好きな音楽のタグまとめ

好きな音楽」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには好きな音楽に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「好きな音楽」タグの記事(46)

  1. 「聴く耳」が変わる - アスタリスク日記

    「聴く耳」が変わる

    ユーミンの「ひこうき雲」を最近耳にする機会があった時、ベースの音が浮き上がるように聴こえてきて、こんなふうにベースラインが流れていたんだ、と改めて聴き入りました。このアルバムのレコーディングメンバーはキャラメルママ(細野晴臣、松任谷正隆、鈴木茂、林立夫)だったのですから、細野さんのベースですね。もともと歌詞よりメロディーやアンサンブルで音楽を聴くほうではあるのですが、急にベースの音が飛び込ん...

  2. レコードたちよ - アスタリスク日記

    レコードたちよ

    日高に住んでいたころ、壁ができるほど持っていたレコード。もう14,5年前に断捨離ブームが来まして、よほどの思い入れがあるものやCD化されていないものをのぞいて処分。今手元に残っているのはこの2箱です。でも今こうして見てみると、所有しているだけになっているのがほとんど。本やレコードは存在自体が好きなので、部屋にあることでの安心感もあるのですが、そろそろ見直しが必要かもしれません。以前、お世話に...

  3. One More Time とソウルみやげ - おはけねこ 外国探訪

    One More Time とソウルみやげ

    うちに届いた「One More Time」のラインナップはこちら。来週は数年ぶりのウネコン。今月終わりにはスパショ!!!(一年で一番忙しい日々が終わった直後...どうなることやら...)久しぶりのSJを満喫したいとおもいます!こちらはパボ旅仲間からのソウルみやげ!真面目な顔してるのがなんとも面白い(シンドン先生のもあるんだから最高)。ヒニムのはこちら。美しいなぁ。ブログランキング・下のおはけ...

  4. 昼も夜も音楽三昧 - アスタリスク日記

    昼も夜も音楽三昧

    昨夜はついYouTubeでライブ映像をあれこれと観て回っていて少々寝不足。当時の売れ方や映画への出演から、ポップすぎる印象を勝手に持って敬遠していたWhitney Houston。あまりちゃんと聴いたことがなかったのを悔むくらい、ライブはすばらしかった。こうして聴くと、彼女のルーツはゴスペルなんだなぁと実感します。上手いというだけじゃなくて、感動しました。私よりも一つ年上。生きていれば55歳...

  5. TAEMIN Japan 1st TOUR -SIRIUS- - おはけねこ 外国探訪

    TAEMIN Japan 1st TOUR -SIRIUS-

    「TAEMIN Japan 1st TOUR -SIRIUS-」、パシフィコの2日目に行ってきました!武道館も、去年の横浜アリーナも行けなかったので、初のテミンソロ。言葉では表現できない、テミンにしか創れない世界(というか宇宙)で、2時間ずっと正気を失いました(笑)鳥肌が立って、息が詰まって、ため息を吐く。一曲一曲のたびに、その繰り返しでした。かと思いきや、MCになった途端、目が変わる。いつ...

  6. ソウルミュージックって? - アスタリスク日記

    ソウルミュージックって?

    今日お客さまから「ソウルミュージックってどういう音楽ですか?」と訊かれました。唐突ですが、どこかで私たちがソウルバンドをやっていたらしいという話を聞いて来られたのでしょう。実際20年近くソウルバンドをやっていたのですが、まったく説明できませんでした。「アメリカのブラックミュージック……黒人音楽です。え~とRBから派生しているというか……」のような有り様。お互いにあやふやなままこの話は終わりま...

  7. 写真整理中 - アスタリスク日記

    写真整理中

    古いアルバムから1枚1枚写真をはがしてみると、その写真の量とアルバム自体の重さに驚きます。同じような写真が何枚もあったりするので、断捨離気分で選別しますが、なかなかに面倒な作業。こういうときは写真に見入ってはいけませんね。できるだけ事務作業的に進めないと。定休日だけれど祭日でどこに行っても混んでいるから外出は控えよう、という今日のような日に音楽でも聴きながら少しずつ。全部終わったら達成感だろ...

