大工のタグまとめ

大工」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大工に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大工」タグの記事(127)

  1. 東光寺薬師堂基礎工事墨付け弟子の育成神奈川伊勢原宮大工 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    東光寺薬師堂基礎工事墨付け弟子の育成神奈川伊勢原宮大工

    東光寺様の薬師堂新築工事の状況です。現在、基礎工事に取り掛かっています。砕石の転圧です。所々に見えているのは、柱状改良で地盤改良をした天端です。工場では、棟梁の斉藤君が土居桁の墨付けです。土居桁の継手。台持継です。墨付けが完了した小屋梁。田代君は、母屋の墨付けをしております。棟梁の斉藤君は度胸がいいので、入門三年目の田代君に母屋の墨付けを任せました。ちなみに私が初めて墨付けをしたのは、五年目...

  2. 丸太をきざむその4 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    丸太をきざむその4

    削りまくって綺麗な形にした丸太に、「墨付け(すみつけ)」をしていきます。「墨付け」とは、これから木を加工していくための目印をつけていくこと。そしてその墨付け通りに木を加工していくことを「刻む(きざむ)」というのです。大工用語ですね。大工さんの専門用語って案外たくさんあって、最初はWhy?(。´・ω・)?みたいな言葉がたくさんありましたが、今では自分が普通に使っていて、お客さんがWhy?(。´...

  3. 早速やっちまってる。 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    早速やっちまってる。

    え?えぇ?!いや待ってもしかして・・・?腰、死んじまってる。黒猫氏、腰死亡。何があった?!さっきまでその腰のコルセット撒いてなかったと思うんですけど。ちょっと目を離したすきに、重たい材料持ったらしく、腰死亡して、自力でコルセットを巻いて再び登場してきていた。昨日腰痛にビビッているという記事を書いたばかりの私は、果てしなく込み上げてくる笑みを必死で今、こらえているところです。

  4. 腰痛にビビッている。 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    腰痛にビビッている。

    秋は夏の疲れが出て、体調を崩しやすい時期です。皆様も、お体には気を付けて。日中は暑くても、夜や朝方は冷え込んだりしますし。しっかりとお腹周りのお布団はかけておいた方が賢明です。そして、毎年恒例の嫌な奴。腰痛がやって来やすいのもこの時期。先日から私の腰も怪しくて仕方がありません。トイレで用を足している時、不意に「危なっっ!!」って瞬間がありました。腰はセーフでしたが、いろんな意味で冷や汗もんで...

  5. 丸太をきざむその3 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    丸太をきざむその3

    この丸太のきざみに向けて、四ツ葉工房は大丸ノコを買いました。その名の通り、大きいのです。これが大丸ノコ。普通現場で使っているサイズの丸ノコと比べると、大丸ノコがどれくらい大きいのかが分かると思います。でも案外、安全なのは大丸ノコの方なのです。小さい方は小回りもきいて扱いやすいのですが、その分跳ね返ってきたり、油断して怪我したりしがちです。それに比べて大丸ノコは、持ち上げるところからしてすでに...

  6. 丸太をきざむその2 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    丸太をきざむその2

    まずは丸太の成形をしていくわけなんですが、これでまず肩壊れましたね。私のやわな肩が。鍛え方が全然足りてない。こんな感じで、削っていきます。この機械でブイーーーンと。こんな感じで少しづつ削っていって、八角形にしていきます。この機械が案外重くて、一日中これを動かし続けていると、夕方には「肩がぁぁぁ!!」と叫びたくなるほどの、猛烈な肩の重だるさに苛(さいな)まれるわけです。てっぺんの平らなところは...

  7. 大工さんあるある7~マニアック編 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    大工さんあるある7~マニアック編

    [大工さんあるある]高速で回転させて抜いたビスが腕に着地した時の地獄。真夏に車に乗った時に、不意に当たったシートベルトの金具の部分で、猛烈に二の腕やられるときありますよね。あれです。要はあれです。明らかに油断している時に、唐突に来る「ぁぁ熱っっ!!!!」のやつです。天井に向けて一度止めたビスを、「あ、ちょっとやり直したい。」とか思って一回抜きます。電動ドライバーの先からビス転げ落ちます。落ち...

