大谷翔平のタグまとめ

大谷翔平」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大谷翔平に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大谷翔平」タグの記事(418)

  1. エンゼルス好調、日本ハム4勝目 - 本音トーク:第3版

    エンゼルス好調、日本ハム4勝目

    エンゼルスが開幕から好調である。主軸のレンドーンがDL入りしてしまい、どうなることかと心配していたがその必要はなさそうである。ロイヤル戦、2番・DHで先発出場した大谷翔平は第1打席で技ありのレフト前にヒットを放って野手として出場した5試合連続安打を記録した。第2打席は2-0とリードした3回、無死1、3塁のチャンスに登場、詰まった2ゴロとなり併殺に倒れてしまったが3点目(併殺のため打点はつかな...

  2. ゴルフ界は大騒ぎ、松山の海外メジャー制覇 - 本音トーク:第3版

    ゴルフ界は大騒ぎ、松山の海外メジャー制覇

    昨日は朝からゴルフの4大大会のひとつであるマスターズをTV番組が取り上げていた。実況放送を担当したTBSの昼の特番では開始直後から時間を割いてマスターズ制覇について説明していた。自分がゴルフをしないのでゴルフのことについてよくわからないが、4大大会を制するということは2015年のラグビーワールドカップで日本代表が南アフリカ代表に勝ったことに匹敵すると言われて納得した。松山英樹の名前は知ってい...

  3. ソダシ桜花賞制す、名古屋は3戦ぶり白星 - 本音トーク:第3版

    ソダシ桜花賞制す、名古屋は3戦ぶり白星

    降雨の影響で試合開始が2時間以上も遅れたエンゼルス対ブルージェイズの試合、2番・DHで先発出場した大谷翔平は第1打席でライト右にフライをあげ、歩ライディングキャッチを試みた選手のグラブをすり抜けライト線に転がるボールをしり目に快足を飛ばして3塁打とした。この日の安打はこの1本、チームも投手陣が崩壊して1-15と大敗してしまった。そして未明開始予定であったブルージェイズ戦は悪天候のため中止とな...

  4. 大谷絶好調、日本ハムようやく連勝、アベマトーナメントはじまる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷絶好調、日本ハムようやく連勝、アベマトーナメントはじまる

    エンゼルスの大谷翔平が好調である。ブルージェイズとの試合、2番・DHで先発出場、初回こそ三振に倒れてしまったが、第2打席は1点を先制した後、満塁のチャンスで打席に立ち、走者一掃の右中間フェンス直撃の2塁打を放って3打点をあげた。そして第3打席は中越えの第3号ホームランである。これでMLB通算50号となり、松井秀喜の記録を抜いて日本人選手最速の50号到達を記録した。まさに今季は打撃部門で好調を...

  5. タイブレイク制してエンゼルス勝利、藤井二冠18連勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    タイブレイク制してエンゼルス勝利、藤井二冠18連勝

    エンゼルスは今季初の遠征試合、ブルージェイズ戦との試合に臨んだ。2番・DHで先発出場した大谷翔平は先発投手の外角球に悩まされて3打席凡退してしまったが、7回の一打同点のチャンスではリリーフ投手からライト前にヒットを放ち、5-5の同点においついた。5-5で今季初のタイブレイク方式の延長戦となった試合は11回、二死2、3塁からフレッチャーが中前にタイムリーを放って7-5とリードしてイグレシアスが...

  6. 名人戦はじまる、大谷記録修正、桜花賞追切 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    名人戦はじまる、大谷記録修正、桜花賞追切

    将棋の第79期名人戦七番勝負第1局がはじまった。振り駒の結果、斎藤慎太郎八段の先手番で開始された第1局は相矢倉毛様で手順が進行していった。戦いがはじまる様子はなく、読みあいが進む中で渡辺明三冠が60手を封じ手1日目が終了した。先ほど再開された2日目、注目の封じ手は5二金であった。斎藤八段が千日手模様の局面を打開する目的か、角を動かし攻めに転じる姿勢をみせはじめたが、渡辺三冠はどう指すのであろ...