  8. Nile Rodgersのギター - アスタリスク日記

    Nile Rodgersのギター

    カッティングギターと言ってすぐに名前が挙がるのは、レイ・パーカー・Jr.、アル・マッケイ(Earth, Wind Fire)、そしてナイル・ロジャース(あくまでわがやでは)。そのナイル・ロジャース率いるシックが25年振り(26年とも)の新作を出したということで、時々ラジオでかかっています。病気(がん)の治療をしていることなど聞いていたので、ナイル・ロジャースのギターが健在でとてもうれしい。...

  9. 秋の長雨 - アスタリスク日記

    秋の長雨

    9月は、実は6月よりも雨が多いのだとか。しとしととよく降ります。なぜか心の中でずっと佐野元春の「SOMEDAY」がリピート。大学生のころに何度か愛好会の打ち上げをした居酒屋さんで、閉店時間になると流れていたこともあり、その頃の空気と一緒になっている曲。街のノイズ(クラクションとか)から始まるイントロもとても印象的でした。懐古趣味は好きじゃないと言いながら、こういうお天気は人を感傷的にするので...

  10. 眠っていたCD - アスタリスク日記

    眠っていたCD

    2階のCD棚でずっと眠ったままだったこちらのアルバム。Giovanni Mirabassi(ジョヴァンニ・ミラバッシ)のピアノソロ「AVANTI!」。先日書いた澤野工房がおススメ作品として挙げている中にこのジャケットを見つけて、棚から発掘してみました。2001年の作品ですので、わがやのCD棚の中では新しいほうですが、いつ、なぜ買ったのか二人ともあまり覚えていません。なので、ほぼ初めて聴くよう...

  11. 「聴いて心地よかったらええやんか」 - アスタリスク日記

    「聴いて心地よかったらええやんか」

    ディスプレイ用のCDも衣替え。右から2番目の都会的な雰囲気が漂うジャケットは、澤野工房レーベルのアルバムです。澤野工房は大阪・新世界の履物屋さんのご主人が展開する小さなジャズレーベル。「自分が聴きたい作品をリリースする」をモットーに厳選されたジャズ作品を送り出し続けていらっしゃいます。いつも気になるレーベルではあったのですが、ザ・ジャズといったジャンルにはなかなか手を伸ばせずにいたところ、澤...

  12. 女王、星になる - アスタリスク日記

    女王、星になる

    Queen of Soul、アレサ・フランクリンの訃報。去年、事実上の引退宣言のようなことがあったので、その際にもアレサのこと書きましたな。朝のラジオでも言っていたのですが、政治的な発言はほとんどなかったにもかかわらず、ウーマンリブ(女性解放運動)の時代から、アレサの存在感や音楽での表現力そのものがその時代の、特に女性に力を与えてきたと言えるかもしれません。それほど偉大な、まさに「ソウルの女...

  13. 騙されて心躍った - アスタリスク日記

    騙されて心躍った

    ロバート・レッドフォードが次回作を最後に俳優業を引退するというニュース。私にとってはレッドフォード=スティング。1973年の公開時はまだ小学生でしたので、最初に観たのはテレビの洋画劇場での吹き替え版。ストーリーの中で観ている側も何度も騙されるにもかかわらず、観終わった後の爽快感と粋なかっこよさに感動して、名画座で上映されたときにまた観に行ったほど。世慣れた大人のゴンドルフ(ポール・ニューマン...

