天体のタグまとめ

天体」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには天体に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「天体」タグの記事(53)

  1. 平成最後の満月 - Qu'est-ce que c'est

    平成最後の満月

  2. 久しぶりに満天の星、、、 - 相模原・町田エリアの写真サークル「なちゅフォト」ブログ!

    久しぶりに満天の星、、、

    久しぶりに満天の星空が見たくなって、弾丸で信州まで車を飛ばして来ました。無数の星達ちが空一杯に広がる素晴らしい星空で感激でした。先週納車されたX-BREAKの試し乗りも兼ねていたのですが、今年の信州は山岳道でも雪が無くて、"CMのように"新雪を蹴散らしながら斜面を登って行く大好きな雪遊びは出来ませんでしたが、、、冬の星、オリオンの位置が大分低くなっていますが、これからは夏...

  3. スーパームーン - toru photo box

    スーパームーン

    2月20日AM5:00頃焦点距離換算1800mmせっかくのスーパームーンですから、お月様だけでも…

  4. 2019年 2月19日の スーパームーン - 平凡な日々の中で

    2019年 2月19日の スーパームーン

    今年2回目のスーパームーンです。前回は1月20日ぐらいにスーパームーンを見たと思います。今年2回もスーパームーン見れましたね。でも月を撮るのは簡単ですが肉眼で見えているように撮るのは難しい!

  5. 今朝の金星と月の大接近 - お手軽天体写真

    今朝の金星と月の大接近

    今朝起きてから子猫の「ちび」の様子を見に書斎に行ってみると、相変わらず元気でお腹が減ったと泣きわめいていた。とりあえず抗生物質を飲ませて、暖房をつけた。その後、トイレ掃除をしてから換気をかねて窓を開けた。すると、窓の外にはきれいな三日月型の月と金星が輝いていた。これはきれいだと思って、慌ててカメラを取り出して撮影。しかし、雲の隙間からの撮影で手持ちの105mmなのであまり感動的には撮れなかっ...

  6. 月と金星 - YOKOHAMA  Colors

    月と金星

  7. 接近 - Qu'est-ce que c'est

    接近

    1月23日早朝の撮影、南東の空で金星と木星が仲良く並んで輝いていました。金星と木星の距離は満月5個分程らしいです。

  8. 珈琲と写真の日々-91 - 珈琲と写真の日々

    珈琲と写真の日々-91

    続く天体現象 金星と木星が同じ方向に見えます。金星は太陽から二番目を公転しており、地球から見て内側、また木星は外側を回っています。ということは木星は地球から最も離れている位置にあるようです。これからは次第に距離を縮めて見ごろとなります。今年も狙います。観望時期の半年間は望遠鏡の鏡の洗浄やら調整と使用するフィルムが楽しみです。・・・

  9. 1日遅れのスーパームーン - 平凡な日々の中で

    1日遅れのスーパームーン

    スーパームーンを撮るのを忘れてしまっていた。悔しいので1日遅れのスーパームーンを撮ってみた。1日遅れているのでスーパームーンとは呼ばないんでしょうね。しかし、月のみアップで撮ると本当にスーパームーンを撮ったのか嘘ついてもわからないなぁ。

  10. スーパームーン - Qu'est-ce que c'est

    スーパームーン

    スーパームーンとは、天文学の正式な用語ではなく、定義もはっきりしていないようです。主に地球と月との距離がとても近く、普段より月が大きく見える時に使われるようです。

  11. 日の出 - Qu'est-ce que c'est

    日の出

    2019年1月14日の日の出

  12. 部分日食 - 平凡な日々の中で

    部分日食

    2016年3月9日以来の日食です。撮影時の天気は曇り空。でも突然、雲が薄くなり太陽の光が漏れてきましたのでここはEVFのミラーレスカメラで撮影しました。次回の部分日食は今年の12月26日(木)だそうです。う~んっ、し・ご・となので撮れない・・・(--〆)

  13. 部分日食 - Qu'est-ce que c'est

    部分日食

    部分日食午前10時37分 35mm換算:1500mm

  14. 2019.01.06 部分日食 - 撮影帳

    2019.01.06 部分日食

    1/6の午前中に部分日食が起きていました。幸い住んでいる所では青空が広がっていたので、最初から最後まで撮影出来ました。今回は2台のカメラを使用して撮影してみました。1台はEOS M3+EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER X2 IIIを点けて、日食を大きく撮影してみました。もう一台はEOS 5D MarkII+EF 40mm F2.8 STMで、...

  15. おまけで撮影の部分日食 - THE FL LENS WAKU WAKU Mark II

    おまけで撮影の部分日食

    用意したカメラはインターバルタイマーでの自動撮影なので、太陽の露出のチェックの手間で多少は忙しいのですが、露出が変わらなければ暇でもあります。それで食の最大あたりの時間にふと「動画でも撮ってみるか」と思いつきまして、急遽、別の赤道儀とレンズとカメラをセットして撮ってみました。SONY α7II FL800mmF8 lens adapter for FD-NEX ソーラーフィルター(D5相当)...

  16. ベランダから部分日食 - THE FL LENS WAKU WAKU Mark II

    ベランダから部分日食

    SONY α7 FLP38mmF2.8 lens adapter for FD-NEX ISO100 RAW ソーラーフィルター(D5相当) 2019/01/06 08:40から11:40まで5分毎 風景は太陽が画面外の時に撮影 SiriusCompにて比較明合成 モノクロ変換部分日食の連続写真撮影の計画をしていましたが、天気が良くなく結果もダメなことが予想できたので、撮影は取りやめにしよう...

  17. 雲に悩まされた部分日食 - THE FL LENS WAKU WAKU Mark II

    雲に悩まされた部分日食

    この日の為に、機材を追加購入、部品の自作、ロケハン、テスト撮影、など計画し準備をしてきたのですが、当日は薄雲が広がり小雪の舞うお天気。それでも太陽は薄雲を通して見えていました。晴れていたらお出かけしての撮影でしたが、自宅のベランダと庭先に切り替えて撮影しました。2019/01/06 08:46 1/40s 食の始まりの頃(低空の為電線にかかる)2019/01/06 08:56 1/160s2...

  18. バーダープラネタリウム アストロソーラーセーフティフィルム - THE FL LENS WAKU WAKU Mark II

    バーダープラネタリウム アストロソーラーセーフティフィルム

    2019年明け早々の天文現象。1月6日に部分日食があります。その日食をぜひとも撮影したく、その準備として強烈な太陽の光を減光する為に必要なフィルター(上画像)を用意しました。バータープラネタリウム社のアストロソーラーセーフティフィルム(D5相当)。10年くらい前に購入。育成会の行事で子どもたち向けに太陽観察メガネを作成。その後、2012年の金環日食でもカメラレンズ用に使いましたが、100cm...

  19. 輝いています - Qu'est-ce que c'est

    輝いています

    明日は正真正銘の満月ですが曇り空の予感がしますので冬至の月(満月一日前)を撮りました。

  20. 部分日食を控えて - THE FL LENS WAKU WAKU Mark II

    部分日食を控えて

    2019年1月6日に部分日食が日本全国で観られます。と言っても晴れればの話で、雨はもとより曇りでも残念無念でありますが、撮りたいのなら晴れることを前提に考えて準備をせねばなりません。そんなことで先日からカメラやレンズの選定、それに伴いお試し撮影をしております。当日は広角レンズでの日食の経過がわかる連続写真、また望遠レンズを使った対応のアップの2つの方法で撮ろうと考えていて、とりあえず前者の広...

総件数:53 件

似ているタグ