孤独のタグまとめ

孤独」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには孤独に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「孤独」タグの記事(253)

  1. STRAY DOG - 高山ケンタ「日々の珈琲」

    STRAY DOG

    いつかは辿り着けるかね・・・script data-ad-client="ca-pub-9128737881608869" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

  2. 2020/12/7  相鉄JR直通線乗りつぶしリベンジ - 孤独な底辺五十路男の赤裸々人生

    2020/12/7 相鉄JR直通線乗りつぶしリベンジ

    行程>名古屋7:59→(208Aのぞみ208号)→9:16新横浜9:27→(850K)→9:40横浜9:58…→(相鉄特急)…→10:04西谷10:22…→(相鉄JR直通線140M)→10:43武蔵小杉11:07→(4521Y)→11:19横浜12:02→(3527E快速アクティー)→13:11熱海13:33→(439M)→14:46静岡15:02→(797M)→16:15浜松16:20→(...

  3. 窮屈なんだ - ののち幾星霜

    窮屈なんだ

    この3月に自粛生活が始まった。外出好きでないし、引き篭もり上等よ〜って受け止めてきたのですが…だんだん… えも言われぬ感覚が… 積もってきたような。。そう、窮屈(きゅうくつ) って言葉がピタッとくる。好きな時間帯にヒョイと出かけることも、会いたい人にも直に会えない。束縛されてます。不要不急…この閉じ込められたような窮屈感と閉塞感、それは孤独感に繋がってくる。これが大きな問題なのかもしれない。...

  4. 人は一人で生きられるが何かを完成したい時、自己グループ又はチームが無ければ何も完成する事は出来無い - 安定した仕事と収入

    人は一人で生きられるが何かを完成したい時、自己グループ...

    ★人は一人で生きられるが何かを完成したい時、自己グループ又はチームが無ければ何も完成する事は出来無い。『人は一人で生きられるが』一人で生きていて人生が豊かになる事は決してありません。生活はできても寂しく虚しい人生です。人は家族、友達、同僚、関わる人達から人格を形成していくからです。産まれてから親の加護を受ける事なく育てばどうなるか想像がつくと思います。人は人から学び影響します。自分は常に人に...

  5. 母親の最後が近くなった - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    母親の最後が近くなった

    老人ホームの看護師から電話連絡が入った。今朝からゼリー食はおろか唾さえ嚥下できなくなっているそうだ。数回の吸引をしたとも言っていた。酸素・体温その他のバイタルは正常なので経過観察を徹底してもらうようにした。平常時なら面会に行くのだが、ロビー以外は入れないし、防護服を着て入室するのは本当の看取り時だ。だから別段することはないのだが、緊急対応するために遠出ができなくなった。東京の昼行燈な弟にメー...

  6. 孤独を支えてくれたモノ、彼女は栞 - 続マシュービ日記

    孤独を支えてくれたモノ、彼女は栞

    新聞の書評を読んでるとある人が出ていた。木琴奏者で京都人、この人が静岡にいたころ孤独を支えてくれていた。とまで言うと大袈裟だし本は手に取ったくらいしかなく、同じようにもう一人女性ライダーも心に残っている。これまでも何度となく繰り返し書いてきてる話だけど、一人暮らしのころ本が孤独を支えてくれていた。朝潮橋のときも富士宮のときも、本屋で手に取ったシーンとゆうのがなぜか鮮明でひどく孤独を印象付けて...

  7. 続、83歳で家を建てた母今思う事 - 楽しく元気に暮らします

    続、83歳で家を建てた母今思う事

    裏の畑に建てたので大きな木は無かったけれど、コンクリートの道で我が家と結びました。ソックリ!たとえ、余命が少なくても家を建てて良かったと思います母の一生を見続けてきて、自分ならどうする?といつも問い続けてきました。私達が結婚して、それぞれのパートナーが出来てからは母だけが相手がいない一人の状態になりました父が生きていれば、子供ばかりに意識が行かず、子供が巣立った寂しさも半減していたことでしょ...

