天体撮影のタグまとめ

天体撮影」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには天体撮影に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「天体撮影」タグの記事(10)

  1. SV503天体望遠鏡組み合わせファインダーの三選 - SVBONY光学製品

    SV503天体望遠鏡組み合わせファインダーの三選

    SVBONY日本公式サイトで春割が開催中です。今日はSV 503天体望遠鏡と撮影機材セット を紹介します。SV503天体望遠鏡は、鏡筒のみの製品なので、それ単体だけでは何もできません。 実際に使うためには「接眼レンズ」「ファインダー」などが追加で必要になります。これまでは、さまざまな撮影ニーズに対応して、公式サイトで7つの撮影機材セット を提供します。必要なものがありましたら、日本公式サイト...

  2. SVBONY新登場のSV405C冷却カメラ - SVBONY光学製品

    SVBONY新登場のSV405C冷却カメラ

    おかげさまで、弊社のSV405CMOS冷却カメラが開発中です。現在の開発進展について、紹介させていただきます。1.SV405CカメラセンサーIMX533は1インチ、3.76µmピクセルの9M CMOSイメージセンサーで、ADC12bitモードにおいて60フレーム/秒の解像度を出力させる事ができます。敏感に光源を捕捉し、優れた映像クォリティを実現する事ができます。また、高性能かつ低い電力消費の...

  3. SV406Pのズームアイピースと交換できる天分接眼レンズ - SVBONY光学製品

    SV406Pのズームアイピースと交換できる天分接眼レンズ

    お客様のお陰で、SV406P EDガラスのフィールドスコープはモテます。高性能の以外に、SV406Pフィールドスコープのズームアイピースは取り外すことができます。多くのお客様は天体望遠鏡の1.25インチの接眼レンズをSV406Pに取り付けたいんです。でも、身近の天分接眼レンズがSV406Pに取り付けても、ピントが合わないということがあります。現在、弊社はSV154接眼レンズをテストしました。...

  4. カメラ用撮影延長チューブと接眼アダプターの違い - SVBONY光学製品

    カメラ用撮影延長チューブと接眼アダプターの違い

    最近は延長チューブを購入して頂くお客様が多いですが、延長チューブの作用を間違えたお客様がいます。ここでちょっと紹介させていただきます。1、一眼レフカメラ用、撮影延長チューブです。このような延長チューブ、望遠鏡の接眼レンズを拡張チューブ、ネジT-アダプター、T-リングアダプターに入れ、カメラを望遠鏡に取り付けます。カメラまたは接眼レンズで焦点を合わせるために、適切な焦点面に到達できない場合があ...

  5. SV503天体望遠鏡とSV106ガイドスコープの組み合わせ方法 - SVBONY光学製品

    SV503天体望遠鏡とSV106ガイドスコープの組み合...

    今まで、お客様のお陰で、SV503天体望遠鏡は天分ファンにモテます。そして、SV106ガイドスコープは操作が簡単で、よく使われる天分パーツです。そして、弊社にはアリミゾ式台座 アリ型プレートもあります、二色有り:レッドとシルバー。このアリ型プレートはSV106ガイドスコープと接続することができます。今日は取り付けるには必要なネジ規格をちょっと紹介させていただきます。もし天分パーツがご興味がご...

  6. SV501P天体望遠鏡をオススメ - SVBONY光学製品

    SV501P天体望遠鏡をオススメ

    お客様のお陰で、SV503天体望遠鏡は現在、在庫不足なので、[天文ファン]の初心者の要望に応じて、SV501P天体望遠鏡を推薦させていただきます。SVBONY SV501P 屈折式天体望遠鏡 F5.7 焦点距離:400MMそして、キャリングケース、三脚が付き、操作が簡単で、携帯にも便利です。90°正像天頂ミラー、正立な画像を得られます。地上風景と天体の観察も明るい画像を提供できます。耐久性が...

  7. 大口径フィールドスコープを纏めて、組み合わせ方法を紹介 - SVBONY光学製品

    大口径フィールドスコープを纏めて、組み合わせ方法を紹介

    弊社のフィールドスコープに詳しいお客様はきっとわかるでしょうね。弊社はお手軽なコンパクトサイズから、高性能な大型サイズまで、様々なラインナップがあります。ここで特に大口径のフィールドスコープを纏めて紹介させていただきます。弊社高性能の大口径フィールドスコープはSV409/SV406P/SV406/SV46を含んます。お気に入りなら具体的な情報を公式サイトでご覧していただきます。そして、これら...

  8. 超広角アイピースセットの比較 - SVBONY光学製品

    超広角アイピースセットの比較

    弊社には様々な超広角アイピースセットがあります。今日は二つをちょっと比較させていただきます。お客様も要求に応じて適用な製品を選びましょうか。N6002A N6003A超広角アイピースセット:N6002A:汎用アイピース、1.25インチ/31.7mm 望遠鏡汎用の接眼レンズです。焦点距離:6mm 9mm 15mm 20mm四つセット、距離と大きさの異なる物体を自由に観察することができます。...

  9. Quad BP Filter を月光と光害の中で試す - 亜熱帯天文台ブログ

    Quad BP Filter を月光と光害の中で試す

    購入から1か月以上になるが、やっと晴れたのでQuadBPフィルターを試すことができた。光害をカットして星雲を撮影するためのフィルターなので、テストには星雲が写りやすい天体改造デジカメを使用した。撮影時にはいつものように強い光害と、好都合なことに月齢10を超える明るい月があった。透明度はわりといい。とりあえずフィルターなしで10秒露出。何が何だかわからない画像だが、画像の真ん中には縦に南斗六星...

  10. 手持ち流星撮影(偶然だが) - 亜熱帯天文台ブログ

    手持ち流星撮影(偶然だが)

    そろそろ夏の流星群の時期だ。7月後半から8月中旬までは、いくつかの流星群のピークが集まっていて、1年でもっとも流星を見やすい時期だ(と私は主張している)。今年はペルセウス座流星群は満月直前で厳しいが、その前のみずがめ座流星群などはそこそこいけるような気がする。今年は梅雨明けも遅かったためか梅雨明け後の透明度のいい空が広がっていて、星が良く見える。透明度のいい空なのでもしかしたら天の川が自宅で...

総件数:10 件

似ているタグ