女性ホルモンのタグまとめ

女性ホルモン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには女性ホルモンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「女性ホルモン」タグの記事(44)

  1. 放っておくと不妊症の恐れも!急増中の「PCOS」って? - Ekanpouyaku's Blog

    放っておくと不妊症の恐れも!急増中の「PCOS」って?

    生理がなかなか来ない、または不定期なんてことはありませんか。日々の生活に追われ、とりあえず放置している人は多いかもしれませんが、じつはホルモンの異常や排卵障害に原因があるケースも…。今回は、薬剤師である筆者が、生理不順や不妊の原因となる「多嚢胞性(たのうほうせい)卵巣症候群(PCOS)」について解説したいと思います。 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?...

  2. 生理前のツライ症状の原因と対処法 - Ekanpouyaku's Blog

    生理前のツライ症状の原因と対処法

    多くの女性が感じている、生理(月経)前のツライ症状。例えば、些細なことでイライラしたり、つい食べ過ぎたり…さらには、肌にブツブツや吹き出物など…。このように、生理(月経)前に現れるカラダやココロの不調を「PMS(月経前症候群)」と言いますが、月に一度やってくるこの症状に悩んでいる女性は多いと思います。今回は薬剤師である筆者が、このツライ症状の原因と対処法をご紹介します。 ...

  3. 不定愁訴は「フェリチン不足」がポイントだった!? - Ekanpouyaku's Blog

    不定愁訴は「フェリチン不足」がポイントだった!?

    最近、朝が弱くなったり、疲れやすいなどと病気とは言い難い不調を感じてはいないでしょうか。このような明らかな疾患が見られないのに、さまざまな自覚症状を訴える状態のことを「不定愁訴」といいます。さらに、そのような状態にもかかわらず、通院や受診をせずに放置している方も多いようです。今回は薬剤師である筆者が、不定愁訴の原因について解説したいと思います。 こんな人...

  4. “思秋期”の悩みには漢方薬を - Ekanpouyaku's Blog

    “思秋期”の悩みには漢方薬を

    年齢を重ねると、ホルモンバランスの乱れや老化現象に伴い、さまざまな不調を感じるようになってきます。その不調は人によって多種多様ですが、思うようにカラダが動かせなくなってしまったり、感情のコントロールができなくなってしまうことも…このように、カラダや精神に衰えが見られる時期を、思春期に相対する言葉として“思秋期”※と呼びます。(※心理学上の呼称)さて、何かと悩みを感じ始めるこのような時期ですが...

  5. 口が渇く、舌が痛い…その口腔トラブル、更年期のサインかも? - Ekanpouyaku's Blog

    口が渇く、舌が痛い…その口腔トラブル、更年期のサインかも?

    口腔トラブルと更年期最近ちょっと口が渇く、ちゃんと歯を磨いているのに口が臭い、歯ぐきが腫れてきた…。ミドルエイジの女性で、そんな症状が気になるようになったら、それはもしかしたら“更年期によるホルモンバランスの乱れ”が原因の口腔トラブルかもしれません。更年期とは、卵巣の働きが徐々に低下してきて、完全にその働きを止めるまでの期間。いわゆる閉経前後の期間を示...

  6. 女性のカラダを悩ます“排卵障害” の原因と対策 - Ekanpouyaku's Blog

    女性のカラダを悩ます“排卵障害” の原因と対策

    わずらわしいけど大事な機能思春期以降、更年期前の女性であれば、毎月必ずやってくるのが「月経(生理)」。体調も悪くなり、わずらわしさを感じる女性も少なくないと思いますが、カラダの健康状態を知らせてくれるバロメーターであり、また妊娠や出産のための大事な機能です。さて、この月経(生理)は月経周期によって生じるもので、その周期は月経(生理)後に始まる「卵胞期」...

  7. 不定愁訴は「フェリチン不足」がポイントだった!? - 元気堂

    不定愁訴は「フェリチン不足」がポイントだった!?

