安倍晋三のタグまとめ

安倍晋三」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには安倍晋三に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「安倍晋三」タグの記事(3534)

  1. NHK・従軍慰安婦番組改ざん事件は終わっていない - インタレスト・オブ・ジャスティス〜正義をめぐる旅の記録〜

    NHK・従軍慰安婦番組改ざん事件は終わっていない

    「自主自律の観点でNHKに問題」BPO検証委が意見従軍慰安婦問題を民間人が裁く民衆法廷を取り上げたNHK番組の改変問題で、NHKと民放でつくる第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・川端和治弁護士)は10日、NHKが放送前に政治家に番組内容を説明した点などに「NHKの自主、自律の観点から問題があった」とする意見を出すことを決めた。意見書は今月中に出す予定。...

  2. 安倍晋三著『美しい国へ』 - あるiBook G4ユーザによるブログ

    安倍晋三著『美しい国へ』

    「公的個人認証サービス」がMac OSに対応 美しい国へ (文春新書)安倍 晋三 / 文藝春秋読みたかった本がツタヤで¥105だったので購入。率直ストレートなわかり易い文章で、全7章構成。人権、安全保障などの他、担保という言葉が結構出ていることなど、印象的でした。日本は内外の歪みや格差等満たされないでいる諸問題がまだ実に多い、と云うこと(発刊当時首相就任直後?の安倍元首相のお考え)の表れかな...

  3. 贈る言葉 - スミヤキスト通信ブログ版

    贈る言葉

    多くのブログが政権を放り出した安倍晋三について批判を述べている。入院先の慶応病院で自殺を図ったというニュースがいろいろな所で取り上げられているが、ほとんど何の情報もなく入院期間が延長されているのをみると、まんざら虚報ではないのだろう。なににしても、「無能で危険」という奇妙な特質をもったこの人物(アメリカにも約一名いるが)の、妙に取り繕った顔を見なくてすむというのは精神衛生上はありがたい。マス...

  4. 安倍晋三、自らの「幻影」に破れる - インタレスト・オブ・ジャスティス〜正義をめぐる旅の記録〜

    安倍晋三、自らの「幻影」に破れる

    安倍は「闘っている」という言葉に酔っているものの、実際には闘っていないのである。(キ文康隆「経済報道解読ノート72・国民を味方にできなかった安倍の躓き」Foresight2007年9月号・新潮社)※「キ」は、漢字「七」を漢字「森」状に配した字

  5. 安倍晋三改造内閣 - あるiBook G4ユーザによるブログ

    安倍晋三改造内閣

    「公的個人認証サービス」がMac OSに対応安倍改造内閣 - Wikipedia総務大臣、内閣府特命担当大臣(地方分権改革担当)、【郵政民営化、道州制、地方・都市格差是正担当】:増田寛也 - Wikipedia厚生労働大臣:ますぞえ要一公式サイト「ニュース・評論」へTB.

  6. 「パール判決書」はなぜ捻じ曲げられたのか - インタレスト・オブ・ジャスティス〜正義をめぐる旅の記録〜

    「パール判決書」はなぜ捻じ曲げられたのか

    ラーダービノード・パールA級戦犯を裁いた東京裁判(極東国際軍事裁判)において、被告人全員の無罪を主張したインド人判事。9人の判事が構成した多数意見に対し、個別意見(一般にはパール判決書と呼ばれる)において、東京裁判が依拠した「平和に対する罪」「人道に対する罪」が事後法であるとしたうえで、訴因とされた被告人全員の共同謀議が成立しないと主張した。しかし、彼がなぜこのような結論に至ったのか、正確に...

  7. 保守の再構築、リベラリズム、そして参院選のあとに来るもの(前編) - インタレスト・オブ・ジャスティス〜正義をめぐる旅の記録〜

    保守の再構築、リベラリズム、そして参院選のあとに来るも...

    今回の記事では、mixiコミュニティ「民主社会主義/社民主義の現代」での議論も踏まえて、二つのキーワードから参院選の総括を行いたい。1、保守の再構築参院選の後も、安倍晋三は「惨敗の責任は私にある」としつつ、「基本路線については多くの国民のみなさまに理解していただいている」と強弁している。「基本路線」とは憲法改正に象徴される「戦後保守主義の再構築」「戦後レジームからの脱却」「美しい国」といった...

