大阪市のタグまとめ

大阪市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大阪市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大阪市」タグの記事(220)

  1. 【番外編】光の響宴 2017 - 広小路通散歩(旧御堂筋散歩)

    【番外編】光の響宴 2017

    今週は、21日、22日の2日間大阪出張でした。光の響宴というイベントのメインプログラムとして御堂筋イルミネーションが開催されます。梅田から難波まで4kmを8つのエリアに分け、それぞれのテーマの色でライトアップされます。今日は、御堂筋イルミネーションの様子をお届けします。【水都ブルー】淀屋橋から瓦町までのエリアカラーは、水都ブルーです。単にブルーではなく、水都大阪の水都を冠した水都ブルーです。...

  2. 慰安婦像を否定する石碑を 世界各地へ - BMI適正化計画

    慰安婦像を否定する石碑を 世界各地へ

    仮に慰安婦問題が100%韓国の主張通りだったといよう。そうだとしても、サンフランシスコ市の選択は疑問だ。吉村大阪市長の憤りもよくわかる。ただ、市民交流を閉ざすような選択はいかがなものか。その一方で、韓国が自分の主張で世界地図を塗り固めている。今回はなぜか中国系主導だったようだ。次は南京大虐殺が出てくるのだろうか。やはり、主張するべきは主張する必要がある。恨の国は怖い。こちら側も慰安婦像やその...

  3. みつか坊主 やまご味噌さんのすっきり味噌ラーメン(阪神百貨店催事) - 拉麺BLUES

    みつか坊主 やまご味噌さんのすっきり味噌ラーメン(阪神...

    阪神百貨店催事「食と器と調理道具台所マルシェ」に行ってきた。(11月22日~28日)「みつか坊主」がイートイン出店しているからだ。みつか坊主は先日大阪城公園のラーメンイベント「森ちゃんのラーメンフェスタ2017」にも出店されていた。「やまご味噌さんのすっきり味噌ラーメン」全部のせ。「五味醤油」という味噌店とのコラボで甲州味噌を使っている。食べた感じは「みつか坊主」の白味噌らーめんに近い味でそ...

  4. いざ!天守閣へ! - ハチミツの海を渡る風の音

    いざ!天守閣へ!

    最後に大阪城へ登ったのはいつだったかな?半世紀前かも知れない(笑)ど~んとそびえ立つ天守閣!やっぱりこの足で 歩いて登るのは無理でしょう!!エレベーターの列に並び 何組かの後に順番が来て乗り込みました!そこで \(◎o◎)/!な出来事!!案内嬢がまず一言「この中に 日本人のお客様はいらっしゃいますか?」ん? 「ハイ」と答えたものの(・・?その後 大阪城の案内スピーチが日本語で始まりました。や...

  5. Style坊主ver.2-みつか囃子-コラボ限定!秘伝醸味噌のまぜそば - 拉麺BLUES

    Style坊主ver.2-みつか囃子-コラボ限定!秘伝...

    森ちゃんのラーメンフェスタ2017第2幕最終日の連食の2食目がこちら!ラーメン劇場 みつか囃子。四人囃子というロックバンドは知ってるが、みつか囃子は知らない。トマトに箕面ビールスタウトも入っているらしい。スタウトって何だろう?調べてみると黒ビールや上面発酵というワードが出てくるがなんだかよくわからない。要するに黒味噌(赤の濃いやつ)ということか?限定メニューなのですぐに忘れそう。いわゆるまぜ...

  6. 彌榮神社 - 時の流れに身を任せ…

    彌榮神社

    旧記には、神祖素戔嗚命を文禄年間に熊野巫神社(旧出雲国意宇郡)より分霊奉還したのがはじまりとある。その当時は、牛頭天王社と呼ばれ、創立以来旧木野(この)村の鎮守として崇敬厚く宮座を設けて奉仕し、明治5年(1872年)村社に列せられ、社号もこの時に彌榮神社と改められた。明治43年(1910年)、氏子協議のうえ大字岡村(現在勝山北4丁目)の御館神社を合祀した。その御館神社は、生土神でいばらの神と...

  7. 大正湯の煙突 - 時の流れに身を任せ…

    大正湯の煙突

    夕陽ケ丘高校の東側の道を北へ入った閑静な住宅街の中にある。狭い空間をうまく開放感と質感をもつ雰囲気に仕立てた設計(昭和56 年(1981 年))となっている。銭湯が少なくなったことを踏まえると、現存する銭湯の煙突は、過ぎ去った時代を思い起こす手がかりとして貴重である。少し離れてみると地面から直接に突き出しているように見える煙突は、印象深い。所在地:大阪府大阪市天王寺区松ケ鼻町3番16号

  8. 伝藤原家隆墓 - 時の流れに身を任せ…

    伝藤原家隆墓

    藤原家隆(1158年~1237年)は、藤原時代末期の五代の天皇に仕えた有名な歌人で、79歳の時に官を辞して浄春寺の地に隠棲した。その翌年の春の彼岸に高台から西の海に落ちる夕日を見て、その荘厳さに心を打たれ直ぐに落髪して仏性と号し、その4月9日に消えるように一生を終えた。伝藤原家隆墓は、家隆の墓といわれ、その傍らには、御影石にこの歌が夕日とともに刻まれた歌碑がある。夕陽丘の地名は、この歌の「波...

