大谷翔平のタグまとめ

大谷翔平」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大谷翔平に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大谷翔平」タグの記事(387)

  1. 大谷の年俸はいくら、今日SS1~2、朝日杯東京地区開始 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷の年俸はいくら、今日SS1~2、朝日杯東京地区開始

    エンゼルスの大谷翔平の2021年年棒がいくらとなるか話題となっている。4年目をむかえて年棒の足かせがある程度なくなった今季果たしていくらになるのだろうか。本人の希望額は330万ドルにたいして球団側は250万ドルと100万ドル以上の乖離がある。両者の間で交渉が行われることになるが、交渉決裂の場合は調停がはいることとなる。はたしていくらで決着するのだろうか、注目して両者の交渉を眺めていきたい。い...

  2. 吉田輝星KO、野村佑樹は一発 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    吉田輝星KO、野村佑樹は一発

    日本ハムの吉田輝星が西武戦に先発した。過去2回の登板がまずまずの出来であったので西武打線にどの程度通用するのか期待していた。いきなり3連打で失点してしまったが、3本のヒットは飛んだコースがよかったものであり、どちらかといえば当たりそこねのヒットであった。しかしその後の連続四球はいただけなかったと思う。タイムリーヒットも打たれいきなり4失点のスタートであった。2回はどんなピッチングをしてくれる...

  3. SHO…… - SPORTS 憲法  政治

    SHO……

    だれもが???気になるところですよねぇ……………???私は…………【 契約 】段階から気になってますよ『 新人 』扱いとはいえ、、、、、、、日米間、、、NPB、MLBのとりきめてすからね来季は……《 野手 》( ファースト )起用されるかも…………………しれませんよね?エンゼルスは…………投手に課題があります先発はもとより………セットアップ!クローサー!ほかの………29チームの状況次第では大...

  4. NFL第3週、大谷のシーズン終了 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    NFL第3週、大谷のシーズン終了

    NFL第3週が行われた。シーホークスは地元でカウボーイズとの対戦であった。第1Q、FGで先制されてしまったがすぐにTDを奪い返して逆転、Safetyで加点した。TDで同点とされたが第2QにTDを奪ってりーどすると終了間際にはインターセプトからTDを奪って23-15とリードした。第3QにTDを奪って30-15と試合を決定づけたかに思えたがそこからカウボーイズに2TD、1FGを奪われて30-31...

  5. 藤井二冠就位式、支配下登録即スタメン、大谷7号 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井二冠就位式、支配下登録即スタメン、大谷7号

    将棋の藤井聡太二冠の初タイトルとなった「棋聖」の就位式が行われた。師匠の杉本昌隆八段は棋聖獲得時に引き続き花束贈呈で登場し「藤井棋聖が29連勝した時、私は取材の場で『これは映画で言うなら予告編だろう』と話しましたが、今はやっと本編が始まったくらいで、これからとてつもない記録をどんどん塗り替えていくのではないかと思います」と弟子の今後の活躍について語った。藤井二冠は現在王将戦挑戦者決定リーグに...

  6. 大谷久しぶりの先発、WRCトヨタ逆転、WECは3連覇 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷久しぶりの先発、WRCトヨタ逆転、WECは3連覇

    エンゼルスの大谷翔平が7試合ぶりに6番・DHで出場した。左腕投手が先発する機会が多かったが先発を外れる試合が長期間続いたことは初めての経験だったといえる。そんな鬱憤を晴らすかのように、3点をリードされた第1打席はライトスタンドにライナーでぶち込む6号ソロアーチで反撃の狼煙をあげると、第2打席は中前ヒットで出塁すると次打者の2塁打の間に俊足を飛ばして一気にホームを駆け抜けた。大谷の活躍もあり、...

  7. OAKLEY(オークリー)サングラス大谷翔平選手シグネチャーコレクションRADAR EV(レーダーイーブイ)入荷! - 金栄堂公式ブログ TAKEO's Opt-WORLD

    OAKLEY(オークリー)サングラス大谷翔平選手シグネ...

    いよいよ今年のシルバーウィークに本日から突入いたしました金栄堂はこの4連休も通常営業させていただいておりますのでどうぞよろしくお願いいたします!OAKLEY(オークリー)から2020年9月、大リーグ・エンゼルス所属の大谷 翔平(おおたに しょうへい)選手のシグネチャーコレクションサングラスが発表され、金栄堂に入荷いたしました!■OAKLEY SHOHEI OHTANISIGNATURE CO...