  8. 赤城農相辞任について一言 - インタレスト・オブ・ジャスティス〜正義をめぐる旅の記録〜

    赤城農相辞任について一言

    別に彼が辞めるべきかどーかなんでどーでもいいです。問題なのは、こんな状態の安倍政権で「農相やりたーい♪」って、手を挙げる人がいるのか!?というギモン。赤城の後任に要注目ですね!

  9. 安倍晋三、心の驕りに敗れる - インタレスト・オブ・ジャスティス〜正義をめぐる旅の記録〜

    安倍晋三、心の驕りに敗れる

    ※8/1一部加筆修正しました。驕りという言葉を辞書で引くと、「いい気になること。思い上がり。」という意味が出てくる。この言葉をストレートに当てはまりそうな人物は、まずは亀井静香のような典型的なフィクサータイプ、利権型政治家であり、安倍晋三のように、一見クリーンなタイプを思い浮かべる方は、そうは多くないのではないかと想像する。だが、今回の選挙で安倍晋三が敗北した理由は、まさにこの「驕り」による...

  10. 参院選:安倍政権の何を糾すべきなのか(3) - インタレスト・オブ・ジャスティス〜正義をめぐる旅の記録〜

    参院選:安倍政権の何を糾すべきなのか(3)

    さて、これまでみてきたように、極端な反対者を「仮想的」とし、稚拙な論理で反駁するものの、自身が打ち出す「改革」政策はどれもピント外れ。これが、この1年で安倍政権がやってきたことである。その最たる例が、「親学」提言の一件であろう。◇「親学」提言のポイント(1)子守歌を聞かせ、母乳で育児(2)授乳中はテレビをつけない。5歳から子どもにテレビ、ビデオを長時間見せない(3)早寝早起き朝ごはんの励行(...

  11. 参院選:安倍政権の何を糾すべきなのか(2) - インタレスト・オブ・ジャスティス〜正義をめぐる旅の記録〜

    参院選:安倍政権の何を糾すべきなのか(2)

    第二に、安倍政権が引き継いだ小泉構造改革路線は「新自由主義」ですらない、マガイモノの「改革」だという危機感だ。これは、「NHKドラマ「ハゲタカ」補論(2)・法の下の巨大な不平等」に関連して指摘しておきたかったのだが、小泉政権後のいわゆる「構造改革」は、田中政権後の経済の均衡拡大路線=財政バラマキ路線の歪んだ焼き直しにすぎないのではないだろうか。例えば、小泉政権で成し遂げられた(と思われている...

  12. 参院選:安倍政権の何を糾すべきなのか(1) - インタレスト・オブ・ジャスティス〜正義をめぐる旅の記録〜

    参院選:安倍政権の何を糾すべきなのか(1)

    北海道大学公共政策大学院准教授の中島岳史は、専門のヒンドゥー・ナショナリズム研究だけではなく、現在の日本社会にも鋭い問題提起を投げかけている。彼のブログ「コールタールの地平の上で」では、7月1日の記事「参議院選挙の争点」の中で、以下の2つをしっかり問うべきだと述べている。1、イラク戦争の総括2、格差問題と新自由主義政策の是非「表層的で薄っぺらなことばを連呼する政治家に、憲法改正の発議が確実な...

  13. 法律を変えても「愛国心」なんか育たない - インタレスト・オブ・ジャスティス〜正義をめぐる旅の記録〜

    法律を変えても「愛国心」なんか育たない

    傍目からは異常なまでの執着心にみえたが、ついに教育基本法の改悪が強行されてしまった。憲法や人権を守る大きな砦の一つが陥落したとみることもできるし、リベラル・革新陣営は怒りの声を上げている。しかし、圧倒的な実力差を考えると、いずれは覚悟すべき事態だったともいえる。とはいえ、教育基本法を改悪したところで、当面は大きな変化を心配しなくてもいいのではないかと考えている。というのも、保守の思惑どおりに...

  14. 安倍晋三の発言にかいま見える「公平を装った無知」(By foresight1974) - インタレスト・オブ・ジャスティス〜正義をめぐる旅の記録〜

    安倍晋三の発言にかいま見える「公平を装った無知」(By...

    それはとても奇妙な光景に思えた。それは私自身は生放送ではなく、後で流れたビデオで確認したときだが、安倍晋三がいささかまくしたてるような口調で、「番組がひどい内容になっていると側聞していたので、NHKだから公平公正にちゃんとやって下さいねと言いました。」と語ったときだった。通常、一般市民ならオンエアまで知りえない内容を「側聞」とはいえ事前に知っていて、しかも「ひどい内容」とまで把握していたこと...

総件数:3534 件

似ているタグ