大久保利通のタグまとめ

大久保利通」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大久保利通に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大久保利通」タグの記事(44)

  1. 大久保独裁政権(PART 1) - デンマンのブログ

    大久保独裁政権(PART 1)

    大久保独裁政権(PART 1)(ookubo2.jpg)(ookubo3.jpg)(himiko92.jpg)(himiko22b.gif)デンマンさん。。。どういうわけで急に大久保独裁政権を持ち出してきたのでござ~ますかァ~?(kato3.gif)実は、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。(hamuro2.jpg)幕末、イギリスの外交官アーネ...

  2. 祝!福岡ソフトバンクホークス日本一・・・に言うクライマックスシリーズの非! - 平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ

    祝!福岡ソフトバンクホークス日本一・・・に言うクライマ...

    昨日、我が、福岡ソフトバンクホークスの日本一で幕を閉じた今年の日本シリーズ。・・・なんですが、私は常々、クライマックスシリーズというシステムには、かねてより、批判的でして・・・。ただ、始まった頃に、「この制度はおかしい」と言ったら、「ソフトバンクが負けたものだから、そんなこと言ってる」とまるで耳を貸してもらえませんでしたので、今こそ、改めて、声を大にして言いましょう。「この制度はおかしい!」...

  3. 女のオナラ (PART 1) - デンマンのブログ

    女のオナラ (PART 1)

    女のオナラ (PART 1)(ass350.gif)(onara13.jpg)(busu02.jpg)(heartx.gif)(himiko22b.gif)デンマンさん。。。またヤ~らしいタイトルを付けましたわねぇ~。。。女性のオナラにハマっているでござ~ますかァ~?(kato3.gif)僕は別に女性のオナラを魔法瓶に収集しているわけではありません。。。じゃあ、どういうわけで上のようなタイト...

  4. 大久保利通ゆかりの茶室、移築保存 - 令和氣淑

    大久保利通ゆかりの茶室、移築保存

    2019年5月14日、大久保利通が密談で使用した茶室が現存していることがわかり、移築保存することになりました。奇しくも大久保利通が暗殺された日(1878年)でした。以下、京都新聞より引用大久保利通の茶室、京都市が所有方針市有地に移築し公開へ現存が確認された大久保利通の茶室「有待庵」(京都市上京区)について京都市は30日、茶室を実質的に所有管理し、歴史的な文化財として公開活用する方針を発表した...

  5. 大久保利通ゆかりの茶室発見 - 令和氣淑

    大久保利通ゆかりの茶室発見

    大久保利通1830年-1878年先日、河原町今出川近くの住宅が解体中に大久保利通ゆかりの茶室が現存しているのが発見され、話題になっています。その茶室は薩長同盟を結んだとされる小松帯刀の屋敷から移築されたと伝えられ、その茶室を発見した歴史研究家と京都市が調査し、所有者と話し合いで保存の方向へ進むようです。うまくいけば移築復元が叶うでしょう。※ 2019年6月29日、追記茶室の移築保存が決まりま...

  6. 清水谷から霊南坂の歴史散歩 - 歴史と素適なおつきあい

    清水谷から霊南坂の歴史散歩

    歴史と素適なおつきあい2019・3・8(金)歴史に残る坂道や大名屋敷を訪ねます集合:9:50半蔵門線永田町7番出口方面改札口赤坂見附江戸城三十六見附のひとつで見張りの番所があった。紀伊和歌山藩邸昔からあった道が今風になっていて石垣が見える寛永9年(1632)に拝領した。当初は中屋敷だったが、麹町にあった上屋敷が火事で焼失しここが上屋敷となった。廃藩置県で、和歌山藩主は知事を辞職し上京してここ...

  7. 放屁女に罰金 (PART 1) - デンマンのブログ

    放屁女に罰金 (PART 1)

    放屁女に罰金 (PART 1)(ass350.gif)(onara13.jpg)(police2.jpg)罰金だ!(artface2.gif)(asa102.jpg)(himiko22b.gif)デンマンさん!どうして馬鹿バカしいお話をするのでござ~ますかァ~?(kato3.gif)卑弥子さんは馬鹿バカしいと思うかもしれないけれど、実は、僕は真面目な話をするのですよ。。。でも。。。、でも。。...

