大河ドラマのタグまとめ

大河ドラマ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大河ドラマに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大河ドラマ」タグの記事(133)

  1. 昨夜から始まった大河ドラマの感想~♪ - 結び

    昨夜から始まった大河ドラマの感想~♪

    先日終了した大河ドラマ麒麟が来る始まって4,5回で脱落してしまった理由は京都の医者?だったかなあの二人の存在が馴染めなかったから。。そして今回の大河ドラマは兎に角草彅剛くん見たさに。。。そうしたら期待を裏切る形でとても面白かった!続けてみよう!!と、思わせてくれる初回でした特に和久井映見と堤真一が出てる竹中直人と玉木宏が出てる。。。とか、違うところで感動してしまった和久井映見と堤真一はフジT...

  2. 大河ドラマ『青天を衝け』 - いつもお腹いっぱい

    大河ドラマ『青天を衝け』

    今日から始まった大河ドラマが楽しみです。青森の先輩から読み終わるといつも送られてくる本の中に「渋沢栄一物語」という本を読んだばかりでした。私はなんで数学の勉強をしなくてはいけないのかとか思っていたものです。大学にも行かない、やりたいこともなかった私にはそんなことを考えることしかできませんでした。その本を読みながら、基本ができている人なんだなあと感心しました。身近な青森の十和田市を流れる川も渋...

  3. 【渋沢栄一の生家、深谷の「なかんち」にアンドロイド!】大河ドラマ開始間近 - お散歩アルバム・・紫陽花の頃

    【渋沢栄一の生家、深谷の「なかんち」にアンドロイド!】...

    2018年1月リアル過ぎてちょっと怖いアンドロイドだ❣️深谷までわざわざ訪ねて行ったのは2018年の一月なので、3年前のことですが、その時はまさか渋沢栄一がお札になったり、大河ドラマの主人公になるだなんて思いもよらずなんと先見の明があるんだろう‼️私‼️なんちゃって🤗😅アンドロイドが座っているお部屋も写真を撮っておいて良かったです。何でも撮って...

  4. 大河ドラマ、歴代「今川義元」〜若き信長にとっての壁、若き家康の主〜 - とらっしゅのーと

    大河ドラマ、歴代「今川義元」〜若き信長にとっての壁、若...

    去る2月7日、2020年大河ドラマ『麒麟がくる』が、ついに完結しました。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に伴う撮影・放映中断を余儀なくされ、一時は間欠できるかも危ぶまれた事を思うと、感慨にたえません。制作に関与されたすべての方々の尽力に敬意と感謝を表します。色々あったとはいえ、何だかんだで、濃厚な内容なドラマで非常に楽しませていただけました。さて。『麒麟がくる』は放送中断前の前半...

  5. 麒麟がくるを観終わって - やもりのカート三昧

    麒麟がくるを観終わって

    今朝、9時からBS4Kで「麒麟がくる」最終回を見ましてね。しばらく放心状態でした。満足感が大きくて、ボーっとしてるのが心地よかった。そして、17時45分からのBSプレミアムに合わせて録画再生して。無事に地上波の放映も終わったので、これを書いとります。美濃、長良川、桶狭間、越前、上洛、延暦寺、丹波。全てが「本能寺の変」の為にあった。必然だった展開。歴史物で、ここまで説得力を持たせてくれた物語、...

  6. はたして麒麟はくるのか? 亀岡編 - SAMとバイクとpastime

    はたして麒麟はくるのか? 亀岡編

    遂に大詰めのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」今週末日曜日をもって「完」 はたして麒麟はくるのか、どんな終わり方をするのかドラマは謎をよんで話題になり盛り上がっているの。(一部のマニアでは)一方、それに反してはたして麒麟はくるのかと不安がっている自治体がある、亀岡市だ。 光秀は1577年に亀岡に城を築き丹波攻めの拠点とした。そして1582年、亀岡から本能寺へと出陣した。そんな光秀ゆかりの地は...

  7. 大河ドラマ歴代「黒田官兵衛」〜『麒麟がくる』でも最終盤に登場〜 - とらっしゅのーと

    大河ドラマ歴代「黒田官兵衛」〜『麒麟がくる』でも最終盤...

    戦国乱世を統一した英傑、豊臣秀吉。その秀吉を参謀として支えたとされる一人に、黒田官兵衛(如水)という人物がいます。この官兵衛、どうやら来たる2月7日に放送予定の『麒麟がくる』最終回でも登場するそうで。演じられるのは、濱田岳さん。本能寺の変あたりで出てくるという事は、有名な「あの場面」のための登場でしょうか。という訳で、いい機会なので恒例の大河ドラマ歴代歴史人物シリーズ、黒田官兵衛に焦点を当て...

