天の川のタグまとめ

天の川」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには天の川に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「天の川」タグの記事(56)

  1. Heaven's Road - 四季星彩

    Heaven's Road

    お盆休み。お盆とは祖先の霊を祀る一連の行事。浄土とは仏の住む清浄な国土。子の刻の頃、浄土平の木道は天の川と繋がり、天と行き来できるようになるようです。Nikon D810A AI AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8 (f2.8) Exp.30sec 6枚スタック(Total3min) ISO8000  GIMP2.10で調整。

  2. ひまわりの咲く丘 - 四季星彩

    ひまわりの咲く丘

    GPVをみていると、信州方面は残念ながら天気が悪そうなので北に向かいました。喜多方の北、三ノ倉高原ではひまわりが一面に咲き誇っています。喜多方の灯りに負けじと、天の川は力強く輝いていました。撮影中、インスタグラムにアップされる方々と談笑し、楽しい一晩となりました。Nikon D810A AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED (16mm,f2.8) Exp.20sec I...

  3. 2018ペルセウス座流星群 - 好きな事を好きな時だけ

    2018ペルセウス座流星群

    今年は新月にあたる絶好のタイミングしかしそれまでの好天から悪天候予報、11日に遠出して能登半島まで。巌門から見た天の川 海上の強い灯りはイカ釣り漁船の漁火ペルセウス座流星群を2枚チャンスがあれば、もう一度 どこかで撮りたい

  4. 大台ケ原 天の川 - toshi の ならはまほろば

    大台ケ原 天の川

    翌日よりまだ天候がええので行ってきました。大分遅いので天の川のええ所は隠れて、さらに右に傾いています。肉眼では流星がかなり見られましたが、悲しいかな画角に入っていなかったようです。DWで下の黒い雲が邪魔天気予報が変わりました、正木峠に着くと雲が多い。かろうじて天の川が写っていますが、これが最後でした。一面の雲に覆われました。稲光もしてるし・・・ドライブウエイで撮っててよかった。この日は途中で...

  5. 流れ星 - 奥武蔵の自然

    流れ星

    今夜はペルセウス流星群の極大日、しかし、空は曇り又は雨の予報。東北地方は晴れるようだが遠すぎる。諦めました。インターバル撮影で撮った?四百枚のうち一枚に流れ星と思しき1枚がありました。2018年8月6日 和歌山県那智勝浦市で撮影夏の大三角です。(次の2枚はソフトフィルターを使用、ソフトフィルターを使うと天の川が見えやすくなります。)オマケの花火です。(2018年8月7日 三重県鳥羽市で撮影)

  6. 自宅前から天の川 - yama10フォトライフ

    自宅前から天の川

    星が綺麗でかすかに天の川も見えたので、自宅前でどれくらい写るか試してみました。わし座からいて座の方向ですが、町明かりの影響もあってソフトでいろいろ弄ってようやくこの程度でした。流星のように写ったのは、他の画像にも移動しながら写っているので人工衛星かと思われます。

  7. 天の川下り - 四季星彩

    天の川下り

    双眼望遠鏡を入手したら、誰しもがやってみたいことの一つ、天の川下り。肉眼の百数十倍の集光力かつ見かけ視界100°オーバーのアイピースで見る天の川は、あたかも金、銀、宝石が入ったTREASURE BOXをひっくり返したようで、ずっと見入ってしまいます。Nikon D810A AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED (15mm,f2.8) Exp.20sec ISO8000 ...

  8. 天の川とコロナ観測所 - **photo cafe**

    天の川とコロナ観測所

    Nikon D810A+sigma 14mm f/1.82010年まで太陽を見つめ続け今は引退してる観測所。まだまだ現役だと言わんばかりに天の川を従えて胸を張るドーム。星の似合うドームだと思った。

  9. 天の川 ~新月の正木峠 - katsuのヘタッピ風景

    天の川 ~新月の正木峠

    夏の夜空。。深夜の天の川。先の撮影場所から随分移動したので、すっかり立ってしまっている。到着時は辺りがガスっていて視界が悪く諦めかけていたのですが、一気に捌けてクリアーな星空に。。夜明け前の薄明の時間が近くなってきているので、急いで撮影に取り掛かります。まずは試しで立木とともに。。まぁ、こんなもんか?と感触を確かめながら前景を探しに行きます。火星が赤い。。木道のカーブと立木、天の川のバランス...

  10. 夜空を眺めよう - 空 -Sora-

    夜空を眺めよう

    猛暑酷暑が続く夏のお楽しみは、夜の星空観察でしょうか。部屋の中が熱が籠って暑くても、外に出れば高原の涼しさが待っています。7/31-8/2までは雲が多く満足な観測ができませんでしたが、昨夜は久しぶりにきれいな星空を見ることができました。上は無加工・無修正です。少し調整してみました。大接近した火星・土星・木星・天の川、この4つを一枚の写真に撮るのが夢でした。一番接近した7/31の空を撮ることが...

