教育・学問ジャンル×安倍晋三のタグまとめ

安倍晋三」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには安倍晋三に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「安倍晋三」タグの記事(1682)

  1. これ以上、部落差別発言を放置していてはいけない。 - 御言葉をください2

    これ以上、部落差別発言を放置していてはいけない。

    ネットで匿名の記事が氾濫するようになって、差別発言が野放しになっているが、元フジアナの長谷川豊氏の差別発言が問題になっている。YAH00!ニュース元フジアナの長谷川豊氏が差別発言参院擁立予定の維新は処分検討5/22(水)18:19配信毎日新聞今度の参院比例代表で日本維新の会公認で立候補する予定の元フジテレビアナウンサー、長谷川豊氏(43)が被差別部落への差別を助長する発言をしたとして、部落解...

  2. 「大義は一日あれば作る」という発言は国民をバカにしたもの - 御言葉をください2

    「大義は一日あれば作る」という発言は国民をバカにしたもの

    二階氏の発言は、国民を愚弄しきったものである。二階さん、わたしたちをバカにしてはいけない。400億円使うのに大義がいらないというのか。冗談も休み休みに言うべし。何も考えない無責任な国民ばかりではないぞ!

  3. 大義もないのに400億円使って選挙をするのは、政治の私物化以外のなにもものでもない。 - 御言葉をください2

    大義もないのに400億円使って選挙をするのは、政治の私...

    政治が腐っている。首相の解散権とやらは歯止めが必要である。あまりに首相のわがまま勝手にされている。もう少し、まっすぐに政治をしないで、ごまかしゴマカシで進めるのは、国民をバカにした話で、バカされた国民がへらへらしているようでは、日本の政治は三流と言われても仕方があるまい。

  4. イエス・キリストにお会いする日に向かって前進 - 御言葉をください2

    イエス・キリストにお会いする日に向かって前進

    今まで、イエス・キリストが再臨される日を心理的に避けていたようなところが私にはあったが、これからは積極的にキリストが来られる日に向かって前進しよう。そのつもりで仕事をし、生活をしようと思う。私は決して、キリストの裁きの座の前に、自信をもって立つことができるような人間ではない。それに、母のことがあった。母がイエス・キリストを信じるようになることを望んで、それまでキリストが来られる時が来ないよう...

  5. ニッポン放送は、日本維新の会はひそかに戦争について話していると思わせるような話を垂れ流している。 - 御言葉をください2

    ニッポン放送は、日本維新の会はひそかに戦争について話し...

    産経新聞系列の「ニッポン放送」は、「飯田浩司のOK!Cozy up!」の放送内容を今日、5月19日付7:21配信のYAHOO!ニュースで以下のように報じられている。まず、全文を引用し、わたしのコメントを書き記そう。わたしは、このような内容のことをニッポン放送が垂れ流したことに驚いている。これは、ニッポン放送そのものが、日本が戦争することを肯定していることを示しているのではないか。こんなことを...

  6. 内閣支持の理由、不支持の理由(時事通信社) - 御言葉をください2

    内閣支持の理由、不支持の理由(時事通信社)

    時事通信が5月10~13日に実施した5月の世論調査の結果が、ネットで流されている。これを少し丁寧に読んで分析してみると、安倍政権の支持率は、2013年から2019年まで、ある程度、はっきりと漸減している。最初60%を越える支持率があったが、最新の調査では、44.7%。16%ぐらい減っている。支持率が一番下がったのが、2017年、2年前で、30%を下るのではないか、と言われたことがあった。これ...

  7. 維新の会に投票している人たちは、ここらでよく考えるべきである。 - 御言葉をください2

    維新の会に投票している人たちは、ここらでよく考えるべき...