  9. ディアモールクリスマス2017 - 時の流れに身を任せ…

    ディアモールクリスマス2017

    ディアモールクリスマス2017を見に行ってきました。

  10. 麺のようじFACTRY 炙りチャーシューと鶏節香る濃厚トリトンらーめん 森ちゃんのラーメンフェスタ2017 - 拉麺BLUES

    麺のようじFACTRY 炙りチャーシューと鶏節香る濃厚...

    森ちゃんのラーメンファイル第2幕が始まった。(11月17~19日)平日なのに天気も良く盛況のようだ。今回の注目は京都の「らぁ麺とうひち」だがその前に並びたい店があった。「麺FACTRY JAWS+麺のようじ」のユニットだ。先着20名にTシャツが配布されるので食券(850円)を購入しいち早く並んだ。13番目でTシャツゲット!これでラーメン代の元を取った。「麺のようじ」ではいつも塩や醤油の清湯ス...

  11. 尼崎散歩 川中島 - Life with Leica

    尼崎散歩 川中島

    OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6川中島といっても、謙信と信玄が争った場所ではもちろんない。

  12. 次はまんぷく - Life with Leica

    次はまんぷく

    Panasonic LUMIX LX100NHKは14日、大阪放送局が制作する来年度後期の連続テレビ小説(月~土曜前8・00)が「まんぷく」に決まったと発表した。(中略)インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)氏と、その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を舞台に、明るくひたむきに生き抜いたヒロイン・福子とバイタリティー...

  13. 安泉寺 - 時の流れに身を任せ…

    安泉寺

    創建年代不詳。古来村の念仏道場であったものが、徳川時代初期の寛文7年(1667年)に真宗大谷派末寺となった猪飼村固有の寺。村の中央部、鶴の橋60m北東にある。安泉寺は、徳川時代、村内の戸籍を預かり、寺小屋を開設していた。明治5年(1872年)に猪飼野小学校となり、明治20年(1887年)に平野川対岸の木野村小学校(宗玄寺も開設)と合併して、鶴嘴尋常小学校が建設されるまで村内のこどもたちの教育...

  14. 清寿院(大阪関帝廟) - 時の流れに身を任せ…

    清寿院(大阪関帝廟)

    正式には黄檗宗「白駒山清寿院」といいますが、中国との縁が深いので「南京寺」とも称されます。「桃園の誓い」で劉備、張飛と義兄弟となった勇義の英雄・関羽を祀っています。明和元年(1764)に、浄土宗住職・宗円より黄檗僧・大肩和尚が譲り受けて、中国僧・大成和尚が中興開山して、本堂を再建して黄檗宗の寺となりました。明治18 年(1885 )、長崎から来阪した広東の貿易商・利興成、利妥泰が発起人となり...

  15. 大阪能楽殿跡 - 時の流れに身を任せ…

    大阪能楽殿跡

    1916年、能楽師・手塚(大西)亮太郎らが中心となって起工。1919年、大阪能楽殿は、日本最大の規模として完成した。建設には、関西財界人を代表する住友吉左衛門友純、野村徳七、伊藤忠兵衛らが支援した。住友家は建設用地の提供、建設費用を募る労を執るなどの支援を行った。能楽殿の敷地は約737坪の2階建。平見所(客席の桟敷)145個所、貴賓室、特別室、椅子見所が備わっていた。1945年、大阪大空襲に...

  16. ちゃやまちアプローズクリスマス2017見に行ってきました。 - 時の流れに身を任せ…

    ちゃやまちアプローズクリスマス2017見に行ってきました。

    ちゃやまちアプローズクリスマス2017見に行ってきました。

  17. Twilight Fantasy~光り輝く時空の祝宴~2017見に行ってきました。 - 時の流れに身を任せ…

    Twilight Fantasy~光り輝く時空の祝宴~...

    Twilight Fantasy~光り輝く時空の祝宴~2017見に行ってきました。

  18. GRAND WISH CHRISTMAS 2017見に行ってきました。 - 時の流れに身を任せ…

    GRAND WISH CHRISTMAS 2017見に...

    GRAND WISH CHRISTMAS 2017見に行ってきました。

  19. 天王寺消防署元町出張所 - 時の流れに身を任せ…

    天王寺消防署元町出張所

    横リブを効かせたデザイン。四天王寺境内側の消防車出入り口周りも趣がある。設計建設は不詳である。使用時期は1910(明治43)年~1926(大正15)年である。所在地:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-68

  20. 総本家釣鐘屋 - 時の流れに身を任せ…

    総本家釣鐘屋

    屋根の上に看板代わりの釣鐘堂があったり、2回の窓のデザインが釣鐘であったりするが、いやらしくなくユーモアたっぷりに存在している。設計建設共に不詳。建設年は1930(昭和5)年頃。所在地:大阪府大阪市天王寺区大道1-5-2

1 - 20 / 総件数:220 件

似ているタグ