女子シングルのタグまとめ

女子シングル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには女子シングルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「女子シングル」タグの記事(20)

  1. アリョーナ・レオノワががんばった&ポリーナ・ツルスカヤの最強ディレイドジャンプ復活!(NHK杯2017) - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    アリョーナ・レオノワががんばった&ポリーナ・ツルスカヤ...

     女子シングルは、26歳のロシアのアリョーナ・レオノワがノーミスの素晴らしい演技をした。フリーはインド音楽でインド舞踊の動きが効果的にはいっている。「レオノワってインド音楽と相性がいいのかな」と思いながら、身を乗り出して見ていると、全部が大成功の演技になった。喜びを爆発させたような片手ガッツポーズをして、涙を浮かべた。わたしももらい泣きした。男子もだが、長く続けてきた人が報われるのは、見てい...

  2. 風邪をこじらせて寝ているが、いよいよNHK杯 宮原知子選手がんばれ!ツルスカヤも!佐々木彰生コーチも!羽生選手は足を大事に! - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    風邪をこじらせて寝ているが、いよいよNHK杯 宮原知子...

      いよいよ、NHK杯なので、前もって仕事を休みにしてある。チケットは取れなかったが、体育館のガチャガチャだけしにいこうか…、あるいは、大阪でもパブリックビューイング(いままで、こんなのありましたっけ?)でも、と思うが、わたしは昨夜から風邪をこじらせて寝ている。 いつものZ漢方医院に行くと「風邪の次の段階にすすんでしまいましたね」ということで、「Y先生に怒られるけど…」とZ先生がいいながら、...

  3. スケートカナダ女子SPのネット記事を見て - 葉っぱのように

    スケートカナダ女子SPのネット記事を見て

    今日は朝から仕事で、一切放送を見ることなく、ついさっき帰宅して、とりあえずネット記事を見た。ミスがあったのは、メールをもらって知っていた。ああ、GPSデビューでそれは辛いな、と思っていた。それでもメディアは彼女を煽るのかな?そんなことしたら、アンチが増えるだけだし、何より彼女自身が辛いのではないか、それに、何と言ってもうまくいった選手を讃えるのが一番大切なんだし、そういう報道であってほしいと...

  4. 『浅田真央 Smile Forever 美しき氷上の妖精』 と菊池寛賞 「記録以上のものを人々の心に刻んだ」 - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    『浅田真央 Smile Forever 美しき氷上の妖...

     今日から 『浅田真央 Smile Forever 美しき氷上の妖精』を見始める。このDVD集は素晴らしい。12歳から現在までの浅田真央が、全部まとめてDVDの中にいる。ものすごく幼く愛らしい浅田真央と、苦難をくぐり抜けて大人になった浅田真央がいる。最初から見入ってしまい、見始めたら止まらないものだった。 浅田真央自ら厳選した演技をノーカットで年代を追って収録した映像集。12才で出場した2...

  5. マリア・ソツコワ(フィンランディア杯2017) タノジャンプを多用しても優雅さは健在 - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    マリア・ソツコワ(フィンランディア杯2017) タノジ...

      フィンランディア杯2017の女子シングルは、ロシアのマリア・ソツコワが優勝した。動画を見て、「はあ…」となんともいえない気持ちになった。ソツコワまでもが、タノジャンプを多用するようになったのだ。というか、やれば、ここまで簡単そうにできるんだ! フリーは、11個とんだジャンプのうち9個で片手をあげている。手をあげていないのは、3回転ループと連続ジャンプの中のシングルループだけだ。クロード・...

  6. 三原舞依(オータムクラシック2017)FS 「ガブリエルのオーボエ」天使の滑りをずっと見ていたい、小塚崇彦の女の子版のような清浄さ(荒川静香「ネッラ・ファンタジア」も) - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    三原舞依(オータムクラシック2017)FS 「ガブリエ...

     オータムクラシック2017女子シングルは、ケイトリン・オズモンドが優勝した。神戸の三原舞依は2位だった。フリーは、きれいだけれど、メリハリに欠けた印象もあるが、もっと集中して天使のように滑ったら、心が洗われるようなものになるのではないかな。平和を祈るこの曲は、今、上空をミサイルが飛ぶような不安に満ちた世界で行われるオリンピック会場で滑ることに意味があるのではとも思う。 「ガブリエルのオーボ...

  7. 浅田真央さん誕生日&お米のCM動画にほんわかする - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    浅田真央さん誕生日&お米のCM動画にほんわかする

     今日は浅田真央さんの誕生日だ。こんなふうに、ほんわかした気持ちで、真央さんの誕生日のことを思うのは初めてだ。現役を引退したので「これから試合!」だという緊張がないからだろう。そして、真央さんの前には、果てしなく明るい未来が広がっているようだから、うれしく、楽しみだ。 27歳、おめでとうございます! そして、今日は、このニュースが。お米のコマーシャルで、田んぼの畦道を自転車で走る浅田真央さん...

