定期装花のタグまとめ

定期装花」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには定期装花に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「定期装花」タグの記事(236)

  1. 定期装花からアンスリューム:レッドダイヤモンド - Impression Days

    定期装花からアンスリューム:レッドダイヤモンド

    「紅宝石」と箱書きされていたアンスリューム。台湾オリジナル品種です。市場で入手するアンスのほとんどが台湾産。安定した品質と、豊富な品種に助かってます。今回のもの、白が混じった不思議なピンク色。同じ品種でも時期によって少し色や入り方が変わるのは、他の花と同じです。赤と白とグリーン。背景が変わると柔らかい印象になります。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フラワ...

  2. 定期装花からシンビジューム:ピードモント - Impression Days

    定期装花からシンビジューム:ピードモント

    グリーンの花弁に明るい赤の模様が入るリップ。「ピードモント」大輪のシンビジュームです。花弁は少しブラウンがかって透明感があります。昨日のような寒い日の空気のようです。切り分けて使いましたが、大輪過ぎてちょっと手こずりましたー。さて、本日クリスマスレッスン最終日。今日も寒いですけど、頑張って巻きましょう!毎晩指を黒くして自宅に帰っておりますが、朝になると綺麗になってる。お風呂や手洗いの効果なの...

  3. 定期装花から - Impression Days

    定期装花から

    昨日と同じく、トルコギキョウ「オーキッド」そしてブラウンがかった秋らしい白いリンドウ「ペガサス」を使ってます。暑い日や寒い日が交互にやってきて、その振り幅の広さに振り回されてますが、寒いとどうしても暖房が入るため花の保ち、主に乾燥問題が深刻で困ってしまうのが「冬定期装花あるある」果たして今年の冬は雪は多いのか?ここ最近、私の周りで話題に上がるようになりました。タイヤ交換の時期、これもまた地味...

  4. 定期装花からトルコギキョウオーキッド - Impression Days

    定期装花からトルコギキョウオーキッド

    フリル八重咲きのトルコギキョウ「オーキッド」初めて使ったのですが、形の良い花弁のフリル絶妙なパープルからホワイトへのグラデーション。何より品質が良くて、花弁の先端までピンと張り詰めた感じが素晴らしい。単体では爽やかなイメージながら、秋色のマムや、紅葉したキイチゴの葉と取り合わせたときの華やかさといったら!蕾は無かったので、しっかりと完全開花させてからの採花なんでしょうね。・・・・・・・・・・...

  5. 定期装花からカラー:ベアトリックス - Impression Days

    定期装花からカラー:ベアトリックス

    パーッと明るく派手な色を使いたくて、まず最初に目を引いたのがカラー「ベアトリックス」。縁にほんのりオレンジが入るのが暖かみを感じます。それに合わせようと選んだのがグロリオサ「サザンウィンド」合わせるとこちらが目立ってしまったなと。クネクネとした動きが楽しい石化柳や黒味と艶を帯び始めた野バラの実で、やはり秋の雰囲気を。使い込んだ皮のような質感が素晴らしい紅葉キイチゴもたまらない感じです。・・・...

  6. きゅうきゅう - Impression Days

    きゅうきゅう

    先週は比較的ゆるやかなスケジュールで、それなりに仕事を進めていたはずなのですが、今週は「きゅうきゅう」です。遅ればせながら、ようやくクリスマスレッスンの告知が出来てホッとしたこともあって、緩んでるつもりは無いけど、最後のスパートが・・・取り合えず今日は定時で上がり、明日早朝からお仕事の続き再開とします。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フラワーデザイン生徒...

  7. 定期装花からツルウメモドキ - Impression Days

    定期装花からツルウメモドキ

    秋と言えば「実物」鈴バラ、野バラの実、ローズヒップ・・・これからは色付いたサンキライの実も登場してきます。ツルウメモドキこれもまた秋ならではの実物、というか枝もの。「いけばな」にも良く使われる枝もの。柔らかい蔓状の枝は、ディスプレイとしてもよく使われます。緑の実のまま出荷されることも多く、しばらくすると弾けて中から艶のあるオレンジの実が。ただ外皮が飛び散るのが難点。お掃除大変で申し訳ないと一...

