大雪山のタグまとめ

大雪山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには大雪山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「大雪山」タグの記事(32)

  1. 大雪山の父 - 見る聞く歩く

    大雪山の父

    北海道東川町にある大雪山アーカイブです。現在「小泉秀雄大雪山群命名百年記念企画」が行われています。小泉秀雄(1885-1945年)は一般には知名度は高くありませんが、大雪山を全国に知らしめた登山家、植物学者です。山形県米沢の出身で1911年に旧制の上川中学(現在の旭川東高校)の教員となり、当時は未開拓だった大雪山群の調査、植物研究に取り組みました。その成果を日本山岳会の『山岳』初め多くの著作...

  2. 晩秋の大雪山 - 見る聞く歩く

    晩秋の大雪山

    きょうの北海道大雪山です。北海道最高峰の旭岳(標高2291m)の頂上は雪をまとっていました。足元を見れば高山植物のチングルマの綿毛が赤い紅葉をバックに風に揺れていました。全山が雪に覆われる日も間近です。

  3. 大雪山一の紅葉スポット、銀泉台 - Turfに魅せられて・・・(写真紀行)

    大雪山一の紅葉スポット、銀泉台

    標高1517mから登る銀泉台、大雪高原から10kmも離れていないのですが、標高が250mほど高いためかシャトルバスの運行は昨日で終了。と言うことは、もう紅葉は?とにかく行ってみる。レンタカーで未舗装の林道を走ること30分。ダメ、曇って来る、雨は降るわで暗くなる。天気が変わりやすい。駐車場はほぼ満車状態。皆さん、本日から乗り入れ可と言うことよく知ってる。連れ合いは登山道の入り口でギブアップ、1...

  4. 【表大雪】黒岳から北鎮岳まで~② - へっぽこあるぴにすと☆

    【表大雪】黒岳から北鎮岳まで~②

    さて、続きでございます!前回の記事はコチラ↓↓数年ぶりの北鎮の山頂はやっぱり最高だったー(T△T)お鉢まで1時間はかかり過ぎな気が・・・?と若干焦るへっぽこ。そうでもないのかしら?大丈夫?とりあえず、お鉢の写真だけ撮って北鎮分岐まで登ります!雪渓がまだ少し残っていました横を見ると、黒岳方面にガスがかかってきている!あのガスが押し寄せて来ないか、(無駄に)焦るへっぽこ。そうなるともう止まれませ...

  5. 【表大雪】黒岳から北鎮岳まで~① - へっぽこあるぴにすと☆

    【表大雪】黒岳から北鎮岳まで~①

    へっぽこです!( ✧Д✧) カッ!!少し前に表大雪、雪が降っていたのでもう今シーズン高いお山は無理かなと思っていたのですが無理のない、安定の黒岳石室に泊まろうと予定を組んでいたのです。それがなんとなんとの台風接近予報!去年のトムラウシ南沼泊と同じ展開だわねーと思いつつ、何とか日曜の朝早く下山すれば、泊まれそうではあるけれど何しろ、台風なのでね。心配は雪のように降り積もり、、、そんな無理してま...

  6. 久々の再会 - 風に吹かれてフォトタイム

    久々の再会

    50年ぶりに旧友4人が揃ったので一泊二日のツアーに参加しました地震の影響もなく45人のツアーでビックリ( ゜o゜)45人いても私達は昔にタイムスリップ昔話に花が咲き(^o^) かしましい。黒岳は紅葉見頃との報道でしたが霧の中(^o^)それでもロープウェイからリフトに乗り換えて上へ霧の中でも楽しかったです。翌日は上川の三国レストランでランチ。窓から見えるパノラマ 素敵なレストランでした。...

