大阪市のタグまとめ

大阪市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大阪市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大阪市」タグの記事(524)

  1. 通天閣 - A  B  C

    通天閣

    毎日がイルミネーション。お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!

  2. 北浜長屋 - 時の流れに身を任せ…

    北浜長屋

    北浜長屋は土佐堀通に南面して建つ木造二階建の二軒長屋です。土佐堀通をはさんで南向いには大阪証券取引所(現大阪取引所)があり、その関係から、もとは株仲買業者の社屋や法律事務所でしたが、現在はレストラン等として活用されています。建物の正面一階は、玄関上にペディメントを付け洋風なしつらえとなっていますが、二階は黒漆喰塗の大壁で窓に観音開きの鋼製防火戸が入り、両端に袖卯建を設けています。こうした和洋...

  3. 天満天神えびす祭2019 - 時の流れに身を任せ…

    天満天神えびす祭2019

    “天満の天神さん”の名で親しまれている大阪天満宮で、平成19年(2007年)に約半世紀ぶりに復興した「天満天神えびす祭」が今年も行われます。金運向上「福小判」をはじめ、福笹や縁起物などが授与されます。復興を記念し、戎門(西門)には祭の由来を記した石碑が建てられています。所在地:〒530-0041大阪府大阪市北区天神橋2-1-8開催期間:2019年1月9日~11日宵えびす・本えびす/10:00...

  4. 堀川戎神社十日戎2019 - 時の流れに身を任せ…

    堀川戎神社十日戎2019

    堀川戎神社の「十日戎」は毎年1月9日から11日まで3日間夜通しで行われ、商売繁盛、福徳円満などを願う人々が吉兆を付けた福笹を求めて賑わいます。境内や参詣道は約500個におよぶ提灯で飾られ、周辺には200もの露店が立ち並びます。関西演芸協会のメンバーによる古典芸能の奉納(9日~11日)も行われます。所在地:〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5-4-17開催期間:2019年1月9日~11日...

  5. 御結鎮神事2019 - 時の流れに身を任せ…

    御結鎮神事2019

    神前に捧げた矢をもって除魔招福を願う神事で、年初にあたり、農事に禍をもたらす悪霊を退散させることを目的に行われます。住吉大社では祭典の後、弓の名人が大的を射る古式に則り弓十番が催されます。所在地:〒558-0045大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89開催期間:2019年1月13日10:00~交通アクセス:阪堺電気軌道阪堺線「住吉駅」もしくは「住吉鳥居前駅」からすぐ、または南海本線「住吉大社駅」...

  6. 今宮戎神社初詣2019 - 時の流れに身を任せ…

    今宮戎神社初詣2019

    商売繁盛のご利益で知られる今宮戎神社の「元旦祭」では、元旦0時の開門とともに干支絵馬が無料授与(先着順)されます。3日には、例大祭十日戎が無事に斎行できるように祈願する行事「お千度」が行われます。所在地:〒556-0003大阪府大阪市浪速区恵美須西1-6-10開催期間:2019年1月1日~3日交通アクセス:南海高野線「今宮戎駅」からすぐ問合せ先:今宮戎神社06-6643-0150http:/...

  7. 少彦名神社(すくなひこ) - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    少彦名神社(すくなひこ)

    薬の町道修町(どしょうまち)神農(しんのう)さん少彦名神社は通称「神農さん」として親しまれています。「少彦名命」は古事記や日本書紀にも記される日本医薬の祖神「神農炎帝」は中国の中国医薬の祖神です。「神農神」は三皇の一人で人身牛首。つまり身体は人間、頭は牛で、神のシンボルである2つの智恵のコブがあります。人民に農耕を教えた事から神農と呼ばれるようになったといわれます。百草を調合してみずから服用...

  8. 大阪市立美術館 - 時の流れに身を任せ…

    大阪市立美術館

    大阪市立美術館は、大阪市天王寺区の天王寺公園内にある美術館。当地には1914年(大正3年)に住友家本邸が建てられたが、後に住友家から美術館建設を目的に日本庭園「慶沢園」とともに敷地を寄贈され、1936年(昭和11年)に旧本邸跡地に開館した。名誉館長(前館長)は蓑豊。○施設本館は伊藤正文と海上静一によって設計された。1927年(昭和2年)12月から建設に着手したが、世界恐慌の影響で工事が中断し...

  9. 大地震両川口津浪記碑 - 時の流れに身を任せ…

    大地震両川口津浪記碑

    嘉永7年(1854)6月14日、同じく11月4・5日とたてつづけに大坂は大地震に見舞われた(同年11月28日、安政に改元)。その時の被害は、記録により相違するが、大阪市史によると、溺死273名、船の損害約1,800とあり他では死者が600余名になっているものもある。そこで安政2年7月、慰霊をこめて付近の町の人々が発起して建碑したもので、刻文は平易な調子で、その時の被害の様子を述べ、特に津波に...

  10. 田中金峰墓所 - 時の流れに身を任せ…

    田中金峰墓所

    18歳の若さで世を去った天才漢詩人。弘化元年(一八四四)に生まれ、文久2年(一八六二)に18歳の若さで夭逝した学者・詩人の田中金峰の墓所。代表作の『大坂繁昌詩』では当時の大坂の名所の様子がうかがえる。15歳で医学寮を開き、施薬院で貧しい人に無料で治療を施した。○所在地大阪市中央区中寺1-1 妙寿寺内○交通機関地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目駅」谷町線・千日前線「谷町九丁目駅」近鉄線「...

