天体望遠鏡のタグまとめ

天体望遠鏡」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには天体望遠鏡に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「天体望遠鏡」タグの記事(137)

  1. SkyWatcherのAZ-EQ AVANT アップグレードキットが安くなってる - 亜熱帯天文台ブログ

    SkyWatcherのAZ-EQ AVANT アップグ...

    天体望遠鏡販売店のシュミットが今日のお昼から福袋市をやっていて、HPを見て衝撃を受けた。年末に届いたばかりのAZ-EQAVANTマウントアップグレードセットが安くなっているではないか!年末セールより3000円くらい安くなっている。まさかこの私が最安のタイミングを見誤るとは…。でもこれ単品では送料がかかるから、何か一緒に買って送料サービスまで金額を増やせばもっとお得?いや本末転倒?画像は私が持...

  2. 木星土星超大接近に使う移動用望遠鏡の話(今回も長い) - 亜熱帯天文台ブログ

    木星土星超大接近に使う移動用望遠鏡の話(今回も長い)

    先週397年ぶりに起きた木星土星の超大接近は、沖縄は天気が悪いのはわかっていた。だがどうしても見たかったので、飛行機で大阪まで見に行った。もともと近いうちに大阪に行く用事があったため、一緒に済ませようという魂胆だった。結果としてはうまいぐあいに晴れてくれて、観察も用事も済ませることができた。重い望遠鏡とカメラを持っていったためにいろいろと苦労したが、だいたい想定の範囲内だった。コロナの感染対...

  3. MEADE EQM127(ジャンク・鏡筒のみ)で遊ぶ - 亜熱帯天文台ブログ

    MEADE EQM127(ジャンク・鏡筒のみ)で遊ぶ

    久しぶりにジャンク望遠鏡を入手した。ミードのEQM127という反射望遠鏡、鏡筒だけをケンコートキナーwebショップから購入した。「ジャンク」だが、このショップのジャンクはけっこう使えたりする。いつもどの程度の当たりが出るかどうかとても楽しみだ。ただし最近は望遠鏡を置く場所がなくなってきたので、集めるのを中断していた。今回は珍しいのでつい買ってしまった、という感じだ。さて今回は補正レンズ付きの...

  4. 木星と土星の大接近 - 岳の父ちゃんの PhotoBlog

    木星と土星の大接近

    大接近といってもあくまで見かけ上のことなのは言うまでもありませんが、地球に住む天文マニアにはとっても大きなイベントなのでありました。そんな様子を撮影しましたので、遅まきながらアップいたしたしだいです。^^・・・ほんと、遅くね?なんて言わんといて~。(汗)12月20日の様子です。これでも滅多に見られない大接近でしょうが・・・。翌日の12月21日ではさらに接近して、角度にして約0.1度になりまし...

  5. 新春お年玉プレゼントをオススメ - SVBONY光学製品

    新春お年玉プレゼントをオススメ

    皆様、いよいよ正月が来ますね、2020年はコロナの営業で平凡ではないの一年間と決めてます。みんなは安全に気をつけてくださいね。この一年間お応援して頂き誠にありがとうございます。来年もどうぞよろしくお願いします。もっと高性能な低価格な製品を提供するために頑張ります。最近は年新年末セール開催中、ご都合が良ければ家族に新春お年玉プレゼントを選びましょうか。お子様に向けな双眼鏡SV33可愛い双眼鏡、...

  6. クリスマスプレゼントに「学生向けの天体望遠鏡」 - SVBONY光学製品

    クリスマスプレゼントに「学生向けの天体望遠鏡」

    子供にはきっとクリスマスプレゼントは夢がありますね。特にもしお子様は学校で理科が好きなら、「望遠鏡」をオススメ。望遠鏡を使って、遠くの対象物まではっきり見られます。例えば、植物、走り動物、野鳥など色々な物事を観察できます。きっと子供の好奇心を満足させると思います。そして、もしお子様は天体観測にご興味がございましたら、天体望遠鏡をオススメ。こうすれば、夜には、家族や子供と一緒に星や月を観測した...

  7. 子供へのクリスマスプレゼントにオススメな天体望遠鏡 - SVBONY光学製品

    子供へのクリスマスプレゼントにオススメな天体望遠鏡

    クリスマスは家族みんな笑顔で過ごしたいですよね。子供にとっては、クリスマスと言えば”サンタクロースからのプレゼント”がメイン行事!当日の朝は枕元にそっと置かれた包みを見つけて、飛び起きるのが定番ではないでしょうか。プレゼントをお探しのパパママにおすすめ商品をご紹介します!おじいちゃん・おばあちゃんに叔父叔母さん。そして交換用のプレゼントをお探しの方もぜひチェックしてみてください。弊社は他に子...

