奥原希望のタグまとめ

奥原希望」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには奥原希望に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「奥原希望」タグの記事(22)

  1. 名古屋グランパス6連勝、日本勢大活躍の全英オープン - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    名古屋グランパス6連勝、日本勢大活躍の全英オープン

    サッカー・J1第6節が行われ、名古屋グランパスはチーム史上初となる6連勝をかけ、鹿島アントラーズと対戦した。試合会場は鹿島アントラーズのホームスタジアムで名古屋グランパスにとっては鬼門のスタジアムであった。しかし今季の名古屋グランパスは鬼門など感じさせない動きで鹿島アントラーズの攻撃を封じた。前半を0-0で折り返した名古屋グランパスにチャンスが訪れたのは後半14分、コーナーキックのチャンスか...

  2. ドルフィンズ逆転勝ち、バドミントン決勝、そして有馬記念 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ドルフィンズ逆転勝ち、バドミントン決勝、そして有馬記念

    NFL第16週、ポストシーズン進出を目指すドルフィンズはレイダースと対戦した。第1Qレイダースに先制TDを奪われてしまったがFGで得点し3-7、第2Qはレイダースが2FG、一方のドルフィンズも1FGとTDは奪えず、6-13で折り返すこととなった。そして第3Qにはいると開始直後の攻撃でドルフィンズがTDを奪って13-13の同点に追いついた。しかしこの試合に敗れるとポストシーズン進出ができなくな...

  3. レイズ優勝、牝馬三冠、有原7勝目、奥原2年ぶり - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    レイズ優勝、牝馬三冠、有原7勝目、奥原2年ぶり

    MLBアリーグのリーグ優勝決定戦第7戦が行われた。逆王手をかけられてしまったレイズであったが先発のモートンが6回途中までを2安打無失点におさえる見事なピッチングを魅せ、レイズに勝利をもたらした。12年ぶり2度目のリーグ優勝となる(前回も岩村が所属しており、日本人選手が在籍するとリーグ優勝するのかもしれない?)。またアロサレーナが初回に先制ホームランを放ったことでポストシーズン7本目の本塁打と...

  4. MLBプレイオフ、福永100勝、奥原決勝進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    MLBプレイオフ、福永100勝、奥原決勝進出

    MLBリーグ優勝決定戦が白熱してきた。アリーグはレイズが3連勝し、リーグ優勝に王手をかけながら足踏み状態で昨日もアストロズに逆転負けを喫してしまった。逆王手をかけたアストロズ、実力はNo.1といわれているだけにレッドソックス以来となるリーグ優勝決定戦での3連敗からの4連勝なるか注目である。そしてナリーグもブレーブスが王手をかけた第4戦でドジャーズが逆転勝利をおさめて2勝目をあげた。そして現在...

  5. バドミントン国際大会再開、MLBプレイオフ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    バドミントン国際大会再開、MLBプレイオフ

    バドミントンの国際大会が再開された。デンマークオープンが今秋から開催されており、当初は日本代表も多数参加の予定であったが直前に参加を見合わせる選手もあり、4選手のみの出場となっている。男子シングルスの西本拳太、女子シングルスの奥原希望、そして女子ダブルスの福島由紀/廣田彩花ペア、松本麻佑/永原和可那ペアである。すでに2回戦が終了し、今日から準々決勝がはじまるが奥原をはじめ、すべての日本人選手...

  6. 桃田、奥原順当勝ち、侍ジャパンも勝ってスーパーラウンドへ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    桃田、奥原順当勝ち、侍ジャパンも勝ってスーパーラウンドへ

    バドミントンの福州中国オープン2回戦がおこなわれ、ベスト8の顔ぶれがきまった。女子シングルスでは大堀彩は中国ののエース、陳雨菲と対戦した。第1ゲームは終始リードする展開であったが18-16から5連続ポイントを奪われてゲームを失うと第2ゲームはあっさり13-21で敗れてしまった。奥原希望は世界ランク1位の貫禄(?)をみせつけてタイのニチャオン・ジンタポルと対戦、第1ゲームを6連続ポイントなどで...

  7. RWC2019準々決勝、バトミントン2種目決勝進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    RWC2019準々決勝、バトミントン2種目決勝進出

    ラグビーワールドカップ日本大会いよいよ決勝トーナメントがはじまった。19日は準々決勝の2試合が行われた。試合前の予想では2試合とも接戦が予想されたが、結果はいずれの試合も大差のつく試合となってしまった。第1試合はイングランド代表対オーストラリア代表であった。この試合は前半を終わって17-9とイングランドがリードしていたがまだまだ試合はどちらに傾くかわからない展開であった。ただ後半27-16と...

