太平洋側のタグまとめ

太平洋側」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには太平洋側に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「太平洋側」タグの記事(279)

  1. 御前崎・きっと南から… - Beachcomber's Logbook

    御前崎・きっと南から…

    カツオノエボシの打ち上げられていた朝の満潮線には、流木類も多く打ち上げられていました。そんな中で見つけたのがコレ!これ何だか分かりますか?松ぼっくりの芯の部分ですね。ただ長めのシルエットなので、このあたりの赤松や黒松では無さそうです。ちょっと南方から来たのでは?と想像できる形です。.

  2. 御前崎・お日様も出た! - Beachcomber's Logbook

    御前崎・お日様も出た!

    同じ浜でも、雨が降るのとお日様とでは色温度がコロコロ変わり、こんな時はオートが便利ですね。さて、打ちあがっていたドリンク壜にはカルエボシがイッパイ付着していました。海に捨てられたこの壜、そんなに古いものでは無く、日本のモノでした。壜の表面にも光沢があり、長期間の漂流とは思えません。長期間ですとエボシガイの他にも藻類やら、コケムシ類などなど付着物に覆われちゃいますから。.

  3. 御前崎・カツオノエボシ来ています! - Beachcomber's Logbook

    御前崎・カツオノエボシ来ています!

    さて、今回の御前崎訪問の目的は、青物を見るため。そんなわけで東風の強かった今朝の満潮線を探すことに!エボシモノは見つかったので、南のモノはあるはず。あとは青物が沖合まで来ていれば打ちあがるハズ!(笑)打ち上げラインに沿って歩けば、エボシモノに混じってありました。やはり来ていましたね。その後も打ち上げラインを歩けば続々とカツオノエボシが打ちあがっていました。灯台下にある貝拾いをされる方の多い浜...

  4. 御前崎・休憩から目覚め・・・ - Beachcomber's Logbook

    御前崎・休憩から目覚め・・・

    おにぎり食べて眠くなり、雨も降っていたのでちょいと寝てしまいましたが、目覚めたら雨音はしません。そんなわけでヤッケを羽織って浜へ!雨は上がったようですが、東の風は相変わらず4~5mで吹いています。貝や砂利のラインは無く、これは大潮仕方ないと、朝方の満潮線を進めばありました!そうエボシガイをイッパイくっつけた直径30㎝弱の中国の黒いウキです。やはりビーチコーマーはこうしたエボシもの見ると、南か...

  5. 御前崎! - Beachcomber's Logbook

    御前崎!

    ちょっと前から、インスタグラムなどを見ていると関東方面では青物が届き始め、そして海豆も寄っている様子が紹介されていました。風情報など見ると東風が吹き続いているし・・・そんなわけでジャンクな渥美を通り越し、遠州灘の東端にある御前崎が気になり始め、土曜日に行っちゃいました。こっちからはおよそ150㎞ちょいのハズ、高速道路2時間弱それに下道を加えれば、調子よく走って2時間半。渋滞が出れば3時間以上...

  6. ムラサキガイ - Beachcomber's Logbook

    ムラサキガイ

    海岸でビーチコーマーが紫色の貝を探すとなれば、海面を浮遊するルリガイやアサガオガイが思い浮かぶでしょうね。二枚貝には紫色の貝が多く、愛知で大アサリとも言われているのはウチムラサキ、内側が紫色です。それにイソシジミ、ムラサキガイ、フジナミガイ、アケボノキヌタなどのシオサザナミの仲間には紫が多いですね。この手の貝、愛知では干潟や砂浜などでイソシジミとアケボノキヌタをよく見かけます。そして時折見ら...

