宇宙のタグまとめ

宇宙」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには宇宙に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「宇宙」タグの記事(180)

  1. 星の文学館 銀河も彗星も - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    星の文学館 銀河も彗星も

    本屋で偶然見つけて、面白そうと買った本です。星の文学館 銀河も彗星も和田博文:編集/筑摩書房、ちくま文庫/2018星、天文、宇宙に関する文学作品35編を集めたアンソロジーです。宮澤賢治「よだかの星」、谷川俊太郎「二十億光年の孤独」といった有名作品から、川端康成、三島由紀夫、江戸川乱歩、茨木のり子、大江健三郎など著名作家の星・天文に関する作品。山口誓子、稲垣足穂、小松左京といった宇宙・天文を得...

  2. 釈迦の夜空と自分の夜空 - 禅者の世界観

    釈迦の夜空と自分の夜空

    ●要点●この世にもあの世にも、実は自分しかいない。自分の中身は空っぽで、宇宙の隅々までが自分の中にある。妄想やイメージすらそうで、それは自分の頭の中にある自分だけのもの。つまり外にはない。ところが、そのイメージや妄想は言語とかで他人と共有できるから、あたかも外の世界に実在しているように錯覚することができるという仕組みなんだ。全世界はAyaさんなんや!想像じゃダメで、Ayaさんが、宇宙の果てだ...

  3. 火星。 - 宮沢祐史のexciteブログ。

    火星。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000018-kyodonews-soci

  4. 読書感想『サピエンス全史』『ホモ・デウス』(2) - 禅者の世界観

    読書感想『サピエンス全史』『ホモ・デウス』(2)

    ●要点●『サピエンス全史』読み始めたけど、いきなりおもろそうやな。脳の使い方の話でもある。なんかわかってきたよ。頭のいい、気が狂った奴から見れば、禅者は忌々しいに違いない。禅は全くの別世界。夢を見ている発狂者達に、それは夢だよと教えるだけやな、禅は。で、一つ違和感があるのは、禅のせいかな。色んな事言ってみても、この身には宇宙の始まりからの情報があること。つまり、この身のままで、太古の世界だっ...

  5. 路傍の石は、宇宙大 - 禅者の世界観

    路傍の石は、宇宙大

    ●要点●この空(くう)の身が全宇宙の自己。この体が空であることが前提や。空だから全宇宙と同体なんやな。先ずは、自己が空で、自分はいないことを悟らんといかん。まあ、死ぬのと同じことだよね。個体で生きていると思っていたのが、実は個体ではなかったと悟るのだから、バラバラになるのと同じ。全てのものが宇宙サイズなんや。個体という妄想で自己を小さくしている。そういう意味では、縮んだ人間より、路傍の石の方...

  6. エネルギー細胞体21    物質と重力と空間1宇宙の真理の理解にはコペルニクス以来の発想の転換が必要 - 素粒子から宇宙の構造までを司る公理の発見とその検証

    エネルギー細胞体21 物質と重力と空間1宇宙の真...

    エネルギー体理論を理解するには、発想の転換がどうしても必要です。それも、少しくらいの転換ではないのです。これができるのは、ごく限られた人になるでしょう。ブログ記事を全て読んでくださった方の中には、自力で発想の転換を成し遂げられた方がいるかもしれません。とても困難なことなので、次の記事に移る前に再度強調しておきたいと思いました。

  7. 人間とは別次元の世界 - 禅者の世界観

    人間とは別次元の世界

    ●要点●結局、人間とは別次元の世界があるという事なんよ。その世界は、我々人間の住んでいるところでもあるんだけど、あまりにも根本的過ぎて、頭脳の働きのような機能では見えないのね。全身全霊で感じている世界が、その世界。そして、その世界の特徴は、即今で一つ。まさに「一円相」の世界。二つとない。この大銀河といえども一つ。そしてそれはここにある。自分自身がその真っただ中。、、というより、それ自身。天上...

  8. 天上天下唯我独尊/身心脱落のコツ - 禅者の世界観

    天上天下唯我独尊/身心脱落のコツ

    ●要点●天上天下唯我独尊。他には何もないという事が、凡夫にはわからんのや。近すぎて見えないのさ。つまり、自我を中心に考えをめぐらすから複数の現実があるように見えている。無我であれば、即今の一、これがすべてとわかる。他には何もない。それがわかると、アホになる。超天然バカになる。かつ自由。太陽が目であってもいいし、自分の目であってもいいし、60億人の目であってもいい。なぜなら、全宇宙は一つの事実...

  9. 存在の本質と道/坐る力に勝るものはない - 禅者の世界観

    存在の本質と道/坐る力に勝るものはない

    ●要点●目の前の事実は瞬間で消えてなくなるけど、知識に置き換わったら、残り続けているように思ってしまう。これは誤解、錯覚や。目の前の事実、これが、なぜか映画のスクリーンみたいに見える。その球面スクリーンの中の出来事は、全部自分自身で、しかもその出来事の全ては縁によって起こってきている。つまり、縁という名の協調体制が自分自身で、そのまま全宇宙。この協調体制の縁には、自分や他人がない。なんで自我...

  10. 輪からメタンの雨探査機最後のデータで判明 - エキサイトパイプ風呂具

    輪からメタンの雨探査機最後のデータで判明

    輪からメタンの雨探査機最後のデータで判明毎日新聞2018年10月5日 11時22分(最終更新 10月5日 11時22分)速報探査機カッシーニが2017年9月、土星の大気に突入する2日前に撮影した土星(NASA提供・共同)昨年9月、土星の大気に突入し燃え尽きた無人探査機「カッシーニ」の最後の5カ月間の観測データを基に、この大気には土星の輪からメタンやアンモニアなどの成分が雨のように降り注いでい...

