多摩動物公園のタグまとめ

多摩動物公園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには多摩動物公園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「多摩動物公園」タグの記事(48)

  1. コタロウ君 - bonsoir

    コタロウ君

    多摩動物公園で暮らすコアラ、コタロウ去年の終わり、12月王子動物園からお引越ししてきてくれてまだまだ間もないコタロウ君まだ落ち着かないうち、金沢動物園からユイとユウキが一時的にやって来たりといろいろなことを経験したそんなコタロウ君高い天井には慣れたかな外では雪が積もったけれどみえないところがちょっと残念大きくなったコタロウ君少し黒っぽいのはお母さんと一緒お鼻が大きいのはお父さんの影響かなまだ...

  2. タスマニアデビル:Tasmanian devil - 動物園の住人たち写真展

    タスマニアデビル:Tasmanian devil

    タスマニアデビル分類:フクロネコ目 フクロネコ科英名:Tasmanian devil 学名:Sarcophilus harrisiiタスマニア島のみに生息する、世界最大の肉食有袋類です。1800年頃の入植者にとって、家畜を襲う害獣で、鳴き声や死体を漁る姿を悪魔に例えられて嫌われていました。さらに、政府によってフクロオオカミと共に駆除の奨励金が設けられましたが、フクロオオカミが絶滅してしまった...

  3. ヨーロッパオオカミ :Eurasian wolf - 動物園の住人たち写真展

    ヨーロッパオオカミ :Eurasian wolf

    ヨーロッパオオカミ分類:食肉目 イヌ科 英名:Eurasian wolf 学名:Canis lupus lupusタイリクオオカミの一亜種で、ユーラシア大陸に広く分布し、5~20頭の血縁のある群で生活しています。群は縄張りを持ち、その広さは食物量に影響され100~1000平方kmにも及びます。獲物はシカやイノシシの他、齧歯類などの小動物にもおよび時に家畜も襲います。狩りの成功率は10パーセン...

  4. たぬき山 - bonsoir

    たぬき山

    ここはタヌキ達の山たぬき山ぽかぽかぽかぽかよく陽が当たるカラスが置いてあるお肉を探して見つけて少しどろぼうとくに気にしてないまだ食べ物たくさんあるからねこうして美味しく食べられるからねこっち側からも中に入ることが出来るけどちょっと躊躇今は別の子、食べているそれは美味しそう朝のお散歩楽しいね晴れた日、雨の日、この前の雪の日どんな日がいいのかなどんな日でも楽しいのかな家の中から出てきたよまだまだ...

  5. 多摩動物公園 2018年2月5日 ゴールデンターキン - お散歩ふぉと

    多摩動物公園 2018年2月5日 ゴールデンターキン

    昨年も可愛いな~って会いにいったベイビーさん。ゴールデンターキンの赤ちゃんです。1月10日生まれ。ナズナちゃん(♀)。可愛いなあ(^▽^)お母さんとはこんなに違う大きさ…!見た目はちょっと怖いお母さんですが大好きよ、ベイビー。とっても優しいお母さんです。お隣の放飼場にいるのは、1年先輩のフクちゃん。1年でこんなに大きくなるんですね。小さいうちは毛色が濃くて、角もありません。背中のたてがみ?一...

  6. 多摩動物公園 2018年2月5日 ユキヒョウ - お散歩ふぉと

    多摩動物公園 2018年2月5日 ユキヒョウ

    多摩のアイドル、ユキヒョウのフク坊。今まで小さい放飼場に出ていましたがこのたび大放飼場へと昇格いたしました。むぎぎ…麻袋で遊んでる場面に遭遇。フク坊、こちらへ移った日、あまりに楽しくて帰宅を拒否したそうで(^0^)交代できず、結局閉園までいたみたい。翌日からは午後出勤、閉園までとなりました。いろんなモノでよく遊びます。お気に入りのボール、ミミ母さんが早速取り上げて高い場所で待っていますよ。よ...

