天文のタグまとめ

天文」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには天文に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「天文」タグの記事(79)

  1. 夕焼け - マリカの野草画帖

    夕焼け

    近くであたらしく見つけたウマノスズクサをチェック。来年はサックス型の花が咲くかもしれない。たのしみだなぁ。うつくしい夕暮れ

  2. 路地の月下美人 - マリカの野草画帖

    路地の月下美人

    路地の空、火星が赤く光る

  3. 地球の動画をアップしました - きままにマンガみち

    地球の動画をアップしました

    最近入手したプラグインを使用して、地球の動画を作成しました。After Effectsは、久々すぎて楽しすぎ!(笑)それにしても、いち家庭で、こんな綺麗な動画を作れる時代が来ているんだと思うとワクワクします。ちょっと、遊びすぎていますが、次はまじめに作ります(^^;)「地球」19秒バージョン「西暦3046年の地球」28秒バージョン今と変わりのない地球に見える。しかし、良く見てみて欲しい。決定...

  4. また台風がやってくる - マリカの野草画帖

    また台風がやってくる

    直撃の予報も四度目です。明日明け方から雨らしいので散歩がてら窓ガラス用に養生テープを買ってきた。黄昏の空に金星、木星、土星、火星。写真は金比羅山に隠れる寸前の金星と街灯の傍らに見える木星。

  5. 満月とマツムシ - マリカの野草画帖

    満月とマツムシ

    日が暮れると虫たちが大声で鳴き始める。その中でひときわはっきり聞こえるのがマツムシ。月にも届けとばかりに鳴いていたのにまだらな雲が通せんぼ。

  6. 蘇鉄までお散歩 - マリカの野草画帖

    蘇鉄までお散歩

    お土産の蕪村図を見た友人が彼女も描いたという蘇鉄を教えてくれた。思ったより遠く道々尋ねてたどり着いてみれば見事な蘇鉄園。空には幻日? あるいは彩雲?地には稲と曼珠沙華、野紺菊。

  7. フィンランドの七夕伝説? - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    フィンランドの七夕伝説?

    七夕は伝統的七夕も終わってしまいましたが、まだ夏の天の川を楽しめます。東の空にはやぎ座に始まる秋の星座たちが。夜も更けるとペガスス座やアンドロメダ座など、エチオピア王家の星座物語の星座たちによる、秋の星座絵巻が見えています。織姫星のこと座のベガ、彦星のわし座のアルタイル。この2つの星は、古くから対の星として見られてきました。アラビアでは、ベガとアルタイル、それぞれの両側の星も一緒に見て、ベガ...

  8. 満月散歩 - マリカの野草画帖

    満月散歩

    夕食前の散歩。四つ角で屋根から昇る月、右上に火星。夜空を左右に見渡せば、月、火星、土星、アンタレス、木星、スピカ、そして金星。なんとも豪華な満月の夜。白い壁があったので満月の影で遊ぶ。

  9. 昼の月見草とマツムシ散歩 - マリカの野草画帖

    昼の月見草とマツムシ散歩

    水路に伸びた琉球月見草。※池の堤に上がると、チッチッ、チッチロ♪夕焼けと小さいけれど凛としたマツムシの聲。「六」の字の雲が夕陽に染まっていた!

  10. 星戀 (ほしこい) - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    星戀 (ほしこい)

    昨日は「伝統的七夕(旧暦の七夕)」。新暦の七夕では織姫・彦星、天の川は夜遅くならないと南中しない。また、梅雨の真っ只中で雨のことも多い。満月で星があまり見えないこともある。ということで、旧暦の七夕であれば、織姫も彦星も天の川も夜の早い時間から楽しむことが出来るし、月は上弦の月で星見に邪魔しない。ということで、国立天文台がはじめとなって、普及しつつあります。でも、昨日は雲が多く星見できませんで...

