安全のタグまとめ

安全」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには安全に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「安全」タグの記事(212)

  1. インシュレート製グライダーのガラス割れ - 只今建築中

    インシュレート製グライダーのガラス割れ

    輸入住宅ブームの際に、お値打ちな割に性能がいいということで多くのおうちに採用されたインシュレート(Insulate)社の輸入サッシ。今回、東京都八王子市のお客様から、どこの建築屋さんやサッシ屋さんに頼んでも修理を請け負ってくれないということで、私たち ホームメイドにご依頼を頂きました。お客様では建具を外したり、ガラスのサイズを測ったりすることが難しいとのことで、私が現地に調査へ伺うことになり...

  2. ここにもロックがありますよ - 只今建築中

    ここにもロックがありますよ

    輸入住宅のサッシは、比較的セキュリティが高いと言われていますが、それを利用しなければ防犯性は発揮されません。こちらの輸入樹脂サッシは、インシュレート(Insulate)社製と思われるスライディング・パティオドア(掃出しサッシ)です。輸入の掃出しサッシの場合、ロックはハンドルの中に内蔵されたものとなりますが、写真のように可動ドアのボトムエンドに隠すように付いているものがございます。勿論、ハンド...

  3. 加工の為に取り外しました - 只今建築中

    加工の為に取り外しました

    一ヶ月半くらい前に、ステンドグラスが組み込まれた高級輸入サッシ、コルビー アンド コルビー(Kolbe Kolbe、K K)のことを記事に書かせて頂きました。今回、そのサッシの建具を修理する為に、窓枠から取り外す作業を行いました。アルミクラッドの木製建具が腐ってしまいましたから、その建具を一旦持ち帰って工場で木枠を加工して取り換える必要があります。ティンバーケアで防水塗装まで行わなければ...

  4. サイディングの裏には入っていなかったようです - 只今建築中

    サイディングの裏には入っていなかったようです

    現在、サッシ及びドアからの雨漏れを補修している豊田市の輸入住宅。ドアからの雨漏れがあったということで、ドア上の外壁に入ったクラック(割れ)について状況確認を行いました。丁度そこは、サイディングのつなぎ目に当たる場所で、割れた部分を少しだけ外すという作業には適した場所でした。ご覧頂いた写真は、コンクリートのサイディングを1枚剥がした様子ですが、すぐに透湿性防水シートと構造用合板が顔を出しました...

  5. 全く同じものはないですが、代替出来ます - 只今建築中

    全く同じものはないですが、代替出来ます

    京都府のお客様からアルメトコ(Almetco)の掃出しサッシに付いているハンドルロックを交換したいので、調達可能かとの問い合わせを頂きました。写真のものがそのハンドルですが、サッシ・メーカーは存在せず、そこから直接部材を購入することが出来ませんから、部品メーカーを当たってみることにしました。全く同じハンドルについては、残念ながら調達が出来ませんでしたが、ロックの形状や取付け穴の位置等が同じで...

  6. ダブルハング・サッシの防犯強化 - 只今建築中

    ダブルハング・サッシの防犯強化

    空き巣や泥棒の被害が、最近益々多くなってきているようですが、玄関ドアだけでなく腰高よりも上の窓からの侵入もよくあります。今回ご紹介するのは、アルミクラッドの木製サッシに取り付けるダブルロック用防犯部材。絵にあるように、上げ下げ窓であるダブルハングの木製建具(障子)に取り付けるもので、キーで鍵を掛けられるという安心設計。建具の枠に隠れている為、外からはここにロックが付いているということも分かり...

  7. 後付け屋根の雨漏り - 只今建築中

    後付け屋根の雨漏り

    こちらの部屋は、ペットの猫ちゃん用に後付けで造られたサンルーム。ガラス屋根からたくさんの光が入って冬でも温かな空間になっていますが、その分夏は暑いかも知れません。そんな部屋ですが、屋根と接している壁にはいくつもの雨垂れの跡が流れています。元々屋外となっていた場所に新たに屋根やドアを設置して部屋にした空間ですが、建物には何も触らずにそのままトン付けで屋根を載せているようです。ですから、外壁や屋...