  8. はたして麒麟はくるのか? ドラマ編 - SAMとバイクとpastime

    はたして麒麟はくるのか? ドラマ編

    キャストの交代、コロナ延期と荒れに荒れた大河ドラマ「麒麟がくる」も遂に今週末で最終回。今回の大河ドラマの主人公が明智光秀と知った時落胆したのは私だけだっただろうか?いいえ、多くの人が「明智光秀かよ~」って思ったはず。何故なら、主人公がいくら活躍したとしても最後の最後は「適は本能寺にあり」・「是非に及ばず」・山崎の合戦・竹やりでぶすりで終わるストーリーは素人でもわかると言うものだから。ネタバ...

  9. 大河ドラマ歴代「斎藤道三」〜下克上の代名詞〜 - とらっしゅのーと

    大河ドラマ歴代「斎藤道三」〜下克上の代名詞〜

    先週は、歴代大河ドラマに登場する「織田信長正室」について話題にいたしました。そこで今回は彼女の父親に当たる斎藤道三に焦点を当てましょう。斎藤道三も戦国乱世における「下剋上」の典型としてしばしば話題に上がる人物の一人です。かつては一代で成り上がったと信じられてきましたが、実際には父親と二代での下剋上であった事が知られています。今年も本木雅弘さんが演じて、強烈な印象を残して物語の前半を彩ってくれ...

  10. 大河ドラマ歴代「帰蝶」(または「濃姫」)~斎藤道三の娘、織田信長の正室~ - とらっしゅのーと

    大河ドラマ歴代「帰蝶」(または「濃姫」)~斎藤道三の娘...

    今年も例によって、大河ドラマ歴代有名人物シリーズを進めてまいります。今回のお題は、織田信長の正室。歴史作品では「濃姫」とか「帰蝶」とか呼ばれている女性です。織田信長が大河ドラマを始めとする歴史作品でしばしば登場する関係か、彼女の登場頻度もそれなりに高いイメージがあります。斎藤道三の娘にして織田信長の正室、というポジションは創作作品を作る上で魅力的であろうことは想像に難くありません。(現在放送...

  11. 大河ドラマ歴代「前田利家」~秀吉の盟友、五大老の一角~ - とらっしゅのーと

    大河ドラマ歴代「前田利家」~秀吉の盟友、五大老の一角~

    今年も例によって、大河ドラマ歴代有名人物シリーズを進めてまいります。今回のお題は、前田利家。豊臣秀吉の旧友にして、五大老では徳川家康に次ぐ存在。秀吉死去直後の政局を語る際に欠かせぬ人物です。以下、歴代の前田利家が登場した作品、および演じた俳優さん一覧です。なお、その作品における最終形態を演じた一人に代表しています。例によって情報源はWikipediaなので、話半分にてご覧いただければ幸いです...

  12. 大河ドラマ歴代「幕末有名諸侯たち」〜四賢侯、水戸、長州、会津〜 - とらっしゅのーと

    大河ドラマ歴代「幕末有名諸侯たち」〜四賢侯、水戸、長州...

    ここ最近、雑記恒例になっている歴代大河ドラマに登場する有名歴史人物シリーズ。今回は、幕末の有力大名を対象にしようかと思います。幕末大名の有名どころのうち、井伊直弼は以前に取り上げました。そこで今回対象とするのは、「四賢侯」(薩摩藩の島津斉彬または久光、越前藩の松平春嶽、土佐藩の山内容堂、宇和島藩の伊達宗城)、水戸藩の徳川斉昭、長州藩の毛利敬親、会津藩の松平容保としようかと。以下、歴代の幕末諸...

  13. 歴代大河ドラマに登場なされた、歴代天皇〜割と最近の現象かも〜 - とらっしゅのーと

    歴代大河ドラマに登場なされた、歴代天皇〜割と最近の現象かも〜

    今年の大河ドラマ『麒麟がくる』は、放送再開後に面白さが加速している印象です。最近の研究成果も活かしながら、新たな戦国時代像・人物像を描き出そうという野心的な試みが随所に見られる感があります。そんな中で、強い印象を与える人物の一人に、時の帝・正親町天皇がおられます。演じておられるのは坂東玉三郎さん。現在進行形で、物語世界への影響力や存在感はいや増すばかり。戦国を舞台としたドラマで、時の帝がこれ...