  7. 大雪山の紅葉 - Aacco's Life

    大雪山の紅葉

    おはようございます。旭岳では初雪を観測したとか去年より10日早く、例年より5日早かったようですね北海道は、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。もう1桁ですよ(><)今年の冬は早いのかしら・・・今回は白雲岳を目指して、川を渡ります北海岳から白雲岳に向かいますお鉢平この真ん中あたりにナキウサギがいるのです。望遠カメラが欲しいと思う(;ω;)小泉岳でドクターヘリが救助に寒さや暑さ、慣れないテン泊...

  8. 早い初雪 - 見る聞く歩く

    早い初雪

    きょうの北海道新聞の夕刊1面トップ記事です。大雪山の黒岳(標高1984m)にけさ雪が降りました。今季の初雪です。記録が残る1974年以降もっとも早いそうです。確認されたのは標高約1900mの黒岳避難小屋です。きょうの北海道は平地でもほとんどの地点で最高気温が20度に届かず、ひんやりする一日でした。

  9. 雨の山の日 - Sorekara・・・

    雨の山の日

    山の日ですが。。雨降りです。まあ、登ろうと思えばいつだって登れます^^そんなだから全然行ってないのかもですが(笑)

  10. 旭岳から間宮~裾合平までお花見周遊ハイキング♡お花編 - へっぽこあるぴにすと☆

    旭岳から間宮~裾合平までお花見周遊ハイキング♡お花編

    旭岳山行レポ、今回はラストお花編です。ばばーっと紹介しますね!前回の記事はコチラ→→旭岳から間宮~裾合平までお花見周遊ハイキング♡PART②まずは、姿見~チングルマ、もう終わりかけのところもありましたが歩くとまだフレッシュなチングルマの群生も見れました♪旭岳~裏旭ツメクサもまさに見ごろでしたね♪メアカンキンバイも多数アリチシマクモマグサも!大好きなエゾノツガザクラもね!裏旭~間宮までも群生が...

  11. 旭岳から間宮~裾合平までお花見周遊ハイキング♡PART② - へっぽこあるぴにすと☆

    旭岳から間宮~裾合平までお花見周遊ハイキング♡PART②

    前回の山行、旭岳プチ縦走のレポ続きであります!( ✧Д✧) カッ!!前回記事はコチラ→→旭岳から間宮~裾合平までお花見周遊ハイキング♡PART①間宮岳~中岳分岐までーーお鉢平ーー向こう側からもくもく雲が沸いてきているのだけどこっちまでは来ず、停滞していたようでした低気圧の影響か、登山道横が大きく崩れていましたこの辺りは元々崩壊が激しいかなと思っていましたが雨水で更に崩れてきたような感が・・・...

  12. 大雪山 - 見る聞く歩く

    大雪山

    北海道・大雪山の主峰旭岳(標高2291m)の中腹にある姿見の池に行ってきました。正午の気温は13度。チングルマはもう白い花がなくなり、綿毛になって風に揺れていました。もう秋?と思わせてくれる光景です。それでもよく見れば鮮やかな花が散見されました。入山口にはこも看板。

  13. 赤と黄と空気と・・ - Sorekara・・・

    赤と黄と空気と・・

    色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り

  14. キツネ君にチェックされる私 - 今朝の一枚 石狩川の朝

    キツネ君にチェックされる私

    2016/07/08 05:49 対岸から私を見る、親子のキツネ君3匹にじーっとチェックされるなんて、なかなか有りませんよね。2017/0531 05:21自転車道の向こうから真っ直ぐ歩いてきて、5M位の所で一応私をチラ見して、藪に消えてゆきました。2017/06/07 06:052017/06/07 06:06 藪の中から河原に下りてきて,カメラを持った私を一瞥、何事も無く石の間...