  8. エフゲニア・メドヴェジェワ(オンドレイネペラ杯2017)SP プログラム構成と完成度の圧倒的な勝利 9.82点の加点で80点越え - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    エフゲニア・メドヴェジェワ(オンドレイネペラ杯2017...

     エフゲニア・メドヴェジェワは今シーズンも最強だった。ショートプログラムは技術点42.92、構成点37.08で80.00という新記録を達成した。女子では初めての80点越えだ。4回転もトリプルアクセルも3回転ルッツもとんでいないのに、なぜだ??? 見てみると、加点が9・82あるので、これが4回転トーループでちょっと減点されたくらいな点数になっている。最大限の加点を引き出すプログラム構成と、完成...

  9. オンドレイネペラ杯2017 本郷理華SP「カルミナ・ブラーナ」今年こそは本領発揮を(トゥクタミシェワの「カルミナ・ブラーナ」も) - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    オンドレイネペラ杯2017 本郷理華SP「カルミナ・ブ...

      スロバキア・ブラスチラヴァではオンドレイネペラメモリアルが開催されている。昨シーズンはケガで思うように演技できなかった本郷理華が、久しぶりに本領を発揮した。ショートプログラムは、昨シーズンからの「カルミナ・ブラーナ」(作曲:カール・オルフ)、振付はシェイ=リーン・ボーン。0:33 3F-3T<1:38 3Lz 後半に入ってからのジャンプ1:53 ここからのステップシークエンスが圧巻 ジ...

  10. オータムクラシック2017女子SP ブノワ・リショー振り付けが新しい神戸の三原舞依「リベルタンゴ」&ピアフの巻き舌にしびれる最強プロで来るケイトリン・オズモンド「パリの空の下」 - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    オータムクラシック2017女子SP ブノワ・リショー振...

     カナダ・モントリールで開催されているオータムクラシックの三原舞依の演技動画を見ていたら、わくわくわくわくわく…としてきた! 「リベルタンゴ」(作曲:アストル・ピアソラ)、振付はブノワ・リショー。フリーレッグを後ろにちょっとはねる感じの動きがちりばめられていて、魅力的だ。  このプログラム、大好きだ!音楽がいいし、新鮮な振付がいいし、三原舞依の18歳らしい演じ方が大好きだ。すべてのエレメンツ...

  11. 浅田真央さんが公式インスタグラム開設&浅田真央展の写真、人が知らせてくれることのほうに感激! - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    浅田真央さんが公式インスタグラム開設&浅田真央展の写真...

     半時間前に別れたばかりの仲間からラインが来た。わたし、仕事で何か忘れていたことがあったか?!とあわてて見たら、「真央ちゃん、インスタグラムを始めたんだってね💐」 なんと…、意外な内容。「知らなかったよー🙌」と返すと、スマホのニュースで見たとのこと。仕事仲間よ、ありがとう。 さっそく見た。わあー、真央さんだー。これから、真央さんが自ら公開する写真を見られるんだ...

  12. USインターナショナルクラシック2017 本田真凜も優勝 「トゥーランドット」は荒川静香というよりはキム・ヨナ的な - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    USインターナショナルクラシック2017 本田真凜も優...

     樋口新葉や本田真凜だけでなく、他の女子のプログラムを見ていても、オリンピックが韓国でひらかれるためか、今シーズンのプログラムには、どこかキム・ヨナの存在が深く影を落としていることを感じる。女子選手であれば、キム・ヨナに憧れる気持ちはあるだろう。単純に、キム・ヨナは美しく、ノーミスで、人をひきつける演技を見せてきた。いろんなことがあり、性格がどうとか、採点が云々とか、技術がどうとか、いろいろ...

  13. ロンバルディア杯2017 女子フリー 後半ジャンプのザキトワ、爽快に爆走する樋口新葉、神々しいコストナー&コストナーの肩組みを拒否するミーシンがツボ - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    ロンバルディア杯2017 女子フリー 後半ジャンプのザ...

     ロンバルディア杯の女子はロシアのアリーナ・ザキトワが優勝した。フリーはバレエ音楽『ドン・キホーテ』(作曲:レオン・ミンスク)より、振付はエテリ・トゥトベリーゼ&ダニール・グレイヘンガウスではないかと。147.17点。タノジャンプを跳ぶたびに、鮮やかな赤の衣装とあいまって、目がくらみそうな美しさだが、滑りはまだ少しジュニアの雰囲気がある。 2:16のジャンプに入る前にするこのポーズは好きだ。...

  14. ロンバルディア杯2017 女子ショートは高得点合戦に 樋口新葉、コストナー、ザキトワ&演技後にミーシンコーチの肩を抱くコストナーがツボ - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    ロンバルディア杯2017 女子ショートは高得点合戦に ...