  8. SV407星座観察双眼鏡 - SVBONY光学製品

    SV407星座観察双眼鏡

    お客様のお陰で、SV407双眼鏡は多くの「天文バカ」にもてます。ネットでお客様はSV407を色々レビューしていただきました。メリットもデメリットも書いてます。この双眼鏡に興味がございましたら参考にしてくださいね。1、本製品は最大近接合焦距離が1mで、かなり近い所にピントが合います。自分は水族館で魚を見るのに利用していますが、魚は動くので使い勝手はこちらの2倍の方が良いです。自分は光学系のオタ...

  9. 敬老の日のギフトはこれ!天体観察しましょうか - SVBONY光学製品

    敬老の日のギフトはこれ!天体観察しましょうか

    夏の暑さが残る9月。いつも見守ってくれるおじいちゃんおばあちゃんへ感謝の気持ちを伝え、健康でいてくれるよう願いを込めて贈る敬老の日のプレゼントです。喜んでもらえるものを贈りたい気持ちはあっても、「何が欲しい?」「何がうれしい?」は、直接本人には聞きづらいもの。もしお父さんは天体を観察することに興味がございましたら、天体望遠鏡などをプレゼントとして贈りましょうか。お父さんの年代帯には「天体バカ...

  10. ブルームーンで新兵器始動 - Der Golfstrom

    ブルームーンで新兵器始動

    遂に… ポチっちゃいました。タカハシのFSQー85EDP、赤道儀は未だ入手できていませんので経緯台で眼視メインで楽しんでいます。ハロウィン満月(今年最小の満月らしい)を撮影してきました。上段写真は昨晩の十四夜の月、北九州の街中自宅から。(夜中の0時頃)下段は今夜の十五夜お月さん、北九州平尾台から。(月の出1時間後)いずれも直焦点撮影、補正レンズも一切なしの素で撮影しています。中心付近に画像と...

  11. SkyWatcherDOBGOTO16の取説(3) 鏡筒編 - 亜熱帯天文台ブログ

    SkyWatcherDOBGOTO16の取説(3) 鏡筒編

    鏡筒伸縮式の鏡筒は伸ばす時にちょっと力が必要だが、光軸の再現性はまあまあ。星雲星団の場合は1度合わせれば、何回か伸縮を繰り返しても調整はあまりいらないと思う。あまり星雲見てないけど。惑星を見る場合はそのつど調整しないといけないが、光軸は合わせやすい。主鏡の調整ネジが車の振動で緩むことがあるので、移動の際は注意が必要。接眼部はGOTO14(35cm)と16(40cm)はマイクロフォーカス付クレ...

  12. SkyWatcherDOBGOTO16の取説(2) 架台編 - 亜熱帯天文台ブログ

    SkyWatcherDOBGOTO16の取説(2) 架台編

    架台の概要一般的な木のドブソニアン架台に、自動導入機能を組み込んだもの。材質は他社のドブソニアンと同様、パーティクルボードだと思われる。だから重いけど、ドブソニアンはその重量で安定する。セオリーどおりではあるが、この架台は重さが43㎏(鏡筒込みだと78kg)あるので、組み立てたままのひとりでの移動は台車以外ではほぼ不可能。もっと軽くしてくれるとありがたいんだが分解組立は簡単なので、分解しての...

  13. SkywatcherのDOBGOTO16で火星を撮影してみる - 亜熱帯天文台ブログ

    SkywatcherのDOBGOTO16で火星を撮影してみる

    翌日から天気が悪くなるとの予報が出ていたので、DOBGOTO16をひとりで組み立てる方法をあれこれ検討したくて、とりあえず屋上で実際に組んでみた。以前からいろいろ考えていたおかげで、割とすんなり組み上げることができた。しかも腰に負担が少ない方法で。組み上げた時点では天気がいまいちだったが、そのうち雲が去ってほぼ快晴になった。北風は強かったが、火星を撮影してみた。まあまあの出来だ。シーイングも...

