女子シングルのタグまとめ

女子シングル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには女子シングルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「女子シングル」タグの記事(75)

  1. 15歳の岩野桃亜スケート資金協力を求めるクラウドファンディング - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    15歳の岩野桃亜スケート資金協力を求めるクラウドファン...

    岩野桃亜がスケート資金協力を求めるクラウドファンディングをスタートさせた。募集のページには岩野桃亜のことが詳細に書かれていて、こんな道を歩んできた人なのかと、初めて知った。岩野選手の演技が、年齢とは不釣り合いなほどに情感が強いところとか、迫力があることとか、こんな背景があったのかと、驚いた。母親の仕事の関係で韓国で生まれて韓国で3歳のときにスケートを始め、7歳で日本に帰国して母親の地元である...

  2. 後輩・坂本花織や三原舞依を自慢する神戸の先輩たち&来シーズンの振付師 - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    後輩・坂本花織や三原舞依を自慢する神戸の先輩たち&来シ...

    2019年4月、神戸の坂本花織が、神戸のとある大学に入学した。「坂本花織が後輩になったよ…、俺」と職場の同僚が、なぜか、上から目線で言ってくる。わたしよりも、坂本花織に近い場所にいるような、言い方だ。あのすばらしい坂本花織を“後輩”と呼べるのがうらやましい。「俺、これからは、坂本を応援するわ!かっこいいしな~」とのことで、フィギュアスケートにさほど興味がなさそうな人がフィギュアスケートを見る...

  3. 国別対抗戦2019紀平梨花とトゥクタミシェワのトリプルアクセル! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    国別対抗戦2019紀平梨花とトゥクタミシェワのトリプル...

    ばたばたしながら見たのだが、国別対抗戦の女子シングルのショートでは、二人の女子が二人そろって、きれいにトリプルアクセルを降りた。そこはじっくりと見た。その事実にかなり感動した。紀平梨花のトリプルアクセルは飛距離もあって勢いもあってみごとだが、今回はトゥクタミシェワのトリプルアクセルの華やかさに見入った。トゥクタミシェワは最高のコンディションに見えた。サモドゥロワの手足の動きがトゥクタミシェワ...

  4. 浅田真央解説のソチ五輪フリー「ピアノ協奏曲第2番」(作曲:セルゲイ・ラフマニノフ)を見て、初めて見たように、また泣けた - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    浅田真央解説のソチ五輪フリー「ピアノ協奏曲第2番」(作...

    昨夜、テレビに浅田真央さんが出ていた。そこで、2014年ソチオリンピックの浅田真央さんのフリー「ピアノ協奏曲」を浅田真央さん自身が解説するという部分があった。ジャンプの順番も、着氷したときのしぐさも、ステップのとび上がる具合も、細部まで覚えていて、その記憶をたどるばかりなのだが、初めてみたかのように、涙があふれてきた。あのような緊張の中で、よくがんばったなあ。ジャンプを着氷するたびに、「でき...

  5. 世界選手権2019エリザベート・トゥルシンバエワが銀メダルに「ブエノスアイレスの秋」で4回転サルコウに成功、世界選手権女子で初めて! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    世界選手権2019エリザベート・トゥルシンバエワが銀メ...

    世界選手権2019女子シングルのフリーは、シビアな試合だった。坂本花織のフリップジャンプがシングルジャンプになったことが、残念で残念で残念でならない!!あんなにスケーティングが向上して、どこをとっても、シーズンはじめよりも目を見張るくらい洗練されてきていたのに、返す返すも、残念だ。一つのミスが命取りになると、坂本選手自身が後で言っていた。この悔しさをバネにして、来シーズンでは世界の頂点へと、...

  6. 世界選手権2019男女ショート多彩な選手構成百花繚乱の時代に突入か - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    世界選手権2019男女ショート多彩な選手構成百花繚乱の...

    世界選手権2019、男女のショートが終わった。思うことが多すぎて、何から書いたらいいのか…。女子はザギトワが強かった。技術に加えて、圧倒的な華がある。トゥルシンバエワもプログラムを思い通りに滑った。メドベジェワはミューシャジーのプログラムを情熱的に滑った。サモドゥロワもできることはした。デールマンも大型2連続ジャンプを見せてくれた!しかし、一番、力強くてきれいだったのは、坂本花織ではなかった...

  7. エリザベート・トゥルシンバエワエキシビションはデニス・テンへの追悼プログラム&SP「月光」も - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    エリザベート・トゥルシンバエワエキシビションはデニス・...