  8. 初のサヨナラ打、西川決勝打、ヒュンダイ好調 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    初のサヨナラ打、西川決勝打、ヒュンダイ好調

    エンゼルスの大谷翔平がアストロズ戦に4番・DHで出場した。二死満塁のチャンスで凡退してしまうなど相変わらず不振続きの打席であった。しかし5-5でむかえた延長11回、タイブレイク方式で無死2塁からの攻撃となり、レンドーンが凡退して一死となったが、苦手左腕からライト前にタイムリーを放って6-5としエンゼルスがサヨナラ勝ちをおさめた。大谷にとってはメジャー初のサヨナラ打であった。苦手左腕から打った...

  9. 大谷久々快音、琢磨なんとグリコポーズ、羽生九段試練の勝負 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷久々快音、琢磨なんとグリコポーズ、羽生九段試練の勝負

    エンゼルスの大谷翔平、プロデビューして最長となる20打席以上快音が響かなかった打席で久々の快音がセンターオーバーのホームランであった。打った瞬間にそれとわかる一撃であったが、久しぶりのヒットだっただけにベンチに戻っても笑顔で打席を振り返る姿が見られた。また最終となった第4打席でも苦手の変則左腕投手からライト前にヒットを放ってこれもまた久しぶりのマルチヒットの試合となった。そして今日のアストロ...

  10. 大谷2戦連続マルチヒット、いよいよWEC再開 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷2戦連続マルチヒット、いよいよWEC再開

    エンゼルスは地元でアスレチックスとの3連戦、チームの調子はエンゼルスが3連敗、アスレチックスが9連勝と対照的である。ここはチームの連敗をストップし、ライバルチームの連勝をストップさせるためにも勝利が必須であった。大谷は5番DHで先発した。エンゼルスは初回、いきなり暴投で1点を先取すると不振だったレンドーンに2ランがでていきなり3-0とリードした。しかしアスレチックスも好調なだけにすぐに同点に...

  11. 大谷今季初のマルチ安打、永瀬二冠防衛へ王手 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷今季初のマルチ安打、永瀬二冠防衛へ王手

    エンゼルスの大谷翔平が12打席ぶりにヒットを放つと、第3打席でも外角高めのボール球をレフト線に流し打つ2塁打を放ち、打者出場10試合目で今季初のマルチヒットを記録した。打率2割に満たない不振ではあるが、2本のヒットでようやく復調の兆しがみえたような気がする。将棋の第5期叡王戦七番勝負第7局が行われ、永瀬拓矢二冠が豊島将之二冠を91手で下して3勝目をあげ、叡王位防衛に王手をかけた。豊島二冠とし...

  12. 打者専念で一発、日本ハム4位進出、名人戦第5局開始 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    打者専念で一発、日本ハム4位進出、名人戦第5局開始

    エンゼルスの大谷翔平が昨日、オンラインでの会見を行った。復帰初戦から100マイル投球ができるとは思っていなかったそうで、先日の登板時も一昨年のときとは違う違和感を生じたそうだ。リハビリ途上での怪我での離脱、それほどしょげていなかったことが救いであった。今日のマリナーズ戦では4番・DHで先発出場し、2回の第1打席で左翼に一発を打ち込むなど3打数1安打1打点の活躍でエンゼルスの勝利に貢献した。二...

  13. エンゼルス快勝、藤井棋聖二冠へ王手 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス快勝、藤井棋聖二冠へ王手

    大谷翔平の怪我で意気消沈しているかと思われたエンゼルスであったが、トラウトが産休から復帰しいきなり先制アーチで弾みをつけるとプホルスも2ランと初回に3-0とリードした。先発のヒーニーもリードを守り、6回途中まで1失点におさえると、リリーフ陣も踏ん張った。7回にフレッチャーの2ランで5-1と4点差をつけるとその後の反撃を2点におさえて5-3で勝利した。試合前、マドン監督は「彼なら(二刀流を今後...

