大堀彩のタグまとめ

大堀彩」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大堀彩に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大堀彩」タグの記事(59)

  1. 大堀、渡邊初戦突破、宮台加入で珍事 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大堀、渡邊初戦突破、宮台加入で珍事

    バドミントンの全日本総合選手権2日目が行われた。この日は男女シングルス、混合ダブルスの1回戦が行われた。個人的に注目したのは日本ユニシスの金子祐樹/松友美佐紀ペアである。タカマツペアとして女子ダブルスを牽引してきた松友が高橋の引退で混合ダブルスでの戦いを選択して臨んだ試合でもあった。1回戦は現役の大学ペアとの試合であった。第1ゲームは緊張もあったとみえ、序盤からリードを許してしまい6-11と...

  2. センバツ中止、杉浦好投、全英オープンはじまる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    センバツ中止、杉浦好投、全英オープンはじまる

    3月19日からはじまるセンバツ高校野球の中止が決まった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今月19日に開幕予定だった大会を中止することを発表した。当初は無観客での開催を目指して準備を進めてきたが、好転しない情勢を受けての決断であった。今後は中止となってしまった出場校に対する救済策を検討することになる模様だ。具体的にはこれから協議されるが、会議後から早速さまざまなプランが浮上している。夏の甲...

  3. WRC開幕戦ディ2、大堀ベスト4、大坂敗退、藤井七段快勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    WRC開幕戦ディ2、大堀ベスト4、大坂敗退、藤井七段快勝

    WRC第1戦ラリー・モンテカルロディ2が行われた。ディ1で2、3位につけたトヨタのオジェ、エバンスがこの日の主役だった。まずエバンスがSS3~5の午前のSSすべてでトップタイムをマークして首位にたった。そしてSS4では今季からヒュンダイに移籍したタナックが大クラッシュ、幸い怪我はなかったもののラリーはリタイアとなってしまった。午後の主役はやはりオジェであった。SS6、SS7でトップタイムをマ...

  4. オジェは2位スタート、大堀ベスト8、谷川九段降格決定 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    オジェは2位スタート、大堀ベスト8、谷川九段降格決定

    WRC第1戦ラリー・モンテカルロディ1が行われた。スタートが午後8時半というナイトステージのSS2本がディ1のSSである。SS1ではオジェが最速タイムをマークして幸先のよいスタートをきったと思えたがSS2ではヒュンダイのヌービルが最速タイムをマークした。SS1、2を終え、ヌービルがトップ、オジェが2位、そしてタナックが3位という上位陣となっている。4位につけたエバンスは3位のタナックとは0....

  5. 大坂なおみ3回戦へ、大堀も2回戦、そしてWRC - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大坂なおみ3回戦へ、大堀も2回戦、そしてWRC

    テニスの全豪オープン2回戦、大坂なおみは中国のサイサイとの対戦であった。第1セット、第2ゲームをブレイクした大坂であったがすぐにブレイクバックされてしまった。その後はゆとりを持ったプレイをしたようで第6、第8ゲームをブレイクし6-2であっさりと第1セットを奪った。しかし第2セットにはいると、サイサイの様々なショットにリズムを狂わされてしまい、イライラが募る中、第3ゲームをブレイクされてしまっ...

  6. インドネシアマスターズ2日目、桃田帰国、ラグビー新リーグ骨子発表 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    インドネシアマスターズ2日目、桃田帰国、ラグビー新リー...

    バドミントンのインドネシアマスターズ2日目が行われ、各種目の1回戦が行われた。女子シングルスでは大堀彩は9連敗と相性がよくないインドのシンドゥとの対戦であった。第1ゲームを21-14で奪ったまではよかったが、続く第2、ファイナルゲームはシンドゥに奪い返されこれで対シンドゥ10連敗となってしまった。奥原希望、山口茜、高橋沙也加は1回戦を突破し2回戦進出を決めた。奥原の2回戦の相手はマリンである...

  7. 渡辺勇大二冠達成、桃田は連覇 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    渡辺勇大二冠達成、桃田は連覇

    バドミントンの全日本総合選手権決勝が行われた。午前10時からNHK-BS1で中継された決勝の第1試合は混合ダブルスであった。渡辺勇大/東野有紗ペアが日本国内では敵なしの圧倒的な強さを魅せつけ3連覇を達成した。2年間は1ゲームも失わない完勝の試合であり、渡辺22歳、東野23歳と若いペアだけにどこまで連覇が続くのだろうと思ってしまう。世界ランク3位といえども中国ペアとの実力差はあり、東京オリンピ...

