定期装花のタグまとめ

定期装花」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには定期装花に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「定期装花」タグの記事(236)

  1. 定期装花から野ばらの実 - Impression Days

    定期装花から野ばらの実

    昨日中秋。先週の定期装花、お月見っぽくするか悩んだのは数十秒。こんなに暑いのに、そんなことはどうでもいい!とまでは流石に思いませんが、あからさまに「秋」でなければまあいいかと。季節感は少しだけ進んでいるのが丁度いい。ギャップがありすぎると違和感しかない。先週の市場には鈴バラも並んでましたがまだ青い野バラの実の枝を選択。冴えた紫色のトルコと合わせました。黄色のマムを入れたほうは、何となくお月見...

  2. 定期装花からスタンダードカーネーション - Impression Days

    定期装花からスタンダードカーネーション

    定期装花で圧倒的に「大丈夫」と思える最たるものは「マム」そして「カーネーション」や「トルコギキョウ」が続きます。トルコギキョウは時期によっては使うのを控えるときもあります。マムは高温期になると色ノリが悪くなる欠点が。カーネーションも蒸れやすいときはちょっと・・・と思ったりもしますが、なんと言っても年間通してこれだけ色のバリエーションがある花もない。お値段が安定しているところもありがたい点です...

  3. 夏と秋混在 - Impression Days

    夏と秋混在

    今週も残り少し。まだまだ秋の足音は遠い・・・とにかく気温より湿度です。今朝の市場では鈴バラの枝が出ていましたが、まだちょっとなぁ・・・蒸し暑さが気になって、アンスリュームなど使ってます。台風も近づいているし、不快指数アップ頭痛が心配。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フラワーデザイン生徒募集中・・・体験レッスン随時受け付けています。(材料代のみ)要予約

  4. 定期装花からフェアリーテール - Impression Days

    定期装花からフェアリーテール

    今年最後かなと思うヒマワリと、秋を感じさせるグラス「フェアリーテール」最近では輸入も含めてほぼ一年近く流通するひまわり。チューリップなどと同様、季節感バリバリの花というイメージですが、チューリップも秋の終わりを待たずに市場に登場そして春が終わりに近づいてもまだある。どうやら9月中は、この蒸し暑さが続く関西ですが実ものやグラスなど、秋の素材に心惹かれる日々。葉物の色や器の色・素材も秋らしいもの...

  5. 定期装花からヨウシュヤマゴボウ - Impression Days

    定期装花からヨウシュヤマゴボウ

    昨夜から空気が入れ替わって過ごしやすくなりました。ようやく秋の気配を感じる今日この頃。まず蝉の鳴き声がやみましたね。定期装花に頒布会にも使ったワレモコウやボンベイケイトウなど、秋の花を。そして毎年よく使うヨウシュヤマゴボウ。これは外せません。今回使用したものは、まだ赤味が少なくフレッシュさが増すグリーンのもの。なので爽やかな感じになりました。クネクネと曲がった茎と、垂れ下がる実。この面白さが...

  6. お盆明けのお仕事 - Impression Days

    お盆明けのお仕事

    お盆明け、最初のお仕事。17日から営業再開するオフィスのカウンターの花。オレンジピンクのエキナセアとちりめんのつまみ細工ようなピンポンマム少し晩夏の雰囲気をプラスしたくて、今朝ウチの花園に寄って、1本だけ残っていたグリーンスケールと白い穂を出しはじめたフェアリーテールを。休み中、台風による雨が降るまで花園とスタジオのコンテナの花が枯れないか心配してましたが、全部生き生きと元気に成長中で、思わ...