    丸山穂高参議院議員の「戦争をしかけるべきだ」という発言を知り、怒る以上にあきれた。しかし、これが「維新の会」の人たちの考えていることの最先端なのだろう、というのが私の判断である。「自存自衛の戦争は、国際法に背いてはいない」ということであるが、日本では「自存自衛」の名のもとに先の侵略戦争をしたことを思えば、国際法に表向きのっとっていたらいいという話でもない。丸山議員は、維新の会は除名されたけれ...

  8. 「同調圧力」の最も力あるものは、「象徴天皇制」である。 - 御言葉をください2

    「同調圧力」の最も力あるものは、「象徴天皇制」である。

    誰が「天皇」になるにせよ、制度上の「天皇制」が、日本で生活する人たちに、同調圧力として働くことは確かである。ダグラス・マッカーサーは、それを「100万人の軍隊に匹敵する」と表現した。それは、今も変わらないだろう。

  9. 日本の保守の世界的特殊性 - 御言葉をください2

    日本の保守の世界的特殊性

    日本の右翼、あるいは保守の世界的に特殊な傾向があって、それは、明治維新以来の「天皇制」を多かれ少なかれ肯定している、という点にある。そう書けば、日本人の多くはそうではないか、日本国憲法にも書いてあるし、と返事がかえってくるだろう。象徴天皇制でも天皇制に否定的で、共和制がいい、という日本人はきわめて稀で、そういう人たちは、変人扱いをされるのを覚悟しなければならない。私は、結局、日本社会で、「保...

  10. 「国民」主権とは、民主主義ということである。 - 御言葉をください2

    「国民」主権とは、民主主義ということである。

    アメリカ人の占領者たちは、日本人には民主主義は根付いていない。これからも、民主主義より、天皇崇拝をとるだろう、と思って、日本国憲法に天皇制を残した。象徴天皇制という形の天皇制を。一方、もっとも先進的な憲法研究会でも、「象徴天皇制」を認める考えだった。日本に民主主義が根付く日がいつ来るのか、と思ってしまう。戦後75年たって、日本人は、民主主義から遠い。「立憲民主党」という名前の政党が新しくつく...

  11. 松岡洋右は、クリスチャンだった。 - 御言葉をください2

    松岡洋右は、クリスチャンだった。

    「天皇の代替わり」を迎えるということで、私は、再び、「天皇の戦争責任と教会の戦争責任」ということを問題意識の中心に置いて、「教会と天皇制」の問題を考え始めた。そのために、実際の歴史を学ばなければならないと思い、日本国憲法の成立過程の探求を始めた。そして、それに引き続いて、「極東国際軍事裁判」について知らなければならないと思い、学び始めた。まだ初歩的な学びなのであるが、いろいろ新しいことを知る...

  12. 正直に生きよう。誠実な言葉を語ろう。 - 御言葉をください2

    正直に生きよう。誠実な言葉を語ろう。

    わたしは、「正直すぎる」と言われることがある。しかし、「正直」過ぎることがあり得るだろうか。誰も「正直」に達し得ないのである。ただイエス・キリストだけが正直な方である。(釈尊や孔子のことはここで考えていない。主に、わたしとキリストのことを考えている。) 普通、人は愛されたいと思って、自分を飾る。言葉でも。行いでも。着るものなどでも。それは、ある意味で自然なことである。しかし、ひとは愛をひとか...

  13. 安倍政権の崩壊の予兆はある。 - 御言葉をください2

    安倍政権の崩壊の予兆はある。

    卑劣でもなんでもいい、選挙に勝てばいいというので、安倍政権は生き延びてきた。しかし、補選の結果を見ると、自民党には分裂の兆しがあるし、選挙も負け始めた。それは、まだまだ綻びほどのもので、まだ持ち直すこともできる程度のものにしか見えないといえば見えないが、このまま進んで安倍政権倒壊にいたることもあり得るだろう。一日も早く、安倍政権が倒れ、貧しい人や虐げられた人たちにやさしい政治をする人たちがリ...