  8. 3種目で決勝進出、日本ハム大勝だが、佐藤琢磨今季2度目のポール獲得 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    3種目で決勝進出、日本ハム大勝だが、佐藤琢磨今季2度目...

    バドミントンのオーストラリアオープン準決勝が行われた。4種目で決勝進出を目指した日本勢であったが3種目での決勝進出に終わった。混合ダブルスで決勝進出をねらった渡辺勇大/東野有紗ペアはインドネシアペアと対戦、第1ゲームを13-21で奪われてしまった。どこかで苦手意識があるように感じられたが第2ゲームでは出だしからインドネシアペアを圧倒して21-12で奪い返し、勝負はファイナルゲームへ。序盤から...

  9. 日本辛勝スタート、羽生九段歴代最多へ後1勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本辛勝スタート、羽生九段歴代最多へ後1勝

    スディルマン杯初優勝に向けて大事な初戦、日本はロシアとの対戦であった。まず第1試合の混合ダブルス、エースの渡辺勇大/東野有紗ペア(東野の負傷回復が万全ではないのかもしれない)ではなく、保木卓朗/永原和可那ペアが登場した。対するロシアはアリモフ/デフレトワペアであった。第1ゲーム、序盤は互角であったが徐々に実力差がでて21-10で先制すると第2ゲームはロシアペアの反撃にあい、終盤まで一進一退の...

  10. 奥原プロ転向、NFLプレイオフ進出チームは - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    奥原プロ転向、NFLプレイオフ進出チームは

    バドミントンの奥原希望がプロ転向会見を行った。今月末で日本ユニシスを退社し、個人として東京オリンピック出場を目指すことを宣言していたので、驚くことではないが年末のこの時期に会見するとはちょっと意外であった。新たにスポンサーとなった「太陽ホールディングス」社長も同席しての会見だっただけに新年からの活動をスムーズに行いたいとの思惑もあったのかもしれない。実力はあるのだから後は怪我せず順調に成績を...

  11. 岩隈巨人移籍、ツアーファイナル - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    岩隈巨人移籍、ツアーファイナル

    巨人の補強がすざましい。原監督が就任してからFA宣言した選手以外にも自由契約となった選手などに触手をだし大型移籍を成功させている。そして元マリナーズの岩隈久志も巨人入りとなった。マリナーズを自由契約となり、プロ野球に復帰する可能性を探っていた岩隈久志は古巣の楽天に移籍するものと思われていたが、まさかの巨人入りであった。原監督とは第2回WBC優勝のときの監督とエースという関係だっただけに最後の...

  12. 3種目で優勝・韓国オープン、日本ハムが意地 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    3種目で優勝・韓国オープン、日本ハムが意地

    バドミントンの韓国オープン決勝が行われた。決勝に進出した女子シングルスでは奥原希望が頑張った。第1ゲームをあっさりと21-10で奪った奥原はそのまま第2ゲームも奪って楽勝かと思ったが、第2ゲームはアメリカのベイウェン・ツァンの反撃にあってしまい17-21で失ってしまった。ファイナルゲームも両者とも譲らぬ展開で11-11となった。チェンジコート後、奥原が連続ポイントを奪って抜け出すとそのままベ...

  13. 大谷3安打2打点1盗塁、韓国オープン3種目で決勝進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷3安打2打点1盗塁、韓国オープン3種目で決勝進出

    エンゼルスの大谷翔平、地元でのアスレチックス戦で大活躍である。今季も残すところ3試合、最後まで全力で戦う姿勢を魅せる大谷は4番DHで先発出場した。2回の第1打席、レフト前ヒットで出塁すると、一死1、2塁から三盗を試み、見事に成功させた。これで10盗塁を記録した大谷翔平、メジャー史上初の20本塁打、10盗塁、10登板の偉業を達成した。この盗塁で先制点を生み出したわけなので大谷の快速ぶりはチーム...