  15. ありがとう!カムイミンタラ・・・☆ - kopiを飲みながら Ⅱ・・・☆

    ありがとう!カムイミンタラ・・・☆

    10:41下山スタートゆっくりと下ります。招き岩に心の中で、ありがとう!を^^♪今、この空気を忘れない様記憶に遺そうとゆっくりと歩きます。ゆっくりと・・・歩きます。この空気をかみしめて歩きます。本当は、山から下りたくなかったのかも知れない・・・ゆっくりと歩く。11:47到着してしまった(笑)お借りした、温かなグローブをお礼の言葉に甘いバナナも添えての返却(笑)本当に、このグローブが有っての登...

  16. 感謝して・・・☆ - kopiを飲みながら Ⅱ・・・☆

    感謝して・・・☆

    一歩登るごとに山からの、いえ宇宙からの素敵な贈りもの美しい紅葉に希望を頂き、感謝しながら歩きます今、ここにいる何と云う幸せ!そう思いながら空気をいただきます。靄の中から向こうには、招き岩が見えます!今回も招いて下さり、ありがとう!靄の中を、もう一息です^^♪ゆっくりと、かみしめて歩きますありがとう☆彡一歩一歩ありがとう☆彡少し靄が引けたような・・ここを見とれながら登り右折して(笑)歩きますハ...

  17. 南沼泊でトムラウシ~山頂を満喫~② - へっぽこあるぴにすと☆

    南沼泊でトムラウシ~山頂を満喫~②

    前回の記事の続きでございます♡4人でトムラウシ山頂で記念撮影♡深夜に星空撮影を敢行するも、レンズヒーターの電源が入っていなくて結露のため撮影は中断。朝方かなり冷え込んだみたいで、寝袋の中に居ても寒かったです。ちなみに防寒対策ですが持って行ったもの★ハードシェル(上)ダウンジャケット2着パタゴニアのフリースメリノウールのクルーネックTファイントラック冬用のメッシュインナー★ナンガのダウンパンツ...

  18. 一歩一歩 - kopiを飲みながら Ⅱ・・・☆

    一歩一歩

    僅かな休憩(水分補給の為の)をして再び歩き出します。花々が紅葉に負けじと可憐な姿で優しくエールをくれる☆彡そして何とも神々しい!この辺りからは空気が一変する。いつもそう感じるのは何故だろう。こんな靄は嫌いじゃないが、果たして今回もカムイミンタラはこんな自分を迎い入れてくれるのだろうか?どうかこのまま歩かせて下さい!ゆっくり、ゆっくり歩かせて下さい・・見るもの総てが愛おしい感じになります。歩き...

  19. 南沼泊でトムラウシ~紅葉を満喫~① - へっぽこあるぴにすと☆

    南沼泊でトムラウシ~紅葉を満喫~①

    へっぽこです!( ✧Д✧) カッ!!シルバーウィークを利用してトムラウシへ行って来ました♡実に、3年ブリ!全くもうっ!!待たせたな!って感じです!( ✧Д✧) カッ!!(トムラウシは別に待ってない( ̄▽ ̄))去年はー膝の半月板損傷でしょー一昨年は足首捻挫でしょーもう、スキルの高い山行ばかりだから、生傷が絶えなくって~なんちゃって( ̄▽ ̄)そんな訳、あるまじろそんな無駄話はさておき☆紅葉に夕陽...

  20. 大雪山紅葉の旅プチ縦走(後編)2017/09/16 - 山岳徘徊倶楽部(団塊の世代と云わないで、ビートルズ世代と云っとくれ…)

    大雪山紅葉の旅プチ縦走(後編)2017/09/16

    北海岳を後にすると、大雪山の雄大さが実感できる。風景は、ただ拡がり、大平原を歩くかのような、のんびりとした気持ちになる。但し、風が強い日に歩いたことがあるが、逃げ場所もないので、恐怖さえも感じる。山とは、そういうものだと、思い知らされる。天国と地獄を体感できるというべきか…。この日、風は穏やかで、青空と白い雲、稜線を闊歩する旅人たち、その総てが、1枚の絵画になる。デジタルカメラの恩恵なのか、...

総件数:32 件

似ているタグ