奥多摩町のタグまとめ

奥多摩町」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには奥多摩町に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「奥多摩町」タグの記事(17)

  1. 今週も奥多摩湖スタート 2018年11月18日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    今週も奥多摩湖スタート 2018年11月18日

    二週間前に塩山から登った柳沢峠起点の林道竹森線(一部)。12月10日から冬季閉鎖とのこと、今のうちにトレースしておかないと──と、得意の安上がり企画。柳沢峠まで自走、竹森線の後は鈴庫山線につなげて未踏の林道2本トレース、しかるのちに広瀬湖から西沢渓谷入口まで足を伸ばす。雁坂峠周辺は登山をやっていた頃に何度か足跡がある。一週間前の奥多摩湖は霧の中。今回は霧が晴れて落葉も進んだ。曇り気味だが、安...

  2. 11月16日(金曜)に、クリニックへ - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    11月16日(金曜)に、クリニックへ

    いつもは月一回、月末に診ていただいている近所のクリニック。先月27日(土曜)の検診の際、肝機能改善が見られず、ウルソデオキシコール酸錠を服用することに。新しい薬を服用したため、早め・半月ほどのインターバルで様子を診てもらう。10月27日(金曜)時の採血では、γ-GTPに若干改善が見られた。これは肝機能改善のための薬を服用する前の数値。10月といえば、休肝日は27日。飲酒日は4日。それぞれ一週...

  3. 松姫峠へ、今年3回目 2018年11月10日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    松姫峠へ、今年3回目 2018年11月10日

    おなじみ松姫峠。今年はこれで3回目。GWに通行止になっている大月側を降りることができたのだが、今回はどうか。さしあたりゲートをくぐって、最後のヘアピンまで行ってみる。今年の台風、大量の枝葉を落としていった。最後のヘアピンまで大した距離はないのだが、スポークを傷めたくないので押し歩きを何度か。こんなことは今までになかったことだ深山橋渡ったところの蕎麦屋。入ってみたいと思いつつ・・・県境にて。東...

  4. 引き続き、霧にむせんでいたい湖畔 2018年11月10日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    引き続き、霧にむせんでいたい湖畔 2018年11月10日

    奥多摩湖、湖畔を遡っていく。すぐ上は雲も薄く次第に好天になる雰囲気。もうすぐ晴れそうな霧でもあるのが儚げで少しいじらしい気もする。峰谷橋界隈の紅葉と水面に見とれたあと、深山橋に向かうと、さっと霧が晴れてきた。それまでのややまったりした気分が退いて、登高欲が湧いてきた@熱海@あず(づ)まい@峰谷橋@峰谷橋@峰谷橋と馬頭館@峰谷橋@峰谷橋@麦山の浮橋@深山橋から三頭橋。あと少しで東京都西多摩郡奥...

  5. 飽きもせず奥多摩へ〜霧にむせぶ湖畔 2018年11月10日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    飽きもせず奥多摩へ〜霧にむせぶ湖畔 2018年11月10日

    この週末も飽きもせず奥多摩へ。あれこれ忙しかったりで、おなじみの近場で定点観測的に眼を和ませたい。紅葉も盛りを過ぎそうなので土曜か日曜かと言われれば、土曜・早いうちに見ておきたい。金曜日はしっかり雨、夜にはやんだが、土曜日早朝はオールウェット。4時に起きて暗いうちにスタート、五日市街道から小平、東大和から新青梅でR411をまっすぐ。もう重ね着のシーズン。半袖ジャージ2枚重ねで6ポケットシステ...

  6. 奥多摩周遊はガスのなか 2018年11月4日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    奥多摩周遊はガスのなか 2018年11月4日

    少しずつ日照が弱くなっている気がして、先に進みます。空気もひんやりとしている。しかし、小河内ダム方面にすなおに下ってしまうのも、なんとなくもったいない。せっかくだから、奥多摩周遊に入ります一の瀬高原入口、ヘアピンの反対側は落ち葉の吹き溜まりおいらんワッフルと錦秋永遠に工事中のかたなばトンネルも紅葉の只中かたなばトンネル付近、名もない(私が知らないだけか)山@丹波バス停。「お食事処仲よし」さん...

  7. 「のんきや」で手打中華そば(大盛り)+手打ざるそば+ライス♪83 - 冒険家ズリサン

    「のんきや」で手打中華そば(大盛り)+手打ざるそば+ラ...

    高速道の渋滞が激しかったので奥多摩へドライブ♪大型連休や3連休で高速道が全滅してる時によく訪れます^^郊外の奥多摩や武蔵五日市、たくさん楽しいとこ、美味しい店があります!青梅はありません笑。奥多摩町で何年も前から行ってみたかった店にようやく行くことができました♪「のんきや」♪開店10時半の30分後到着で先客は3組で13名♪後から次々やってきたけど、ツーリングの人が多いかな?駐車場は店の下にあ...

  8. 隠れ里を辞するには 2018年9月9日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    隠れ里を辞するには 2018年9月9日

    五日市から徒歩でひっそりと御嶽集落を目指せば、さながら隠れ里にたどり着くような印象がある。何にしろ、青梅線御嶽駅からバス〜ケーブルカーを乗り継いで賑々しくやってくるとどうも終始観光地的な印象で終わってしまってよろしくない。御嶽集落を辞する時もまた同様にか細い道を辿りながら、ひっそりと里に降りるのがよりふさわしいのではなかろうかと。ケーブルカー駅の手前で西に折れれば、そんな道に入れそうだった。...