    最近、朝が弱くなったり、疲れやすいなどと病気とは言い難い不調を感じてはいないでしょうか。このような明らかな疾患が見られないのに、さまざまな自覚症状を訴える状態のことを「不定愁訴」といいます。さらに、そのような状態にもかかわらず、通院や受診をせずに放置している方も多いようです。今回は薬剤師である筆者が、不定愁訴の原因について解説したいと思います。 こんな人...

  8. 肌荒れ対策には「漢方薬」がオススメ! - 元気堂

    肌荒れ対策には「漢方薬」がオススメ!

    肌荒れするたびに皮膚科に行くと、いつも同じ抗生剤や塗り薬が…。治るまでに時間もかかるし、良くなったと思い薬をやめると、途端に再発…なんてことを繰り返す方はいらっしゃいませんか。今回は薬剤師である筆者が、肌荒れには「漢方薬」がオススメな理由をお伝えしたいと思います。 肌荒れに「漢方薬」がオススメな理由西洋医学では、肌荒れというと同じような系統の薬が処方され...

  9. “思秋期”の悩みには漢方薬を - 元気堂

    “思秋期”の悩みには漢方薬を

    年齢を重ねると、ホルモンバランスの乱れや老化現象に伴い、さまざまな不調を感じるようになってきます。その不調は人によって多種多様ですが、思うようにカラダが動かせなくなってしまったり、感情のコントロールができなくなってしまうことも…このように、カラダや精神に衰えが見られる時期を、思春期に相対する言葉として“思秋期”※と呼びます。(※心理学上の呼称)さて、何かと悩みを感じ始めるこのような時期ですが...

  10. ストレスによる月経不順には漢方薬も - 元気堂

    ストレスによる月経不順には漢方薬も

    ストレスを感じることで起こるカラダの不調──特に、女性の中では「生理(月経)」に関する悩みが多いのではないでしょうか。一般的に正常な生理(月経)周期は25〜38日とされていますが、その間に強いストレスを受けたり、生活リズムが崩れたりすると、周期の乱れを生じることがあります。とはいえ、生理(月経)周期の乱れはデリケートな悩みですので、早期に解決する必要があります。今回は薬剤師である筆者が、スト...

  11. ホルモンの異常は、数値化できないときから、症状として女性にはでます。 - HONDA MEDICAL

    ホルモンの異常は、数値化できないときから、症状として女...

    これはもう、すごく繊細な世界です。女性は、ホルモンが波打つようにして、生活しているわけですから…男性と同じように、朝起きて、毎日働くなんてことは、もう、奇跡そのものなんです。そこんところを、社会そのものが、気づくのが、何年先になるか…お気軽にお問い合わせください。連絡先honda_medical@☆icloud.com(☆を外してから送信してください)

  12. プラセンタ  サプリメント 更年期 - 彩色生活

    プラセンタ サプリメント 更年期

    女性の健康と美容にサプリメントで、内側から・・・。☞ 吸い付くような潤い☞ 触りたくなる弾力☞溢れるような輝き☞ 愛しさ増す柔らかさて、・・・漠然と、肌に自信がなくなってきたかなぁ・・・乾燥でカサカサ粉をふくことがある・・・お手入れ、頑張ってるのに化粧ノリがよくないかも・・・何だか顔色が暗くてクスミが気になる気がする・・・ハリがゆるんできたデコボコが目立つ様な・・・では、対策を・・・母の滴プ...

  13. 生理不順と女性ホルモンの関係 - 生理不順の原因

    生理不順と女性ホルモンの関係

    女性ホルモンのバランスが崩れることによって起きる生理不順。現代では疲労の蓄積、不規則な生活、加齢による生理変化など、さまざまな原因によって卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのバランスは崩れてしまうため、生理不順に悩んでいる方が増えています。生理の異常に気がつきながらも、放っておくと不妊症や自律神経失調症などに発展し、日常生活もままならなくなってしまいます。女性ホルモンの乱れは、長年の生活習慣が...