  11. 人付き合いは難しい…?生きにくい…? ~宇宙さんの“良い仕事”。~ - スピリチュアルカウンセリング &  ヒーリング 《”こころ”が輝くまで》

    人付き合いは難しい…?生きにくい…? ~宇宙さんの“良...

    人付き合いは難しい。人とのお付き合いって難しいな…。人と接するのが苦手だな…。この世界で生きていると、そんなふうに思うこともありますねぇ。冷たい言葉を受け取ってしまったり、心無い噂を聞いたり、騙されたりすることもあります。誰かから受け取った何気ない言葉が自分の心に刺さって抜けなくなってしまうこともあります。そんなとき、人が嫌いになってしまったり、自分を責めたり、人間不振になってしまうこともあ...

  12. ビジネスピープルと英語前澤社長の英語スピーチをどう評価?――多文化都市ロンドンから見ると・・・ - 小林恭子の英国メディア・ウオッチ

    ビジネスピープルと英語前澤社長の英語スピーチをどう評価...

    日本人が、宇宙旅行の初めての個人客になる!この驚きのニュースが発表されたのは、つい最近のことである。日本のファッション通販大手「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営する「スタートトゥデイ」社の前澤友作社長が、電気自動車大手の米テスラ創業者イーロン・マスク氏が手掛ける宇宙ベンチャー「スペースX」と月旅行の契約を結んだという。スペースXの月旅行にZOZOの前沢氏2023年計画日経新聞筆者は、こ...

  13. スペースX ~ 近づく距離とかけ離れる距離感 - HCC コミュニティ ひろば

    スペースX ~ 近づく距離とかけ離れる距離感

    「私は私のために私として生きる」「自分の人生は自分と共にある」・・・・・私たちは誰かと競うために生れて来たわけじゃない。私たちは誰かに評価されるために生きているわけじゃない。・・・・・確かに…そう…なのだが・・・・・。なぜだか誰かの眼が気になる。何処からか誰かの声が聴こえてくる。得体の知れない「何か」に振り回される。地べたに足を付け、地上に生きる人間は、憧れを持って空を見上げる。果てしなく拡...

  14. 木星のブラウンバージ - エキサイトパイプ風呂具

    木星のブラウンバージ

    【9月17日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は16日、無人探査機「ジュノー(Juno)」が15回目の木星へのフライバイ(接近通過)時に撮影した、木星の南赤道縞にある「ブラウンバージ」と呼ばれる茶色い楕円(だえん)形の模様を彩色強調した画像を公開した。米東部夏時間(EDT)9月6日午後9時26分(日本時間7日午前10時26分)、南緯約22度、雲頂から1万1950キロの高度から撮影した。ブラウ...

  15. 普遍なるもの・・・ - 彼方からの深音

    普遍なるもの・・・

    【宇宙☆源からのメッセージ】普遍なるもの 行うべきことを行うのみただ在るということこころ揺れる必要はなし*****************************人の欲、我(が)。。。この数ヶ月は特に、「闇」を見せつけられているかのようだった欲が悪いわけではない我を出すことが悪いわけではないでも、人道に外れた言動をあまりにも身近に目にして、悲しくなったただ、「個であること」を生きる(自分を...

  16. 録画していたSF映画「インターステラー」を観たが… - mohariza12メモ

    録画していたSF映画「インターステラー」を観たが…

    ほぼ4日掛け、寝室へ移動した古いテレビで過去に録画していた『インターステラー』(原題: Interstellar)<2014年米国映画、監督:クリストファー・ノーラン>を3回観た。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%BC)久しぶ...

  17. ★SORA(宇宙)は我が眼の中にあり★ - 月夜飛行船

    ★SORA(宇宙)は我が眼の中にあり★

    SORA(宇宙)は我が眼の中にあり 吐息とともに語るらん 真に吾等が存在の 神なる奇跡と美しさ

  18. 体から学ぶ坐禅 - 禅者の世界観

    体から学ぶ坐禅

    ●要点●今日の話、ポイントは、体から学ぶ坐禅。知識主導でするんではなくてね、体から教えてもらう。坐禅をする際には、体が主体的にする坐禅をするのがよい。体が坐禅を自主的にするとき、体は最適な位置を瞬間にして理解する。どんな外部の物差しを使わなくても、結跏趺坐、半跏趺坐、法界定印を組めば、体はどの形が理想的な形かをたちどころに計算できる。この、体が自主的にその答えをはじき出すというところ、ここが...

  19. 今日は半月木星も - ちょこっとした理科の小道具

    今日は半月木星も

    何年ぶりだろう天体望遠鏡を引っ張り出して月と木星の観察木星とその衛星も撮影した電源が入らず赤道儀が動かない状態で何とか撮影火星も観察したが撮影できず使用カメラはiPhone5sこれが素人の限界

  20. 映画ペンギン・ハイウェイ - 三國屋太郎のひとりごと

    映画ペンギン・ハイウェイ

    夏はアニメ(?)と、言うことでも無いですが、森見登美彦のSF小説をアニメーション映画化した、「ペンギン・ハイウェイ」をみてきました。小学生が主人公ですが、セリフが理屈っぽいので、その点が合わない人もいるかも。でも、映像が綺麗でファンタジーとして見れば良いのかと思います。一言で言うと、ペンギンは可愛い。難しく考えず、映画を見て涼むのもあり。勿論、色々なテーマが織り込まれていますので、それを感じ...

総件数:180 件

似ているタグ