外で急な痛みと白い涙

    Q バイトからの帰宅途中、急に目に激痛が走り、目を開けていられない状況になりました。その時は汗か皮脂が目に入って痛くなったのかと思ったのですが、涙を拭ったら白く濁っていました。 風に当たって目が痛くなることは何度かあったのですが、白い涙が出ていることに気付いたのは今回が初めてです。 なお目の充血、痒みといった症状はありません。最近視力が低下したという事も今の所はありません。 目の痛みも常に痛...

  3. 眼球打撲による黄斑円孔 - 河野眼科Q&Aブログ

    眼球打撲による黄斑円孔

    Q 野球ボールが片眼に当たりました。救急搬送されました。まぶたの上を縫い、自宅へ帰る途中から嘔吐が続きました。次の日眼科の診察で眼圧が高いので点滴をして頂き、少しだけ下がりました。CTの結果.眼窩底骨折との事ですぐに整復手術を行いました。吸収性のシートを入れました。 黄斑円孔とも言われて、初診から10日程で少しずつ閉じてきている状態です。視力の回復は、遠くまでは見えないけど、見える様になって...

  4. 外傷性散瞳による虹彩後癒着 - 河野眼科Q&Aブログ

    外傷性散瞳による虹彩後癒着

    Q 以前、外傷性散瞳の事で質問させて頂いた者です。その節はありがとうございました。外傷性散瞳になり2年が経ちます。散瞳は変わらずですが、だいぶ慣れてきました。 定期的に眼科で診てもらっているのですが必ず『癒着あり』というのを言われるので、点眼などはしなくていいのかと聞いたら、『癒着は良くないといえば良くないけど、今の状態でする事は何もない』と言われたのが気になっています。 癒着は時間が経て...

  5. 眼球打撲、外傷性白内障の術後のこと - 河野眼科Q&Aブログ

    眼球打撲、外傷性白内障の術後のこと

    Q 眼球打撲し、角膜裂傷、外傷性白内障で、緊急オペとなり、虹彩、水晶体を取り除きました。主治医からは、網膜まではいってなかったと言われました。今は、傷の治りが良好なので退院間近なんですが、中の状態を確認するにはまだ充血があったりで数週間先になるだろうとのこと。本人は今のところ光や少しの動きしか分かりません。 だいたいの目安として、人工のレンズを入れられる時期や、今後失明の可能性があるのか?レ...

  6. エアガンで出血 - 河野眼科Q&Aブログ

    エアガンで出血

    Q ○○在住の母親です。子供は△△で働いてまして、友達からエアガンで目を打たれて、近くの総合病院に行きそのまま入院しているそうです。出血が止まらなくて点滴をして様子をみるとの事ですが、ネットで調べると失明の可能性もあるという事でいてもたってもいられません。私の希望としては、地元の病院で診て欲しいと思っているのですが、この状態では移転するのはやめた方がよいのでしょうか?又、河野先生の所にもこの...

  7. 出血性ショックに対する気道と換気の戦略:挿管するかしないか、それが問題である! - 麻酔科医の日々

    出血性ショックに対する気道と換気の戦略:挿管するかしな...

    ・標準的な外傷ガイドラインの多くでは、出血性ショックにおいて早期の気管内挿管と陽圧換気を重要な治療として介入すべきであると提唱している。こうした気道と換気の戦略を使って循環動態に対処すべきというエビデンスは、はっきりしない。挿管と陽圧換気を補助する薬物がおよぼす有害効果に含まれるのは、心拍出量減少・無呼吸・(偶発的な過換気による)低二酸化炭素血症・不必要な現場滞在時間の延長、である。逆に自発...

  8. 外傷性散瞳とドライアイ - 河野眼科Q&Aブログ

    外傷性散瞳とドライアイ

    Q眼球打撲で前房出血を起こしました。3週間程で症状は治まり、その間投薬は2週間程コソプト点眼とリンデロン点眼のみでした。ただ、虹彩の離断は起こしてなかったのですが、合併症として外傷性散瞳を起こしておりました。視力は若干低下した感じと、近くのものがぼやけ、焦点が合いにくい自覚症状があります。現在も通院中ですが、次回が最終受診で2か月後となります。そこで、お聞きしたい事があります。まず、羞明は確...

総件数:8 件

似ているタグ