妻夫木聡のタグまとめ

妻夫木聡」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには妻夫木聡に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「妻夫木聡」タグの記事(13)

  1. 映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」をアマゾンプライムで観ました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせる...

    引きこもっておりますので、どうしてもこういう生活になってしまいますね。映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」をアマゾンプライムで観ました。長年プライムをフォローしておりますと、本来観れていた映画がラインナップからはずれていたり、この映画のように、本来有料であったものが無料になったりと、いろいろ変遷します。不祥事を起こして干されている新井が出ているのもご愛嬌です。予告編...

  2. 昨夜から涼しい。 - ひびののひび

    昨夜から涼しい。

    7月26日(木)週末に向け台風接近のせいなのか?それにしても体が楽で本当に助かるとツクヅク思う。桜の衣装のトワルチェックが進む。今回の衣装はすごくシンプルだけど日本の着物の平面を意識しちょっとしたずらし加減でシルエットが変わり面白い。動きやすくそして動きで変化する。気に入ってもらえるかな?!

  3. 家族はつらいよ2 - ささやかだけれど役にたつこと

    家族はつらいよ2

    出演: 橋爪功 吉行和子 西村雅彦 夏川結衣 中嶋朋子監督: 山田洋次(「キネマ旬報社」データベースより)平田家の離婚騒動から数年。周造はマイカーでの気ままな外出がささやかな楽しみだった。しかし、家族は高齢者の危険運転を心配し、周造の運転免許返納を画策し始める。

  4. 怒り - ささやかだけれど役にたつこと

    怒り

    出演: 渡辺謙 森山未來 松山ケンイチ 綾野剛 広瀬すず監督: 李 相日原作:吉田修一(「怒り」中央公論新社刊)音楽:坂本龍一主題曲:「許し」坂本龍一 feat. 2CELLOS(「キネマ旬報社」データベースより)『悪人』の李相日監督が吉田修一の原作を映画化。ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。そして事件から1年後。千葉と東京と沖縄に、素性の...

  5. 衣装デザイン - ひびののひび

    衣装デザイン

    5月29日(火)やったー!桜の森の満開の下の27枚デザイン画を描き上げました。27枚って数字で書くとこれっぽっちって感じ。込めた想いは枚数以上ですが。今回は野田さんが以前の桜を壊すと宣言しているので私も衣装で新しい桜を魅せられたら良いな。写真は今年の春の桜です。

  6. 怒り - 紙ひこうき 日和(和風洋食屋紙ひこうき)

    怒り

    紙ひこうきのホームページができました。【お願い】紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。TEL055-277-988011月のお知らせは↓↓↓・人を信じることの難しさ。人を信じ切ってしまうむなしさ。人...

  7. 奥田民生なりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールをみてきた - 新丸子の不動産屋、 マンション管理士です

    奥田民生なりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールを...

    奥田民生なりたいボーイと男狂わせガール妻夫木聡と水原希子のラブコメディこんな長いタイトルなぜかと思ったらこれもコミックが原作のよう水原希子演ずるあかりに思い切り振り回せるそんな主人公を妻夫木が演じる振り回されたのは一人じゃなかった簡単以いうとそんな映画だ水原希子は特に好きなタイプの女優ではないが結構魅力的でちょっと興味がわく女優になりました妻夫木は尽くす男を一生懸命演じているなぜ奥田民生かは...

  8. 【奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール】 - 酒とシネマと不登校児な日々

    【奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール】

    【奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール】原作:渋谷直角監督・脚本:大根仁出演:妻夫木聡、水原希子、新井浩文、安藤サクラ、松尾スズキモテキTVver.が好きで、奥田民生が程ほど好きで、希子がエロ可愛いと思える人ラブコメをケタケタ笑って楽しみたい人には、超オススメだけど、モテキ映画ver.が好きで、奥田民生が大大大好きで、希子に魅力を感じない人、ラブコメに人生に有益な何かを求め...

  9. 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール - はっちのブログ【快適版】

    奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

    大根仁監督は単に水原希子と作品を取りたかっただけ?という映像満載。具体的にはフレンチ・キスのオンパレード。一つの作品でこれでもかというくらいのキスシーン。ベットシーンは少なくこれだけやられるともう作品自体云々とは言えなくなってしまいます。男達を翻弄する小悪魔的な感じの「あかり」を演じる水原希子さんって本当はどんな人なんだろうと思うほど入り込んでますね~さえないコーロギを妻夫木君がさすがの演技...

  10. 家族はつらいよ - ささやかだけれど役にたつこと

    家族はつらいよ

    出演: 橋爪功 吉行和子 西村雅彦 夏川結衣 中嶋朋子監督: 山田洋次(「キネマ旬報社」データベースより)山田洋次監督、橋爪功、吉行和子ら『東京家族』の豪華キャストが再集結したヒューマンコメディ。熟年離婚の危機に陥った平田家。突然の騒動に慌てて家族会議を開くが…。夫と妻の本音と家庭内のあるあるを痛快に描く。

  11. 【愚行録】 - 酒とシネマと不登校児な日々

    【愚行録】

    【愚行録】監督・編集:石川慶原作:貫井徳郎「愚行録」脚本:向井康介出演:妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美、市川由衣プロデユース:森昌行まず、石川慶監督が素晴らしい。本作が初長編との事だが、映像、編集、無音の使い方など、全てに力が入りすぎている点をさし引いても堂々たる長編デビュー。また、撮影監督に石川監督がポーランドの映画学校で同窓だったニエミイスキを起用した点も◎。現代はグリーンが...

  12. 本日の映画鑑賞(94)―マイ・バック・ページ― - 暇人吉之助清話-ワセスポ、昭和、世相、時事-

    本日の映画鑑賞(94)―マイ・バック・ページ―

    愚息が録画してあったのを鑑賞。学生運動華やかなりし頃、赤衛軍という正体不明の過激派グループによる朝霞駐屯地自衛官刺殺事件というのがあったんだけど、当時、朝日ジャーナルの記者で今や著名な評論家となっている川本三郎が、スクープ欲しさから、事件の主犯格に金銭を供与し、証拠品を預かったり、その証拠品を焼却したりと、さすがは朝日の伝統だみないな感じの実話をモチーフにしている。妻夫木聡さんが記者役。松山...

  13. 本日の映画鑑賞(43)-悪人- - 暇人吉之助清話-ワセスポ、昭和、世相、時事-

    本日の映画鑑賞(43)-悪人-

    今年の日本アカデミー賞最多5部門の最優秀賞を受賞した作品。特に主演男優賞(妻夫木聡)主演女優賞(深津絵里)のW受賞というだけに両者に注目して鑑賞。ガテン系の無口な青年、祐一(妻夫木聡)が出会い系で知り合った佳乃(満島ひかり)に邪険にされて逆上し、峠の山道で絞殺してしまう。そして、同じく出会い系で知り合った光代(深津絵里)と心が通い合い逃避行を始める。単純な話だが、主演両者はもとより、取り巻く...

総件数:13 件

似ているタグ