宗教のタグまとめ

宗教」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには宗教に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「宗教」タグの記事(210)

  1. 胸に手を当てる聖母マリア像  /F209 - Glicinia 古道具店

    胸に手を当てる聖母マリア像 /F209

    ●サイズ:高:80.5cm(75cm), 台座:24cm×24cm×5.5cm, 7300g●材質:パルプペースト、木、真鍮など●価格:162000円●送料:3800円(欧州から東京経由で発送2~5週間かかります 胸に手を当てた物静かな表情の聖心の聖母マリア像。足下には蒼い天球と創世記のイブを誘惑したとされる蛇。蛇の表現が素晴らしく破損もありません。バックスタンプはありませんが、宗教彫刻の秀...

  2. 悲しみの聖母マリア像 マーテル・ドロローサ /G166 - Glicinia 古道具店

    悲しみの聖母マリア像 マーテル・ドロローサ /G166

    ●size: H: 55 cm ( 51 cm), W: 17 cm, 台座: 14 cm × 14 cm × 5 cm, 3700 g●材質: ウッドペースト、グラスアイ、真鍮●価格:151000円●送料:2800円(欧州から東京経由で発送2~6週間かかります 悲しみに涙を流す「悲しみの聖母マリア」「マーテル・ドロロサ」。ウッドペーストを型に流して作られた物でしょう。パルプペーストに比べて...

  3. パニック障害とパニックヒィ~~~~~ - やさしい時間~みんな光の子どもたち

    パニック障害とパニックヒィ~~~~~

    こんばんは、おはようございます、こんにちは。いやぁー。久しぶりのパニックが出ましたよ!!前にも書いたと通り、わたしはカトリックの信徒なんですが、実は洗礼を受けてはじめての赦しの秘跡(一般の方には告解という言われてるのかな??)を受けたんですね。そしたらですね・・・主人も一緒の日に受けたのですが、まぁ、その許しの秘跡のときに言った通りのことが起きまして。もう、家族の仲がめちゃくちゃ。考えて見た...

  4. コーパス・クリスティイエス残欠/G214 - Glicinia 古道具店

    コーパス・クリスティイエス残欠/G214

    出品したさきから、すぐに売れてしまいました。以前はこういったものは日本人に人気があったのですが、最近は欧米でも人気。これは日本へ行きます。当店の商品購入をご希望の方は非公開コメントで、またはこちらから当店、海外で事業登録しています。ご注文前にご注文方法など / 訪問販売法に基づく表記 もご覧下さい。当店の商品写真を使用したい場合は一言おかけください。EtsyFacebookpinterest...

  5. ソレームのベネディクト修道院 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    ソレームのベネディクト修道院

    ソレームのサン・ピエール修道院には以前もグレゴリオ聖歌を聴きに来たことがある。第二ヴァティカン公会議で、典礼、聖歌をすべて各国語で司式するのがスタンダードになった時、1966年に当時の教皇パウロ六世がわざわざこのソレームの共同体に、ラテン典礼とグレゴリアン聖歌を続けて守ってくれるようにと頼んだという。単なる文化財保存としても英断ではあるが、信仰と「美」の追求、アートは切り離せない一体でもある...

  6. 羊皮紙 五線譜 グレゴリオ聖歌 額装  / F071 - Glicinia 古道具店

    羊皮紙 五線譜 グレゴリオ聖歌 額装 / F071

    珍しく羊皮紙の聖歌が手に入りました。裏紙を取り外して、紙の裏も見てみたかったのですが、それは買ってくださった方のお楽しみと言うことにしましょう。表の方が美しいに決まっていますが、多分。もう1点あります。●サイズ:58cm×43.2cm×厚2cm / 49cm×34cm ●材質:羊皮紙、木製木枠、ガラス板●価格: 36800 円●送料: 2700 円(欧州から東京経由で発送2~6週間かかります...