  8. 大久保利通終焉の地「紀尾井坂の変」跡地にて。 - 坂の上のサインボード

    大久保利通終焉の地「紀尾井坂の変」跡地にて。

    大久保利通が殺されたのは明治11年(1878年)5月14日でした。場所は紀尾井坂付近だったといわれ、その地名をとって、この事件を「紀尾井坂の変」と呼びます。紀尾井坂とは、現在の参議院清水谷議員宿舎前の坂道です。江戸時代、このあたりは紀州徳川家、尾張徳川家、井伊家の大名屋敷があったことから、その頭文字をとって「紀尾井」と呼ばれるようになったそうです。ただ、実際に大久保が襲撃されたのは紀尾井坂で...

  9. 上野の西郷さん - 坂の上のサインボード

    上野の西郷さん

    明治維新150年にあたるメモリアルイヤーの今年、平成30年(2018年)の大河ドラマは『西郷どん』でしたが、その第1話のオープニングに登場した上野恩賜公園の西郷隆盛像についての起稿です。今年の春、たまたま東京に行く機会を得たので、ついでに足を運んできました。 周知のとおり、西郷隆盛がこの世を去ったのは明治10年(1877年)9月24日、西南戦争における反乱軍としての戦死でした。そのため西郷は...

  10. 松平春嶽ダントツ (PART 2) - デンマンのブログ

    松平春嶽ダントツ (PART 2)

    松平春嶽ダントツ (PART 2)【卑弥子の独り言】(himiko22.gif)ですってぇ~。。。あなたは、坂本龍馬の暗殺事件の黒幕が大久保利通だと思いますか?あたくしは、まだ完全には、そうだと信じられないのですわ。。。ええっ。。。「そんな話はどうでもいいから、何か他に面白いことを話せ!」あなたは、あたくしに向かって、そのようにご命令なさるのでござ~ますか?いけすかないお方ァ~。。。!分かり...

  11. 西郷どん第47話「敬天愛人」その4~紀尾井坂の変~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第47話「敬天愛人」その4~紀尾井坂の変~

    シリーズ最後です。ドラマは西郷隆盛の物語でしたが、西郷の生涯を語るには、西郷の死の約8ヶ月後に起きた出来事まで語らなければ完結しません。すなわち、大久保利通の死です。大久保は明治11年(1878年)5月14日、東京の紀尾井坂付近において不平士族たちによって殺されました。 事件当日の午前8時、大久保は明治天皇に謁見するために裏霞ヶ関の自邸を出発し、赤坂の仮皇居に向かいました。共は下僕で馭者の中...

  12. 西郷どん第46話「西南戦争」その1~西郷の挙兵~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第46話「西南戦争」その1~西郷の挙兵~

    明治10年(1877年)2月15日に挙兵した西郷軍は、出水街道と大口街道の二道に分かれて東上を開始。そしてその総大将である西郷隆盛も、2月17日に鹿児島を発ちます。このとき、南国の鹿児島では珍しい50年に一度と言われた大雪が数日前から降り続き、町を白く染めていたと伝えられます。西郷軍は出陣するにあたって7大隊を編成し、篠原国幹、村田新八、永山弥一郎、桐野利秋、池上四郎、別府晋介に、それぞれ大...

  13. 西郷どん第45話「西郷立つ」その2~西郷暗殺計画~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第45話「西郷立つ」その2~西郷暗殺計画~

    昨日の続きです。各地で不平士族の反乱が勃発していた同じ頃、鹿児島県では、県令・大山綱良以下の役人には一人も県外人を入れず、すべて私学校とその分校の幹部を就かせて、県政は中央政府の法令には一切従わず、私学校の指導で行われていました。県下の租税はいっさい中央にあげず、県下では秩禄処分もなく、太陽暦も採用せず旧暦を守り、士族は相変わらず刀を帯び、ひとたび西郷隆盛の命令が下ればただちに戦闘状態に入れ...

  14. 西郷どん第45話「西郷立つ」その1~神風連・秋月・萩の乱~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第45話「西郷立つ」その1~神風連・秋月・萩の乱~

    明治2年(1869年)の版籍奉還から明治4年(1871年)の廃藩置県によって武士は一律士族とされ、藩士としての知行を失いますが、そこで士族たちはいきなり収入がなくなったわけではなく、しばらくは明治政府から知行の代わりに家禄が支給されていました。この家禄は、武士時代の知行に比べると大幅な減額だったのですが、武士時代と違って藩の職務はありませんから、その間に商売をはじめたり、家禄で土地を買って農...