  8. サーモグラフィって、単純だけど奥が深い - 只今建築中

    サーモグラフィって、単純だけど奥が深い

    昨日、お休みを利用して、サーモグラフィを販売する会社が主催する無料の講習会に行ってきました。以前にも参加したことがあるのですが、もう一度基礎的なことを勉強しようと再度講習を受けることにしました。サーモグラフィは、TVでもちょくちょくお見掛けする機材ですが、ご存知の通り人や物の熱を映像化する装置です。熱を映像で見るというのは、一見建築とは関係がないようにも思いますが、実は結構いろいろな処で使わ...

  9. これが、ダブル・フックの鍵です - 只今建築中

    これが、ダブル・フックの鍵です

    先日、ミルガード(Milgard)製掃出しサッシのロックレバーを調達したいというお客様からの相談があったという記事を書かせて頂きましたが、その記事をご覧頂いたのか、別のお客様からも同様の問い合わせを頂きました。今回は、予備を含めて4本のレバーが欲しいということで、念の為どういったハンドルに付いているレバーなのか確認する為にこの写真をお送り頂きました。まさに私たちが、何度か調達しているロックレ...

  10. 安全なインプラント②…国民生活センター報道発表に関する声明(口腔インプラント学会) - おおはし歯科医院(院長@恵比寿)

    安全なインプラント②…国民生活センター報道発表に関する...

    日本最大のインプラント学会である、口腔インプラント学会は昨日の、独立行政法人国民生活センターの発表を受け声明を出しました。http://www.shika-implant.org/osirase/201903_hodo_01.htmlーーー以下引用になりますーーー2019年3月14日 公益社団法人 日本口腔インプラント学会 ...

  11. 安全なインプラント①…あなたの歯科インプラントは大丈夫ですか(国民生活センター) - おおはし歯科医院(院長@恵比寿)

    安全なインプラント①…あなたの歯科インプラントは大丈夫...

    本日、独立行政法人国民生活センター(消費者庁)から、次の発表がありました。あなたの歯科インプラントは大丈夫ですかーなくならない歯科インプラントにかかる相談ーhttp://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20190314_1.htmlこのタイトルを読んで・・・、すでに、インプラント治療をした方、これから治療を希望する方にとっては大きな不安だと思います。何が書いてある...

  12. 網戸の取っ手も割れてませんか? - 只今建築中

    網戸の取っ手も割れてませんか?

    こちらは、ミルガード製掃出しサッシのロック受けと網戸の取っ手です。ミルガード(Milgard)のロックは、ダブル・フックになっていて、鍵爪が2本上下に飛び出す構造になっています。その為、ロックの受け金物には爪を引っ掛ける穴が2つ開いています。1つのモーティスロックでも防犯性能が高いのに、2つ付いているロックケースは殆ど空き巣も開けられないと考えるべきでしょう。ただ、内側のロックレバーを解除さ...

  13. デッドロックもドライブイン - 只今建築中

    デッドロックもドライブイン

    ドアノブ(ドアレバー)用のラッチ(鍵爪)で、フェースプレートが頭に付いていないドライブイン・ラッチを以前ご紹介しました。ただ、玄関ドアにはラッチだけでなく、鍵を掛ける為のデッドロック用デッドボルト(ラッチバー、かんぬき)も存在します。つまり、デッドボルトにもドライブイン・タイプの金物があってもおかしくないと考える方もいらっしゃるでしょう。実際にアメリカのクイックセット(Kwikset)社では...