    ユニバーシアード2019で銀メダルだったエリザベート・トゥルシンバエワのエキシビションは、2018年7月19日に25歳で亡くなってしまったデニス・テンへの追悼プログラムだった。気持ちがこもっていて、改めてデニス・テンの不在を思い、心が痛んだ。まず、デニス・テンの名前をコールする録音された音声が流れ、デニス・テンのプログラムだった、「アーティスト」と「トスカ」が流れ、ララ・ファビアン「アダージ...

  8. ユニバーシアード冬季大会2019女子フリー「ガブリエルのオーボエ」で三原舞依が優勝&カメラマンにもブラボー! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    ユニバーシアード冬季大会2019女子フリー「ガブリエル...

    ユニバーシアード冬季大会、女子シングルは日本の三原舞依が優勝した。何度も見てきた「ガブリエルのオーボエ」もいよいよ見納めになるのか…と、寂しく感じていたが、画像が美しいくっきりとしたライストで見ることができた。しかも、ミスのない、素晴らしいフリーだった。三原舞依も素敵だし、コーチ陣も素敵だし、なんかなんか、この映像を撮影しているカメラの人も素晴らしいと思ったりする動画だ。 0:10小塚崇彦と...

  9. ユニバーシアード冬季大会2019三原舞依SPさらっとノーミスで滑りきった&スピン時のエッジのみのアップ画像が美麗なライスト - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    ユニバーシアード冬季大会2019三原舞依SPさらっとノ...

    今日も夜はパソコンのライストで、ユニバーシアード冬季大会を見る。今日も、画像が鮮明で、ジャンプしたときに氷の粒が舞い上がるところまで見える。vimeo livestreamというページだ。すごい。マリア・ソツコワの演技後には、スピンしているときにスケート靴のエッジが氷を削っている様子が、エッジが大きなアップで映し出された。ソツコワとは関係がない、だただたきれいな映像だった。その美しいこととい...

  10. 三原舞依の4大陸選手権3年分を振り返る「ガブリエルのオーボエ」「リベルタンゴ」「シンデレラ」 - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    三原舞依の4大陸選手権3年分を振り返る「ガブリエルのオ...

    三原舞依の演技が好きだ。滑るときのエッジと氷の接する具合が好きだし、とても丁寧に心をこめて手足を動かす様子が好きだし、ジャンプの踏切と着氷のなめらかさも好きだし、それらを総合して、三原選手が表現する世界観に満たされた思いが胸に広がる。優しい気持ちになる。例えば、わたしが12歳のフィギュアスケートを習っている女の子だったら(妄想です)、三原舞依が練習に来る時間に行って練習をずーっと見たいと思う...

  11. 4大陸選手権2019女子シングルエリザベート・ツルシンバエワが復活どころか、4回転サルコウをとび、認定される! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    4大陸選手権2019女子シングルエリザベート・ツルシン...

    4大陸選手権は毎年、とてもいい大会だと感じる。もしかしたら世界選手権よりもフィギュアスケートというものを味わうことができる大会かもしれない。今年もいい大会になっていると思う。女子シングルが終わった。紀平梨花はフリーで巻き返して優勝した。体ができているというのか、すべての動きがアスリートらしい統制がとれた確実な動きで、しかも美しい。トリプルアクセルも定着してきているようだ。坂本花織はショートが...

  12. 浅田真央魔法のエキシビション妖精の光の粉が映像化感激! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    浅田真央魔法のエキシビション妖精の光の粉が映像化感激!

    浅田真央さんの「魔法のエキシビション」が今日、1月31日の午後7時以降に公開された。2月1日から公開される映画『メリー・ポピンズリターンズ』のサイトで見ることができた。きれいだ!感激だ。浅田真央とディズニーのコラボレーションなのだが、まるでまるでまるで、真央さんがディズニー映画の中の人のように見えた。真央さんが滑るときに、体から妖精の粉のような、光の粒のようなものが流れ出てくる。その光が描く...

  13. 全米選手権2019アリサ・リュウFP13歳で全米優勝号泣するタイプ - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    全米選手権2019アリサ・リュウFP13歳で全米優勝号...

    トリプルアクセルをとぶ13歳の選手がアメリカに出てきた。アリサ・リュウだ。全米優勝は最年少記録になる。笑顔が愛らしく、かわいらしさの具合は、日本の山下真瑚と通じるものがある。かわいらしいのだが、ジャンプ構成が、トリプルアクセル2本にトリプルルッツの2連続ジャンプと3連続ジャンプと、とても高い。フリップにアテンションマークがついた以外は、ミスがなく、さらっとみごとに滑った。ジュニアの滑りではあ...

  14. カナダ選手権2019涙にくれるガブリエル・デールマンこれから良くなると応援する! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    カナダ選手権2019涙にくれるガブリエル・デールマンこ...

