失恋のタグまとめ

失恋」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには失恋に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「失恋」タグの記事(18)

  1. 男心と秋の空 - A primrose by the river’s brim

    男心と秋の空

    フィンセント・ファン・ゴッホ《公園の小道(部分)》1888年 油彩、カンヴァス クレラー=ミュラー美術館iOS11にアップデートしたら、いろいろ違っていろいろ面白い。時代も機械も、もちろん人も変化しないものはない。それが「進化」(「退化」の場合もあるけど)でありそれが「生きている」証なのだから仕方がない。人は変化する。見た目も変わるし心も日々変わる。「女心と秋の空」というけれどこの言葉は、も...

  2. 秋の思い出の曲 - ☆パイロットになるのが夢だった・・そんな社長のブログ☆

    秋の思い出の曲

    皆さんおはようございます。土日もご案内やお問い合わせで大盛況でした!ほんとうにありがとうございました!気に入った物件が見つかった方も!この次のチャンスを狙う方も!一緒に頑張って参りましょうね。ヽ(´▽`)/さて今月も残り1週間を切りました。もうすぐ10月ですね。秋は何となく寂しい気分になりませんか?きっとそんな気持ちになるのは私だけではないでしょう。日に日に花が枯れ。葉が落ちて冬に向かう欠け...

  3. いつかの空に - A primrose by the river’s brim

    いつかの空に

    彼岸入りあの世とこの世がつながる日世界が失われても思いは残り思いが失われても記憶は残る記憶の底の 消えない痛み羽の下で苦しい息をはきながらいつかの空を思い出す

  4. 雨の日も晴れの日も - A primrose by the river’s brim

    雨の日も晴れの日も

    人生にも 晴れと雨の日がある晴れの日だけの人生はなく雨の日だけの人生もない雨雲の向こうにはかならず青空が広がっているどんなに土砂降りでも今は何も見えなくてもかならず また いつか

  5. 夏の終わり - A primrose by the river’s brim

    夏の終わり

    アイスクリームを食べながら銀杏並木を並んで歩いたまぶしいくらいの太陽と肌に照りつける灼熱の風永遠に続くと思った夏はいつしか姿を秋へと変え次の季節へ わたしを誘う人生は、赦すこと手放すことそして、前に進むこと

  6. まあ いっか - A primrose by the river’s brim

    まあ いっか

    失う恐怖に怯え歳をとるのが苦痛だったキラキラした若さ流れ飛びゆく時間いろいろなものを諦めいろいろなものを受け入れまあ いっかと思えるようになって失う恐怖は 少し薄れたがまんできないことも苦しいことも飽きることなく押し寄せるけどまあ いっかそう思えるようになったのはたぶん とても すてきなことだと思うあきらめるのではなく受け入れるそうやって生きていく人生はわたしが思うほど悪くない

  7. 孤独のひと - A primrose by the river’s brim

    孤独のひと

    淋しい人は ずっと淋しい誰かといても何かをしても・・埋められない淋しさを新しい関係性や思い出で濡らすけどそれらは すぐに干上がりまた 次の関係性や思い出探しの 旅に出る淋しさは 決して消えないかわいそうに大丈夫だからそう言ってくれる人を次から次へと渡り歩く愛や希望で埋められると勘違いした時期もあった埋められない淋しさを 裏切りだと絶望したのは若さだったのか愚かさだったのか・・あの頃の 必死だ...

  8. 終わり 終わり - BLACK BEANS Blog | 黒豆日記

    終わり 終わり

    夏の終わりは恋の終わり。誰とは言わないけど、突然の失恋花火大会。まだ夏は終わってないって?いや、東京はもう終わってるよね。あれ? これ来月のヒントになっちゃうかな。

  9. 味わいのあるCM 三井アウトレット - おひとりさま 徒然なる老後

    味わいのあるCM 三井アウトレット

    ふと、見つけました。あらすじは、失恋した女子が親友に励まされてアウトレットに行って変身する。元気になる。ジョギングを始めて人生を前向きに生きていこうとする。という他愛のないものですが、女優さんの普通ぽっさ、低予算でもそれなりの少女漫画的センスが光る映像や音声がすてきです。以下の写真はその中でも一番それを強く感じるシーンです。左の写真、右奥のエキストラのカップルがいいでしょ?インからアウトまで...