  11. 星降る夜 ~天の川 - katsuのヘタッピ風景

    星降る夜 ~天の川

    新月の夜。川上村の「トワイライトコンサート&星空観測会」というイベントに参加しておりました。川上村の自然の写真とのコラボコンサート。。とても素敵な時間を過ごすことができました。そして、肝心の天の川。。素晴らしい気象条件に恵まれました。出来ましたら閲覧時はお部屋を暗めに・・眼の前の明るい集落と眼下に流れる川、そして天の川。。あくまでも風景写真っぽく撮りたいので出来るだけ何かと絡めて撮影したい。...

  12. 火星大接近と天の川 - 野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

    火星大接近と天の川

    7月31日、火星が地球に最接近した。2003年以来の大接近で6000万kmを切って5760万km迄近づいた。火星の接近が小接近の時は1億km以上離れているので、この大接近は驚異的な近さと言えよう。明るさも-2.8等級の明るさで木星よりも明るく輝いている。大接近の火星と同時に木星や金星も同じ時間帯に撮ってみた。他に火星を含めた南天の星空と天の川も撮ってみた。                  ...

  13. 2018.7.31火星大接近(城ケ島) - ダイヤモンド△△追っかけ記録

    2018.7.31火星大接近(城ケ島)

    どこでどのように撮るか迷いましたが、馬の背洞門で撮りました。好天に恵まれ、満天の星空になりました。① 19:25 馬の背洞門の中に大接近の火星が見えます。② 19:32~20:02 馬の背洞門の中を昇る大接近の火星③ 20:06 馬の背洞門の上に大接近の火星が出てきて潮だまりにも写りました。天の川がはっきりしてきました。④ 20:12 大接近の火星、天の川、土星、さそり座⑤ 20:37 大接...

  14. 火星と天の川 in 雲月山 - daistarの自己マンライフ

    火星と天の川 in 雲月山

    火星、地球大接近、いつもより明るい火星と天の川。この地域での南方向、広島市の街明りが邪魔してくれます(直線距離約60km.)。撮影 : 2018.07.31 北広島町

  15. レタッチ - 風とこだま

    レタッチ

    天の川の写真をPCでレタッチすると、見えずらいものもそれなりに見えるものも、よりはっきりと見えるようになります今年の3月13日に撮影、ISO3200、SS10秒、f⒉8月の登場で消えかかった天の川も、レタッチする事ではっきりと輪郭がでました、加工する事が嫌いな方もいらっしゃいますが私は問題ないと思っています

  16. 神龍 - o'night

    神龍

    天の川の下にね神龍が出たんよ願い事って叶えたいから願い事なんだけど叶わないからこそ願い事なんだな私の願い事は一つだけ

  17. 湿原の夏 - 四季星彩

    湿原の夏

    長野県のある湿原。昨晩台風の通過で温度が少し和らいだとはいえ猛暑が続く毎日です。1,2週間前の撮影ですが、長野とは言え、日中は30℃超えとなっていました。しかし、日が暮れれば20℃前半の気温となり、天然のクーラーが心地よくさせてくれます。突然、ホタルが一匹頭上を通過したのには驚きましたが、良いアクセントになりました。Nikon D810A AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G...

  18. 2018年6月を写真で振り返る - 写真ブログ「四季の詩」

    2018年6月を写真で振り返る

    2018/06/01 去年「あしだ川花火大会」を撮影した場所で星回し。福山城のライトアップが白飛びしないようにハーフNDフィルターを使用しました。2018/06/04 福塩線とゲンジボタル。この頃から7月のヒメボタルのピーク時まで平日も撮影に通いました。2018/06/13 紫陽花とゲンジボタル。初めてこの組み合わせで撮ることができました。2018/06/16 内海大橋と天の川。肉眼でも天の...

  19. 天の川の撮影 - シセンのカナタ

    天の川の撮影

    星の撮影してきました。星空はとてもきれいでした。天の川がうまく見えてよかったです。フィッシュアイなので画面の四隅に樹木が入り込んでいます。画面の最上部の白っぽいところは沈む月の名残です。本画像はかなり不鮮明です星座を撮影している方にアドバイスを頂いたので再度チャレンジします。

  20. 二つの天の川 - 四季星彩

    二つの天の川

    宙玉を自作したのでお試ししようとしたら、接写延長リングを持っていくのを忘れたことが発覚。そういえば、Optolongのフォトコンテストの応募から閃き、双眼望遠鏡のアイピースを利用してみることにしました。撮影して気づいたことは、水晶玉内の像は正しくは倒立像であること。しかし、応募作品は正立像でした。EMS双眼望遠鏡のアイピースということで、正立像がよかろうということでまねし。ちなみに、この水晶...

1 - 20 / 総件数:56 件

似ているタグ