  7. 定期装花からプランツアレンジ - Impression Days

    定期装花からプランツアレンジ

    お盆休み中の定期装花はプランツアレンジで。アンスリュームと根ぐされに強い観葉で。お休み明けには、また分解して植え込んで育てます。そうやって毎年増えるプランツ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フラワーデザイン生徒募集中・・・体験レッスン随時受け付けています。(材料代のみ)要予約

  8. 定期装花からリンドウ - Impression Days

    定期装花からリンドウ

    お盆が近づくと、リンドウの出荷が目に見えて増えてきます。暑さにも強く、クリアな青色が夏にぴったりのリンドウですが、この時期に出回るリンドウは、花が開かないままのエゾリンドウ。決して花が悪いわけではありません。他はすっきりグリーンのみ。アンスリュームにアナベル、そして葉物。お盆近くなると、花の種類も随分限られてくるので豊富に花がある時期とはまた違った意味で仕入れは難しい。クロコスミアベリーは、...

  9. 定期装花からシンビジウム:トスカニーブラウン - Impression Days

    定期装花からシンビジウム:トスカニーブラウン

    光沢のあるブラウンが魅力的なシンビジウム「トスカニーブラウン」シックです。渋いのに華やかなところがたまりません。今市場に並ぶシンビジウムは、ニュージーランドからのものが多く大きさ重さとも結構なサイズです。普通の花バケツに入れると、花の重みでたわむので、慌ててしまいます。季節柄、あまり重たい感じになるのは避けたい。ということで、明るめのグリーンと合わせております。・・・・・・・・・・・・・・・...

  10. 定期装花からヒマワリ:サンリッチライチ - Impression Days

    定期装花からヒマワリ:サンリッチライチ

    夏の暑さを和らげるような、涼やかなものまたは、生き生きとした色鮮やかなものか・・・結論から言うと、こんな感じ。夏の花の代表格ひまわりを使ってますが明るい!とは少し違ったテイストです。モデルハウスのインテリアに合わせて、落ち着いた色合いでご用意しました。半分はウチの趣味というか、テイストなんですけどね。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フラワーデザイン生徒募...

  11. 定期装花からケイトウ:サカタプライド - Impression Days

    定期装花からケイトウ:サカタプライド

    クリムゾンレッドのケイトウ『サカタプライド』彩度が高く、パッと目につく明るさもある。この時期、明るいグリーンと合わせたくなります。が、今回はアンティーク紫陽花と合わせました。大ぶりなニューサイランとモンステラでざっくりと、大胆に。ケイトウはニュアンスカラーが多い、ボンベイ系が好きなのですが、久留米系だと、このサカタプライドがかなり好み。これより好みの久留米系ケイトウは、秋を待たねばなりません...

  12. 定期装花からパラレル - Impression Days

    定期装花からパラレル

    夏になるとパラレルスタイルが頻発する傾向。恐らくトクサやフトイ、姫ガマといったライン系の花材が揃うからだと思います。スッキリさせたものだったり、グリーンスケールやアワ、キビなどのグラス類も加わって、ひたすら草むらを作ることも・・・横幅はあっても、奥行きがないというのも設置には便利です。病院などへのお見舞いでは、花の置き場所に困ることも多いため結構パラレルスタイル、作ります。このスタイルは好き...

  13. 定期装花からエルムレス - Impression Days

    定期装花からエルムレス

    エルムレス「フォックステールリリー」とか「キャンドルリリー」という別名アリ。名前の通り、ユリ科の植物で中央アジア原産。砂漠化した草原に、この花穂がすっくと立ち並ぶ様を見てみたい。今の季節だけ楽しめる花。昔、生徒だった頃にはよく使った花材です。大きい花が得意だった私は、大好きな花材でした。オレンジ色とかピンク系の物もありますが、なかなか使いたいときと、出荷が合わないんですよねー。オーソドックス...

  14. 定期装花からオンシジューム - Impression Days

    定期装花からオンシジューム

    黄色のヒマワリと合わせてまっ黄っ黄のアレンジメントに。黄色はただその色だけでまとめるのが好きです。と言いつつ、青色のエレンジュームも一緒に。まだ色付く前のブラックベリーも初夏らしい!今日は夜のレッスンなので、昼間はとにかく事務作業。そして明日の上級者レッスンの準備をしなくては。今月末には梅雨が明けているかもしれないので体の方も夏向きにしなければと、できるだけ冷房は避けて、汗をかくようにしてい...

