子連れ富士登山のタグまとめ

子連れ富士登山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには子連れ富士登山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「子連れ富士登山」タグの記事(87)

  1. 子連れ富士登山2018(5) 下山 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2018(5) 下山

    子連れ富士登山2018(5) 下山ここんとこ何年も、我が家の夏休みは菅平の合宿と富士登山ばかり^^;海外とか温泉とかBBQとか海水浴とか無縁の夏登ろうか少し迷っていたところに太田裕美さんのツイートとブログ↓を見て決心しました^^下山は地獄か拷問か罰ゲームなのか。つらい・・途中から雨が降り出し、雷も鳴り悪天候の中の下山道下山はほんと修行ですね。何度も心が折れそうになった。これからしばらく筋肉痛...

  2. 子連れ富士登山2018(4) 九号五勺~山頂~剣ヶ峰へ - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2018(4) 九号五勺~山頂~剣ヶ峰へ

    子連れ富士登山2018(4) 九号五勺~山頂~剣ヶ峰へさぁラストスパート、と言いたいところですがスパートなんてできません。牛歩みたいにゆっくりと。次男を追いかけるように登りました。登頂~3730m 13:00いやぁ。。。疲れた(^^;でも、この達成感は何事にも代えがたいですね。早速、山小屋へ駆け込む。赤いきつね 800円これを高いと思うか、安いと思うか私は山頂で温かいうどんをいただけるだけ有...

  3. 子連れ富士登山2018(3) 元祖7合目~九号五勺 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2018(3) 元祖7合目~九号五勺

    子連れ富士登山2018(3) 元祖7合目~九号五勺ここからが正念場。幸い天気もよく、暑いと感じるくらい。こんな道を登ってきました。このルートは緑も多く、蜂や蝶も見かけます。10年前に比べたら外国人が多いこと多いこと。7割は外国人だったのでは。しかも英語圏でない方が多い。話してる会話がわからん^^;中国、台湾、あと中近東の国の方らしく人も多かった。辛くなった振り返る。この景色に勇気づけられます...

  4. 子連れ富士登山2018(2) 五合目~元祖7合目 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2018(2) 五合目~元祖7合目

    子連れ富士登山2018(2) 五合目~元祖7合目日の出の時間はちょうど、水ヶ塚駐車場から五合目に向かうバスの中でした。だんだんと明るくなってきます。山頂近くは雲がありましたが、天気は良さそう。。2400m 5/13 5:23意外と湿度が高い。汗ばむ。6合目まではそれほど距離がないので、間もなく到着一つ一つが目標になるので、最初の山小屋が近いのは嬉しい。まず最初の通過点だが、まだ先は長い249...

  5. 子連れ富士登山2018(1) 富士宮ルート 子連れ富士登山最終章 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2018(1) 富士宮ルート 子連れ富士...

    今回で11度目の富士登山。2007年初めて挑戦した子連れ富士登山。そのときは富士宮ルートで、初心者ゆえの無謀なスケジュールにより、途中で下山。2008年須走ルートで山小屋1泊コースに初登頂に成功するも激しい雨と霧で登頂成功の余韻に浸る間もなく下山。2009年再び富士宮ルートで山小屋1泊コースで2度目の登頂に成功するも、またもや激しい雨と霧、そして凍えるような寒さとの戦いで登頂を楽しむ余裕は全...

  6. 子連れ富士登山本八合目の朝 - *日々の覚書

    子連れ富士登山本八合目の朝

    朝4:35ご来光。前夜はほとんど眠れませんでしたが、不思議とそんなに寝不足を感じません。夜は天の川が綺麗でした。オプションで頼んでみた山小屋の朝食。ご飯にレトルトパウチの牛の時雨煮が付いていました。AM6:00山頂目指していざしゅっぱーつ!続く

  7. 子連れ富士登山2016(5)  下山 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2016(5) 下山

    子連れ富士登山2016(4) 七合九勺目~山頂さて下山です。下山の辛さはよくわかってます(笑)下山がなければ、何度でも登りたいと息子たちとよく話します。3715m 8/13 15:24下山開始。下で待っている長男を追いかけます。月も見えました。途中から大砂走り脚に筋肉パンパンです(笑)どこまで続くの~と愚痴も言いたくなります。こんなに登ったっけ?と思うくらいに延々と続く道。霧も濃く視界が悪...

