季節の記憶のタグまとめ

季節の記憶」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには季節の記憶に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「季節の記憶」タグの記事(11)

  1. 桃娘たちの笑顔 - そんなあなたにゴリムチュウ。

    桃娘たちの笑顔

    大雪と大風に見舞われた今年。3月に入り、徐々に春の陽気。東区の工場の煙突からあがる水蒸気は南風にゆれる。今日は桃の節句。二女の初節句でもある。昔馴染みのおばさんから自作の俳句絵が届く。義理の母も来新下さり、節句の準備をして下さった。兄と姉に囲まれて福々しい二女。お座りもできるようになって、えいえいと気合も入る。ん?今日は端午の節句だっけ?と言うほどに勇ましい。長女は自作の雛人形の紙細工をもっ...

  2. 冷え冷えとした世界 - そんなあなたにゴリムチュウ。

    冷え冷えとした世界

    断続的に雪が降る新潟。ここ一ヶ月ばかり、風景から雪が消えない。新潟市内に来てはじめてのことだ。今日も職場の構内で動けなくなる車あり。留意してハンドリングしなければ。我が家では電気ストーブたちが次々と壊れた。こういうものだ。昼休みに近くの量販店で手頃なものを仕入れた。氷点下続く新潟。留意の日が続く。

  3. 新年に江ノ島を経て。 - そんなあなたにゴリムチュウ。

    新年に江ノ島を経て。

    正月二日の江ノ島詣で。娘を抱え、早朝の眠れる筋肉を奮い立たせて急な石段を駆け上ると、境内はすでにひしめく人の群れ。老舗饅頭屋の旦那曰く、圏央道が茅ヶ崎まで延びたゆえ。参道の店もここ数年で様変わり。参拝後は富士と相模湾を眺めつつ、頂く海の幸に舌鼓。こうやって家族揃ってこの時を過ごせることに感謝。馬力を得て、知恵を振り絞り、今年は取り組まねばならないことが多い。まずは正月恒例のインプットに勤しむ。

  4. 今年も君たちのところにやってきた - そんなあなたにゴリムチュウ。

    今年も君たちのところにやってきた

    一昨日は長男の幼稚園の同級生家族が我が家にやってきて、にぎやかに過ごしたクリスマスイブ。二人は同じ日に生まれて、毎年誕生日をともに祝っているのだけれど、今年は互いに忙しくてクリスマスまで延びてしまった。とまれ両家6人の子どもたちは飽きることなく遊び続け、母二人も同様に語り続けていた。私は食器洗いなどに興じつつ、黒子に徹する。あくる朝、お子たちの枕元には北の聖人から贈り物あり。娘は寝ぼけ眼で彼...

  5. 娘晴れやかお子たち躍動。 - そんなあなたにゴリムチュウ。

    娘晴れやかお子たち躍動。

    先週の連休は次女の初宮参りのため、帰湘。晴れの特異日、文化の日。鶴岡八幡宮は日本晴れ。新潟にて十日町のおぼろしぼりの掛着をお借りし、華を添える。娘は満面の笑み。私達の前の一段はやたらと華やか。どうやらミス・インターナショナルご一行がご祈願をされていたらしい。当日はお食い初めも兼ねる。食べさせるふり、なのだがどうも娘はペロペロと味をみていたらしい。両家一同揃い、和やかな一日となる。翌日は長男、...

  6. 芸術から食欲の秋 - そんなあなたにゴリムチュウ。

    芸術から食欲の秋

    連休中は福島行脚していた私。南米音楽の祭典コスキンエンハポンをはじめ、福島の地域文化に触れる。子どもたちは新潟で絵筆をふるう。大人は手伝っていないというのに驚き。どうも多色クーピーが楽しくて、筆が走ったのだという。この後、彼らは美味しく海の幸を頂いたのである。

  7. 柿畑で成長して。 - そんなあなたにゴリムチュウ。

    柿畑で成長して。

    先週末。渡辺農園の柿の摘花に久々に家族そろって参加。かつてはおんぶされていたせがれも、今年から花摘の人足に。とはいえ長続きせず、足元に自生する蕗をつんでいたりする。あるいは妹とともに木登り。娘に至っては「あの子。ずっと木登りしてワイルドですね~」と言われる始末。昼は青々とした柿の葉の下で、持ちよりのランチ。これが至福のとき。食後はおじさんたちの背中を押して、上の畑へ。さらには仙人より、山菜の...

  8. 久々の水入らず - そんなあなたにゴリムチュウ。

    久々の水入らず

    無事に今年も誕生日を迎えることができました。先日、月の輝く夜に、新潟の友人たちにサプライズでお祝いして頂きました。こじんまりと各々の最近の関心事や取り組みを語らいながら、豊かな時間を過ごしました。GWには伴侶の家族が来新し、子どもたちの面倒をよく見てくれています。昨日今日は子どもたちを連れて、近くの温泉へ宿泊。何年ぶりか、夫婦水入らずの時間を過ごしました。静かすぎる家に戸惑いましたが、片付け...

  9. 春の舌鼓 - そんなあなたにゴリムチュウ。

    春の舌鼓

    山菜が出回る季節になりました。先日、同僚の肝っ玉母さんA女史からウドの美味しくて簡単な食べ方を教わりました。「ウドとジャガイモを鍋のなかに入れて煮立ててからサバ缶をどばっと入れます」それだけ。ジャガイモの出汁もでて優しい味となりました。子どもたちも抵抗なく食べれたようです。また女史からレシピを聞き出さなくては。

  10. 節分におどる。 - そんなあなたにゴリムチュウ。

    節分におどる。

    豆まきに興じるこどもたち。せがれはハイになって豆を放る放る。仕舞いには踊りだす始末。撒いた豆を回収して、子どもたちはぼりぼりとネズミのよう。今年は玄関に柊を掲げてみた。鰯の頭はさすがにささなかったけれど。立春の今日はいい陽気です。

  11. おだやかな祝日。 - そんなあなたにゴリムチュウ。

    おだやかな祝日。

    今日は伴侶の誕生日。始業式で早めに帰ってきたむすめとプレゼントを買いに。駅の花屋はこぶりながら品揃えがいい。そこまでてくてくと。花はむすめに選ばせる。あれとこれとそれとあれと。次々に選び抜く。その間にワタシは隣りの輸入食品店で伴侶の好きな紅茶を買う。プレゼント選びで昼をとっていなかったので、帰りにふたりで喜多方ラーメンをすする。食後に学校帰りのせがれと会う。皆で帰宅して誕生祝いをプレゼント。...

総件数:11 件

似ているタグ