外来種のタグまとめ

外来種」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには外来種に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「外来種」タグの記事(21)

  1. オウゴンチョウ Ⅴ実物大に - 気まぐれ野鳥写真

    オウゴンチョウ Ⅴ実物大に

    近くで撮れた2枚PCで見て実物大(12㎝)位にトリミングしてみました何か咥えています何なんでしょうかね~ ! 嘴には水滴 ?別の場所の飛び出しを1枚以下は、小雨の田園風景ですほぼノートリで稗の実の先端に、水滴が見えます少し雨が降り、しっとりとした静かな田園風景でした !

  2. オウゴンチョウ・・・遠くでした! - 赤いガーベラつれづれの記

    オウゴンチョウ・・・遠くでした!

    小さい上にあちこち疲れ知らずに動くので、見つけてピントを合わせているうちにすでに次の場所へと。輸入数も少ないアフリカの鳥さんということです。遠くなので前を向いているのやら背中なのか分かりませんでした。近くで撮られた方のを見せていただき、やっと分かりました。頭は黄色いヘルメット、お腹とお顔は真っ黒、首には濃茶の手ぬぐい巻いて、背中は黄色、羽は黒ベースに灰色も。最初お聞きして行ったときは、たった...

  3. オウゴンチョウ・・・飼われるだけに美しい - 赤いガーベラつれづれの記

    オウゴンチョウ・・・飼われるだけに美しい

    かご脱けして自由に生きる。やはり最初は大変だったろうな。いつ野生を取り戻したのかしら?注意深くそして大胆に生きている。一生自由のないあてがい扶持がいいか、厳しくとも自分でえさをとり自由に飛び回れる。どちらがいいのか・・・。私は後者だなあ。逃げた季節が良かったのか、逃げ出した場所が良かったのかは分かりませんけれど、強いね。近くで見たらきっと美しいのでしょうね、飼われるくらいだもの。直近で見たか...

  4. オウゴンチョウ Ⅳまさか巣作り ? - 気まぐれ野鳥写真

    オウゴンチョウ Ⅳまさか巣作り ?

    巣材のようなものを咥えて来ては、下に降りる場面が何回も有りましたいつも同じ場所と言う訳では無いし、相方も居なそうだし・・・ ? まさか、ね~ !! 「オウゴンチョウさん ! もう直ぐ稲刈りなんですけど !」外来種(篭脱け)か~と思いつつも、たくさん撮ってしまいました

  5. オウゴンチョウ Ⅲ 飛翔 - 気まぐれ野鳥写真

    オウゴンチョウ Ⅲ 飛翔

    顔に光が当たらず残念ですが、捨てられませんなんとか、目に光が入ったのが数枚ありました !

  6. オウゴンチョウ Ⅱ お食事 - 気まぐれ野鳥写真

    オウゴンチョウ Ⅱ お食事

    外来種(篭脱け)です体調12㎝スズメより小さいですね稗の殻が、嘴についています種子の殻を上手に剥いて食べています !

  7. オウゴンチョウ(外来種) - SAMARAwの花鳥風月(Photolog)

    オウゴンチョウ(外来種)

    2018年10月6日外来種のオウゴンチョウ(黄金鳥)が居るというので出かけてきました。スズメ目ハタオリドリ科でアフリカ原産です。小さい鳥で遠かったのでほとんど証拠程度です。顔、胸から腹は黒で頭と背は黄色です。比較的近かったのですが被りすぎでした。地元の方がCMが少ない時にはもっと近くで撮れたそうですが、今日は大勢で鳥とともに移動するので近くには来ないだろうと言ってましたし暑くなってきたので早...

  8. オウゴンチョウ(黄金鳥) Ⅰ 黄金色の田んぼに - 気まぐれ野鳥写真

    オウゴンチョウ(黄金鳥) Ⅰ 黄金色の田んぼに

    稲刈りが間近の田んぼに、オウゴンチョウ(黄金鳥)がいました篭脱けの外来種だそうですが、国内では珍しいみたいですね !稗の種子を食べては、セッカやノビタキを追い回しているようです農道で道が狭く時季的にアップを控えていましたが、既に数名の方がアップされましたので遅ればせながらのアップになりました

  9. 外来種 - お花畑の小さな家

    外来種

    最近、ここのとこずっと考えたり、調べたりしていること、外来種について。昨年かな、、僕の好きなナガミヒナゲシの駆除を呼びかける情報が広がりました。ミツバチも、養蜂で使用される西洋ミツバチを外来種として問題視する見解もあるようで。在来or外来の2極論で答えがあるものではないな、、と。いろんな方の見解を聞いてみたいテーマです。うちのある菰野町江野区は自然多き地区ですが、人家や保養所的施設に加え、砂...

  10. ヌートリア発見!(中平) - 柚の森の仲間たち

    ヌートリア発見!(中平)

    台風一過の夕方、近所の堤防をランニングしていたら、何やら向こうの方に小さな物体が。野良犬?野良猫?近づいてみるとどちらでもない風貌。イタチ???夫が「ああ~!ヌートリアや!」私は初めて聞く名前です (この写真はネット上にあったヌートリアの無料提供写真です。まったくこんな感じでした)どうみても巨大なドブネズミ。可愛いような、気持ち悪いような微妙な感じ帰宅後調べてみると、外来生物で第二次世界大戦...

