大阪西九条のタグまとめ

大阪西九条」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大阪西九条に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大阪西九条」タグの記事(7)

  1. 2118 華麗に(2019年7月8日大阪西九条をスィター25mmF1.5RXなら映画らしく) - レンズ千夜一夜

    2118 華麗に(2019年7月8日大阪西九条をスィタ...

    セネカを読むほどに、私はセネカが他人とは思えなくなります。次の言葉など、私は自分がしゃべっているかのように感じます、「わたしの言葉を信じていただきたい。尊重すべき、人間のあらゆる過ちを超越した人間のやり方とは、自分の時間から一滴たりとも時を奪われぬようにすることなのです。ですから、その人の人生はきわめて長い。時間はつねに彼の支配下にあり、その全部が彼の自由になるものだからです。したがってどん...

  2. 2100  時代遅れ(2018年2月22日パンタッカー50㎜F2.3は西九条を何度撮影したことか?) - レンズ千夜一夜

    2100 時代遅れ(2018年2月22日パンタッカー...

    写真アートが本格的にアートの世界に地歩を築いたのは、20世紀初頭からでしょう。それとともに、写真趣味も普及し始めました。よほどの才能がある人でない限り、写真趣味が写真家的な作品作りに発展することは極めて難しいあたり、絵画や音楽とも共通性がありました。素人は素人、とてもアーチストのパフォーマンスには近づけませんでした。でも、完全自動カメラからさらに進んで電子カメラ化され、Photoshopなど...

  3. 2093  典麗!(2019年1月26日ヴァリオペッツ50㎜F2.3が大阪西九条を生き生きと) - レンズ千夜一夜

    2093 典麗!(2019年1月26日ヴァリオペッツ...

    私は写真趣味の40数年の間、実のところ、一部の例外を除いて、現代のレンズを使ったことがありません。1991年夏、スリランカ旅行をしたとき、妻のキャノンEOSにズームレンズ2本を借りました。生まれて初めてのオートフォーカス一眼レフでした。実は最後のオートフォーカス一眼レフになるのですが、実にスムーズに撮影できました。でも、これが肝心なことですが、ちっとも楽しくない!被写体を発見し、さっとレンズ...

  4. 2092 感謝(2018年12月9日パンタッカー50㎜F2.3が大阪西九条を生き生きと) - レンズ千夜一夜

    2092 感謝(2018年12月9日パンタッカー50㎜...

    写真家吉田正さんの写真教室の受講を辞めて、かなり経ちました。吉田さんの語りに心を奪われることもなくなったわけでもなく、教室の皆さんの個性溢れる作品たちに接して、驚嘆することがなくなったわけでもありません。ただ、私の人生の時間がどれだけあるか、神様しか知らない。だから、私としては、もうほとんど残っていないことを常に前提して、それでもなお私がやりたいことをやりたい、残り時間のすべてを自分一人で使...

  5. 2069実質感(2018年10月1日大阪西九条でエルマジ20㎜F3.5の存在感にしびれ) - レンズ千夜一夜

    2069実質感(2018年10月1日大阪西九条でエルマ...

    またまた、エルマジ20㎜F3.5の登場です。と言っても、実は前回の三週間前の撮影です。いつものように、揚琴の付虹先生のレッスンを終えて、午後立ち寄って、ぐるりと一巡したときのもの。自分で言うのもなんですが、なんでこんなものばかり撮ったのでしょうねえ?フォトジェニックなシーンなんか一枚もありませんね。特別なシーンもありません。西九条のなんでもない街角、道、公園、等々。私以外の人間が見たら、「な...

  6. 1898 西九条(2017年8月23日ダルメイヤー25㎜F1.9幻惑のとき)2中也の詩 - レンズ千夜一夜

    1898 西九条(2017年8月23日ダルメイヤー25...

    ダルメイヤー25㎜F1.9を手に、いかにも浪速の下町らしい大阪西九条を撮りながら、私は中原中也の詩「汚れっちまった悲しみに……」を静かに口ずさんでいた、なんて書くと、ちょっとかっこいいかもしれませんね。残念ながら、私にそんなキザな高尚趣味はありません。でも、このレンズの西九条写真をブログにアップするために、ブログ用に小型化していると、そのいかにもダークに汚れた写真たちには、なにか詩のような叙...

  7. 1849 バス道と西九条(2017年6月12日キノプラズマート25㎜F1.5aがのどかに歌う)2魔法 - レンズ千夜一夜

    1849 バス道と西九条(2017年6月12日キノプラ...

    iPhoneにLineというアプリを入れています。家族全員との連絡はこれでします。付虹先生を初めとするさまざまな連絡もこれでしています。電話も無料だし、どんどん日誌や写真が送られてきて、楽しい。付虹先生の模範演奏も送られてきます。一昨日、iPhoneからLineのアイコンが勝手に消失。こうなると、私のようなパソコン音痴はお手上げ。闇雲に、LineのアイコンをiPhone上に出して、開こうとす...

総件数:7 件

似ているタグ