  8. 子連れ富士登山2016(4)  七合九勺目~山頂 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2016(4) 七合九勺目~山頂

    子連れ富士登山2016(3) 新六合目~七合九勺目七合九勺地点に到着3290m 8/13 11:42長男はかなり苦しそうな様子。私も相当へばってました。幸い天候はずっとよく、冷たい風も苦になりません。疲れと睡魔の戦いです。初心者で御殿場コースを選ぶ人はいないでしょう。登ってる方、みな経験者という感じがします。私より年配の方も颯爽と登って行く姿を見て、自分の体力のなさを痛感しました。呼吸の方...

  9. 子連れ富士登山2016(3)  新六合目~七合九勺目 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2016(3) 新六合目~七合九勺目

    子連れ富士登山2016(2) 新五合目~新六合目2590m 8/13 7:25新六合目に到着。山小屋はありますが休業中です。3人ともだんたんと体力消耗を感じてます。でもまだ先は長い3000m 8/13 9:34七合目を過ぎました。長男の疲労が思ったよりあり、ペースが落ちてきてます。次男を先に行かせることにしました。登っている間、特に苦しい時にふと振り返ると、雲海が様々な姿を見せてくれ癒して...

  10. 子連れ富士登山2016(2)  新五合目~新六合目 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2016(2) 新五合目~新六合目

    子連れ富士登山2016(1) 御殿場ルート日帰りにチャレンジ御殿場ルートの特徴は、他の3ルートに比べて登山開始場所がかなり低い位置にあるとこ。他のルートで言うと二合目くらいの1440m地点からスタートガイドブックによると10時間15分とあります(他のルートは6~7時間)。なので初心者にはオススメできません(とくに日帰りは)。3年前は山小屋に一泊しました。仮眠後、軽く食事をとり登山開始です。ま...

  11. 子連れ富士登山2016(1) 御殿場ルート日帰りにチャレンジ - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2016(1) 御殿場ルート日帰りにチャレンジ

    今回で10度目の富士登山。2007年初めて挑戦した子連れ富士登山。そのときは富士宮ルートで、初心者ゆえの無謀なスケジュールにより、途中で下山。2008年須走ルートで山小屋1泊コースに初登頂に成功するも激しい雨と霧で登頂成功の余韻に浸る間もなく下山。2009年再び富士宮ルートで山小屋1泊コースで2度目の登頂に成功するも、またもや激しい雨と霧、そして凍えるような寒さとの戦いで登頂を楽しむ余裕は全...

  12. 子連れ富士登山2015(5) 吉田ルート 山頂は気持ちいい - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2015(5) 吉田ルート 山頂は気持ちいい

    いやぁ~やっぱり登頂すると嬉しいね下山もきつかったなぁ。これでもか?ってくらい延々と続く。あれは何かの罰ゲームですか?(笑)下山がなかったら、また登りたいと言えるのだが。まぁ、これでなんとか9回目の富士登山で8年連続して登頂することができました。次男も小1から全ての登山道(4コース+プリンスコース)を既に制覇して今年はモチベーションが無かったところ、スクールのコーチとチームメイトと登れて楽し...

  13. 子連れ富士登山2015(4) 吉田ルート 登頂成功 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2015(4) 吉田ルート 登頂成功

    結局、登ってる間に次男と会うことは無かった(笑)先に山頂に着いてたよ(コーチのLINEで知った)こちらはペースを上げたくても、息が上がってなかなか進まない。八合目を過ぎた辺りから、10m進んで1分休憩するようなペースになった。いやぁ、きつかったなぁ13時頃になんとか次男から1時間半遅れで登頂!