  7. 残る雪にメイディーナ - bonsoir

    残る雪にメイディーナ

    多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、メイディーナ大雪降ってまだ、全部は溶け切らない庭に出てきて眺めてみれば、そこかしこ固くなった雪、冷たい氷朝、メイディーナはダーウェントとお部屋で眠るこの日、テイマーだけが別のお部屋に別の庭陽の当たる場所、探して一人うとうとうとうと庭に残る雪は少しづつ少しづつ少しづつ溶けてだんだん小さくなって、季節、春に向かって少しづつメイディーナ、一人出てきた庭でしばら...

  8. 多摩動物公園 2018年1月29日 オランウータン - お散歩ふぉと

    多摩動物公園 2018年1月29日 オランウータン

    オランウータンの放飼場で、なにやら楽しげな作業中。雪だるま 作ろう~♪オラフだ!蜜がかかってる美味しそうなオラフの完成。チャッピー母さんに背負われて出てきたアピくん。今年4歳の男の子です。素早くオラフに気付いたのは、お姉ちゃんのミンピーさんでした。めざとい。まずは頭にささってるニンジンをがぶり。この後次々と破壊して、オラフはあっという間に雪に戻りました(笑おねえちゃん、おいしそうなもの食べて...

  9. 多摩動物公園 2018年1月29日 レッサーパンダ - お散歩ふぉと

    多摩動物公園 2018年1月29日 レッサーパンダ

    雪が似合う動物その2。レッサーパンダ。つい数日前に同居を始めたという、フランケン(♂)とタオファ(♀)。(タオファって桃花って書くんですね。さっき知った)タオファはアズキ、かのこ、まめたろうの親子展示前にひとりぼっちで出ていた子。フランケンはかのこ、まめたろうの父です。今年はアズキちゃんじゃなく、タオファとペアリングのようです。さすがレッサーパンダさん、雪がとっても楽しいみたいでこのはじけっ...

  10. 多摩動物公園 2018年1月29日 ユキヒョウ - お散歩ふぉと

    多摩動物公園 2018年1月29日 ユキヒョウ

    先週の雪がまだまだ残っている多摩へ。フク坊、大きくなりました!ユキヒョウと雪、やっぱり似合います。でもお母さんが呼びに行くまで、お部屋にこもっていましたよ。てへ。のんびりしたぼっちゃんです。お母さんのミミちゃん、相変わらずのスパルタ教育です。ころがされて倒されてパンチされて。さんざんなフク坊ですが少しずつ反撃もできるようになってます。がぶーっ!(すぐ倍返しされちゃうけど)でもミミちゃんが、ど...

  11. 雪の後のモンブラン - bonsoir

    雪の後のモンブラン

    多摩動物公園で暮らすシャモア、モンブランこの日、だいぶ残雪落ち着いてきっと心も穏やか雪の当日、モンブランはどう思っていただろうわくわくしていたのか、ドキドキしていたのか楽しかったのか、どうなっていくのかと心配だったのかそこから何が見えるのかじっと眺めるモンブランを見ているといつも思うそう思うのどが渇けば雪を舐める強い寒さが続く多摩動物公園きっと凍ってお水は出ない雪、みんな食べる雪、みんなで舐...

  12. 慣れること、いつか思い出に変わること - bonsoir

    慣れること、いつか思い出に変わること

    「─────少し不思議な事だけど、私はここのお部屋に慣れてきた」「最初、あんなにドキドキしていたことだけど、私、ここのお部屋に慣れてきた」「高い天井、吸い込まれそうになっていたけど今はもう大丈夫。その天井の向こう側、星空だって何故か自然に見えるよう─────」「飼育係のお姉さん、心配しないで待っててね。私もユウキ君も大丈夫。もう平気、きっときっと大丈夫」今だけ多摩動物公園で過ごすコアラ、ユイ...

  13. 見知らぬ鳥 - bonsoir

    見知らぬ鳥

    たくさんの雪が残るインドサイ達の庭一緒に暮らすインドガン達、雪の上朝、インドサイは庭にいないインドガン達、いつものようにてくてくてくてくよく見てみれば傍には見知らぬ鳥が野鳥かななんだか楽しげインドガン見知らぬ鳥がお客さん冷たい風、ときおりそっとそんな朝閉園間際強烈に寒くなってもインドガン達てくてくてくてく足、冷たくないのかな    

  14. オオカミ達とまだまだ残る白い雪 - bonsoir

    オオカミ達とまだまだ残る白い雪

    動物園に大雪降って雪が残る晴れても晴れても寒い寒い日が続き、雪はなかなか溶けずに白い庭キラキラキラキラ、光が反射雪、いつまで残るかな雪、次はいつ降るのかな多摩動物公園、オオカミ達の庭は青い空と白い雪降りしきる日が一番だけれど、晴れた日の雪、それもまたいい見つめる先に何見えるいつもと違う景色が見える凍ったままの池の水少し歩いてまた見つめても雪白い雪、輝く雪が今日も風景全部覆い尽くして広がり続け...