  7. 小椅子の聖母 複製画 47.5cm×48cm /G156 - Glicinia 古道具店

    小椅子の聖母 複製画 47.5cm×48cm /G156

    ●サイズ:サイズ: 47.5cm×48cm×3.8cm/ 内径41.3cm×41.3cm ●材質:紙、木枠、キャンバス(麻布)等●価格: 40500円●送料: 1900 円(欧州から東京経由で発送2~5週間かかります ヨーロッパのアンティーク市にて入手。年代不明ですが1920年ぐらい?絵は印刷物ですが、古い物のようです。裏をご覧ください、キャンバスと金彩のフレームは時代が異なるように見えま...

  8. 十字架を抱く幼子イエス 56cm  聖人像 木彫 /F787 - Glicinia 古道具店

    十字架を抱く幼子イエス 56cm 聖人像 木彫 /F787

    ●サイズ:H:56cm (51cm光輪無) 台座:17cm×17cm×8cm 光輪12cm , 2100g●材質: 主原料:木、その他: 真鍮、グラスアイ、金箔、石膏等●価格: 231000円●送料: 2400円(欧州から東京経由で発送2~6週間かかります 十字架を抱く幼子イエスの像。顔を色々な角度から撮影しました、よくご覧下さい。1920年代ぐらい。凛々しい顔立ちのキリスト。本体は木彫で、...

  9. 静物画 聖書と蝋燭 ロザリオ  / F511 - Glicinia 古道具店

    静物画 聖書と蝋燭 ロザリオ / F511

    ●サイズ:22.5cm×31cm×2.4cm / 17.8cm×26cm, 270g●材質:キャンバスに油彩、額縁付き ●価格: 10500 円●送料: 1200円(欧州から東京経由で発送2~5週間かかります ヨーロッパのアンティーク市にて入手。油彩、印刷物ではありません、1920年ぐらい? 右下角に署名あり、同じ名前が裏にも書いてありますが、読めそうで読めません。南フランス、またはカタル...

  10. フランソワ教皇、バルバラン大司教の辞職願を保留 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    フランソワ教皇、バルバラン大司教の辞職願を保留

    3/19の聖ヨセフの祝日、フランシスコ教皇が、先日の有罪判決に続いて辞職願を出したリヨンのバルバラン大司教を「慰留」した。以下、参考にこれまでの記事。バルバラン師が辞職願を出して拒否されたのは2016年に続いて2度目だ。前回は、まだ判決前だったから、「推定無罪」で教皇がバルバラン師を擁護したのはまあ分からないではない。しかも、彼はペドフィリアで告発されたのではなく、四方に届けなかったことで告...

  11. 創価学会と選挙 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    創価学会と選挙

    選挙活動は私にとってマイナスであった。ある宗教の活動すべておかしいと思うがそれは結果が見えたから言える。宗教は政治に首を突っ込むべきではない。

  12. 最近、私の中で変化が、 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    最近、私の中で変化が、

    私の中で最近変化がありました。変化とは元のものとは違い状態になるとのことです。信仰を捨てたとかそうしたことではありません。個人として今後、どのように信仰と向き合うか考えなければとも思いました。巷の宗教が邪教だからたたくとか邪教を排除する。このような考え方も間違えではありませんがそれだけではだめで多くの人に信仰のすばらしさを話すには自身が幸福になることです。このことが一番大事かと思いました。信...

  13. 天使と本  宗教画  /G153 - Glicinia 古道具店

    天使と本 宗教画 /G153

    ●サイズ: 63.5cm×32.5cm×2cm 内径57.5cm×29.5cm 額幅3cm ●材質:木、キャンバスなど ●価格: 96500 円●送料:円(欧州から東京経由で発送2~6週間かかりますヨーロッパのアンティーク市にて入手。1800年ぐらいの油彩?詳細は不明。キャンバスに描かれた天使でしょうか?キャンバスの右上下は修理してあります。修理後に圧縮ボードに固定されたようです。底板を外し...