  14. 清宮7号、韓国オープン、大谷の新人王獲得の可能性 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    清宮7号、韓国オープン、大谷の新人王獲得の可能性

    バドミントンの韓国オープン準々決勝が行われた。世界ランク1位となった桃田賢斗であるが、左かかとに痛みがあるために大事をとって棄権した。対戦相手は同じ日本人の西本拳太がベスト4に進出である。女子シングルスの奥原希望がファイナルゲームに及ぶ接戦を制して準決勝にすすんだ。インドのネワールと対戦した奥原は第1ゲームを落としてしまうが、第2ゲームを取り返してファイナルゲーム、ネワールにリードを奪われて...

  15. 奥原、桃田ベスト8、WBSCソフトはじまる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    奥原、桃田ベスト8、WBSCソフトはじまる

    バドミントンの世界選手権は3回戦が行われ、各種目でベスト8が決まった。女子シングルスは奥原希望と山口茜が順当に勝ち進んだが、佐藤冴香は敗れてしまった。大堀彩に勝って勢いにのるゴー・ジンウェイと対戦した奥原の第1ゲーム、一進一退の接戦となり、20-20のデュースとなった。先に20-21とゲームポイントを握られた奥原であったが、ここから3連続ポイントを奪取してこのゲームを奪うと、第2ゲーム、一時...

  16. 日本ハム大逆転、大堀惜敗、奥原快勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム大逆転、大堀惜敗、奥原快勝

    道東遠征の日本ハム、第2戦は帯広でのロッテ戦であった。凱旋登板となった杉浦であったが、復帰第一戦とはストレートの精度が劣っているようで本来のストレートで押すピッチングができなかったようだ。3回途中、4失点での降板であった。復帰2戦目、好不調はあるので次の試合は頑張ってほしい。杉浦の乱調で試合はロッテペースですすみ、8回表を終了して1-7と6点差がつく負け試合であった。しかし帯広での日本ハムは...

  17. 藤井七段初戦で敗退、タイオープンは3種目で優勝、マフィ逮捕 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井七段初戦で敗退、タイオープンは3種目で優勝、マフィ逮捕

    テレビ棋戦の第68回NHK杯1回戦、藤井聡太七段は今泉健司四段との対局であった。6月上旬に対局が行われが。放映は昨日であった。序~中盤で優位にたった今泉四段に対して藤井七段は終盤に実力を発揮し、今泉四段の緩手をつき形勢を逆転し一気に勝勢となった。ただ解説をしていた糸谷八段が指し手はいけない手を2手指してしまい、一気に形成は再逆転し、今泉四段が159手で勝利し2回戦にすすんだ。藤井七段、まさか...

  18. 大谷左腕打ち、4種目で決勝進出、第2戦もパ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷左腕打ち、4種目で決勝進出、第2戦もパ

    エンゼルスの大谷翔平が代打で結果を魅せてくれた。オールスター前のインターリーグ、ドジャーズとの3連戦、同地区のライバル対決はドジャーズの本拠地開催のためDH制度がなく大谷はベンチスタートとなった。エンゼルスはプホルスも怪我でDL入りしてしまい打線が貧弱となってしまった。その中で投手陣が頑張って力投していたが2-3と試合はリードされて最終回、一死から大谷翔平が代打で出場した。マウンドには左腕の...

  19. バドミントン男女で明暗、平昌五輪開幕、モーグルで原予選6位 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    バドミントン男女で明暗、平昌五輪開幕、モーグルで原予選6位

    バドミントンのアジア団体選手権準々決勝が行われた。最初に登場した女子チームは台湾と対戦した。世界ランク1位の戴資穎が不出場のため、第1シングルスは山口茜と白馭珀の試合となった。山口茜は序盤からリードして第1ゲームを21-9で奪うと第2ゲームも21-12で奪い、幸先のよいスタートをきった。第2試合はダブルスであった。タカマツペアが登場し、台湾ペアと対戦、この試合も台湾ペアを圧倒したタカマツペア...

  20. 奥原、タカマツら4強、東芝は惜しい敗戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    奥原、タカマツら4強、東芝は惜しい敗戦

    バドミントン・ヨネックスオープンの準々決勝が行われた。地元開催とあって多数の日本人選手が出場したこの大会、ベスト4まで勝ち進んだ選手も多かった。女子シングルスではリオ五輪金メダルのマリンに山口茜が挑戦したが、ゲームカウント0-2で敗れてしまった。一方奥原希望は2-0でツァン・ベイウェンを破り準決勝に進出した。この試合、いつもの奥原らしくない戦い方であったが、試合後のインタビューで体調不良だっ...

総件数:22 件

似ているタグ