  11. 金星は半月だった - マリカの野草画帖

    金星は半月だった

    朝から涼しく一日を過ごした。日が暮れると金星が輝き、月と木星のランデブーがひときわ美しい。望遠鏡を持ち出して四惑星を訪問する。金星は半月状。もっと細い三日月状の金星も見たことがある。※今年最初の野紺菊。

  12. 月火(水はなくて)木金土 - マリカの野草画帖

    月火(水はなくて)木金土

    夜7時過ぎの月と金星です。もっと暗くなってから四惑星散歩。今夜は火星・土星・木星・金星+月齢3のお月さま。※土間ではスズムシが鳴きはじめ外ではコオロギやカネタタキの声で少し涼しく感じるようになりましたね。

  13. ペルセウス座流星群を見たい2018 - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    ペルセウス座流星群を見たい2018

    今年もやって来ました。ペルセウス座流星群(ペルセ群)の季節です。◇アストロアーツ:【特集】ペルセウス座流星群2018◇国立天文台:夏の夜、流れ星を数えよう 2018 ~ペルセウス座流星群を眺めて、みんなで報告しよう↑今年もやってます、国立天文台の報告サイト。今年は月は夕方に沈んでしまっているので、月明かりの影響は全くなし。絶好の条件です。ただ、お天気が良くなるかどうか…日中は曇っていたので、...

  14. 天文の世界史 - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    天文の世界史

    火星の大接近と夏の夜の惑星祭り、ペルセウス座流星群と様々な天文現象があり、今年も何かと天文・宇宙は話題になっています。これまで、様々な天文・宇宙本を読んできましたが、その宇宙を人類はどのように見つめてきたのか。ルーツ、歴史を紐解いてみたいと思いません?ということでこの本。天文の世界史廣瀬 匠 / 集英社、集英社インターナショナル、インターナショナル新書 / 2017天文学の歴史というと、まず...

  15. 立秋の星空 - マリカの野草画帖

    立秋の星空

    日暮れ時の金星がキラキラ光る。夜の散歩は虫の音と涼しい風。広場では双眼鏡で星々を巡る。球状星団M22、散開星団M7、散光星雲M8、アンドロメダ銀河M31。今日も流星は見ないな。

  16. 8月6日の四惑星 - マリカの野草画帖

    8月6日の四惑星

    今日は原民喜を読み水を飲んだ。まだ幼い梧桐の鉢にも漏斗の水一杯。※今夜の散歩は夏帽で。宵の明星・金星、夜中の明星・木星、真っ赤な明星・火星、そして夏帽の土星、夜空は深い藍色。

  17. ミルキーウェイ、火星と梧桐 - マリカの野草画帖

    ミルキーウェイ、火星と梧桐

    朝7時前の朝顔ミルキーウェイ、もう閉じちゃうの?※金星が沈んでからの三惑星散歩。今夜は火星が一番良く光る。アオギリには青い実、幹もなんだか青いね。

  18. 四惑星とタマスダレ - マリカの野草画帖

    四惑星とタマスダレ

    夕餉を終えて外に出るとシーイングが今ひとつ。火星と金星はおとなしく、土星はかろうじて。今夜は木星が一番よく光る。帰りにタマスダレを見た。

  19. 眠る蝶 - マリカの野草画帖

    眠る蝶

    赤い火星、土星、明るい木星、輝く金星。月はまだ登場しないけど、豪華な四惑星を見た。帰りに熟睡中の蝶も見た。

  20. 火星大接近の夜の星見 - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    火星大接近の夜の星見

    今日は火星大接近の日。・以前の記事:2018年の夏は惑星祭り! 火星を見よう 5759万kmまで近づいた火星。前回の記事で、別に今日だけが観測出来る日ではないと書きました。その通りです。大接近、つまり「衝」の位置にある時は、南中は真夜中。8時ごろに南中を向かえる8月後半の方が観測しやすいです。しかし、せっかくの大接近の日。しかも晴れてる。火星だけじゃなくて木星や土星も見ごろ。記念に、望遠鏡を...

総件数:79 件

似ているタグ