  14. 一神教における食物タブーについて  その2 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    一神教における食物タブーについて その2

    (これは昨日の続きです。)ユダヤ教やイスラム教に比べてキリスト教の食物タブーがほとんどないことについて、《ユダヤの律法には食物禁忌の他にいろいろなことが細かに規定されていたのに「自由人」イエスがそれを軽々と乗り越えた》かのようなイメージを持つ人もいる。彼らが根拠にしているのが『マルコによる福音書7,1-23』だ。だがこれには異論もあるのを最近知った。 律法の中の食物規定は確かに細かい。 こん...

  15. 一神教における食物タブーについてその1 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    一神教における食物タブーについてその1

    今はカトリック教会の典礼暦でいうと、復活祭前のカレム(四旬節)で、伝統的には日曜をのぞく「断食」の期間だ。イスラム教のラマダンもそうだけれど、多くの宗教や宗教共同体は、何らかの「断食」を修業に取り入れている。苦行として評価する文化もあるし、何十年も飲食を断って生きる「聖者」が尊敬を集める社会もある。普通に考えても、プチ断食などが人気なように、飽食の習慣を時々離れて消化器官を休ませるというだけ...

  16. 2019年03月新刊タイトル鳥居大図鑑 - グラフィック社のひきだし ~きっとあります。あなたの1冊~

    2019年03月新刊タイトル鳥居大図鑑

    神社入り口の門。一般的には、神域と人間が住む俗界を区画するもの、と言われています。この鳥居、よくよく見ると形がそれぞれ違っています。形状や素材、色など様々な「流派」があります。それらの違いや各々の鳥居建立に至るまでの歴史、様々な事情により再建された経緯を紹介しています。神社参拝の帰り、見上げてみてください。その鳥居にもストーリーがあります。

  17. 選挙なんかで世の中、変わるのか? - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    選挙なんかで世の中、変わるのか?

    最近、よく思うのですが政治で世の中変わったかです。なにもよくなってない。経済が破綻するとか多くの人が将来的に失業するとか国会は完全に空転してますね。国会ができることの範囲は限定されますが経済政策をとっても多くの人を救うことができます。経済政策で雇用を増やすことも可能です。どうしてそうした方向性に向かないのか。社会政策の考えも福祉の切り捨てなども行われている。創価学会員の皆さんは公明党を支援し...

  18. YouTubeのえらいテンチョウについて。 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    YouTubeのえらいテンチョウについて。

    YouTubeで「えらいテンチョウ」を見て驚いた。宗教の問題をネット上で上げていたからだ。彼は酒の席で宗教の話は禁止である事を逆手にとってあることを考えた。酒場で同じ宗教の信者が集まり話をすればと思ったらしく同じ宗教の信者が集まれるバーを開店させた。そのことにより大儲けしている。創価学会の信者同士なら宗教の話もできるだろう。ある意味、誰も考えないアイディアである。それだけではなく頻繁に創価学...

  19. カトリック教会のもうひとつのスキャンダル修道女と司祭 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    カトリック教会のもうひとつのスキャンダル修道女と司祭

    これを書いている3/6は復活祭前の四旬節が始まる「灰の水曜日」。(前年の小枝の祝日に使った枝を燃やした後の灰を額に塗布するのだから聖性のリサイクルとしては、日本の寺社で前年のお守りなんかをどんど焼やお焚き上げなどで燃やしてもらうのからさらに一歩進んでいるなあという気もする。で、昨日がカーニヴァルの最終日だったわけだけれど、それに合わせたのかどうか知らないけれど、独仏合同製作社のArteが衝撃...

  20. 仏教という言葉 - 仏教フリーク

    仏教という言葉

    仏教という言葉があります。しかし「仏教」というと、宗教偏見の強い人は、その時点で心を閉ざして抵抗する可能性があります。しかし、本来の仏教はその人の先入観にあるような、葬式や法事、新興宗教などとは違います。それだと食わず嫌いになりますから、もし仏教という言葉に抵抗があるならば東洋哲学と言えばいいと思います。法華経や般若心経などのお経にこういう言葉がある、といっても宗教偏見ある人は気になります。...

総件数:210 件

似ているタグ