安全性のタグまとめ

安全性」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには安全性に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「安全性」タグの記事(6)

  1. 警告記事のシェア『精油/ナチュラルレメディーは安全?』 - 英国メディカルハーバリスト&アロマセラピストのブログ“Herbal Healing 別館”

    警告記事のシェア『精油/ナチュラルレメディーは安全?』

    本日は精油の飲用についての警告記事をシェアさせて頂きます。(Rhiannon先生のFBでシェアいただいたものです)「植物などの天然素材/原材料から出来ているナチュラルレメディーは安全」「ナチュラルレメディーは身体に優しい」っというイメージって強いと思いますが、ハーブも勿論、そして精油も使い方を間違えれば「有害」「危険」なモノとなる事はご存知ですか?(✨このブログを読んでくださっている方はご存...

  2. アメリカ食品医薬局(FDA)発表の特定のドッグフードが心臓病を引きおこす可能性という記事 - KirinとAsahi ビールな日々

    アメリカ食品医薬局(FDA)発表の特定のドッグフードが...

    本当に久振りの投稿ですが、記事を共有したいと思い急ぎアップします。また落ち着いたら記事を修正してアップしなおすかもしれません。とり急ぎ共有したく。うちのイタグレ2匹は、ずっとアカナのドッグフードを食べていました。KIRINがシニアになってからはKIRINだけがオリジンのシニア用を。最近アメリカの食品医薬局(FDA)という政府の機関から、ドッグフードの中で心臓病を引きおこす恐れのあるフードを発...

  3. 中等度から重度の急性疼痛治療に対する静注メロキシカム:安全性とオピオイド減量効果の統合分析 - 麻酔科医の日々

    中等度から重度の急性疼痛治療に対する静注メロキシカム:...

    ・目的として、静注メロキシカムの安全性と忍容性を全てのフェーズII/IIIの臨床試験でプラシーボとくらべて記述しようとした。・中等度から重度の急性術後疼痛があって1回以上の静注メロキシカム(5〜60mg)かプラシーボを投与された患者の安全性データとオピオイド使用を7つの研究(4つのフェーズII;3つのフェーズIII)から1つに統合した。静注メロキシカムの5mg・7.5mg・15mg群のデータ...

  4. ドッグフードのカナガンはイギリスの安全性の高い商品・種類 - ドッグフードのカナガンの評判や口コミ、総合評価は?

    ドッグフードのカナガンはイギリスの安全性の高い商品・種類

    最近は通販からも、ドックフード・カナガンの種類などを注文できることを知ってから、家の猫には常にネットから買って、猫に薬をつけてノミ退治をしているので、コスパもいいです。ふつう、猫の皮膚病で頻繁に見られるのが、水虫で聞くことの多い俗に白癬と名付けられた病状で、皮膚が黴正しくは皮膚糸状菌というものが原因で患ってしまうのが大方でしょう。確実ともいえる病の予防とか早期発見を見越して、元気でも動物病院...

  5. 指をザクザク - アデレードの片隅で2

    指をザクザク

    昨日、朝イチで旦那が指を切った。「はあ~何で切ったの?」(私)「ヨーグルトの容器」(旦那)すまぬ!それは、私が前の晩に食べたやつ。ウチは、晩ごはんを食べた後は食器を洗うけど、その後で食べる果物やヨーグルトやらの容器は次の朝に洗う。というわけで、たまたま洗った旦那が指を切った、、、けっこうザックリ。私も、結婚してオーストラリアに住み始めた頃、ザクザク指を切ってた。しかも、原因不明!洗い物をして...

  6. システムと人間性のはざまで… - TRIZコンサルの「発明」的日常閑話

    システムと人間性のはざまで…

    最近、システムとそれを使用する人間のはざまで事故は起きるように感じています。*まぁ、ありきたりな話かもしれませんが(苦笑)たとえば自動車。昔の自動車は、点火プラグのギャップとか、ポイントギャップの調整とか、構造的に人間の手が入りやすく、かつ目に見える状態だったように思います。また、自動車を運転する人にとっても、重いブレーキやハンドル。だってパワーアシストなんて有りませんから、下り坂で自動車を...

総件数:6 件

似ているタグ