  8. 無敵なん? - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    無敵なん?

    つい先ほど、ちょっとした事件が起きまして。作業場で作業していたのですが、ふと横を見ると額から血を流す黒猫氏が立っていたんですね。「あぁ。そういえばさっきパキーッン!って機械がヤバめな音を出していたなぁ。」と思ったわけです。黒猫氏は木を切っていたのですが、切った木が弾いて、どうやら額にクリーンヒットした模様。いつもなら、怪我して「痛ぇーーー!」って言っている黒猫氏を半笑いで治療する私ですが、今...

  9. 大神達へ声を掛けさせてもらった。 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    大神達へ声を掛けさせてもらった。

    「私たちに声かければいいよー。」って、言ってくれたわけです。「棟上げのときに声してくれたら、この家守っていくよー。」と、なんとも頼もしいお言葉をかけてくださるもんだから、もうお願いしちゃいます。全力で声掛けさせてもらいます。「家」という、生物にとっては非常に大切な住処(すみか)を作り始めるにあたって、そこには様々な感情が入り混じります。幸せももちろん、不安もあることでしょう。だけどそんなとき...

  10. 鉋 de ミクロりたい。その4 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    鉋 de ミクロりたい。その4

    鉋の刃がちゃんと研げて、台の調子も上手いこと出して、上手に鉋を引くことが出来れば、勝手に材は仕上がります。ただそれだけ。単純なことなのです。でもその単純なことが究極に難しいのです。何年やっても、分からないことだらけだし、完璧に出来るとは口が裂けても言えません。鉋は奥が深い。きっと私が思っているよりももっともっと彼らは優秀で賢い。そんな彼らのポテンシャルを十分に引き出せる力が、未だ自分にはない...

  11. 鉋 de ミクロりたい。その3 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    鉋 de ミクロりたい。その3

    ↓これまでのあらすじ↓『自分の鉋の技術がいかほどのもんかと、気になって気になって仕方がなくなってしまったべこ。「私、ミクロりたい。」鉋で薄削りをしてミクロン単位の削り屑を出すことを決意します。既にミクロリストである黒猫親分に教えを乞うて、これまで幾度となく研いできた刃物を、更により深く追求して、親分の変な呪文を聞いて、研ぎあげた鉋刃「こべ」を手に、いざミクロリストべこになるべく戦いの火ぶたは...

  12. 鉋 de ミクロりたい。その1 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    鉋 de ミクロりたい。その1

    自信はもちろんある。しっかりやってきたという自負もある。けれど、私には実績がない。証拠がない。だから親分にお願いをしました。「私、ミクロりたい!!」と。これ、「鉋(かんな)」といいます。大工道具です。木の表面を削って、綺麗に仕上げることができます。こんな感じで裏から刃が出ていまして、これで木を削ります。鉋を上手に扱えるようになるには、たくさん研いで、たくさん削って、たくさん練習しなければなり...

  13. 大工さんあるある5~マニアック編 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    大工さんあるある5~マニアック編

    [大工さんあるある~マニアック編]隣の大工の放つインパクトドライバーの独特のリズムがめっちゃ気になる。一回気になり始めるとダメです。『いや、最後の「ル!」ってなんなん?』とか思い始めると、もぅ止まりません。『「ドゥルルル!」でいいじゃん。』『最後の「ル!」って、きっと必要ない。』でも隣の大工はやはり、安定のリズムでこちらの気になる気持ちを煽ってくるのです。私というオーディエンスに向けて、一定...