  7. エンゼルス1日天下、今日から名人戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス1日天下、今日から名人戦

    今季のエンゼルスはちょっと違う。終盤の粘りが驚異的である。日本時間6日に行われたアストロズ戦、終盤まで3-5と2点ビハインドであった。しかし8回に連打で無死1、2塁のチャンスをつくると、代打大谷翔平が告げられた。登板翌日とあり、ベンチスタートであった大谷が打席にたった。しかし2球目に死球を受けてしまった。相手投手を睨みつけ、感情をむき出しにする姿、よほど打ちたかったのであろう。これで無死満塁...

  8. 大谷翔平復活目前 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷翔平復活目前

    エンゼルスの大谷翔平がホワイトソックス戦に2番・投手として出場した。MLBで2番・投手として出場するのは118年ぶりのことだそうである。NPBでは投手として出場した試合でも打席にたつことはあり、それほど驚くことではなかったが米国では特別なことととらえられたのかもしれない。この試合、全米ネットワークでも生中継されていたようで全米でも注目する試合だったようだ。その試合で大谷翔平がまた記録を作って...

  9. 全勝対決はドロー、いよいよ大谷先発 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    全勝対決はドロー、いよいよ大谷先発

    ラグビー・トップリーグ第6節、ホワイトソックスの全勝対決は雨中での試合となった。神戸製鋼、パナソニックともに雨中とあってハンドリングエラーを気にしたようでキックを多用した試合運びとなった。また、試合運びもトーナメントのようにペナルティを得るとPGを狙うなど勝ちにこだわった試合運びであった。前半はお互いに2PGの6-6で折り返し、後半3分にトライ(&ゴール)で神戸製鋼がリードしたものの11分に...

  10. 大谷初安打、サントリー全勝、名古屋はドロー、有原デビュー - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷初安打、サントリー全勝、名古屋はドロー、有原デビュー

    エンゼルスの大谷翔平に2021年シーズンの初安打がうまれた。ホワイトソックス戦に2番・DHで先発出場、1打席目に1塁線をするどい当たりで破り3塁打と思われたが、1塁手のグラブを弾いていたため、エラーと判定されてしまった。シーズン初安打はお預けとなってしまった大谷翔平、やはりあせりがあるのか続く3打席はボール球に手を出して空振りの三振をきっしてしまった。6-12と大きくリードされた9回裏二死1...

  11. エンゼルス白星スタート、日本ハム完敗 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス白星スタート、日本ハム完敗

    MLBの開幕戦、エンゼルスはホワイトソックスとの対戦であった。大谷翔平は2番・DHで出場したが、第1打席は三振、第2打席も3邪飛、そして第3打席はいい当たりの右直であった。試合はホワイトソックスが先制し、エンゼルスが追いかける展開であった。2-3で終盤をむかえた8回裏、先頭のフレッチャーが投手のグラブを弾く内野安打で出塁すると大谷は二ゴロ、併殺をあせった2塁手が悪送球、ベースカバーの足がずれ...

  12. 大谷5割超えでシーズンイン、コントレイル万全、野村打率トップ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷5割超えでシーズンイン、コントレイル万全、野村打率トップ

    エンゼルスの大谷翔平がオープン戦最終戦でも安打を放った。前日の試合で投手として登板しまめの影響で7失点してしまったが、翌日の試合では2番・DHで出場した。登板翌日に出場するのは過去で数例のみ、今季の大谷活用方法のテストケースといえそうな試合出場であった。結果は2打数1安打と打者として出場した13試合すべてで安打を記録し、5割4分8厘の好成績でオープン戦を終えた。一方、投手としては散々な結果で...

  13. 大谷7失点、日本ハムも11失点 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷7失点、日本ハムも11失点

    エンゼルスの大谷翔平がオープン戦最後の登板をした。ドジャーズ戦、初回からストレートの制球がままならずに押出し四球で失点してしまうと2回は四球後2ランを浴びてしまった。手のひらや指を確認する場面もあり、何かの故障かと思われたが3回にも2ランを打たれ63球で降板した。なんと右手中指にできたまめがさけてしまったそうである。本人に言わせれば「大丈夫かなと思います。ここから1週間しっかり投げて強くでき...

