宝島社のタグまとめ

宝島社」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには宝島社に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「宝島社」タグの記事(11)

  1. 『ディーンデルーカのステンレスボトル』の使い心地。 - days and aroma

    『ディーンデルーカのステンレスボトル』の使い心地。

    『ディーンデルーカのステンレスボトル』GLOW8月号特別号の付録の水筒。使い心地について書きたいと思います。***気に入ったのは、蓋の構造です。段々になっているだけです。わが家の水筒はパッキンがあり、ここを洗うのが正直面倒くさいんですが、これはないんです。最初見たときは、漏れるのかな…と心配しましたが、今のところ漏れたことはありません。まだスポンジで洗うのみですが、ハイターにつけるだけで済み...

  2. ワクチンと竹ヤリ - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    ワクチンと竹ヤリ

    先週5月11日のことである。朝日新聞の丁度真ん中部分、16面、17面の2面見開きの巨大広告に驚かされた。薄いブルーの写真は戦前子どもたちが竹ヤリ訓練をさせられている姿。中央には大きく、まっ赤な新型コロナウィルス模式。全体が「日の丸」の構図のようにも見える。そして、左上に「ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戦えというのか。このままじゃ、政治に殺される」というフレーズ。宝島社の意見広告であ...

  3. 例の「宝島社」の広告ですが… - 憂き世忘れ

    例の「宝島社」の広告ですが…

    例のアレです。冒頭の一文に、悩みましねー。「私たちは騙(だま)されている。」「私たち」ってことは、発信者、つまり宝島社の社長とかも「含まれている」よね。変じゃね?「騙されている」と解っているってことは「騙されてなくね??」さらにさらに、重箱の隅つんつん。「騙されている」ってことは「真実」を知ってるんでしょ。それを書かないと意味なくね?

  4. このままじゃ、政治に殺される - 裏LUZ

    このままじゃ、政治に殺される

    ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戦えというのか。このままじゃ、政治に殺される。私たちは騙されている。この一年はいったい何だったのか。いつまで自粛すればいいのか。我慢大会は、もう終わりにしてほしい。ごちゃごちゃ言い訳するな。無理を強いるだけで、何ひとつ変わらないではないか。今こそ怒りの声をあげるべきだ。宝島社 企業広告

  5. 見応えある広告。──「宝島社全30段新聞広告」 - Welcome to Koro's Garden!

    見応えある広告。──「宝島社全30段新聞広告」

    今朝、朝刊を開いてぶっ飛んでしまった。宝島社の全30段(見開き2P分)の意見広告である「ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戦えというのか。このままじゃ、政治に殺される。」衝撃的なキャッチの下には以下のようなコピーが並んでいる。。。「私たちは騙されている。この一年はいったい何だったのか。いつまで自粛をすればいいのか。我慢大会は、もう終わりにして欲しい。ごちゃごちゃ言い訳するな。無理を強い...

  6. GLOW2021年8月特別付録 - days and aroma

    GLOW2021年8月特別付録

    昨日の新聞に広告が掲載されていて…思わず、買ってしまいました^_^;DEAN&DELUCA大好きなんですよね♡ちょうど水筒が欲しかったのもあり、私はチャコールグレーとシルバーを購入しました。発送は、先のようですが、水筒の収納場所を整理しなくては(≧∇≦*)

  7. 元彼の遺言状 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    元彼の遺言状

    宝島社の『このミステリがすごい』大賞受賞作である『元彼の遺言状』が面白い。作者は、新川帆立氏。現役の弁護士だという。この物語の主人公は、美人で実力ある女性弁護士という設定。その一人称で進み、形態としては「ハードボイルド」である。おそらく弁護士たる作者が、日常の弁護士業務の中で、このように啖呵を切りたいなどなど色々と経験したことからそのモデル像を主人公にしたのだろう。そして弁護士作家ゆえ安心し...

  8. 【レッドブル・宝島社】言うべき方向が違うよ / 日本人論 - 危険分子の部屋

    【レッドブル・宝島社】言うべき方向が違うよ / 日本人論

    Red Bull、宝島社ともども、新年の新聞広告にて「立ち上がれ、周りに流されるな、個性を大事に!」というような叱咤激励のコピーを大々的に発信していた。(上記のコピーは正確ではない。そんな感じの内容という事だ)____________2021.1言いたい事がわかるんだけど。あのね。そもそも、そのコピーが理解できる年齢って言うのはすでに日本の陰湿かつ締め付けの学校教育でガチガチに固まった思考の...

  9. 考えさせる広告 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    考えさせる広告

    今朝、朝日新聞を読んでるときに宝島社の2面広告を目にしても、それほど印象には残らなかった。2年前の宝島社の広告はイラク戦争を導いた「油まみれの水鳥」と大きな文字「嘘つきは戦争の始まり」として明らかにアベ首相批判をしており強烈な印象が残ったものだが…。それが今回は2面という大きさは目につくものの内容は「ねちょりんこ、ダメ。」といういささか不可思議な漫画である。コロナ対策の日常を風刺したものだろ...

  10. プロ野球選手データ名鑑 2019 - Lucky★Dip666-Ⅳ

    プロ野球選手データ名鑑 2019

    こんばんにゃ!2019年03月09日 土曜日プロ野球選手データ名鑑 2019:350円+税iPhoneから投稿

  11. 嘘つきは戦争の始まり - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    嘘つきは戦争の始まり

    本日の朝日新聞朝刊に掲載された宝島社の広告には驚いた。二面を使った巨大広告であり、左側一面はイラク戦争を導いたあの有名な「油まみれの水鳥」!そして右側に大きな文字「嘘つきは戦争の始まり」!政治指導者が今も平然と嘘をつくことを批判したストレートな広告なのであるが、この「嘘つき」とは言うまでもなく安倍首相とそれを取り巻く有象無象の輩を指す。このことは誰だって分かるだろう。安倍首相が「嘘つき」「不...

総件数:11 件

似ているタグ