太宰治のタグまとめ

太宰治」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには太宰治に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「太宰治」タグの記事(100)

  1. 森田童子と太宰治 - 憂き世忘れ

    森田童子と太宰治

    「枕草子」を原文で読めないので、図書館で現代語訳を借りてきた。ついでに太宰の「津軽」を借りてきたんだけど。冒頭をパラパラしたら、えっ!「白い開襟シャツ」が出てきた。森田童子「伝書鳩」に出てくる。童子さんの歌詞って、太宰とか高橋和巳とか漱石とか、純文学の世界。それと「死」ふたたび「優しいサヨク」「嬉遊曲」が「ミサ曲」とも読める。「嬉」=キ=亀=下め=ミ「遊」=ゆ=左(左手/ゆんで)=サ「嬉遊曲...

  2. イラスト~人間失格3~ - 日々是イラスト

    イラスト~人間失格3~

    「人間失格」3作目。 ←ポチっと1票お願いします。イラストランキング

  3. イラスト~人間失格2~ - 日々是イラスト

    イラスト~人間失格2~

    コンペ出品作品2作目。 ←ポチっと1票お願いします。イラストランキング

  4. 太宰治の孫・石原燃さん授賞ならず - 遠い空の向こうへ

    太宰治の孫・石原燃さん授賞ならず

    第163回芥川賞・直木賞が15日に発表となった。私は普段芥川賞を誰が取るかということを気にしたことはなかったが、今回は違った。太宰治の孫である、石原燃さんが芥川賞候補にはいっており、祖父・太宰治、母・津島佑子の無念を晴らすことができるか、注目していたからだ。太宰治のファンは皆注目していたのではないかと思う。しかし、結果は授賞ならず。残念である。芥川賞は、高山羽根子さんの「首里の馬」、遠野遥さ...

  5. 73日目だった -   ♪ いろいろ ♪

    73日目だった

    2020年6月19日(木)73日目だった。またまた数え間違いしてしまった。太宰治の誕生日、父の誕生日Congratulation!

  6. 太宰治生誕111年!2020年6月19日! - 遠い空の向こうへ

    太宰治生誕111年!2020年6月19日!

    今日、6月19日は太宰治の誕生日。太宰治生誕111年です。太宰の誕生日である本日6月19日が、全面解除の日となり、他県への移動が制限なく可能となった。どこかしらの太宰ゆかりの地に行こうかと思ったが、残念ながら新型コロナウイルスの影響により各地の太宰イベントは相次いで中止となっている。しかし、銀座にある太宰ゆかりのバー・ルパンが今日からちょうど営業再開となったので、久々に訪れた。何カ月ぶりだろ...

  7. 6月19日  「元号の日」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    6月19日 「元号の日」

    今日は、645年(大化元年)に、蘇我氏を倒した中大兄皇子が、日本初の元号「大化」を定めた日。以来、「令和」までに、248もの元号が定められました現在の元号の「令和」ですが、、、万葉集第5巻に収録されている歌から引用されました。「初春令月 気淑風和」 (初春の令月にして 気淑く風和らぎ)作者は、大伴旅人と言われており、梅の開花による春の訪れや、梅の美しさと香りの良さを表現しているのが特徴です「...

  8. 2020年6月13日太宰治、山崎富栄の命日 - 遠い空の向こうへ

    2020年6月13日太宰治、山崎富栄の命日

    今日は太宰治の命日だ。なぜだろう、太宰治のお墓参りに行く時は、命日にかぎらず雨が多い気がする。そういえば、東京に大雪が降った日に、太宰のことが心配になってお墓に行ったこともあった。新型コロナウイルスの影響でいつもより人々は積極的には外に出歩かない。それに加えて今日は雨。三鷹に着いてからは、本当なら太宰治文学サロンのすぐ近くにある駐輪場でレンタサイクルを利用して颯爽とペダルをこいでお墓のある禅...

  9. 銀河鉄道の始発駅「汽車旅放浪記」(関川夏央) - 梟通信~ホンの戯言

    銀河鉄道の始発駅「汽車旅放浪記」(関川夏央)

    あしたは、雨のようだし、寝汗をかいたので、シーツなどもあらった。洗うのは洗濯機だが、干すのが、これでいろいろ工夫がいるのだ。パンパンと水を切って、それぞれの洗濯物が出来るだけ風通しが良く、陽当たりにも均霑するように、、ゲージュツ的な干し方ができた。この前、駒沢公園に来たのは2月の末、あの日にぎっくり腰と膝の痛みが出たのだった。旺盛な「いつもの木」に逢えてうれしい。寄り道しながら4000歩、帰...

  10. 太宰ゆかりの宿『割烹旅館玉川』閉館… - 遠い空の向こうへ

    太宰ゆかりの宿『割烹旅館玉川』閉館…

    残念なニュースが飛び込んできた。太宰治のゆかりの宿として知られる、船橋にある『割烹旅館玉川』が4月末で営業を取りやめ閉館となった。これを仕事帰りの電車の中で新聞を読んでいて知ったときは、衝撃であった。コロナの影響が大きいことは言うまでもなく分かっていたが、まさかこんなかたちで無くなってしまうなんて…。どうやら『割烹旅館玉川』は以前から老朽化による維持費の負担があり、また過去の相次ぐ自然災害に...

  11. 第9回走れメロスマラソンが中止、そして大会終了… - 遠い空の向こうへ

    第9回走れメロスマラソンが中止、そして大会終了…

    新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るい、人々の行動は制限又は自粛を余儀なくされている。各地のイベント関連も中止が相次いでいる。第9回走れメロスマラソンはどうだろうか。もしやと思い、今年開催予定の第9回走れメロスマラソン大会を調べて見ると、やはり中止となっていた。五所川原市のHPを見ると、『令和2年5月31日(日)に開催を予定しておりました「第9回走れメロスマラソン」は、新型コロナウイルスの...