  14. 沖縄だけ民主主義が機能しているようである。 - 御言葉をください2

    沖縄だけ民主主義が機能しているようである。

    屋良さんの勝利を祝福したい。日本全体で民主主義が死滅しかけているのだが、沖縄だけが希望である。にほんブログ村人気ブログランキング

  15. 絞首刑になったただ一人の文民、広田弘毅(ひろたこうき) - 御言葉をください2

    絞首刑になったただ一人の文民、広田弘毅(ひろたこうき)

    ここのところ、極東国際軍事裁判に目を向けているのであるが、今朝思っていたことは、この軍事裁判によって、いわば「大日本帝国」が裁かれたのであって、特に、軍人たちが裁かれた、ということである。言うまでもなく、「天皇」も「国民」も、この裁判で裁かれなかった。主に軍人が裁かれたのである。しかし、軍人だけが、「デス・バイ・ハンキング」つまり、絞首刑にされたのだろうか、という疑問が湧いた。7人、絞首刑に...

  16. 雁屋哲の今日もまた(2019-04-15  奇怪なこと) - 御言葉をください2

    雁屋哲の今日もまた(2019-04-15 奇怪なこと)

    雁屋哲さんの「美味しんぼ」という漫画、わたしも読んだことがあるが、この人、福島で取材した時、鼻血が出たということを書いたことで、「風評被害だ」ということでパッシングを受けた。わたしは、この時、その漫画の号を読みたいと思って、本屋に行ったが、もう手に入らなかった。風評被害と言われているが、鼻血の話は、わたしも、信頼できる人から聞いていた。今、雁屋哲さんが、そのことについて御自分のブログに書いて...

  17. 私は文在寅大統領の働きに感謝している。 - 御言葉をください2

    私は文在寅大統領の働きに感謝している。

    テレビ番組「ひるおび」を見ていると、トランプ大統領に文大統領は2分間しか会えなかった、といって、文大統領をバカにしたような発言が多いので、悲しくなってしまった。私は、文大統領の働きがあったからこそ、北朝鮮とアメリカの戦争が避けられ、日本もその戦争に巻き込まれないですんだと思って、彼に感謝している。聞いていると、トランプ大統領は文大統領が言いなりにならないのでいらだっているように見えるし、金正...

  18. 敗戦後、戦場で兵隊として、人を殺して帰って来た日本人はどれだけいたのだろう。 - 御言葉をください2

    敗戦後、戦場で兵隊として、人を殺して帰って来た日本人は...

    最近、今まで思ってもいなかったことを思うようになった。極東国際軍事裁判のことを学び始めたせいもあろう。わたしの父親は、軍隊には入ったが、戦場に行かずにすんだ。しかし、わたしの知っている牧師の父親は、敗戦後、戦地から帰って来たが、夜、うなされていたという。また、ある教会の信徒は、死ぬ間際になって、戦場で人を殺したことの苦しみを口に出して、死んだということを、わたしは知っている。また、長崎の市民...

  19. 38年前に購入した、朝日新聞東京裁判記者団著『東京裁判』を読み始める。 - 御言葉をください2

    38年前に購入した、朝日新聞東京裁判記者団著『東京裁判...

    講談社刊で上下二巻。読みたいと思って購入したのだが、なかなか読む時間をとることができなくて、気づいたら38年もたっていた。やっと読む時がきたと思う。70歳を越えて、こういう作業をするのは、大変だし、苦痛であり、不快でもあるのだが、なんとか読み通さなければらない。苦痛であり、不快であるというのは、過去の軍国主義の時代の中に遡って行くのは、決して、喜ばしいものではないからである。しかし、日本の過...

  20. NHK山テレビ局、さまざまなマスコミがみこころにかなった報道をするようになるように。 - 御言葉をください2

    NHK山テレビ局、さまざまなマスコミがみこころにかなっ...

    たとえば、このように祈ることもよいのではないか。

総件数:1682 件

似ているタグ