  8. 慶應が帝京大撃破、大堀も決勝進出、ハンドボール初戦白星 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    慶應が帝京大撃破、大堀も決勝進出、ハンドボール初戦白星

    大学ラグビー対抗戦、すでに連続出場を続けていた全国大学選手権出場の夢は絶たれてしまった慶應義塾大学は今シーズンの最終戦となる帝京大学と対戦した。帝京大学には8連敗中とあって敗色濃厚かと思われていた試合であった。立ち上がり5分に先制トライを奪われたときはどうなることかと思った。しかしこの日の慶應は粘り強かった。11分に反撃となるトライで5-7とすると24分、31分にはFL川合が連続してトライを...

  9. ベスト4出揃う、NFL第13週 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ベスト4出揃う、NFL第13週

    バドミントンの全日本総合選手権も準々決勝が終わり、各種目でベスト4が決まった。準々決勝の試合では職場の先輩後輩対決もあった。まず男子シングルスでは桃田賢斗と古賀穂が対戦した。NTT東日本だけでなく、富岡高校の先輩と後輩で同じサウスポーでもある。試合は先輩でもあり世界ランク1位の桃田賢斗が古賀穂を圧倒して勝利し準決勝に勝ち進んだ。女子シングルスでも大堀彩と仁平菜月が対戦した。こちらはトナミ運輸...

  10. ベスト8決定、ゴールデングラブ賞表彰式 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ベスト8決定、ゴールデングラブ賞表彰式

    バドミントンの全日本総合選手権の2回戦が行われ各種目でベスト8が決まった。日本代表がシードされていた混合ダブルスでは明暗がでてしまった。権藤公平/栗原文音ペアが0-2のストレートで敗れてしまった。このペア自体、ワールドシリーズでも初戦敗退など調子があがらないことが多かったが全日本総合でもそれがでてしまったのかもしれない。栗原文音は女子ダブルスでも出場しているがそちらはベスト8進出を決めており...

  11. 藤井七段タイトル挑戦王手、香港オープンベスト8決まる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井七段タイトル挑戦王手、香港オープンベスト8決まる

    将棋の第69期大阪王将杯王将戦挑戦者決定リーグ戦が行われ、藤井聡太七段は久保利明九段と対局した。過去1勝3敗とやや苦手意識がある藤井七段であったがこの日は序盤から有利にすすめる展開となった。馬を作って自陣に引き上げ、歩を3段目に打って香を得する戦果を得ると躊躇なく手にした香を攻めに使うなど藤井七段が優勢に手をすすめていった。そして113手目に8三馬と玉頭を攻めた手から冷静に久保九段の王を追い...

  12. 侍ジャパン快勝、香港オープン2日目、藤井七段正念場 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパン快勝、香港オープン2日目、藤井七段正念場

    「第2回WBSCプレミア12」のスーパーラウンド第3戦が行われた。3連勝と好調のメキシコがその対戦相手である。先発の今永昇太が初回を三者凡退におさえるとその裏侍ジャパンの打撃陣が躍動した。2番坂本勇人がヒットで出塁し、盗塁に成功すると4番鈴木誠也がタイムリーを放ち先制した。5番にはいった外崎修汰がライト前ヒットで続き、6番にはいった近藤健介をむかえた。メキシコの先発が左投手だったこともあり打...

  13. 福州中国オープンはじまる、侍J快勝、新語・流行語大賞 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    福州中国オープンはじまる、侍J快勝、新語・流行語大賞

    バドミントンの福州中国オープン1回戦が終了した。世界ランク1位で出場した桃田賢斗、奥原希望は危なげなく勝利し2回戦に進出した。大堀彩は地元中国の若手選手との対戦であった。第1ゲーム、中盤まで競り合いながら終盤に連続ポイントを奪われ15-21で失ってしまった。第2ゲームは序盤から連続ポイントを奪って12-4とリードし、20-14とゲームポイントをうばったまではよかった。しかしここから韓悦の粘り...