  14. 大工さんあるある4~マニアック編 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    大工さんあるある4~マニアック編

    [大工さんあるある~マニアック編]大工のかっこいい瞬間鉋くずの飛ばし方。削った後の鉋くずを飛ばす姿はさながら、映画のワンシーン。「待て!俺が行く。」と危険なミッションを率先して引き受けるヒーローの姿を彷彿とさせるのです。ピシッと伸びた手先からにじみ出る闘志。邪魔だ邪魔だ、と周りを蹴散らすかの如く、鉋のくずだまりにたまった屑を横へ全力で吹っ飛ばすわけですよ。次の動作に移るために。これが大工さん...

  15. 木工教室ご参加ありがとございました - 大野建設の熊谷市注文住宅展示場

    木工教室ご参加ありがとございました

    こんにちは。今日は、木工教室を開催いたしました。前日までのお天気では雷⚡マークが出ていたので、心配しておりましたが、、、スタッフのやる気(晴れ男)の多さが良かったのでしょう!おかげさまで、良い天気で開始を迎えることができました。ご参加いただきました、皆様もお暑い中ありがとございました。大工さんとの良い思い出になったかと思います?(((夏休みの宿題にもなったかな)))午前の部参加者の皆さま午後...

  16. 変人or曲者 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    変人or曲者

    以前は比較的、子供がなりたい職業ランキングのトップにいた「大工さん」。今ではかろうじて小学生の男の子のトップ10に入っているくらいで、それ以降、中学生、高校生と完璧に消え去る「大工さん」。年々みんなも分かってくるのでしょうね。大工さんって、なかなか容易くねぇぞ、と。このご時世、何が一番嫌かって多分、3K。「きつい・危険・汚い」そんな3Kがピッタリ当てはまっている「大工さん」という職業。あえて...

  17. おいしい建築のレシピまたはドイツ削ろう会まとめ - 海岸屋ふー通信

    おいしい建築のレシピまたはドイツ削ろう会まとめ

    みなさんおつかれさまです。海岸屋ははたして生きているのかとご心配の皆様(そんな人はいないと思うな)まーなんとか生きています。死んだも同然なのはこのブログですな。お盆だけに。(ちなみに前回の投稿は正月!!)ご無沙汰の挨拶もそこそこに去年の夏の話をはじめるわけですが。ヨーロッパの大工さんの圧倒的な体力に驚き、女性大工さんに接して日本の大工職を振り返ってみた海岸屋ですが、僭越ながら(?)一番大事な...

  18. 木工教室 - 大野建設の熊谷市注文住宅展示場

    木工教室

    こんにちは。イベントのお知らせになります。毎年恒例、こども木工教室を開催いたします。優しい大工さんと一緒に、自分だけの手作り椅子を作りませんか?夏休みのお子さんとご一緒に是非ご参加お待ちしております。開催日時:8月24日(土)①部9:00~/②部11:00~=11時からの部定員となりました(8/412:30更新)=場所:大野建設 作業場(本社隣)募集人数:各部25名(要予約)参加費:1000...

  19. 【図で見る】感覚大間違いの図 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    【図で見る】感覚大間違いの図

    人の感覚というものは、まったくアテにはなりません。下手に自分の感覚を信頼しすぎると、痛い目をみるわけです。めちゃくちゃ火にあぶられている鉄を見た後に、不意に腕に鉄を当てられたら、反射的に「熱いぃ!!」って言いますよね。熱くもなんともない、むしろ逆に冷蔵庫で冷やしていた鉄だったとしても、「熱いぃ!!」って言いますよね。それくらい、人間の感覚というものはアテにならないのです。「これくらい屈めば(...

  20. IN する男。 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    IN する男。

    大工さんって、あまり太っている人いないんです。細マッチョな人が多いのはやはり、こんな隙間に入っていかないといけないからかもしれません。黒猫氏です。入っていってます、隙間に。笑ってはいけないということは分かっているんです。これは真面目な作業なわけですから。でも、こみ上げてくるものがこらえ切れません。あんなすごく狭い隙間に入っていくこととか。脚立から離れた足がバタバタしているところとか。なにやら...

総件数:127 件

似ているタグ