  14. 10/6  準大接近 火星 - 岳の父ちゃんの PhotoBlog

    10/6 準大接近 火星

    最大接近だった前回(一昨年)に続いて先日(10月6日)火星が再び地球に準最接近しました。前回の時は火星に大規模な嵐が発生し、表面の様子が殆ど観察できませんでしたが、はたして今回は!・・・というわけで、思ったようには撮れませんでした。ひとえに撮影条件と気流状態がよろしくなかったようで・・・。(汗)火星の高度がもっとも高くなる午前0時くらいが一番良く見えるし撮影結果も良好なのですが、平日というこ...

  15. コントローラーvswifiアダプター - 亜熱帯天文台ブログ

    コントローラーvswifiアダプター

    台風8号のせいで天気が悪いので機材ネタ。天気悪いせいか何だか恐ろしく長文になったので、結論を先に。wifiの勝ち。詳細は真ん中あたりで。先週、SkywatcherのDOBGOTO12で、ほぼ初めてwifiアダプターを使ってみた。確か1年以上前に購入したはずだが、と思って過去の記事を見たら2年前だった…。まあそれはいいとして、いつか使おうと思ってGOTOドブソニアンのコントローラーと一緒に屋外...

  16. 蒸し暑い夜・・・木星 土星の撮影 - 岳の父ちゃんの PhotoBlog

    蒸し暑い夜・・・木星 土星の撮影

    ワタクシが今この記事を書いている現在、外の気温は体温を軽く超えようとしております。・・・まさに殺人的暑さ。でも、夜はちっとは過ごしやすいかなと思い、ベランダ観測所で撮影をしてみました。やっぱり蒸し暑くて死にそう~。サッサと撤収したのは言うまでもありません。でも、木星と土星に会えて幸せな時間を過ごしました。^^今シーズンは木星も土星も南中時の高度が低く、条件的にはよくありません。どちらも大気で...

  17. DOBGOTO12の動きが落ち着かないのはコントローラーの故障?個体差? - 亜熱帯天文台ブログ

    DOBGOTO12の動きが落ち着かないのはコントローラ...

    昨夜も惑星を撮影した。台風接近で風が強くなっていたが、台風が来たら数日撮影ができないのでちょっと頑張ってみた。撮影前にふと「試しにコントローラーでも変えてみるか」と思いwifiアダプターを探したが見つからない。それなら別のものをと思い、同じシリーズの20cmに付属していたと思われるものを取り出した。これはうちに5台あるSynscanコントローラーの中ではたぶんいちばん新しいもので、少し期待し...

  18. Hubble Optics の30cm主鏡が来た - 亜熱帯天文台ブログ

    Hubble Optics の30cm主鏡が来た

    惑星撮影の現在の主力機は HubbleOptics の50cmドブソニアンなのは何度か書いた。主鏡の出来はすばらしく、F3.7の短焦点でありながら惑星が非常によく見える。サンドイッチミラーは非常に軽量で温度順応が早く、組み立てて調整している間に問題ないまでに冷えている。この性能を旅行用ドブソニアンで使いたいが、同社の30cmトラベルドブソニアン(口径30cmドブが細かく分解できて専用スーツケ...

  19. 自動導入ドブソニアン(DOBGOTO12)で惑星を撮る - 亜熱帯天文台ブログ

    自動導入ドブソニアン(DOBGOTO12)で惑星を撮る

    先日万座毛で撮影した惑星がひどい出来だったので、自宅でリベンジしてみた。DOBGOTO12は口径が30cmなので、もっといい惑星が撮れるはずだが、撮影にはパソコンの設定が重要だ。前回は大失敗だったので、ちゃんと撮りたい。場所は自宅屋上。けっこう重いので、助手1号に架台は運んでもらった。鏡筒も主鏡を外し、分割して運ぶ。無理をして腰を痛めたら撮影どころではないからだ。眼視での木星は普通の見え方(...

  20. 星観の会例会終了後に木星を撮影 - 亜熱帯天文台ブログ

    星観の会例会終了後に木星を撮影

    沖縄星観の会(ディープな天文マニアの集まり)の例会が終わって外に出てみると、よく晴れている。始まる前には雲が多かったので、今夜は撮影は無理と思っていた。急いで帰宅して50cmドブソニアン「ネビュライト50」を組み立てた。下の画像にあるドブソニアンの下に置いてある白いものはポンセットマウントで、星観の会の先輩の自作品。これがないとドブソニアンでの惑星撮影は無理だ。右側の光っているのは撮影用のパ...

総件数:137 件

似ているタグ