安全性のタグまとめ

安全性」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには安全性に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「安全性」タグの記事(10)

  1. 全身麻酔後における成人の術後嘔気嘔吐を予防する薬剤:コクランネットワークメタ分析の要約版 - 麻酔科医の日々

    全身麻酔後における成人の術後嘔気嘔吐を予防する薬剤:コ...

    ・術後嘔気嘔吐は麻酔のよくみられる有害事象である。多数のさまざまな制吐薬を臨床現場では利用できるが、現在のところ、こうした薬剤の有用性や安全性を比較したものを臨床現場で参照できるものはない。ネットワークメタ分析による系統的レビューをおこなって、有効性や安全性の観点から、単一の制吐薬やそれらの併用に関して、5-ヒドロキシトリプタミン3受容体拮抗薬・ドパミン-2受容体拮抗薬・ニューロキニン-1受...

  2. 長期人工呼吸器での気管内チューブの安全性 - 麻酔科医の日々

    長期人工呼吸器での気管内チューブの安全性

    ・気管内チューブ(ETT)は侵襲的人工呼吸器(MV)で最もよくとられる方法であるが、その長期的な安全性には異論がともなう。・目的として、集中治療室(ICU)におけるMVサポートに対して、ETTの安全性を気管切開チューブ(TT)と比較しようとした。・後向き解析として、5年の全国データセットで気管切開チューブ(TT;n=4772)の有無(ETT;n=124,204)によりMV治療で入院した128...

  3. スペシャル気管挿管チームによるCOVID-19患者での気道管理の前向き観察コホート研究 - 麻酔科医の日々

    スペシャル気管挿管チームによるCOVID-19患者での...

    ・集中治療室入室が必要となる症例の激増が予想され、気管挿管はエアロゾル生成リスクが高く、コロナウィルス感染症(COVID-19)患者では特別に必要なことがあるために、献身的な機動的迅速気管内挿管チーム(MERIT)を結成して高い技術のあるチームがこうした患者集団の気道管理にたずさわるようにした。ここでは、COVID-19パンデミック中における当施設の挿管チームによる経験と活動状況を、患者転帰...

  4. 外用に使う植物達(作る&購入する) - 英国メディカルハーバリスト&アロマセラピストのブログ“Herbal Healing 別館”

    外用に使う植物達(作る&購入する)

    本日はHerbal Aromatic Medicine Home Care course ~薬草植物&芳香植物を理解し仲良くなろう~のイントロダクションコースステップ②のレッスンをオンラインにて開催させていただきました。ハーブのレッスンをオンラインで、、という試みは生まれて初めての経験でして、当日の今日もギリギリまでうまくできるかドキドキでしたが、少しでも楽しんで(役に立って)いただけたら...

  5. 警告記事のシェア『精油/ナチュラルレメディーは安全?』 - 英国メディカルハーバリスト&アロマセラピストのブログ“Herbal Healing 別館”

    警告記事のシェア『精油/ナチュラルレメディーは安全?』

    本日は精油の飲用についての警告記事をシェアさせて頂きます。(The Sydney Morning Herald での記載の記事をRhiannon先生のFBにてシェアいただいたものです)こちら↓ はリアノン先生のFBよりの画像「植物などの天然素材/原材料から出来ているナチュラルレメディーは安全」「ナチュラルレメディーは身体に優しい」っというイメージって強いと思いますが、ハーブも勿論、そして精油...

  6. アメリカ食品医薬局(FDA)発表の特定のドッグフードが心臓病を引きおこす可能性という記事 - KirinとAsahi ビールな日々

    アメリカ食品医薬局(FDA)発表の特定のドッグフードが...

    本当に久振りの投稿ですが、記事を共有したいと思い急ぎアップします。また落ち着いたら記事を修正してアップしなおすかもしれません。とり急ぎ共有したく。うちのイタグレ2匹は、ずっとアカナのドッグフードを食べていました。KIRINがシニアになってからはKIRINだけがオリジンのシニア用を。最近アメリカの食品医薬局(FDA)という政府の機関から、ドッグフードの中で心臓病を引きおこす恐れのあるフードを発...

  7. 中等度から重度の急性疼痛治療に対する静注メロキシカム:安全性とオピオイド減量効果の統合分析 - 麻酔科医の日々

    中等度から重度の急性疼痛治療に対する静注メロキシカム:...

    ・目的として、静注メロキシカムの安全性と忍容性を全てのフェーズII/IIIの臨床試験でプラシーボとくらべて記述しようとした。・中等度から重度の急性術後疼痛があって1回以上の静注メロキシカム(5〜60mg)かプラシーボを投与された患者の安全性データとオピオイド使用を7つの研究(4つのフェーズII;3つのフェーズIII)から1つに統合した。静注メロキシカムの5mg・7.5mg・15mg群のデータ...

  8. スウェーデンの手術室における患者安全風土に対する専門家職間のチーム評価:横断調査 - 麻酔科医の日々

    スウェーデンの手術室における患者安全風土に対する専門家...

    ・チーム内での前向きな患者安全風土は、高い安全性と関連している。この研究の目的として、スウェーデンの手術室(OR)部門における外科チームのさまざまな専門家での患者安全に対する意識を描出・比較した。さらなる目的として、ORにおける看護師管理者や医療監督者がいかに患者安全に対するORスタッフの意識を評価しているかを調査した。・横断調査は安全意識調査アンケート(SAQ)を用いて、外科チームからの評...

  9. 指をザクザク - アデレードの片隅で2

    指をザクザク

    昨日、朝イチで旦那が指を切った。「はあ~何で切ったの?」(私)「ヨーグルトの容器」(旦那)すまぬ!それは、私が前の晩に食べたやつ。ウチは、晩ごはんを食べた後は食器を洗うけど、その後で食べる果物やヨーグルトやらの容器は次の朝に洗う。というわけで、たまたま洗った旦那が指を切った、、、けっこうザックリ。私も、結婚してオーストラリアに住み始めた頃、ザクザク指を切ってた。しかも、原因不明!洗い物をして...

  10. システムと人間性のはざまで… - TRIZコンサルの「発明」的日常閑話

    システムと人間性のはざまで…

    最近、システムとそれを使用する人間のはざまで事故は起きるように感じています。*まぁ、ありきたりな話かもしれませんが(苦笑)たとえば自動車。昔の自動車は、点火プラグのギャップとか、ポイントギャップの調整とか、構造的に人間の手が入りやすく、かつ目に見える状態だったように思います。また、自動車を運転する人にとっても、重いブレーキやハンドル。だってパワーアシストなんて有りませんから、下り坂で自動車を...

総件数:10 件

似ているタグ