  8. 本を読む - 団塊の世代の世間話

    本を読む

    ごく当たり前のタイトルをつけてしまったが、このところずっと本を読んでいなかった。私は両目とも白内障を患い、しかも糖尿病性の網膜剥離もやって、目がよく見えない時期が長かった。目が見えにくいから、外出する時は必ず音楽プレーヤーを持って歩き、音楽を聴いていた。あとで考えると、電車の中の中刷りなどにも目が行かず、よくまあ、不便を辛抱していたものである。年初に網膜剥離をやって、1ヵ月ぐらい片目が不自由...

  9. 東京から帰省した弟と母親の面会に行った - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    東京から帰省した弟と母親の面会に行った

    遠路はるばる車で神戸に戻ってきた。通常は15分がリミットだがそんな短い時間では記憶を呼び戻す事が出来ない。スタッフを威嚇して母親が飽きるまで面会を延長させた。こういう時の交渉はお手のものだ。しかし今日は母親の調子が悪く、しっかりと記憶を呼び戻す事が出来なかった。せめて弟を認知できれば良かったのだが、、、、。状況が思いのほか悪くなっている事を理解した弟は意気消沈してしまった。多分、次の面会は免...

  10. 人生の目的を果たすと寂しくなくなる? - 仏教フリーク

    人生の目的を果たすと寂しくなくなる?

    お金があるとかないとか、頭がよいとか悪いとか、家族がいるとかいないとか、友達がいるとかいないかとか、恋人がいるとかいないとかに関わらず。いなければいないで、いればいたで、人間やっぱり誰にも分かってもらえない秘密の蔵を抱えて、どうせみんな一人ぼっちなんだよと強がりは言うものの、それでもやっぱり自分のことを分かってもらいたくて認めてもらいたくて生きている。だけどこれが叶わずいつまで経っても独りぼ...

  11. つながっていたいけれど、深入りしたくない - 仏教フリーク

    つながっていたいけれど、深入りしたくない

    だれもがうれしい、楽しい、大好き、HAPPYな人生にしたい。人生の成功者になりたい。成功の秘訣を考えてみよう。つながっていたいけれど、深入りしたくない。最近の傾向。メルトモ。サイバー空間だけの付き合い。しかも変そうしている。みんな何かを頼りにしている。あてにしている。居場所がほしい。相手にされたい。つながっていたい。愛情に飢えている。愛飢男。もし誰もわかってくれない、愛情をそそいでくれないと...

  12. わくわくする三題噺「首里の馬」(高山羽根子) - 梟通信~ホンの戯言

    わくわくする三題噺「首里の馬」(高山羽根子)

    エアコンも20年経過、夜中に切れたりするから目が覚めてしまう、一時半だ。枕もとの温度計は30度近い、暑くても頭以外はきちんとタオルケットをかけていないと眠れないから、なおさら暑いのだ。去年までは扇風機をソフトで二時間くらいのタイマーで寝ていたのに、今年はいちどエアコンを使ったらもうだらしがなくなってしまった。心身ともにぐっすり眠ることと無縁になっている。このマンションを建てた建築士(マンショ...

  13. 寂しがりのキミへ‼️ - 富士のふもとの農業日誌

    寂しがりのキミへ‼️

    右へ行っても同じ。左へ行っても同じ。まっすぐいっても変わらない。。どこまでも交わらない。。寂しくないの?そこから何が見える?畑へまっすぐ続く道。。ちょっとだけペース落すよ。カーロリゾートhttps://caro-foresta.com/index.php

  14. 主著の『教行信証』の内容を実践された親鸞聖人 - 仏教フリーク

    主著の『教行信証』の内容を実践された親鸞聖人

    親鸞聖人の主著『教行信証』に書かれている内容は、三重廃立です。阿弥陀仏に救われるためには、三重廃立は、三つのものを捨てよ、三つのものを立てよ、信ぜよということが教えられています。非常にハッキリした教えですが、それを実践されたために、捨てよといわれたものを信じていた人たちから、非難攻撃を受けられることになりました。それでも、親鸞聖人の潔癖さ、非妥協制は老成円熟されても一向にかわらなかった。こと...