  7. 海でもカワウ - Beachcomber's Logbook

    海でもカワウ

    知多市や常滑市の海岸でビーチコーミングをしているとよく見かける鳥がいます。さて、それは何でしょうか?ハシブトガラス?イソヒヨドリ?コアジサシ?シロチドリ?はい、そんな連中もよく見ますが、この時季一番よく見かけるのは編隊を組み飛び交うカワウでしょう。愛知のカワウと言えば、美浜町のコロニーが知られていますが、現在では弥富町と田原市にも分散しコロニーがあるようです。ここ知多市の上空で見かけたカワウ...

  8. 常滑のホタテガイ - Beachcomber's Logbook

    常滑のホタテガイ

    みなさんのビーチコーミングエリアで、ホタテガイは見つかりますか?ここ常滑市あたりでは、時折見られます。かってホタテガイの仲間で見られたのはイタヤガイでしたが、最近ではあまり見られなくなったのは残念なことです。さて、東北以北に分布するホタテガイが常滑で見られる理由は二つ、キレイな形のホタテが堤防脇にまとめて捨てられていたりすれば、それはBBQで焼かれたものでしょう。もう一つは写真のように二つか...

  9. 成長早いねぇ~! - Beachcomber's Logbook

    成長早いねぇ~!

    長かった10日間のGWもあっという間に終わり、休日の浜辺も静けさを取り戻しました。とはいえ、それはあまり人の行かないアクセスの悪い場所のコト。堤防まで車を乗り入れることのできる海岸では堤防上に大きなテント張ってBBQしたりと大賑わいの様子も見えます。さて、常滑市のアクセスのよくない海岸はこの通り。伊勢湾に面したこの場所、小さな浜と砂丘がありますが、何とか海岸植生が見られます。よく見れば画面中...

  10. クロダイの歯@知多半島 - Beachcomber's Logbook

    クロダイの歯@知多半島

    海を埋め立てた中部空港セントレアを遠望できる、常滑市の海岸を歩いてきました。そこに転がっていたのは干物になったクロダイ!もちろん人口の干物ではなく、自然の作ったミイラです。そして歯がスゴイ!前に突き出した犬歯に加えて、3列ほど見える臼歯、これなら貝もバリバリ喰ってしまいそう。クロダイは釣り人に神経質だとか言われていますが、この歯からは、貪欲な魚にしか見えませんがね。(笑).

  11. 知多の海浜植物・ハマボウフウ - Beachcomber's Logbook

    知多の海浜植物・ハマボウフウ

    5月に訪れた知多半島では海浜植物が花盛りでした。そんな花をいくつか紹介しますね。知多半島の伊勢湾側にある常滑市の砂丘ではかなり広範囲にハマボウフウが見られます。山菜や刺身のツマにもなるハマボウフウはまだ花ではなく蕾?の一歩手前のカリフラワー状態かも。花はもうしばらく先ですね。(笑).

  12. 知多の海浜植物・ハマヒルガオ - Beachcomber's Logbook

    知多の海浜植物・ハマヒルガオ

    5月に訪れた知多半島では海浜植物が花盛りでした。そんな花をいくつか紹介しますね。早いもので砂丘の東側ではハマヒルガオが淡いピンクの花を咲かせていました。この時季、知多半島ではハマヒルガオが花を咲かせ始め、これからもう少し先には満開を迎えます。そしてかなり花期の長いものですね。.

  13. 知多の海浜植物・スナビキソウ - Beachcomber's Logbook

    知多の海浜植物・スナビキソウ

    5月に訪れた知多半島では海浜植物が花盛りでした。そんな花をいくつか紹介しますね。スナビキソウは、愛知県のレッドデータブック2009では、絶滅危惧ⅠB類となっています。かってはもっと広い地域にあったと思われますが伊勢湾台風や砂浜の埋め立てなどの人工圧により減ってきたものでしょう。私の知っているエリアは中部空港に近く絶滅も心配されましたが、思いのほか人工圧が少なかったのか何とか今年も開花を見るこ...