  10. 明日の花 - A primrose by the river’s brim

    明日の花

    苦しい恋を、していたあの人に好かれたくて小さな嘘をつき続けた小さな嘘には小さな棘蓄積した棘は少しずつわたし自身を苦しめたどうしたらよかったかそれは今でも解らない花は毎年、咲くけれど去年の蓮とはべつの蓮来年も、違う蓮が咲く昨日とは違うわたしは今日のわたしを生きる明日咲く花を見るため前を向いて、一歩ずつ

  11. 照り渡る月 - A primrose by the river’s brim

    照り渡る月

    夢のような日々だったまぼろしのように消え去ったあのころ悔しくて 切なくて見えない影を必死で追いかけた確かにあったぬくもりをわずかでいいから感じたくて苦しい息に慣れていたけどそれももう やめようと思う冴え冴えと照り渡る月

  12. 記憶の底 - A primrose by the river’s brim

    記憶の底

    苦しい記憶が かすかに残る忘れようとするほど忘れたいと願うほど色濃く沈む 苦しい思い出あの人はもう覚えてもいないかな捨て猫みたいに震えていたあの時のあなたの瞳をわたしは一生忘れないのに

  13. わたしを忘れないで - A primrose by the river’s brim

    わたしを忘れないで

    気がついたらふられていた、という思い出子どもの頃夢中で遊んでいたらいつのまにか、真っ暗になっていたことがよくあった。そんな遠い記憶を思わせる笑ってしまうような、あっけない顛末。夢中になっていたのは、わたしだけで彼はいつも冷静だった。季節や時間が変わったこともわたしは見ないふりをしていたけれど彼はいつも冷淡だった。いつまでも忘れられないのははっきり、きっぱり終えられなかったせいだとずっと思い込...

  14. 夏の思い出 - A primrose by the river’s brim

    夏の思い出

    夏が嫌いだ。・暑いのが苦手だし自己主張する太陽も苦手だ夏休みだからと、ウキウキする空気も混み合う街も店も嫌だ。夏だけ南半球に引っ越したいと本気で思っていた時期もある。それに、夏にはまた1つ歳をとる。夏なんか 大嫌いだ。・・夏生まれの彼とは星座が同じだった。誕生日、誕生日と騒ぐわたしに夏は嫌いなのに誕生日は好きなんだね、と茶化すように彼は笑った。誕生日は特別な日だから、とわたしが主張するとくだ...

  15. 誰のせいでもなく - A primrose by the river’s brim

    誰のせいでもなく

    あのときもあのときもあのときも言った言葉に嘘はなかったどちらかが悪かったのでもどちらかがいけなかったのでもないただ 時間が経ち状況が変わっただけそれはとても単純でそしてとても しかたがない

  16. 優等生の憂鬱 - A primrose by the river’s brim

    優等生の憂鬱

    彼はわたしの名前を呼ばなかった。かわりにいつも からかうような口調で「優等生」と わたしを呼んだ。わたしの名前覚えてないでしょ、とすねてみせると優等生本当はバカだろ、と大口を開けて笑った。意見が食い違った時は優等生の言うことは間違ってないんだけど経験が足りないんだよ、と上機嫌で わたしを諭した。知に勝る武器はない、とわたしが反論するとこれだから優等生は、と楽しそうに笑った。いまなら、彼の言っ...

  17. 8パーセントの恋 - A primrose by the river’s brim

    8パーセントの恋

    一度だけ聞いたことがある「わたしのこと、どれくらい好き?」と「じゃあ俺のこと、どれくらい好きなの」と聞き返されたので「8パーセントくらい。100分の」とわたしは答えた。「じゃあ俺は3パーセント」と彼は笑ったけどその5パーセントの違いは何だったのか聞けないまま 彼とは別れてしまった。あのとき「100パーセント」と答えたらよかったのか。過去はいつも 後悔と寂しさに満ちそして 少し甘い。

  18. 強くなりたい - A primrose by the river’s brim

    強くなりたい

    楽しい時間は、あっという間に過ぎる。過ぎさりし幻影は、いつも遠くで輝いていてわたしを時々、苦しめる。出会えるヒトやモノ、場所には限りがある。わたしにできるのは、せめてせいいっぱい咲くこと。そして「咲いています」と声に出すこと。転んだり後戻りしたり毎日くじけそうになるけれど強くなりたい昨日より、もっと。明日のわたしに 負けないように。

1 - 18 / 総件数:18 件

似ているタグ