     ロンバルディア杯、女子ショートプログラムは予想を超える高得点が続出!…ってことはないのだろうか?この得点が普通だったかな??? 点数の感覚が麻痺しているが、ともかく、いい感じのスタートだ。 一位の樋口新葉は、74.26.ドン・キホーテより「ジプシーダンス」(作曲:レオン・ミンスク)、振付はマッシモ・スカリ。2:20あたりからの動きが目を引く。2:58あたりの新葉スピンは見ごたえあり。このス...

  15. 「美しき氷上の妖精 浅田真央展」 等身大パネルはリチュアルダンス 浅田舞さんがサプライズ来場 - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    「美しき氷上の妖精 浅田真央展」 等身大パネルはリチュ...

     今回の「美しき氷上の妖精 浅田真央展」にも、真央さんの等身大パネルはあるようだ。 来場者の写真撮影スポットだそうだ。これは…真央さんと同じポーズを練習しておかなくてはならない…うむむむむ… リチュアルダンスの黒と赤のもの、2体があるようだ。そして、オープニングセレモニーには、浅田舞さんが登場したそうだ! 登場の仕方がサプライズで、司会者が等身大パネルの前にかかっているカーテンのロープをひく...

  16. THE ICE 大阪2017 フィナーレも最高!全員が同じ振付で滑るというあたたかさ、ピンカートンもバートもぴったりなジェフリー・バトルにも驚く - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    THE ICE 大阪2017 フィナーレも最高!全員が...

     ザアイスで買ったキーホルダー。緑色しか残っていなかったが、スケート靴がなかなか素敵だ。 ザアイスのフィナーレも真央さんが滑ったプログラムのメドレーになっていたので、記録しておく。 まずは、鈴木羊子さんの「アイガットリズム」の、天才的なピアノ演奏。 次は、司会の人が「スケートではこんな可能性もあるということを見てほしい」というふうに紹介した黒竜江省雑技団の演技。 戦隊もののヒーローのような扮...

  17. THE ICE 2017 大阪公演 宮原知子さん - 葉っぱのように

    THE ICE 2017 大阪公演 宮原知子さん

    引き続き7/30のTHE ICEなんですけど…出演が発表された時から懸念していたことが現実になってしまいました。宮原知子選手、怪我による欠場…あああああああ〜今年の世界選手権を左股関節疲労骨折で棄権した知子ちゃん。股関節!?疲労骨折!?これ、ちょっとシリアスじゃない…?正直、棄権を申し出るタイミングには疑問を感じましたが、オリンピックを翌年に控え、とにかく身体が大切だよね!とも思いました。て...

  18. 神戸の坂本花織 斬新な「アメリ」 これも振付はブノワ・リショー - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    神戸の坂本花織 斬新な「アメリ」 これも振付はブノワ・...

      坂本花織の新フリープログラムは「アメリ」。振付はフランス人のブノワ・リショー。上の写真をみたところ、いかにも美意識が強そうな人だ。ブノワ・リショー関係の写真はどうしてモノクロが多いのだろうか。これも、何かのこだわりかもしれない。 坂本花織の新フリーは「アメリ」。これがブノワ・リショーの持ち味なんだろうか。魅力あふれるドリームオンアイスでの演技だ。 これも、新感覚で、目新しいし、不思議な感...

  19. 神戸の三原舞依 新鮮な「リベルタンゴ」 振付はフランス人のブノワ・リショー - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    神戸の三原舞依 新鮮な「リベルタンゴ」 振付はフランス...

     来年の五輪に出場するのは誰だろうか…というのが、もっぱらの関心事だが、どの人を見ても、個性があって、魅力的なので、難しいシーズンになりそうだ。写真は、右から、坂本花織、ブノワ・リショー、三原舞依。この写真からもわかるように、神戸の三原舞依と坂本花織は、フランスのブノワ・リショーの振付のプログラムを滑る。 三原舞依の新ショートプログラムは「リベルタンゴ」。振付はブノワ・リショー。ドリームオン...

  20. 浅田真央THE ICE2017 グランドフィナーレのダンスは「メリー・ポピンズ」「アイ・ガット・リズム」「ポル・ウナ・カベサ」「ピアノ協奏曲第2番」の名ポーズをまとめたもの - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    浅田真央THE ICE2017 グランドフィナーレのダ...

     とうとう、いよいよ、明日からTHE ICE2017が始まる。公演の最後に観客も一緒に踊るグランドフィナーレの、今年のダンスの動画が公開された。浅田舞さんによる今年のダンスは特別だ。 浅田真央さんのこれまでのプログラムの中から印象的な、大好きなものを組み合わせて、一つのダンスにまとめているのだ。まずはメリー・ポピンズ、そして、アイ・ガット・リズム、ポル・ウナ・カベサ、最後はピアノ協奏曲第2番...

1 - 20 / 総件数:20 件

似ているタグ