  14. ロックが壊れたまま放置してはいけませんよ - 只今建築中

    ロックが壊れたまま放置してはいけませんよ

    こちらは、ミルガード(Milgard)社製オーニング・サッシのロック・レバーハンドルです。このタイプのロック金物をオーニングやケースメントにお使いの古い輸入住宅ユーザーの方は結構多いようで、年に数回部品調達のお問い合わせを頂きます。この部品は、硬い鋳物で出来ているのですが、窓がうまく閉まらなくなると、このレバーを無理に回そうとして、割れたり折れたりするトラブルが発生します。勿論、経年劣化で金...

  15. たまには点検しましょう - 只今建築中

    たまには点検しましょう

    キッチンや洗面の輸入水栓には、吐水口にエアレーターと呼ばれる網ブタが取り付けられているのを知っていますか。非常に細かなメッシュのステンレス網が付いていて、上水道に紛れ込んだ砂粒や小さなゴミをストップしてくれます。水道水はきれいなものと一般的には考えられていますが、道路に埋められた土管が割れていたり、交換工事で土管を外したりすると土や異物が水道の中に入り込むことがあるのです。それが飲み物や料理...

  16. 後付けだって、大丈夫 - 只今建築中

    後付けだって、大丈夫

    先日、メンテナンスについて現地調査を行ってきた輸入住宅の玄関ドア。ファイバーグラス製のダブルドアで、ステンドグラスも美しいですね。築17年のおうちのドアですが、セキュリティという点では少々不安に思っていらっしゃることがあるとのこと。まず鍵が1つしかないということ。ロックのラッチバーが外から丸見えということ。鍵(シリンダー)自体も古くなってきているということ。この3点に於いて改善をしたいという...

  17. ロック解除は、相当大変 - 只今建築中

    ロック解除は、相当大変

    山口のお客様から、スターブライト(Starbrite)という輸入サッシメーカーのロックが破損したという相談を頂きました。あまり聞き慣れない窓メーカーのケースメント・サッシですが、ロックが掛かったまま開けられなくなったそうです。写真を見させて頂くと、どうやらこのサッシはマルチポイント・ロックと呼ばれるシステムを採用しているようです。いわゆるロックレバー1ヶ所で2~3ヶ所のポイントで鍵が掛かると...

  18. 爪が出なくなったら、交換しましょう - 只今建築中

    爪が出なくなったら、交換しましょう

    こちらは、マーヴィン(Marvin)社製トリムライン・スライディング・パティオドアに付いているモーティスロックと呼ばれる金物です。防犯上重要な部分については、頑丈な金属で作られていますから、これを破壊して泥棒が侵入するということは殆どないと思います。ただ、鍵を解除する為のロックレバーが折れてしまったり、ロックの鍵爪がちゃんと動かなくなって、サッシの開閉が出来なくなることはよくあります。ロック...

  19. これでは湿気が入ります - 只今建築中

    これでは湿気が入ります

    グラスウールの断熱材は、水分や湿気が繊維の中に入り込むと断熱性能が極端に落ちてしまいます。それを防ぐ為に、ビニールの袋に入れて密封しなければならないということを以前記事に書かせて頂きました。私たちは、自然素材の羊毛やセルロースを断熱材として使いますから、ある程度の水分や湿気があっても吸放出することが可能です。ただ、ガラスの細かな繊維で出来たグラスウールは、そういう訳にはいきません。一度付いた...

  20. 雨漏れは、やっぱりここから - 只今建築中

    雨漏れは、やっぱりここから

    昨年、家の妻壁の高い処に付けられている飾りの換気ガラリについて記事を書かせて頂きましたが、その時は家の外から見た状況で雨漏れのリスクのお話をさせて頂きました。その時は、もしかしたらという想像の域で書かせて頂いていたのですが、その確信を得る為に先日外から写真を撮ったおうちの屋根裏に潜入してきました。狭くて入りづらい点検口からどうにか体を入れて、広い屋根裏空間に入った瞬間、遠くから光が来るのが分...

総件数:212 件

似ているタグ