  9. お盆ライドは近場自走で 2018年8月14日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    お盆ライドは近場自走で 2018年8月14日

    7月15日に茅野からあずさで帰ってきたとき(十石峠〜麦草峠ライド)のこと、えらい混雑のなか、輪行袋を抱えて自由席の通路に押し込まれたままだった・・・。お盆もUターンが始まるタイミングで、輪行は避けたいと。自走は気が楽といえば気が楽です。標高があって、木陰が多そうなところを選んでみたつもりでした今回は心拍計をつけている。記録は図のようなカタチ。午前4時過ぎに開始、午後3時40分くらいに終了。青...

  10. [小菅村 小旅その2]青梅線完乗 - 俺の居場所2

    [小菅村 小旅その2]青梅線完乗

    前回の続き[小菅村 小旅その1]小菅村へ行ってきた大月から小菅村を経由して奥多摩駅に到着しました。奥多摩には車で来たことがありましたが、公共交通機関で来るのは初めてとなります。奥多摩駅の利用も初めてです。この特徴的な駅舎が青梅線の終点「奥多摩駅」です。残念なことに6月30日をもって窓口でのきっぷと定期の発売を終了したそうです。券売機は引き続き設置されていて、無人駅にもなっていません。これにて...

  11. 春の奥多摩漕ぎ・東京都最西、鏡面加工 2018年4月21日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    春の奥多摩漕ぎ・東京都最西、鏡面加工 2018年4月21日

    赤い橋=峰谷橋のあたりは水面が近い。この周辺でことのほか美しい景観を見ることができた。時間は午前7時50分くらいか、自転車から降りて橋の上からあれこれ撮り歩く湖畔に降りて佇んでいる人たち。眼前の水面はさらに美しいのかも・・・赤い橋=峰谷橋@小留浦(ことづら)から、深山(みやま)橋を振り返る@小留浦。ここはまだ東京都(西多摩郡奥多摩町)@留浦(とづら)、こちらもまだ東京都@お祭りバス停(丹波山...

  12. 春の奥多摩漕ぎ・R411を西へ 2018年4月21日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    春の奥多摩漕ぎ・R411を西へ 2018年4月21日

    GWも近づいて、自転車漕ぎ適期。奥多摩あたり、ちょっと遠目で、新緑チェック。輪行もしておかねばと思っているが、あれこれ細かい装備を持たねばならず、どうも邪魔くさい。柳沢峠でどうだろう。100km圏内で、輪行というほどでもない。身軽にいきたい。折り返し地点を柳沢峠を下った先の裂石(さけいし)としてみると、自宅からここまでがちょうど距離100kmと出た。キリがいいのでここにタッチして戻ってくる。...

  13. 柳沢峠に溜飲を下げにいく-3 2017年8月6日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    柳沢峠に溜飲を下げにいく-3 2017年8月6日

    2年前の秋にほとんど同じコースを漕いでいる。10月中旬のサイクリング適期。ちょうど心臓の手術から3ヶ月ほど経って、発作の心配がなかった頃。その時とタイムを比較してみると、今回の方がやや速い。暑さで調子が出ないとはいいながら、今回のほうがパフォーマンスがいいわけで、やはり体重が軽くなったことが大きいかと今回のシンメトリックなコースプロフィール。ときどきトゲみたいに出てるのがトンネル通過部分。ち...

  14. 柳沢峠に溜飲を下げにいく 2017年8月7日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    柳沢峠に溜飲を下げにいく 2017年8月7日

    先週末もぶすぶすとくすぶっていた。例の台風で何週か潰れている。面白くない。八ヶ岳あたりにでも漕ぎに行きたいのだが、好天を得ることができないようならせっかくの輪行もつまらない。柳沢峠自走でガッツリ漕いでおくか。お金もかからないし。遠望を楽しむコースでもないので雨にやられても腐らなくて済む。土曜日、仕事をあらかた固めておいて、日曜日夜明けから出かける。シンプルに往路復路同じにして、シンメトリック...

  15. 鶴・松 終了、小菅から帰る 2017年6月24日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    鶴・松 終了、小菅から帰る 2017年6月24日

    お気に入りの場所はやはり立ち去り難し。ま、腹も減ってきたので道の駅こすげに降りるか。次は少し涼しくなってから・・・11:33@松姫峠大月側最終ヘアピン手前11:40@松姫峠大月側最終ヘアピンワッフル、また来ます11:42@松姫峠大月側最終ヘアピンから小金沢連嶺(メリハリなく同定しづらい)11:50@松姫峠の同定盤、ご参考まで。この絵もわかりにくいかと12:00、小菅側へ下る。第2ヘアピン手前...

  16. 大弛峠~柳沢峠へ再トライ-4 2017年6月10日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    大弛峠~柳沢峠へ再トライ-4 2017年6月10日

    日射もそれほどでなく、路面もドライ、申し分ない。あとはひたすら下るだけなのだが・・・。坐骨が痛くなってきて、爽快であるはずのダウンヒルが楽しくなくなってきた。この日はまだ100km越えていないのに尻をかじられたみたいに痛む。問題はどうもサドル(いわゆる前開き、坐骨の接触面が少ない?)。今までもこういう傾向があったのだが、今回どういうわけか症状が出るのがいやに早い。半年ばかり我慢して使ってきた...

  17. 山笑う・奥多摩ライド-2 2017年4月30日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    山笑う・奥多摩ライド-2 2017年4月30日

    ソメイヨシノの頃の奥多摩はまだ冬枯れ、ちょっと遅れた今頃に来てこそ、「山笑う」状態を見ることができるのかもしれない。広葉樹林の中にまばらに咲いている桜の色は、見えているほどにはうまく撮れないのが口惜しい。まず、緑がやっぱり違うなぁとつくづく思う。嘘くさくベタッと写ってしまうのだ。渋いモスグリーンの中から細かく立ち上ってくるような真新しい緑でなければ。フォトショで鮮度のスライダを単純にあげても...

総件数:17 件

似ているタグ