  14. 大谷右腕違和感、渡辺二冠挑戦権獲得ならず - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷右腕違和感、渡辺二冠挑戦権獲得ならず

    またしてもエンゼルスの大谷翔平に悲劇が起こってしまった。3日のアストロズ戦に先発した大谷翔平は前回の登板とは見違えるピッチングで1回をわずか8球で三者凡退におさえた。これ以上ない出だしにまずはほっと一息であったが、2回に突如乱れてしまった。先頭打者に四球を出してしまうとなんと連続四球で無死満塁のピンチをつくってしまった。しかしここからがこれぞ大谷翔平というところを魅せてくれた二者連続三振であ...

  15. 藤井棋聖逆転勝利、大谷は前途多難 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井棋聖逆転勝利、大谷は前途多難

    将棋の第70回NHK杯トーナメント1回戦第16局が放送された。久しぶりにNHKの将棋放送を観たが、新型コロナウィルスの影響で以前とは違った盤と配置にちょっと驚いてしまった。これも感染防止対策の表れなのだろう。藤井聡太棋聖と放送されていたので、棋聖位獲得以降に録画されたことが伺えた。対局相手は塚田泰明九段、こちらも攻め将棋のスペシャリストであり、解説も谷川浩司九段と豪華な顔ぶれで対局はスタート...

  16. 大谷連発、有原KO、豊島二冠連敗脱出なるか - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷連発、有原KO、豊島二冠連敗脱出なるか

    エンゼルスの大谷翔平が昨日のマリナーズ戦の最終回に3ランを放った。2試合連続の一発は413日ぶりのことだそうだ。試合は5-8で敗れてしまった。投手陣の踏ん張りがないことが敗因のひとつだと思う。また7回には初盗塁も決めており、センスの良さも魅せてくれた。3日に先発予定の大谷、あとは投でどれだけ魅せられるかにかかっている。期待半分で待つことにしたい。日本ハムの有原航平がKOされてしまった。前回の...

  17. 大谷1号もチームは逆転負け、日本ハムは3連勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷1号もチームは逆転負け、日本ハムは3連勝

    開幕から調子があがらないエンゼルスの大谷翔平であるが、昨日のマリナーズ戦で今季第1号となる一発を放った。0-2と追い込まれてからの低めのボールを救い上げての一発であった。チームは5回を終了して4-1と勝ちパターンのゲーム展開であったがリリーフ陣がリードを守りきることができずに逆転を許してしまい7-10で敗れてしまった。やはり投手陣の整備がイマイチであったオフの補強のつけがでてきてしまったよう...

  18. 大谷大乱調、名人戦第4局はじまる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷大乱調、名人戦第4局はじまる

    早朝からTV観戦するのは久しぶりのことである。エンゼルスの大谷翔平の2年ぶりの復帰登板を観た人も多かったのではないだろうか。結果は惨憺たるものであった。一死も取ることができずに5失点KOである。解説者の言うように満足して投球できた球が2球程度であったことを差し引いてもひどい内容ではあった。確かに紅白戦3試合のみで対外練習試合なしで臨んだことが原因のひとつともいえるがちょっエンゼルスの首脳陣も...

  19. 大谷安打は出るも、日本ハム大逆転、藤井棋聖大活躍 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷安打は出るも、日本ハム大逆転、藤井棋聖大活躍

    エンゼルスの大谷翔平にとって悔しい開幕戦だった。初回の初打席で中前に初ヒットを放って2020シーズンをスタートさせたまではよかったが、その後は無安打に終わってしまった。特に悔しいであろうと思った打席は9回の打席ではなかったのだろうか。3-3の同点に追いつき、二死満塁と絶好の場面での打席にたった。特にトラウトが1、2塁の場面で敬遠されてからの打席だっただけに何としても勝ち越し打を打ちたいと思っ...

  20. MLB開幕、日本ハム辛勝、そして叡王戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    MLB開幕、日本ハム辛勝、そして叡王戦

    いよいよMLBが開幕である。昨日の練習試合最終戦、エンゼルスの大谷翔平はパドレス戦との練習試合に3番DHで先発出場した。その試合前の練習ではブルペンで47球の投球練習の後、バッティングゲージでの練習で23スイングで柵越えは実に14発と驚愕の打撃内容を魅せてくれた。試合でも2打席目にレフト前に運ぶ安打を放った。日本ハム時代も大谷の打球はレフト方面に飛ぶ傾向があり、解説者からはレフトに引っ張ると...

総件数:387 件

似ているタグ