  15. 傷の舐め合い - 孤独な底辺五十路男の赤裸々人生

    傷の舐め合い

    自分はブログを書き始めたのが今から3年8カ月ほど前の2016年9月。今までの人生を隠すことなく真実を赤裸々に晒し続けてきた。もう9年ほど前から読んでいた同じような境遇のとある中年男性のブログがある。数年前まではこまめにコメントで交流もしていた。彼のブログにタイトルも書体も似せて自分もブログを書き始めた。赤裸々に生きてきた人生を晒し続けた。秘密にしておくべきエピソードまでも真実をこれでもかと自...

  16. 2020天皇賞(春) - 孤独な底辺五十路男の赤裸々人生

    2020天皇賞(春)

    例によって無観客G1が続く。いくら馬券購入なし、TV観戦であってもファンのいない空虚なスタンドにファンファーレが鳴り響く、拍手喝采大歓声も一切無くシーンと静寂している。そんな中で馬だけが走っている…慣れてしまったとはいえ、あまりにも違和感ありすぎ。実に不気味。例えば、春の天皇賞だと2週目の坂の下りで有力馬が仕掛けて勝負をかけるとスタンドの観客が大歓声を上げる。淀のスタンドが地響きを立てるよう...

  17. いよいよもって、コロナ疲れだ - 人生振り返ってのつれづれ思考

    いよいよもって、コロナ疲れだ

    テレビニュースではコロナばかり。まだいい薬は、見つかってきているのか、微妙だ。人と、ウイルスを移し合わないということが、これほど難しいこととは知らなかった。人と、距離を置けばいいだけなのに、それがこんなにも難しいとは思わなかった。人って、やはり人間関係の中で生きていて、一人では生きていけないということを意味しているのだろう。みんなが孤独の中で生きていくことを求められているが、それもうっすらと...

  18. バツイチ女について考察 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    バツイチ女について考察

    砂布巾が知り合ったバツイチ女には以下の欠陥があった。①いつも周囲の愚痴ばかり言っていって相対的に自分の正義を誇示している・これは私のバンド仲間の奥さんの例だ。仲間は愛想をつかして若い献身的な女性と再婚した。捨てられたバツイチ女はなんと私の職場にいた。寂しがり屋でやたら飲み会を自主企画して人を集めていた。参加したらバツイチ女の一人舞台で、とにかく自分の持ち場の仕事の愚痴ばかりだった。一見、建設...

  19. 中年童貞 - 孤独な底辺五十路男の赤裸々人生

    中年童貞

    今から6年ほど前に発売されたノンフィクションライター中村淳彦氏著「ルポ中年童貞」 これは衝撃的な内容だった。というか自分自身にも当てはまるというか、自分の同類とも言える人生負け組の30代、40代の独身、恋愛経験、女性経験ゼロの中年童貞たちが次々と登場するのである。特に最初に出てくる当時30代前半の秋葉原のオタクシェアハウスに住むアニメオタクの男の人と也は自分と酷似しているので読んで重ね合...

  20. 今日… - 孤独な底辺五十路男の赤裸々人生

    今日…

    自分の母親が75歳の誕生日を迎えた。父親は来月81歳だ。今日は昨日からの下痢で仕事を休んで朝から病院へ行った。幸いコロナウィルス感染ではなかったのでひと安心。昨年7月にも同じ下痢の症状。軽い胃腸炎らしい。薬をもらってすぐに帰宅。ちょうど母親が車で杖姿の父親を近所の病院に連れていくところだった。自分は、両親も歳食ったなぁ…という衝撃を受けた。いつも家の中に居るときは感じないが?自分は発達障害の...

総件数:253 件

似ているタグ