  11. 敵は黄色のアイツだ〜😤 - 乗鞍高原カフェ&バー スプリングバンクの日記②

    敵は黄色のアイツだ〜😤

    6月のある日、雪の無いスキー場のゲレンデを登って行く怪しい集団がいました!!・・・。手には何やら、道具、ビニール袋を持っています。。。山菜の時期ではありませんし、出で立ちから登山に向かう様子でもありません・・・。でも、眉間に皺を寄せてヤル気満々です!!・・・。あ、怪しい!・・・、一体何をする集団なんでしょう??・・・。ゲレンデには夏に咲くお花「コオニユリ」や「ヤナギラン」の茎がぐんぐんと伸び...

  12. ピンクの花”ヒルザキツキミソウ”と”アカバナユウゲショウ”の競演 - 健気に育つ植物たち

    ピンクの花”ヒルザキツキミソウ”と”アカバナユウゲショ...

    4月11日の”ムシトリナデシコ”に続き、またまた街で見かけたピンク花の話です。近所の公園に、と言っても花壇2ツと象さんがポツンといるだけの小さな公園に、2種類のピンクの花が競うように咲いていました!正しく花壇と空地を埋めつくすという風情です。それがこちら。大きな花が、”ヒルザキツキミソウ”・・・①小さい花が、”アカバナユウゲショウ”・・・②まずは、”ヒルザキツキミソウ”・・・①から。※主に花...

  13. ガビチョウが期待に応えてくれました。 - バードカラー

    ガビチョウが期待に応えてくれました。

    ガビチョウpart ①夏鳥を撮りたくて遠征してきました。ターゲットはオオルリ、サンショウクイでしたが2時間以上も居るであろうと思われるエリアを捜しましたが見つからず、それでも撮りたい一心で林を廻っていたら、声の大きいダミ声が聞こえてきました。その方角にユックリ近づいて周りを確認しましたが一向に見つからず、ここは一旦諦めてこの場を去りました。他を廻って1時間後、その場所に行きましたがすぐには...

  14. 外来種の処分 - 見たこと聞いたこと 予備3

    外来種の処分

    yahoo:「外来生物、食べてみない?横須賀で居酒屋開店」日本の生態系を壊す「外来生物」を食べて、問題を考えるきっかけに-。そんなコンセプトを掲げるユニークな居酒屋が横須賀市汐入町にオープンした。メニューには、水生生物や水草を根こそぎ食べるアメリカザリガニやコイが並び、ソースに絡めるなど食べやすくアレンジ。2カ月の期間限定の営業で、経営するNPO法人「三浦半島生物多様性保全」の天白牧夫理事長...

  15. アメリカザリガニ - 環感クラブ

    アメリカザリガニ

    さいたま市くらしの博物館民家園で、偶数月にしぜん塾を行っている。「ザリガニを捕まえよう」というタイトルだとそこそこの参加者が集まる。改めてザリガニという存在を気づく機会を得られた。子育て時期には、子どもと一緒にイカをエサにしてザリガニツリに出かけたものである。水を少なくして、飼うことで酸欠を予防していた。子どもをお腹につけた親は一生懸命に脚を動かし子ども達に酸素を送っていたことを、驚きと感動...

  16. 子育てで忙しそう@ハッカチョウ - とことんデジカメ

    子育てで忙しそう@ハッカチョウ

    お忙しいところ 少しお邪魔しました原っぱと巣穴を行ったり来たり忙しそうですあまりお相手をしてくれませんごもっともホンの一時の休憩です

  17. 一年振りのハッカチョウ@大阪府 - とことんデジカメ

    一年振りのハッカチョウ@大阪府

    鳥友さんのフィールドでハッカチョウ、コアジサシと遊ぶ一年振りのハッカチョウなので、次回も続きます

  18. ホソオチョウの個体差 - 虫と

    ホソオチョウの個体差

    ホソオチョウは1978年に東京で初めて確認された外来種だそうです。薄っぺらい翅で、風が吹くと飛べなくなるような飛翔力のない蝶なのに、数年のうちに地理的に離れた場所に生息していることが確認されたとのことだから、この綺麗な蝶が自分の家の近くにも飛んでいてほしいと願った人がたくさんいたのだと思います。今では外来生物として駆除の対象になるような蝶ですが、当時は保護活動や、天然記念物に指定しようという...

  19. 外来種問題 - 光と影

    外来種問題

    外来種は駆除しなければならない風の雰囲気が漂っているのはおかしい。おかしくないと思うのもおかしいと思います。なぜ在来種を保護しなければならないのか?誰か説明してほしい。本日は久しぶりに本降りの雨となった。湖岸を歩いていると、所々にキショウブが自生している。ショウブの花の寿命は短いが、丁度今しがた咲いたばかりで、見ごろである。キショウブをググってみると、危惧した通り外来種であった。原産地はヨー...

  20. 自宅付近の蝶 - 虫と

    自宅付近の蝶

    本日ゴールデンウィーク最高の虫捕り日和でしたが、どこへ行っても人が多いのが辛くて、家でダラダラしてしまいました。我が家の庭は、日当たりが悪くてあまり蝶が居着いてくれないのですが、蝶道になっているらしく、時々素敵な蝶が通過することがあります。最近は、ナガサキアゲハやカラスアゲハやアオスジアゲハが通過していくようになりました。そろそろ黒いアゲハのシーズンですね。今年何度目かのナガサキアゲハの通過...

総件数:21 件

似ているタグ