  14. 大堀ベスト8進出、ドラフト会議終了、いよいよ準々決勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大堀ベスト8進出、ドラフト会議終了、いよいよ準々決勝

    バドミントンのデンマークオープン2回戦が行われた。女子シングルスの大堀彩はタイのインタノンとの試合であった。過去2連敗と相性のよくない相手であったが第1ゲーム、序盤こそ3-8とリードされたもののここから7連続ポイントを奪って逆転するとその後は追いつかれはするもののリードを奪われることはなく19-19から連続ポイントを奪って第1ゲームを制した。大堀にとって初めてインタノンからゲームを先取した。...

  15. ナショナルズ初優勝、マドン元監督就任、バドミントンは波乱なし - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ナショナルズ初優勝、マドン元監督就任、バドミントンは波乱なし

    MLBはリーグチャンピオンシップの真っ最中であるが、ナリーグはナショナルズが4連勝でカージナルスを破ってナリーグ制覇を成し遂げた。前身のモントリオール・エクスポズ時代を含めて、ワシントンD.C.移転後もナショナル・リーグでこれまで唯一ワールドシリーズ進出の経験が無かったナショナルズだが、ワイルドカードゲームから勝ち上がって怒涛の快進撃を見せて球史に残る快挙を成し遂げた。これで、ワールドシリー...

  16. 大堀2回戦進出、藤井七段勝利、王位戦今日決着 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大堀2回戦進出、藤井七段勝利、王位戦今日決着

    バドミントンの韓国オープン2日目は男女単複などの1回戦が行われた。女子シングルスでは山口茜が途中棄権して初戦敗退となってしまった。大堀彩は韓国のチョン・ジュイとの対戦であった。第1ゲーム、6-7とされたところから8連続ポイントを奪って一気にリードするとそのまま21-17で第1ゲームを奪った。第2ゲームは4-4から連続ポイントでリードするとその後もリードを拡げながら21-9で圧倒した。リードす...

  17. 日本ハム5位確定、韓国オープンはじまる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム5位確定、韓国オープンはじまる

    バドミントンの韓国オープンがはじまった。中国オープンが終了した直後の連戦となるこの大会、初日は男女シングルス、ダブルスの予選と混合ダブルスの1回戦が行われた。中国オープンでベスト8止まりに終わってしまった渡辺勇大/東野有紗ペアの初戦は香港ペアであった。第1ゲーム序盤は慎重に進めたのか、香港ペアにリードを許してしまった。5-10とリードされてしまったが、ここから渡辺/東野ペアが反撃を開始し、5...

  18. 大堀快勝で2回戦へ、いよいよ明日開幕 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大堀快勝で2回戦へ、いよいよ明日開幕

    バドミントンの中国オープン2日目は1回戦の残り試合が行われた。女子シングルスの大堀彩の対戦相手は香港の張雁宜であった。第1ゲーム、いきなり3連続ポイントを奪ってリードするとその後も連続ポイントを奪って一気に12-2とリードした。その後は一気にリードすることはできなかったが安定した力を発揮して21-9でこのゲームを奪った。楽勝で第1ゲームを奪うと苦戦するといわれているが、第2ゲーム出だしは苦戦...

  19. エンゼルス先勝で第2試合、王位戦は2日目、大堀は惜敗 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス先勝で第2試合、王位戦は2日目、大堀は惜敗

    レンジャーズとの4連戦の初戦、2回までに7-0と大きくリードしたエンゼルスであったがその後追加点をあげることができず、逆に投手陣が反撃を浴びてしまい7-7の同点で延長戦に突入した。そして10回、一死満塁というチャンスで大谷に打席がまわってきたが二塁ライナーで併殺となってしまった。試合は7-8でサヨナラ負け、嫌な負け方であった。ただ早朝に行われたダブルヘッダー第1試合は5-1で完勝したエンゼル...

  20. ビッグフライオオタニサン、大堀2回戦へ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ビッグフライオオタニサン、大堀2回戦へ

    エンゼルスの大谷翔平が待望の16号を打った。19試合74打席ぶりの本塁打であった。この間、マルチヒットも多数経験しており調子は悪くはなかったようだが、打球が高くあがることは少なかった。ホームランは7回の第4打席、左腕投手からの一発であったが、若干泳がされてしまい、最後は右手一本でのスイングであった。ただ1本でたことで今後勢いが増していくような期待がかかる。試合も9-2で勝利し、今日からのレン...

総件数:59 件

似ているタグ