  11. 島谷家住宅 - 時の流れに身を任せ…

    島谷家住宅

    本田4丁目には戦災を逃れた長屋の街並みが残っている。その一角にある長屋住宅では、1階に格子の玄関や出格子の窓が見られ、1階屋根と2階屋根の間にうだつが上がっている。※うだつ…日本家屋の屋根に取り付けられる防火壁、装飾。所在地:大阪府大阪市西区本田4丁目9番3号

  12. 木津卸売市場 - 時の流れに身を任せ…

    木津卸売市場

    大阪木津卸売市場は、大阪市浪速区にある民営の卸売市場。通称木津市場。木津卸売市場、大阪木津市場、大阪木津地方卸売市場とも表記される。グルメ杵屋の100%子会社である「大阪木津市場」が運営している。 ○概要民営の卸売市場としては、全国有数の取り扱い実績を誇る。1万7500平方メートル(延べ床面積2万4800平方メートル)の敷地内に青果や水産物のセリ場を設け、171の卸売業者が入居。飲食店や食材...

  13. 御堂筋イルミ2018@2018-11-13 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    御堂筋イルミ2018@2018-11-13

    12日に続いての御堂筋イルミです。心斎橋に用事があったついでに、帰りに寄ってみました。心斎橋から、本町、そして淀屋橋の近くまで、イルミを楽しみながら、ぶらぶらと。この日のカメラは、コンデシRX-100Mです。クリックすると大きな画像で見られます。また時間が取れる時に、行ってみようっと。ランキングに参加しています!(^^)!更新の励みになる応援「ポチッ!!」を宜しくお願いしま~す。SONYラン...

  14. 御堂筋イルミ2018@2018-11-12 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    御堂筋イルミ2018@2018-11-12

    今年はも、やって来ました。いよいよイルミネーションの季節到来です。まずは、御堂筋イルミ。11月12日行ったものです。今年は、例年と違って、御堂筋の両側に複数の色のイルミが飾られています。水都大阪にちなみ、今年は、水面のきらめきや水の流れをイルミネーションで表現してあり、光の川となった御堂筋を楽しむ事が出来ます。今年初の「水揺(すいよう)」プロムナード。中央大通りから北御堂へ向かう歩道に光で波...

  15. 古札焼納式(とんど)2019 - 時の流れに身を任せ…

    古札焼納式(とんど)2019

    住吉大社で、昨年1年間に守護をいただいた古い御札やお守り、正月のしめ縄などを焼き納める行事が行われます。この火で餅を焼いたり、煙を浴びると無病息災になると伝わります。所在地:〒558-0045大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89開催期間:2019年1月15日9:00~14:00交通アクセス:阪堺電気軌道阪堺線「住吉駅」もしくは「住吉鳥居前駅」からすぐ、または南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分主...

  16. 堂島北新地えびす詣招福行列2019 - 時の流れに身を任せ…

    堂島北新地えびす詣招福行列2019

    落語家、芸妓、北新地クィーンらが乗り込んだ5台の人力車やえびす神輿の行列が、毎年1月9日から11日に齋行される「天満天神えびす祭」の始まりを告げます。行列は賑やかな「えびす囃子」を流しながら道中を練り歩き、堂島薬師堂にて当日の安全をお祈りします。その後、北新地を通って大阪天満宮へお参りし、北新地へ福笹を持ち帰ります。所在地:〒530-0041大阪府大阪市北区天神橋2-1-8開催期間:2019...

  17. 住吉大社初詣2019 - 時の流れに身を任せ…

    住吉大社初詣2019

    古くから大阪では「正月は住吉さんから」といわれ、住吉大社の三が日は200万人余りの参拝者で賑わいます。境内は一年の幸を祈願する人々が絶えず、参道にはたくさん露店が立ち並びます。4日の13時からは福を招く餅まきなどがある「踏歌(とうか)神事」が、7日の11時からは神馬が境内を駆け巡る「白馬(あおうま)神事」などが行われます。所在地:〒558-0045大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89開催期間:...

  18. 初天神梅花祭2019 - 時の流れに身を任せ…

    初天神梅花祭2019

    大阪天満宮の「梅花祭」が、年初の菅原道真公のご縁日にあわせて行われます。菅公の御霊を慰めるため、この日に梅の小枝を神饌に添えてお供えしたことから、この名がつきました。13時からの「うそ替神事」は、前年ついた嘘を「うそ鳥」に託して誠にかえ、罪を祓い福を招く神事で、参拝客らが太鼓の合図にあわせて御守を交換します。太鼓が鳴り止んだ時、手元にある御守に入っている印により「金うそ守」が授与された人は、...

  19. 鉄眼禅師荼毘処地 - 時の流れに身を任せ…

    鉄眼禅師荼毘処地

    鉄眼は寛永7年(1630)肥後に生まれ、13歳で出家した。明の名僧、隠元の来日にあい明暦元年(1655)その門に入り、黄檗宗の熱心な布教に努めた。また一切経の完全な開版を志し、喜捨をもとめて全国を歴訪した。10年余の苦心の末、延宝6年(1678)に完成(版木約6万枚)したが、その間、延宝2年の大坂の洪水、天和(てんな)2年(1682)の全国的な大飢饉のときなど、せっかくの喜捨を全てその救済に...

  20. 赤手拭稲荷神社 - 時の流れに身を任せ…

    赤手拭稲荷神社

    祭神は、豊受皇大神ほか三神で、紅染の手拭を祠前に供えたことから「赤手拭稲荷」といわれるようになりました。昭和20年(1945年)3月の空襲でご神体を残し焼失、現在の本殿は昭和23年(1948年)に再建されました。所在地:大阪府大阪市浪速区稲荷2丁目6番

総件数:524 件

似ているタグ