  14. 最終登板は2番・投手、大坂ベスト8、日本ハム本拠地開幕 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    最終登板は2番・投手、大坂ベスト8、日本ハム本拠地開幕

    エンゼルスの大谷翔平のオープン戦最終登板は2番・投手としての出場である。日本時間午前11時プレイボールの対ドジャーズ戦は2番での出場である。リアル二刀流での出場はパドレス戦に続いて2試合目のこと、パドレス戦では4回1失点の好投であったが、今日はどんなピッチングを魅せてくれるのだろうか、3~4回を予定しているそうだが今後に期待がもてるピッチングを披露してほしい。2度目の全豪オープン制覇をした大...

  15. トップリーグ混戦上位争い、野村悔しい三振、大谷開幕4戦目先発 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    トップリーグ混戦上位争い、野村悔しい三振、大谷開幕4戦目先発

    ラグビー・トップリーグ第5節が終了し、予選ラウンドも残るは2試合となった。レッドカンファレンス、ホワイトカンファレンスでトップ争いが熾烈となっている。レッドカンファレンスではサントリーがトヨタとの全勝対決を制して5連勝を飾った。昨日はクボタが三菱重工相模原を32-17で破りこちらも5連勝となった。ただ、この試合前半と後半でチームの勢いに差がでてしまった。前半はクボタが一方的に攻め27-3とリ...

  16. いよいよ開幕プロ野球、大谷オープン戦第5号 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    いよいよ開幕プロ野球、大谷オープン戦第5号

    いよいよプロ野球が開幕する。コロナ禍の影響で応援も制限された中での開幕ではある。スポーツ新聞では順位予想や開幕スタメン予想などが行われている。日本ハムに関していえば大多数の解説者が最下位予想である。有原が抜け、外国人の来日が未定の状況を考えれば致し方ないのかもしれない。ただダルビッシュがMLB移籍した2012年も下馬評ではBクラス予想だったが、終わってみればパリーグ制覇、波にのったら強い日本...

  17. 大谷10試合連続ヒット、コントレイル1週前追切 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷10試合連続ヒット、コントレイル1週前追切

    エンゼルスの大谷翔平がレンジャーズとのオープン戦に1番・DHで出場した。試合前、元チームメイトの有原航平と談笑する姿があってがどんな会話をしたのだろうか、にこにこしながら話していただけに他愛のない会話だったのかもしれない。第1打席は大きなカーブにタイミングがあわずに空振りの三振に終わってしまったが、第2打席は、そのカーブを見事にとらえてライナーで中前まで運んだ。1打席で修正してくることに大谷...

  18. 大谷リアル二刀流披露、マフィ・キャノン移籍 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷リアル二刀流披露、マフィ・キャノン移籍

    エンゼルスの大谷翔平が日本時間22日のパドレス戦、1番・投手で出場した。MLBに移籍して初めてのリアル二刀流での出場であった。また1番投手はNPBでも1試合のみ実現しておりその試合は2016年7月3日のソフトバンク戦、いきなり先頭打者として初球をスタンドに放り込む先頭打者ホームランを放っていた。ここまでのオープン戦の活躍を観ていると今季は大活躍しそうな雰囲気を感じさせる大谷、いきなり初回に左...

  19. 大谷足も好調、全米オープンベスト8決定、ブリセットがドルフィンズ入り - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷足も好調、全米オープンベスト8決定、ブリセットがド...

    エンゼルスの大谷翔平の勢いが止まらない。マリナーズとのオープン戦、1番・DHで先発出場した大谷は初回は四球で出塁した。2回の2打席目、シフトの逆をつくレフトへの流し打ちでオープン戦出場8試合連続ヒットを記録した大谷は2進後、3塁への盗塁を成功させた。足も絶好調の大谷翔平、後はピッチングでどこまで仕上げてくるかである。打についてはこのままの勢いで開幕戦をむかえてほしい。バドミントンの全英オープ...

  20. 日本ハム連勝、大谷2試合連続弾、棋王戦第4局 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム連勝、大谷2試合連続弾、棋王戦第4局

    日本ハムの投打がかみ合いだした。試合前育成選手の長谷川凌汰の支配下登録が発表され、背番号も43となった。今季は春季キャンプも一軍帯同となり、これまでも練習試合、オープン戦と登板しており好投していただけにいつ支配下登録されるのかと注目していた。ロッテとのオープン戦、先発は昨年のドラ1の河野竜生であった。開幕ローテーション入りを狙う河野としては先日、伊藤大海が好投して開幕ローテーション入り争いを...

総件数:418 件

似ているタグ