大竹しのぶのタグまとめ

大竹しのぶ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大竹しのぶに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大竹しのぶ」タグの記事(10)

  1. LIFE LIFE LIFE ~人生の3つのヴァージョン~ - tuki-note / 月ノオト / tuki-no-oto

    LIFE LIFE LIFE ~人生の3つのヴァージョン~

    私は学生時代の父親の扶養家族を離れ、結婚をすれど、この40年間、己の手で糊代を得てきた。夫の扶養家族となり、専業主婦の身となって、かれこれ1年が過ぎている。最近頓に感じるのが、世間における主婦の立ち位置である。私の個人的見解かもしれないが、学生時代の一人前の口と行動をとる割に、責任は親の翼の下に身を顰めるように、夫の翼の下にいることで世間が許してくれる居心地の悪さを感じている。成人婦人として...

  2. ピアフ - Appelez-moi Namiko!

    ピアフ

    大竹しのぶさんが演じるピアフを観て来ました。会場の森ノ宮ピロティホールです。随分前に、ラプソディ・イン・ブルーを演奏した思い出のホールです。オペラやミュージカルは比較的よく見るのですが、実は演劇を見る事がなかなかありません。今回のピアフは、劇中音楽でもあるし、大竹しのぶさんの演技を是非見たかったので、チケットを取ったのですが、役者さん達の表情の詳細もみる事が出来ました!オペラやミュージカルは...

  3. ピアフ - タワラジェンヌな毎日

    ピアフ

    お友達に誘われて、久しぶりに舞台を観に行ってきました。大竹しのぶさんが演じている「ピアフ」です。会場は、大阪の森ノ宮ピロティホール。初めてこのホールに行きました。こじんまりとしたホールですね。彼女の演技はもちろんですが、歌もとても素晴らしいものでした。「愛の賛歌」は、ピアフの大恋愛の相手でプロボクサーの マルセルに捧げられた曲だそうですが、観客のほとんどが 聴いていてじ~んとしてしまったので...

  4. 11/6~<特別割引あり!>大竹しのぶ主演舞台「ピアフ」<シアタークリエ> - 日帰りツアー・社会見学・東京観光・体験イベン

    11/6~<特別割引あり!>大竹しのぶ主演舞台「ピアフ...

    11/6~<特別割引あり!>大竹しのぶ主演舞台「ピアフ」<シアタークリエ>あたしが歌うときは、あたしを出すんだ。全部まるごと。●キャスト大竹しのぶ、梅沢昌代、彩輝なお、宮原浩暢(LE VELVETS)、上遠野太洸、川久保拓司、大田翔、上原理生、駿河太郎、辻萬長

  5. 第3回の明石家紅白で明石家さんま&大竹しのぶ「キライナヒト」 - ありがとう

    第3回の明石家紅白で明石家さんま&大竹しのぶ「キライナヒト」

    第3回 明石家紅白!第3回 明石家紅白!の見所は、明石家さんまさんと大竹しのぶさんが、2人の夫婦時代の爆笑エピソードを盛り込んだデュエット曲「キライナヒト」は最高でした。第3回の明石家紅白で明石家さんまさんと大竹しのぶさんが「キライナヒト」をデュエット癒しの動画 おすすめチャンネル小さな幸せ

  6. 欲望という名の電車 - 新 LANILANIな日々

    欲望という名の電車

    12月の思い出し日記12日は、仕事のあとで渋谷へ東急本店の前はこんなキラキラでした。しのぶブランチを見に、シアターコクーンへ3時間の舞台だったのですが引き込まれてしまいました。北村一輝さんも、鈴木杏ちゃん、西尾まりちゃんも良かったな以前、グローブ座で、篠井英介さんがイキイキと演じてたブランチもとても良かったけどしのぶブランチ、迫力あったーおなかいっぱいでした。舞台って、いいね♪

  7. 是枝裕和「イ・ナ・ヅ・マ her lightning」広瀬すず渡辺直美滝川クリステル阿部寛 - 昔の映画を見ています

    是枝裕和「イ・ナ・ヅ・マ her lightning」...

    その現代版を妄想する。ミッキー成瀬「稲妻」52年、大庭秀雄「稲妻」67年に続く現代版を考えてみる。是枝裕和「イ・ナ・ヅ・マ her lightning」18年/東宝■監督:是枝裕和/原作:林芙美子/■出演:広瀬すず 渡辺直美 四人の子どもの父親の人種がみんな違うという複雑な母子家庭の物語。原作は林芙美子の同名小説で今回の東宝版では、家族からの脱出を試みる末娘を広瀬すずが好演。ミッキー成瀬版...

  8. 大林宣彦「恋人よ われに帰れ 」沢田研二小川真由美大竹しのぶ泉谷しげるトロイ・ドナヒュー - 昔の映画を見ています

    大林宣彦「恋人よ われに帰れ 」沢田研二小川真由美大竹...

    抒情と社会派は同居できるのか。池袋にて「新作『花筐/HANAGATAMI』完成記念! ワンダーランドの映画作家 大林宣彦映画祭2017」特集。83年、テレパック、フジテレビ。なおサブタイトルはLOVER COMEBACK TO ME。新文芸坐では(1983/106分/BD/TV作品)と予告していたが、当日のアナウンスによると、実際は10分ほど短いとのこと。大画面にブローアップしたため、画質は...

  9. 2017/5/13 ソワレ - tuki-note / 月ノオト / tuki-no-oto

    2017/5/13 ソワレ

    フェードル処:兵庫県立文化センター阪急中ホール 作:ジャン・ラシーヌ 翻訳:岩切正一郎 演出:栗山民也出演:大竹しのぶ、平岳大、門脇麦、谷田歩、斉藤まりえ、藤井咲有里、キムラ緑子、今井清隆

  10. 北村総一郎、初演出舞台「ふくろう」は面白そう。新藤兼人監督が映画化したもの。 - 香取俊介・東京日記

    北村総一郎、初演出舞台「ふくろう」は面白そう。新藤兼人...

    北村総一郎さん、ガンだったのか。脇役として独特の存在感をしめす俳優だ。81歳で舞台演出に初チャレンジするらしい。新藤兼人監督の「ふくろう」。あれは面白い映画だった。新藤監督90歳の時の作で、あの年であんな、妖しさただよう映画を撮るとはすごい、見習わなければと思った。先日、必要があって自分が脚本を書いた伊東四朗さん主演の連ドラのデータを見ていたら、キャストに北村総一朗さんの名前があった。そうか...

総件数:10 件

似ているタグ