  8. 定期装花からマムバルタザール - Impression Days

    定期装花からマムバルタザール

    デコラティブなマム「バルタザール」ピンクともパープルともいえない不思議な色にイエローグリーンが入ったエキゾチックなマム。一目惚れです。けっこうな大輪で、好きな糸菊タイプ。咲き進んで行くと、どんな姿になるのか楽しみ。昨日はプチ同窓会。久しぶりに会う面々もいましたが、同じ釜のご飯を2年間食べた仲は、あっという間に時間の壁を超えるようです。ただみんなで撮った写真は、歳月を正しく写し取っていて、爆笑...

  9. 定期装花からサンゴミズキ 押水イエロー - Impression Days

    定期装花からサンゴミズキ 押水イエロー

    これから出番が多くなる花木「サンゴミズキ」赤いものが知られていますが、他にも今回のような黄色のものや黒があります。押水という名前は、石川県能登半島にある「JAはくい押水花木部会」が作ったから。良質の花木の生産で有名な産地です。サンゴミズキについては、全国シェア1位。ここまで来るには、かなりの苦労があったそうですがいまある花の生産地で、苦労していないところはないでしょう。知恵を絞り、端整こめて...

  10. 定期装花からシンビジューム「オータム」 - Impression Days

    定期装花からシンビジューム「オータム」

    今年最後 (だといいなぁ) の台風 の影響で数日前から湿度が高く、動くと汗ばみ不快。昨日は一日通して結構な雨で、昼からどんどん冷え込んできました。ピンクベージュの渋いシンビジュームにひとめ惚れ。名前も「オータム」オレンジの花の横だとブラウンが強くピンクの横だと赤みが感じられる。シンビジュームは色幅がどんどん広くなり市場で箱の中を覗くのが楽しいです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

  11. 季節感 - Impression Days

    季節感

    今週の定期装花はハロウィンかなぁ・・・などと、ぼんやり考えていたはずが全く関係ないものになりました。年々「洋物」?行事が気にならないようになってきました。唯一「クリスマス」だけは、リース作りを楽しみにして下さっている方が結構おられるので、毎年やってます。じゃあ、日本古来の行事は網羅しているのかというと季節感は大切にしていますが・・・という感じ。近年、暦通りに季節が動かない事もあって、今のこの...

  12. 定期装花からフウセントウワタ - Impression Days

    定期装花からフウセントウワタ

    フウセントウワタ名前の通り丸いフウセンのような実の中に白い綿毛がたくさん詰っています。実自体に短いひげのような毛が生えていてそれが気持ち悪いという人もおられますが私は結構好きな花材です。春先から夏の間も出回りますが、秋も中盤から終盤にかけて実がしっかりとした硬さを持ち、部分的に紅葉してきた頃合のものが好みです。まるで空中に浮かぶランタンのよう!フウセンの明るさを際立たせたくて、コントラストが...

  13. 定期装花から糸菊:絢 - Impression Days

    定期装花から糸菊:絢

    1週間かけてゆっくり花開かせた糸菊。国産マムも周年出回るようになりましたが、糸菊などの日本独特の形をしたものは、やはり秋しか出会えません。綺麗に花開き、細い花弁が垂れ下がり優美、華麗、妖艶絢というこの品種は、蕾の時は茶色がかったオレンジでしたが、開くと光を孕んだような金茶に。気候の変化で、ここ最近は見事な紅葉を目にすることが難しくなりましたが、秋はやはり艶やかでなくてはと思います。・・・・・...