    カナダ選手権2019、女子シングルフリーが終わった。1位はアレーヌ・シャルトランだった。注目のガブリエル・デールマンは、ミスが続いてスピードも出ずに、5位に沈んだ。体力的なものか。得点が出たときに顔に手を当てて号泣した。もらい泣きしそうになった。観客席で立ち上がって応援していたお母さんが画面に映し出された。デールマン、大丈夫、これから良くなる、お母さんもがんばって、と自分のことのように感じな...

  15. もうすぐ全米選手権、カナダ選手権、欧州選手権が同時に! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    もうすぐ全米選手権、カナダ選手権、欧州選手権が同時に!

    お正月が終わり、この一ヶ月、わたしなりによく働いたので、疲れた。家族もそれぞれの生活を始め、わたしも自分の生活のリズムに。やっと、生活の雑事への意欲が沸いてきた。これから、怒濤のフィギュアスケートの後半シーズンが始まる。全米選手権、カナダ選手権、欧州選手権。3つの重要な大会がほぼ同時なのだ。どうする?!そして、4大陸選手権、世界選手権へ。全米はネイサン・チェンとジェイソン・ブラウンが楽しみだ...

  16. 浅田真央サンクスツアー ニュースでみるたび元気度が上がっている - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    浅田真央サンクスツアー ニュースでみるたび元気度が上が...

    昨年は、浅田真央さんのアイスショーに行けなかった。切れ切れだが、ニュースや動画を見るたびに、浅田真央さんの元気度が高まっていくのがすごい。バックステージの様子も、皆さん、真央さんも含めて男らしい!「がんばるよ!」といってリンクに出て行った真央さんは、3回転ループのあとに2回転ループを4回つけた(最後のループはタノ)5連続ジャンプをとぶ。ステップも楽しそうだ!!スケートが再び好きになったという...

  17. 全日本選手権2018細田采花がすごい自然でなめらかなトリプルアクセルを3本 - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    全日本選手権2018細田采花がすごい自然でなめらかなト...

    全日本選手権では、画期的なことがあった。これまで世界のトップ争いに加わっていなかった23歳の選手が一つの試合で3本のトリプルアクセルに成功した。関西大学に所属する細田采花だ。ショートで10位、フリーでは8位で、総合で8位と健闘した。昨年の全日本選手権で15位になり引退を決めていた細田采花は、今年2月、大学を卒業する前に行ったリンクで八学年年下の紀平梨花に誘われてトリプルアクセルを練習したとき...

  18. ロシア選手権2019とうとう来たか、ジュニア女子が表彰台独占 - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    ロシア選手権2019とうとう来たか、ジュニア女子が表彰台独占

    ロシア選手権女子は3月には2強だったザギトワが5位にメドヴェジェワが7位になり、それ以上はすべてジュニア女子によって占められた。一位は4回転ルッツができるアンナ・シェルバコワ、2位も4回転ルッツができるアレクサンドラ・トルソワ、3位のアリョーナ・コストルナヤは、4回転はしないが、表現が魅惑的に美しく、顔がとてつもなく美しい。以上は、全員、エテリ・トゥットベリーゼコーチのチームだ。4位のスタニ...

  19. ロシア選手権2019エフゲニア・メドヴェジェワSP演技のあと、拍手と声援が鳴り止まなかった - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    ロシア選手権2019エフゲニア・メドヴェジェワSP演技...

    全日本選手権の女子ショートプログラムをテレビで、ロシア選手権の女子ショートプログラムをパソコンのライストで、同時に見ることになってしまった。トルソワと樋口新葉の演技が同時だったあたりから、もう両方見るのは無理だとわかり、録画できる全日本はあとで見ることにして、ロシア選手権を見た。一番待っていたのは、最終滑走のエフゲニア・メドヴェジェワの新プログラム「トスカ」だ。ミューシャ・ジーの振付けだ。ジ...

  20. 紀平梨花グランプリファイナル優勝大騒ぎになっている!←「フィギュアスケートを文化に」(町田樹さんのあの…)と願う - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    紀平梨花グランプリファイナル優勝大騒ぎになっている!←...

    グランプリファイナルで優勝した紀平梨花選手が帰国した。テレビが大騒ぎをしているので、びっくりするわ!ということを書きたい。紀平梨花がトリプルアクセルをきめて、グランプリファイナルで初出場初優勝した。ショートプログラムでは世界最高得点を更新もした。最強だったロシアのオリンピック女王にも勝った。トリプルアクセルもかなり安定しているのがすごい。 とにかく本当にすごいし、うれしいし、期待するし、すご...

総件数:75 件

似ているタグ