完成車のタグまとめ

完成車」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには完成車に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「完成車」タグの記事(9)

  1. 自転車をより楽しく乗る為に - シクロブル日記。

    自転車をより楽しく乗る為に

    近くの公園が自転車の練習コースの一つなのですがNEW bikeのデビューになりました。SCOTT: ADIDICT 10 DISC軽い力でブレーキが効く油圧ディスクブレーキにより腕へのストレス低減。標準装備の32c幅のタイヤにより快適性はもちろんハンドリングも安定。リアスプロケットは11-32tを装備し平坦から登坂まで対応。私は標準的な日本人体型少し体が硬いので、エンデュランスジオメトリーが...

  2. 【販売中】TREK   X-CALIBER XTフロントシングル改  - 非日常が日常になる…

    【販売中】TREK X-CALIBER XTフロン...

    今年は寒さが厳しいので、オフロードにはぴったりの冬になっています。なにせ山の中は風を切らないのでロード程寒くありませんしね!普段同じ道ばかり走って、自転車の"非日常感"が薄れてきてしまっているロードサイクリストの皆さんへおススメなのがマウンテンバイクです。オススメする理由は、バイクの挙動が低速で変化をしてくれる(滑ったりコントロールしたりすること)ので、バイクにちゃんと乗ることを練習できるん...

  3. COLNAGO V2-r 480S - 非日常が日常になる…

    COLNAGO V2-r 480S

    サイズによって見え方も変わるねご縁あって、V2-rのブラック/ゴールドを続けてセットアップさせてもらった。レーシングバイクへの拘りからフレームサイズも20㎜ごとに揃えるグレードだが、ボディにも細かな加工が施されるほどで驚いた。シートチューブの後ろ側、すなわち後輪側に凹みをつくって28Cサイズに対応していた。これはスケルトンの関係から先日の500Sではみられなかったことで、タイヤに干渉しない寸...

  4. COLNAGO Vorrei  ドロップ改 - 非日常が日常になる…

    COLNAGO Vorrei ドロップ改

    エントリーフラットロードをドロップ仕様へカスタマイズ2018Mのコルナゴで新登場したフラットロードがVorreiだ。極太なアルミチューブとメタル調のカラーリングがアンダー10万とは思わせないムードを醸し出す1台。各部のディティールや雰囲気はクラス上にも迫る出来だと思う、限られた予算での変更にユーズドパーツで対応してカスタムした1台である。ユーズドパーツも出てくるタイミングもあるのでいつでも可...

  5. 2018 MASI - シクロブル日記。

    2018 MASI

    2018 MASISPECIALE RANDONNEURスペシャーレ ランドナーゆったりサイクリングを楽しまれる方にもオススメの新しい1台です。CXGR COMPシーエックス ジーアール コンプSPECIALE OTTOスペシャーレ オットMINI VELO DUE DROPミニベロ デュエ ドロップGRAN CORSAグラン コルサクロモリフレームのラインナップが豊富なブランドのMASIで...

  6. 【商談中】COLNAGO  C-RS 500S - 非日常が日常になる…

    【商談中】COLNAGO C-RS 500S

    コルナゴのエントリーカーボンバイクエントリーとはいえ、他社でいう20万前後のものとは別格で上級エントリーにあたるもの。造りは上位モデルをならいボディ形状も酷似しており見た目もエントリーを凌駕する。シートステー形状やピラー固定も上位モデル譲りジルコデザインもコルナゴ本流のものBBまわりのボリュームもしっかりしていて剛性も充分かつしなやかさを持つ2017Mではあるが基本的に2018Mと相違ない、...

  7. COLNAGO   V2-r 520S - 非日常が日常になる…

    COLNAGO V2-r 520S

    コルナゴ史上最軽量のオールラウンドバイク、V2-r をアルテグラDi2で組み上げた。V2rで唯一のエアブラシによるペイント。ゴールドとシルバーのボカシが他に無い個性あるカラーリング、質感と色気が程よくバランスされている1台ではないだろうか…BORAのダークラベルとのマッチングは上々だ。床の間バイクという表現は好きではないが、乗っているときのみならず降りてからも楽しめるバイクだシートステーの僅...

  8. COLNAGO  CONSEPT - 非日常が日常になる…

    COLNAGO CONSEPT

    ハイバランスなライドフィールが安心感を生みだします。身長185cmのオーナー、圧巻のサイズは類まれな存在感です。TOPキャップに遊び心と…独特のヘッドチューブ形状大きなフレームには大きなドロップが似会うもはやスタンダート化した、ペダリングモニター。上手く活用できるかがポイント。ロードバイクの組み付け、メンテナンス承ります。ピオニエーレでは自転車の新車販売は行っていないため、他店やwebショッ...

  9. Made in Japan - 非日常が日常になる…

    Made in Japan

    今だからこそ解る良さもあるヨネックスのフレームが評価をされつつある現在…遡ること昔前に、近しいコンセプトで市場にでたのがグラファイトデザインだろう。ゴルフのカーボンシャフトのノウハウを活かしたフレームづくりだった。プロチームにもスポンサーしながら頑張ったが、大きく花開くところまでいかなかったのかな。生産中止になったのは記憶に残る…その後、ヨネックスが鳴り物入りで登場した。静観した人も多かった...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