  14. 『青天を衝け』キャストと、過去雑記記事と - とらっしゅのーと

    『青天を衝け』キャストと、過去雑記記事と

    先週は、二年後の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の出演者発表を受けて興奮のままに雑記を投稿しました。しかし、その前にある来年の『青天を衝け』も力が入ってそうな感じが伝わってこちらはこちらで楽しみ。 という訳で。『青天を衝け』の出演者第二弾も、先日発表になりましたね。 関連サイト:「NHK」(https://www.nhk.or.jp)より「2021年大河ドラマ「青天を衝け」出演者発表!<第1弾>...

  15. 『鎌倉殿の13人』キャスト発表と、過去雑記記事と - とらっしゅのーと

    『鎌倉殿の13人』キャスト発表と、過去雑記記事と

    2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』、主要キャスト第一陣が発表されましたね。脚本家・三谷幸喜さん自ら、五日間にわたって会見で少しづつ配役を明かしていく方式でファンの興味を巧みに掻き立てていました。 関連サイト:「NHK」(https://www.nhk.or.jp)より「【11.16~20】5日間連続出演者発表!2022年 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」」(https://www6.nhk...

  16. 大河ドラマ歴代「松永久秀」〜「大悪人」としての逸話が多いけど、実像は…〜 - とらっしゅのーと

    大河ドラマ歴代「松永久秀」〜「大悪人」としての逸話が多...

    今年の大河ドラマ『麒麟がくる』を彩る人物の中でも、吉田鋼太郎さん演じる松永久秀は視聴者へのインパクトが強い一人と言って良いかと思います。この久秀、従来は主君である三好長慶の嫡子を暗殺し、将軍足利義輝を殺害し、東大寺大仏殿を焼いた大悪人として語られてきました。しかし近年の研究では、そうした汚名は適切なものではなく、三好家に忠節を尽くした人物であった事が明らかになっているようです。1965 『太...

  17. 大河ドラマ歴代「伊達政宗」〜秀吉・家康時代を彩る「伊達者」〜 - とらっしゅのーと

    大河ドラマ歴代「伊達政宗」〜秀吉・家康時代を彩る「伊達者」〜

    もう第何弾か僕自身も忘れましたが、今回も有名歴史人物の、歴代大河ドラマに登場した回数に関する話です。今回は、伊達政宗。奥州の有力な戦国大名で、仙台藩初代藩主にあたる人物です。豊臣政権や初期徳川政権においても存在感を示しており、隻眼であった事から「独眼竜」とも呼ばれました。彼を主人公とした『独眼竜政宗』は大河ドラマの中でも人気があった事で知られ、その影響もあってか政宗本人も現在では有名どころと...

  18. 大河ドラマ歴代「千利休」〜秀吉時代のドラマでは欠かせぬ人です〜 - とらっしゅのーと

    大河ドラマ歴代「千利休」〜秀吉時代のドラマでは欠かせぬ...

    大河ドラマでは、豊臣秀吉とその周辺の人々に焦点が当てられる事も多々あります。戦乱のみならず、文化的観点からも。千利休は、そうした形で秀吉と関わり深い人物の一人と言えるでしょう。茶道の大成者というだけでなく、秀吉と対立し切腹を命じられるという最期もあって取り上げられがち。という訳で、今回は大河ドラマ歴代「千利休」。以下、千利休が登場する作品、および演じた俳優さん一覧です。なお、その作品における...

  19. 大河ドラマ歴代「井伊直弼」〜実は初代大河主人公〜 - とらっしゅのーと

    大河ドラマ歴代「井伊直弼」〜実は初代大河主人公〜

    今年の『麒麟がくる』で59作品となった大河ドラマ。最初に主人公となったのはだれか、ご存知でしょうか?答えは、井伊直弼。徳川政権末期に政権を担当した人物です。将軍後継者争いを自派の勝利でおさめ、世界情勢を鑑みて西洋諸国との条約締結に踏み切るなど当時の政治的懸案解決に尽力しました。その際の運営ぶりが反発を呼びましたが、これに対しては反対派への強硬な弾圧(「安政の大獄」)を行って政権の威信維持を図...

  20. 歴代大河ドラマ源平合戦の大立者たち〜後白河法皇、平清盛、源頼朝、源義仲、源義経、源範頼〜 - とらっしゅのーと

    歴代大河ドラマ源平合戦の大立者たち〜後白河法皇、平清盛...

    日本史で、昔から人気があり今も相応の知名度を誇るジャンルの一つに「源平合戦」があります。ここ最近は戦国や幕末の勢いがあまりに強いためその後塵を拝しているのは否めませんが、それでも歴代大河ドラマでも取り上げられた回数は相応にある時代です。そこで今回は、源平合戦における有名どころとして、当時の朝廷第一人者・後白河法皇、平家の指導者・平清盛、源氏側の大立者で次代を切り開いた源頼朝、そして平家を鮮や...

総件数:133 件

似ているタグ