  15. 西郷どん第44話「士族たちの動乱」その2~佐賀の乱~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第44話「士族たちの動乱」その2~佐賀の乱~

    昨日の続きです。新政府に対する不平士族たちの反乱の狼煙は、まず九州の佐賀において上がります。佐賀は、いわゆる「薩長土肥」の一角として維新政府に人材を輩出していましたが、その実は薩長主導のもとその風下に立たされており、佐賀人はその憤懣を募らせていました。そんな背景のなか、明治6年の政変によって、江藤新平、副島種臣が政府からはじき出されたことが導火線となり、明治7年(1876年)2月1日、300...

  16. 西郷どん第44話「士族たちの動乱」その1~喰違の変と愛国公党~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第44話「士族たちの動乱」その1~喰違の変と愛...

    明治6年の政変によって西郷隆盛を始めとする征韓派が下野しますが、この政府分裂は世の不平士族たちをいっそう刺激することとなり、当時、盛んになり始めていた新聞や雑誌などでも、激しく新政府を言論攻撃するようになります。その攻撃の矛先は、政変を指導した大久保利通や岩倉具視に向けられました。 明治7年(1874年)1月14日、宮中での晩餐会を終えて帰路についていた岩倉が、何者かによって襲撃されました。...

  17. 西郷どん第43話「さらば、東京」その4~明治6年の政変<西郷と大久保の決別>~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第43話「さらば、東京」その4~明治6年の政変...

    昨日の続きです。辞表を提出した西郷隆盛は、まもなく日本橋小網町にあった家を引き払い、隅田川の枕橋近くにあった越後屋喜右衛門の別荘に身を隠しました。越後屋喜右衛門は旧徳川時代に庄内藩御用達だった人物で、その縁で、この当時西郷家の面倒をみていました。西郷はここに数日間滞在し、釣りや詩作、揮毫などをして過ごしたと言われています。西郷は東京を去ることを決意し、あるいは最後になるかもしれない東京での生...

  18. 西郷どん第43話「さらば、東京」その3~明治6年の政変<政局の結末>~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第43話「さらば、東京」その3~明治6年の政変...

    昨日の続きです。ドラマでは閣議は1日で終わっていたかのようでしたが、実際には10月14日の閣議では結論に至らず、翌15日、改めて閣議が開かれました。しかし、通説では、この日、西郷隆盛は閣議を欠席したといいます。その理由は、自身の言い分は前日の閣議ですべて吐き尽くしたと判断し、採否は太政大臣をはじめとする他のメンバーに委ねたのではないかと言われています。この欠席が、西郷にとって功を奏することに...

  19. 西郷どん第43話「さらば、東京」その2~明治6年の政変<10月14日の閣議>~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第43話「さらば、東京」その2~明治6年の政変...

    昨日のつづきです。明治6年(1873年)10月14日、正院にて閣議が開かれました。当初は10月12日に開かれる予定でしたが、急遽、副島種臣が参議に加わるなどのゴタゴタがあって、2日延期されました。岩倉具視の帰国以来、征韓論反対派は水面下で激しく裏工作に動いていましたが、西郷隆盛を中心とする賛成派は、これといった政治工作はしていませんでした。西郷にしてみれば、自身の朝鮮国使節の件は8月17日の...

  20. 西郷どん第43話「さらば、東京」その1~明治6年の政変<征韓論反対派の裏工作>~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第43話「さらば、東京」その1~明治6年の政変...

    ドラマはいきなり征韓論閣議から始まりましたが、ここに至るまでにも様々なドラマがありました。本稿では、その経緯をできるだけ手短に解説します。 征韓論が閣議の議題にはじめてのぼったのは明治6年(1873年)6月12日で、その2ヶ月後の8月17日の閣議で西郷隆盛の朝鮮国派遣が内定しましたが、前話で描かれていたように、征韓論が唱えられる以前の5月26日に、すでに大久保利通は帰国していました。木戸孝允...

総件数:44 件

似ているタグ