  14. 女性ホルモン - 女性ホルモン

    女性ホルモン

    女性ホルモンが少なくなると卵巣からのホルモン(エストロゲン)の分泌量が急激に減少すると、これを再び元のように分泌させようとして、性腺刺激ホッルモンが盛んに放出されます。1つのホルモンが欠乏する一方で、他のホルモンが増えるといったホルモンのアンバランスが自律神経中枢を乱し、自律神経の失調をきたし自律神経失調症となってしまいます。皮膚 エストロゲンは、皮膚に関わっている細胞をほとんど活性化します...

  15. 女性ホルモンと生理周期 - 女性ホルモン

    女性ホルモンと生理周期

    女性の体のサイクルは、女性ホルモンによって左右されています。エストロゲンとプロゲステロンというふたつの異なった働きをもつホルモン。このふたつは、いつも同じ量を分泌しているわけではありません。一定のリズムで増えたり減ったりします。実はこれが女性の生理の周期を決めているのです。生理の始まった日から次の生理が始まる前日まで月経周期といい、だいたい25日~38日で1サイクルになります。 このサイク...

  16. 二人目が妊娠できないのは女性ホルモンのせい? - 女性ホルモン

    二人目が妊娠できないのは女性ホルモンのせい?

    女性ホルモンのバランスが崩れると、妊娠しにくくなります。二人目を妊娠したいなら女性ホルモンを整えましょう二人目不妊のもっとも大きな原因と言われているのが「加齢」です。近年は女性の晩婚化に伴い、一人目の出産後、二人目を授かろうとした時にはすでに年齢が30代後半という場合も珍しくありません。ところが女性は35歳を過ぎると、女性ホルモン分泌が悪くなったり子宮機能や卵子の質が徐々に低下してくるため、...

  17. 基礎体温表で女性ホルモンの状態をチェック - 女性ホルモン

    基礎体温表で女性ホルモンの状態をチェック

    基礎体温とは、朝めがさめて、ベットから出る前に計る体温のことをいいます。この基礎体温を毎日計り、記録をつけていくのが基礎体温表です。基礎体温表は、女性ホルモンの状態を映し出す鏡のようなものです。きちんとつけていれば、生理周期や排卵日、女性ホルモンの状態といった、女性ならではの体の変化はもちろん、体の不調からストレスの度合いまでさまざまなことがわかるようにならいます。女性が自分自身の体調を知り...

  18. ダイエットと女性ホルモン - 女性ホルモン

    ダイエットと女性ホルモン

    ダイエットは間違った方法で行うと、女性ホルモンのバランスを乱す大きな原因になるので要注意。かえって美と健康を損なうことにならないよう、無理なダイエットが体に与える悪影響を知っておきましょう。急激なダイエットは無排卵を招<無理なダイエットで急激に体重を落とすと、月経がこなくなってしまうことがあります。これは「体重減少性無月経」といって、若い女性にとても増えています。食事制限をして摂取カロリーが...

  19. 妊娠したい母になるための体をつくる“ 聖母ホルモン”=プロゲステロン - 女性ホルモン

    妊娠したい母になるための体をつくる“ 聖母ホルモン”=...

    女性の体 を「母の体」 にするのが、プロゲステロン。 妊娠に備えて子宮内膜を厚く したり、 体温を上げたりと、 子宮内を受精卵にとって居心地よい状態に整える働きをしてい ます。 女性 は生理前になると、体が重く感じたり、お肌が荒れやすくなったり、体調がよく ないと 感じるもの。プロゲステロンはもちろん、エストロゲンも妊娠を維持するために上昇。その状態が出産まで続きます。しかし出産すると、その...

  20. 大切なのは二つのホルモンの“ 分泌バランス” - 女性ホルモン

    大切なのは二つのホルモンの“ 分泌バランス”

    美容に関する雑誌などで、一般的に「女性ホルモンアップでキレイになる!」 というような場合、その多く は“ 美女ホルモン”の働きをもつエストロゲンを指しています。“聖母ホルモン” の働きを持つプロゲステロンは、その陰に隠れてあまり注目されることがありません。「エストロゲンをたくさん分泌させたい!」 と思う気持ちもわかりますが、プロゲステロンの分泌も正しく行われなければ、生理はやってこないものエ...

総件数:44 件

似ているタグ