  14. 知多の海浜植物・コウボウムギ - Beachcomber's Logbook

    知多の海浜植物・コウボウムギ

    5月に訪れた知多半島では海浜植物が花盛りでした。そんな花をいくつか紹介しますね。愛知県常滑市では何カ所かでコウボウムギの群落を見ることができます。ただこうした砂丘や砂浜は飛砂の影響で砂が減ったり増えたりしますが、何とか持ちこたえています。またこれらの生息域は、海のレジャーで人の訪れることがそんなに多くないのも群生に適しているようです。.

  15. 海は春色 - Beachcomber's Logbook

    海は春色

    3月に入ってしばらく過ぎましたが、この冬は暖冬だったこともあり、春の訪れが非常に早いようです。花粉は例年よりも早く飛び始め、ちょっと困った状態になっています。さて、海でも春になるのが早いようで、もう海は春色。敦賀半島北部の基盤岩である花崗岩が風化し、長石と石英による明るい砂が広がる砂浜では、こんな色の海です。特に冬の風波で磨かれた砂はキレイで、鳴き砂を味わえるのはこの時季が一番です。人出が多...

  16. ワニグチモダマ - Beachcomber's Logbook

    ワニグチモダマ

    ビーチコーミングを長く続けていると、これまでに拾い集めたモノが自宅の広範囲を占領してしまい、拾いあげても持ち帰ることは無く、写真だけで置いてけぼり・・・ってコトはよくあります。(笑)見つければうれしいガラス玉でもかなりかさばり、小玉はまだ良いのですが、大玉ですと置き場を何とかしないと持ち帰れないものです。そんな中で嬉しい拾い物は海豆!南方系のモダマなどのマメ科の植物の種子は大きさが小ぶりなこ...

  17. 海の正月飾り! - Beachcomber's Logbook

    海の正月飾り!

    お正月の漁港、どの船も大漁旗などで飾られて、お正月モード満点ですよね。形原漁港の片隅で面白い船を見つけました。この船、漁船ではなく、タッグス!そうタグボートですよね。そしてこの船は三河地方でも知られた形原造船さんのもの。さすがに造船会社だけあり、こうした縁の下の力持ちにも正月飾りが施してあるのが嬉しいですね。.

  18. 新年 - Beachcomber's Logbook

    新年

    あけましておめでとうございます今年も無事新年を迎えることができました。今日紹介するのは愛知県で海越しに富士山の見える場所です。ここは蒲郡市の西浦半島東側からの景色で、手前の濃く見える島は三河大島、少し奥の左手にはラグーナ蒲郡の観覧車が見えます。ここからの富士、冠雪時の冬がハッキリ見えるのでお勧めです。このあたりの海岸、トビも多いので、一富士、二鷹、までは見られますよ。これでナスを持参されれば...

  19. 今年も1年ありがとうございました。 - Beachcomber's Logbook

    今年も1年ありがとうございました。

    この夏に腱鞘炎を発症し、左手が不自由なのですが、それでも元気に浜を歩くことができたのは幸せと思っています。手、目、腰・・・このあたりがネックですが、まぁてきとうに・・・( ´∀` )1月、福井で見かけたこれ、名称がモロだったので大爆笑でしたね~!男の願望?を具現化した漂着物でした。2月、日本海にはさまざまなモノがやってきますが、アジア諸国の製品の質は向上しており、「信頼の日本製」なる言葉がグ...

  20. まだ咲いてるよ! - Beachcomber's Logbook

    まだ咲いてるよ!

    寒暖の差が激しい11月、先日もバイクで遠乗りに出かけられるような暖かな日があるかと思えば、朝には一桁の気温の日も多くなってきました。そんな中、常春の渥美半島ではハマアザミが開花しています。もちろん真冬でも花の咲くのを見るハマアザミなので、これくらいの気温はどうってこと無いのでしょう。花の奥に見えるのは、「潮騒」で知られる神島と伊勢志摩方面です。愛知県の伊良湖岬から、神島、伊勢志摩方面は白亜紀...

総件数:279 件

似ているタグ