  12. SAVE the CINEMA - Bleu ciel et la mer 日々の風景

    SAVE the CINEMA

    映画「ニュー・シネマパラダイス」より“何をしても不安でならぬ時には、映画館へ飛び込むと、少しホッとする。真暗いので、どんなに助かるかわからない。誰も自分に注意しない。映画館の一隅に坐っている数刻だけは、全く世間と離れている。あんな、いいところは無い。”と、太宰治は『弱者の糧』で書いている。わかる気がするなぁ。私は家で映画を見るのも好きだけど、映画館で見ることの方がどちらかと言うと、もっと好き...

  13. きりぎりす。 - *Romantic caramel-粉と卵とおうちおやつ*

    きりぎりす。

    とある方のブログへお邪魔していたら若かりし頃がとても懐かしくなってGrover Washington, Jr.Don Grusin…Joe Sample…David Sanborn…と立て続けに聴き続けながら最後はBobby Caldwell の歌声に癒された週明けでした。聴き忘れたのはKeith Jarrett 。。。明日の朝は Keith のピアノで目覚めましょうか。Bulgarian ...

  14. 神戸から、自然の美と脅威 - 光を孕む書道  ~Misuzu-ism~

    神戸から、自然の美と脅威

    神戸では今年も桜が満開になりました。外出自粛ですが、自宅から、近所の公園から、運転の道すがら薄いピンクの桜を愛でることができますなにはともあれ、地球上の自然は春夏秋冬を繰り返しめぐり巡り、今年も美しい桜は私達の心、目を和ませてくれていることに変わりはありません新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。⭐このひと月は自然の恐ろしさを目の当たりにする日々ですね。よく「自然体」で生きる・・・と、何気なく...

  15. 「グッド・バイ」太宰治【著】 - 絵手紙 with 都々逸

    「グッド・バイ」太宰治【著】

    被災・疎開の極限状況から敗戦という未曽有の経験の中で、我が身を燃焼させつつ書きのこした後期作品16編。太宰最後の境地をかいま見させる未完の絶筆『グッド・バイ』をはじめ、時代の転換に触発された痛切なる告白『苦悩の年鑑』『十五年間』、戦前戦中と毫も変らない戦後の現実、どうにもならぬ日本人への絶望を吐露した2戯曲『冬の花火』『春の枯葉』ほか『饗応夫人』『眉山』など。 (文庫本裏表紙より)新型コロナ...

  16. ◆4/26 ru企画・太宰で爪弾く(本企画は延期になりました) - なまらや的日々

    ◆4/26 ru企画・太宰で爪弾く(本企画は延期になり...

    本企画は延期になりました。純文学という堅苦しいイメージを持たれるかもしれませんが、太宰の作品は人間の滑稽さや温かさを分かりやすく描いていると思います。札幌以外の方々にも聴いて頂きたく、昨年から各地での公演を始めています。束の間ではありますが、耳で聴く文學をお楽しみください。(西田薫/フライヤーより抜粋)◆ ru企画・太宰で爪弾く原作太宰治「あさましきもの」「葉桜と魔笛」より【出演】西田薫/朗...

  17. Tanigawa Onsen - 5W - www.fivew.jp

    Tanigawa Onsen

    太宰治ゆかりの宿群馬、谷川温泉に行きました太宰治がパビナール中毒の天地療養を川端康成に進められ、一ヶ月ちかく滞在そして「創生記」を執筆していました

  18. 太宰治の生家、「斜陽館」と八甲田山の樹氷、凍らない地獄沼 - Turfに魅せられて・・・(写真紀行)

    太宰治の生家、「斜陽館」と八甲田山の樹氷、凍らない地獄沼

    津軽には何度か来ているが、僕の心のオアシス太宰治の生家、斜陽館(五所川原市金木町)は初めてです。小説「津軽」で乳母、越野たけとの再会シーンが、太宰ワールドで一番好きですが、その舞台の小泊にもぜひ行ってみたいものです。斜陽館はとてもでかい。写真で何度も見ているので初めての感じがしない。今は太宰治記念館(2004年国指定重要文化財)。この時期の訪問者は僕らだけ。とても広い板の間、囲炉裏があります...

  19. 玉川づくし - イーハトーブ・ガーデン

    玉川づくし

    法事で、近くの割烹旅館「玉川」という店を使いました。度々の台風の襲来で、家族みんなの日程の調整がつかず、ようやく、実現しました。ご存知ですか?ここは太宰治が、戦前逗留して原稿を書いたという大正10年創業の由緒あるお店です。建物も、インテリアも、器も、そして女将も、何もかもアンテークな雰囲気でした。料理はもちろん、和食です、なかなかゴージャスでしたよ。小学生の孫二人も同席しましたが、珍しがって...

  20. 11/23(土)声優・ナレーター 内野一 名作朗読会 - コミュニティカフェ「かがよひ」

    11/23(土)声優・ナレーター 内野一 名作朗読会

    北名古屋市在住の声優・ナレーターの内野一による名作朗読を楽しむイベントです。演目紹介芥川龍之介『蜘蛛の糸』或日の事でございます…お釈迦様が垂らした細い糸を地獄で見つけた悪党カンダタは、地獄からの脱出を企てるが。新美南吉『巨男(おおおとこ)のはなし』巨男とお母さんのすんでいたところは、ここからたいへん遠くの森の中でした…心の優しい巨男は白鳥とともに都へ向かう。都の王様に塔を建てるよう命令された...

総件数:100 件

似ているタグ