  14. 子連れ富士登山2015(3) マイペースで登る - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2015(3) マイペースで登る

    いよいよ吉田ルートでの富士登山スタート8月1日の吉田口はシーズンで最も登山者が多い日。だけど、御岳山は箱根の噴火の影響かそれほど混んでるわけではない。タクシーの運転手さんもいつもの3割くらいしか登ってないと言っていた。温暖化のせいかなぁ・・五合目でこんなに蒸した感覚は初めてもう5年連続で登ってる次男は余裕な感じチームメイトやコーチも一緒だし、楽しく登れそう。私は左膝をかばいならが、スローペー...

  15.  子連れ富士登山2015(2) 五合目でご来光 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2015(2) 五合目でご来光

    五目に向かうタクシー少しづつ空も白けてきたこれから登る富士山がよく見える。月は満月この日はブルームーン(ひと月に2回満月がある月。正確には数時間前までがブルームーンだったのかな)タクシーの運転手さん曰く、今シーズンで一番に好天だとか。山の天気は変わりやすいので予断は許さないけど、幸先よいスタート五合目からすばらく歩くと、東の空が青白くなってだんだんと赤味を帯びてくる。雲一つなくきれいなご来光...

  16. 子連れ富士登山2015(1) 吉田ルート 今年は大勢で - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2015(1) 吉田ルート 今年は大勢で

    今回で9度目の富士登山。2007年初めて挑戦した子連れ富士登山。そのときは富士宮ルートで、初心者ゆえの無謀なスケジュールにより、途中で下山。2008年須走ルートで山小屋1泊コースに初登頂に成功するも激しい雨と霧で登頂成功の余韻に浸る間もなく下山。2009年再び富士宮ルートで山小屋1泊コースで2度目の登頂に成功するも、またもや激しい雨と霧、そして凍えるような寒さとの戦いで登頂を楽しむ余裕は全く...

  17. 知ってる?富士山のこんなこと - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    知ってる?富士山のこんなこと

    夏休みの自由研究なんか毎年のように富士山ネタな気が・・・模造紙もさらに大きくなりみんなと違う場所に貼られるから夏休みの宿題と思われないかも。「できれば、もう登りたくない」と正直に書いてます^^;

  18. 子連れ富士登山2014(6) 富士宮ルート 下山はプリンスコースへ - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2014(6) 富士宮ルート 下山はプリ...

    子連れ富士登山2014(5) 富士宮ルート お鉢巡り&剣ヶ峰山頂までは順調だったけど、終わってみれば8年間で最も過酷な登山となりました(長男曰く)歩いた距離と時間は一番長かったかも。順調の山頂までたどり着き、余裕をかましてお鉢巡りで体力を使い果たした状態で下山。もう主要4コースは体験済みなので、第5のコースと言われたプリンスコースへ。プリンスコースは、皇太子殿下が富士登山で初登頂されたときに...

  19. 子連れ富士登山2014(5) 富士宮ルート お鉢巡り&剣ヶ峰 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2014(5) 富士宮ルート お鉢巡り&剣ヶ峰

    子連れ富士登山2014(4) 富士宮ルート 九合目五勺~山頂順調に山頂までたどり着き、また息子たちの体力もありそうだったので、「お鉢巡りと剣ヶ峰のどっち行く?」と聞いてみたら「お鉢巡り」と。そう、ここで今回のテーマである『未体験への扉』が開かれるときです。山頂から剣ヶ峰(3776m地点)を登るあの坂道の辛さを知ってる二人は未体験の「お鉢巡り」を選択。その選択が間違っていたことに気付くのに時間...

  20. 子連れ富士登山2014(4) 富士宮ルート 九合目五勺~山頂 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    子連れ富士登山2014(4) 富士宮ルート 九合目五勺~山頂

    子連れ富士登山2014(3) 富士宮ルート 七合目~九合目五勺さぁ、山頂までもうすぐ。よくここまでがんばってきた。がんばろう。長男は何度も次男を励まし、時には手を引いて助けれくれた。富士山頂~ゴールです!!11:07am標高3730m天気はいいとは言えやっぱり寒い。気温は7℃くらい?さっそく温かいものが欲しくなり、赤いきつねをいただく。山頂価格ですが、こんなありがたいことはありません。山頂か...

総件数:87 件

似ているタグ