  14. 定期装花からソラナム -花茄子- - Impression Days

    定期装花からソラナム -花茄子-

    秋というと、やはり紅葉、そして実物。周年出回るヒペリカムのような実物でさえ秋に見ると、秋らしい花材のように感じます。そして「ソラナム」花茄子とも言いますが、こちらは正真正銘今の時期だけのもの。枝に付いた状態で出荷されますが、こちらでは実だけを切り離し使ってます。姫りんごなどの実物は、竹串などを使うとどうしてもそこから腐りやすいため、出来れば傷をつけないように。今回はグルーで接着しています。ト...

  15. 定期装花からピンクッション:ソレイユ - Impression Days

    定期装花からピンクッション:ソレイユ

    今年はレッスンにギフトに定期装花にと使うことの多い、ピンクッション。ワイルドフラワー人気で、輸入される花の量も多く新しい品種も手に入るようになった花ですが、このソレイユが一番好きかも。明るいんだよなー。ステムも長くて使い勝手も良くなりました。先月あたりからお値段もリーズナブルで助かります。今週末は台風の予報。レッスン日を変更したりと対応してますが、意外とさっさと過ぎてしまい、レッスン日は秋晴...

  16. 定期装花からケイトウ:サンディーピーチ - Impression Days

    定期装花からケイトウ:サンディーピーチ

    一気に秋色へと移行した定期装花。とはいえ、まだ紅葉の枝ものは少なく花の色や実物で色を表現。好き嫌いがあることは知っているけれど、やはりこの季節がやってくると外せないケイトウ。本当に毎年出てくる鮮やかな色に魅了されます。ギフトの場合はちょっと考えてしまいますが、定期装花なら花の自由度はぐっと高くなる。画像ではオレンジ色に見えますが、実際はサーモンピンクにオレンジが混じったような可愛いながらも深...

  17. 定期装花からりんどう「エトピリカ」 - Impression Days

    定期装花からりんどう「エトピリカ」

    9月最後の日曜日になっても、どこと無く蒸し暑い日で、参ってしまいます。秋のリンドウは、夏の物と比べて色に深みがあり、爽やかな品種でも、どこか物語性があふれてドラマティック。晩秋になればなるほど心惹かれて使う頻度が高くなるりんどうですが、東北地方に産地が多く、なんとか秋台風の影響を受けないことを祈ってます。千葉県の房総半島は花の一大産地で年間通して多種多様な花を出荷してくれているところ。今回の...

  18. 定期装花からグロリオサ:サザンウィンド - Impression Days

    定期装花からグロリオサ:サザンウィンド

    先週はとにかく「グロリオサ」の週でした。お彼岸を控えたからか、それとも少し前の台風いやいや、いつまでも暑かった夏の影響?花が少なくて、困りました。もちろん、全然ないわけじゃないのですがまだ蒸し暑い日が時折現れるので、暑さに弱い花を使うことも出来ず、また、季節先取りもしっくりと来ず・・・クリアな発色のグロリオサには助けられました。石化柳やグリーンのジニアとともに。グロリオサと言えば、高知県三里...

  19. 秋の空気 - Impression Days

    秋の空気

    昨夜からぐっと冷え込んで、夏掛け布団に首まで埋まって眠るのがなんとも言えず、至福の時間。朝起きたら秋の空気になってました。さて、気持ちの良い空気の中まずは定期装花に行って来ます!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フラワーデザイン生徒募集中・・・体験レッスン随時受け付けています。(材料代のみ)要予約

  20. 定期装花からトルコギキョウ K491 - Impression Days

    定期装花からトルコギキョウ K491

    最初からパープルのトルコがいいなぁ・・・と思って向かった花市場。思ったほどトルコギキョウがなくその上パープルも少なくて。じゃあリンドウは?と思ったら、それも思ったようなものが無くイメージしていた濃い目のパープルはこれだけ。まだ名前がついていないようでしたが、美しいフリルを持った八重咲きトルコ。ピンクと合わせても、イエローと合わせてもいい感じ。先週はマムと組み合わせて使いましたが、お月見を控え...

総件数:236 件

似ているタグ