  15. 一緒だったころ - bonsoir

    一緒だったころ

    多摩動物公園で暮らすレッサーパンダ、「かのこ」と「まめたろう」二人、大人になって「まめたろう」が独り立ちその少し前、お母さんの「アズキ」と一緒だった最後の方のころまめたろう、走り回る地面の落ち葉も減ってきた冬の庭時折かさかさっと音を立て、一人走るまめたろう夕暮れ迫る動物園走る、歩く、登って行くよ、まめたろう登っていたらアズキが通り過ぎていくだからそっと後を追うよ、まめたろうこの時きっと、何日...

  16. 多摩でのユウキ - bonsoir

    多摩でのユウキ

    今は多摩動物公園で会えるコアラ、ユウキ平川動物公園から金沢動物園にお引っ越しして来てくれて初めて公開された日のこと思い出すあの日もこうして緊張しきりいつの頃からから金沢動物園には馴染みのんびりくらしていたユウキでもまた一度お引っ越し工事のストレスは本当に大変だから、心配だけど心配だからお引っ越し大丈夫きっとそのうち慣れるはずちゃんと眠れてない様子隣にはユイ傍にいることわかってるかなきっとわか...

  17. 季節の変わり目、ミモザが咲く前 - bonsoir

    季節の変わり目、ミモザが咲く前

    「高い天井、凄いんだ。見上げているとなんだか遠くまで来た気持ち。そんなに離れてないのにね──────」「お引っ越しってこういうこと。知らない場所で知らない人の顔を見て、最初は戸惑い緊張ばかり」「慣れるのかな、馴染むのかな──────いつかまたオセアニア区に戻るときには寂しくなったりするのかな」「私は帰る、オセアニア区に必ず帰る。季節が変わるその前に、あのミモザのお花が咲く前に──────」「...

  18. チーター:Cheetah - 動物園の住人たち写真展

    チーター:Cheetah

    チーター分類:食肉目(ネコ目)ネコ科英名:Cheetah 学名:Acinonyx jubatusアフリカのサバンナに生息し、雌は単独で生活しますが、雄は群れをつくることもあります。地上最速の動物とされ、時速100km以上のスピードで走るといわれていますが、最高速度で走れるのは400m程度、長距離を走ることはできません。そのため、獲物に近くまで忍び寄ってから全力疾走で仕留めます。狩の成功率は5...

  19. オランウータン:Orang-utan - 動物園の住人たち写真展

    オランウータン:Orang-utan

    オランウータン分類:サル目(霊長目)ヒト科 英名:Orang-utan 学名:Pongo pygmaeusボルネオとスマトラに生息する世界最大の樹上動物です。オランウータンというのは、マレー語で「森の人」の意味ですが、海岸部の人が奥地に住む人を指す言葉を、ヨーロッパ人が誤解したことに由来するそうです。 腕の長さが脚の2倍もあり、立った状態で手が地面についてしまいます。食性は雑食で、主に果実を...

  20. シマオイワワラビー - bonsoir

    シマオイワワラビー

    多摩動物公園で暮らすシマオイワワラビー達 シマオイワワラビー達はこの頃いつ覗いても変わりなく小さな子達がだんだん大きくなっていっていることくらいとくに何もない日々それが結構難しいそれがきっと一番いい静かに静かに穏やかに小競り合いも時々あるけど、何も大事に至らないただ静かに穏やかに日向なら寒い冬も大丈夫ぽかぽかぽかぽかみんなはゆっくり日向ぼっこ青いタグが左耳リュート君かなみんなのお父さん、セン...

1 - 20 / 総件数:48 件

似ているタグ