  14. 脳トレ♪ - アスタリスク日記

    脳トレ♪

    昨夜、本当に久しぶりにライブのDVDを観ようという気分になったので、以前繰り返し観たKool the gangのシカゴライブを鑑賞。バンドを辞めて以来こういったソウルライブの映像を観る気にならなかったので、少なくとも3年以上は手持ちのライブDVDを観ていなかったはず。いや、店を始めてからほとんど観ていなかったかも。音楽も映像も楽しいのはもちろんなんですが、バンドでコピーもしたし、あんなに好...

  15. SHINee Special Fan Event 2018 〜東京ドーム〜 - おはけねこ 外国探訪

    SHINee Special Fan Event 20...

    東京ドームでペンミ(しかもたった1日、1回っきり!)だなんて、ジェスチャーゲームなんかして面白いとこ全然見えなかったらどうしよう!!と思っていたけれど、やっぱりトークたくさんより、今回のペンミは、この内容が良かったんだろうなぁ。。。しゃうぉるによるしゃいにの曲人気投票、メンバーが選ぶ曲、新曲.... 計18曲も披露!!2時間半、メンバー、走り抜けました...!こちらも、終わって、いつものコン...

  16. 空耳じゃなかった♪ - アスタリスク日記

    空耳じゃなかった♪

    午前中の仕込み中、BGMはジョー・サンプルとレイラ・ハサウェイのアルバム(左)。仕込みがひと段落してお風呂に入ろうと、ちょうど「Street Life」の途中でCDを止めたところ、空耳のように曲の続きがずっと鳴っています。なんのことはない、1階で仕込み中の夫が聴いていた右のアルバムにも、同じ曲が入っていて、ちょうどそれがかかっているのが2階にうっすらと聞こえていたのでした。1階と2階でタイミ...

  17. マドロスこつぶ - アスタリスク日記

    マドロスこつぶ

    こつぶに夏向きのベッドを買ってみました。新しもの好きなのでさっそく。。。大きさ的にもなかなか落ち着くようです。マドロス柄のボートのような形。そしてマドロスと言えば、中山うりさんならではの名曲「マドロス横丁」!!3週間ほど前に放送された、細野晴臣「デイジー・ホリデー!」(インターFM)のゲストは、ミュージシャンで音楽プロデューサーのS-kenさんでした。デビューから2012年に独立するまでの間...

  18. 元気じゃないと聴けない - アスタリスク日記

    元気じゃないと聴けない

    マニアックな特集のギター・マガジンを買ってくる夫。ベンチャーズは夫にとっては小学生のころのアイドル的存在だったようです。私はまだ小さかったので、覚えているのは母方の叔父(7人兄弟の末っ子)が聴いていたこと。イントロに男の人の笑い声が入る曲を私がとても怖がるのを面白がって、よくかけていたのを思い出します。そして、ディスコブームだったころもまだ中学・高校でしたので、こちらは数年前まで参加していた...

  19. 音楽の効能 - アスタリスク日記

    音楽の効能

    一昨日の記事でご紹介したアルバムを、今日は一日中リピートしていたのですが、こういう雨の日にとても合うようです。だんだんと雨模様になって、外もどんよりしていて、気分的には下向きになりがち。そんなお天気の中、このアルバムの中低音の楽曲は、気持ちを心地よく落ち着かせてくれました。そう言えば、アメリカでのこと。若者が集まって騒いで困っていたある場所で、バリー・マニロウの「コパカバーナ」を流し続けたと...

  20. 溶けるような音楽 - アスタリスク日記

    溶けるような音楽

    山ほどのCDに囲まれていても、店でかけられる音楽となるとムズカシイ。そんな私たちが頼りにしている「雨と休日」からまたすてきな1枚が届きました。「部屋、音楽が溶けて」雨と休日の店主セレクトのコンピレーションです。このアルバムのコンセプトは「高音域をほとんど使用していない音楽」。人間の耳は特定の高音域を敏感に聴きとる性質を持っているそう。たとえば、サイレンやベルなどの注意を引くための音など。そん...

総件数:46 件

似ているタグ