  15. 定期装花からトルコギキョウ マーブルブルー - Impression Days

    定期装花からトルコギキョウ マーブルブルー

    梅雨と言えば、キーワードはやっぱり「水」なわけで、ブルーのトルコとルリ玉アザミのベッチーズブルーで。グリーンを多めで瑞々しく。赤味を帯びたリューカデンドロンが表情を出してくれてます。雨が降る前はたまらなく蒸して、不快指数がアップ。一度降り始めると、少し梅雨寒。クーラーの効いた室内では、上着を着たり脱いだりと忙しないのですが、気持ち的には、この薄暗いお天気が落ち着きます。・・・・・・・・・・・...

  16. 定期装花からエキナセア - Impression Days

    定期装花からエキナセア

    この季節がやってきた。エキナセア。ここ数年で種類が増えました。昔、私が生徒だった頃にはブラウン系のものしかなかったけど、今は色とりどり。特徴的な盛り上がった花芯だけでなく、今は花弁も楽しめる。また微妙な色合いのものが多くて、色あわせが楽しい。ナチュラルテイストはもちろん、モダンなデザインにも応えられる花だと思ってます。花保ちはいうまでもなくって感じ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

  17. 先週の定期装花からアルストロメリア アメジスト - Impression Days

    先週の定期装花からアルストロメリア アメジスト

    一年通して、一番よく使っているのでは?という色がパープル。パープルとグリーンパープルとブラックパープルとイエローもちろん、パープルとホワイトも淡い色合いのものから濃いものまで、印象は異なりますが、高貴なところは一貫してる。宝石の名前と同じ、アメジスト。身に付けていると「悪酔い」しないと言われている・・・と聞いてから、飲みに行く時アメジストの指輪を付けるか毎回迷います。古いデザインの素朴な指輪...

  18. 定期装花からアブラドウダンツツジ - Impression Days

    定期装花からアブラドウダンツツジ

    「ドウダンツツジ」と「アブラドウダンツツジ」もちろん名前が違うように、仲間ではありますがちと違う。真っ赤に色付いた秋葉が美しいドウダンツツジは植え込みなどにも使われる、西日本に自生する低木。「アブラドウダン」は別名「ヤマドウダン」と呼ばれ実際山に自生しているものを切り出し出荷されます。名前の由来は、葉の表面の照り。油が採れるわけではありません。いわゆるドウダンツツジより葉も大きく薄いので、水...

  19. 定期装花からひまわり スターバーストレモンオーラ - Impression Days

    定期装花からひまわり スターバーストレモンオーラ

    夏と言えばこの花。ひまわりこのときの定期装花には、白いひまわり「ホワイトナイト」そして明るい黄色の「スターバーストレモンオーラ」ひまわりの魅力が引き立つように、グリーンは照りのある、彩度の低い色を。いかにも「ひまわり」でないのが、初夏にはいいかな。誰もが大好きなひまわりだけど、定期装花はあくまで空間に馴染ませて。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「予約限定...

  20. 先々週の定期装花からSPカーネーションベッカム - Impression Days

    先々週の定期装花からSPカーネーションベッカム

    大人っぽく、お洒落な色合いのSPカーネーション「ベッカム」明るいワインレッドと、薄く白っぽい部分との複色。イングランドのサッカー選手と関係あるのかについては分かりません。同じくワイン系のアンスリューム「サファリ」ドラセナは国産のドラセナ「アイチ」さすが国産、厚みも瑞々しさもサイズも輸入のものとは比べ物になりません。そしてスプレーのリューカデンドロン、フトイにモンステラといったグリーンで。まだ...

総件数:236 件

似ているタグ