実生のタグまとめ

実生」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには実生に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「実生」タグの記事(37)

  1. 野良いちご エンジェルエイトと実生さがほのか - にゃんてワンダホー!

    野良いちご エンジェルエイトと実生さがほのか

    2018年に栽培を終了するつもりで捨てたのに、勝手に根付いてしまったエンジェルエイト。大きな実が付いていました~♪♪v(⌒o⌒)v♪♪スゴイ泥はねで汚れないように、木の上に乗せてみた。その後ちゃんと収穫出来て美味しくいただきました!実生さがほのかJrも元気に成長中。4月種蒔きも、2月種蒔きも、成長速度は同じですが、決定的に違うのは、2月種蒔きの方が遙かに発芽率が良いのと、ポット上げしたあと...

  2. オヒルギ発芽 - ポスドクの憂鬱

    オヒルギ発芽

    正月。沖縄のとある島でオヒルギというマングローブの主要構成種と出会う。とてつもなく変な実(種??)をぶら下げているのだが、この実は土(水)に刺しておくだけで育つ、すぐれものらしい。ってことは、この実はオクラみたいんじゃなくて、一本が一個の種ってことかな。ひとまず、ペットボトルの底に穴を開け、培養土と水苔をミックスしたものに刺してみた。一週間後気になっていたタコさんウィンナー(がく?)がしなし...

  3. イチゴに鳥除けネット設置 2019 - にゃんてワンダホー!

    イチゴに鳥除けネット設置 2019

    2019/04/24イチゴに鳥除けネットを設置しました~!順調に実っている実が赤くなって来たからでっす♪横から見ると、こんな感じ・・・キモッコウが咲き始めて、スチューベンも発芽してます。実生さがほのかJrは、ポット上げしてあります。85日目になりました。(o^-')b グッ!こちらも順調に成長中。おひさまが、しっかり当たる東庭 室外機の上で管理。寒い時期の種蒔きだったけど、経過良...

  4. #実生 『枝垂桂』Cercidiphyllum japonicum f pendulum - 自然感察 *nature feeling*

    #実生 『枝垂桂』Cercidiphyllum jap...

    コンクリートの隙間で芽吹いた実生[ほぼ実物大]シダレカツラ (カツラ科、雌雄異株) 雌株の雌花と前年の果実【2019.4.3(土) 晴↑14℃↓3℃ @公園】

  5. イチゴのマルチングと、さがほのか発芽 - にゃんてワンダホー!

    イチゴのマルチングと、さがほのか発芽

    ウッドデッキで、次々開花中のイチゴ達。2019/03/22マルチングしました。あれこれ材質について迷った結果、使わなくなって余っていた、排水溝用水切り袋を使用。U字に曲げた針金で固定してあります。泥跳ねが無くなって、水遣りが楽になりました。排水溝用なので、水には強いはず!今後に期待します。さて、子苗取りに失敗して3苗しか残らなかった、さがほのかJr。2019/02/01懲りずにまたまた種蒔き...

  6.  #感察会 #バラ科 『紅葉苺』 Rubus palmatus var. coptophyllus - 自然感察 *nature feeling*

    #感察会 #バラ科 『紅葉苺』 Rubus palm...

    側溝を注目しながら歩いたら、今度はモミジイチゴの実生があった。側溝に沿って沢山生えていた。ここはどうして発芽率がいいのだろう。斜面の上に目をやると、そこにはモミジイチゴの花があった。この場所は、往きに感察した場所だった。その時は上ばかり見て歩いたようだ。 (バラ科キイチゴ属)【2019.3.28(木) 晴↑17℃↓13℃ @舞岡ふるさとの森】

  7.  #実生『衝羽根樫・棕櫚』 - 自然感察 *nature feeling*

    #実生『衝羽根樫・棕櫚』

    ツクバネガシ Quercus sessilifolia(ブナ科)シュロ Trachycarpus fortunei(ヤシ科)【2019.3.2(土) 晴のち曇↑15℃↓6℃ @附属自然教育園】

  8. #実生 『蝋梅』 Chimonanthus praecox - 自然感察 *nature feeling*

    #実生 『蝋梅』 Chimonanthus praecox

    ロウバイの実生と落ちた花【2019.1.26(土) 晴 気温↑10℃↓2℃ @鳥類園】

  9. ふたたびロンコンの種まき - トロピカルフルーツ成長ノート

    ふたたびロンコンの種まき

    さて、今回ゲットした種子。ロンコンは3度目のチャレンジです(たしか)。9cmポットだと発芽後にまったく育たなかったので、今回は大きめの6号長鉢に種まき。ちゃんとすぐに植え替えればよかっただけなんでしょうけどね。あとはこれを電気温水器の上に置いておけば1ヶ月後くらいには芽が出るはず。いや〜、なんか種まきするのものすごいひさしぶりです。最近はずっと古株たちの最低限のお世話しかしてませんでしたから...

  10. 来年は! - 風の吹くまま

    来年は!

    今年の我が家のオオヤマレンゲには、立派な実がつきました。若い苗木を定植して3年目。来年は、実生にチャレンジしてみようかと思います。災害で減少した苗が、1本でも多くなればと思います。

  11. チェリモヤの幼果(受粉後55日) - トロピカルフルーツ成長ノート

    チェリモヤの幼果(受粉後55日)

    ↑1号・・・こりゃダメですねぇ。すでにミイラ化してる模様。あやしいと思ってたんですよ↓2号・・・おっ、こちらはいい感じ!別の角度からもう一枚。先端がふくらんできてる感じですね。根元のほうは受粉が不完全だったのでしょうね。ま、いびつさもチェリモヤらしさのうちですよね?種子の由来:和歌山産ホワイト発芽:2008年2月初め現在の樹齢:10才6ヶ月現在の樹高:180cmくらい現在の鉢サイズ:10号

  12. スイギュウノチチの花芽? - トロピカルフルーツ成長ノート

    スイギュウノチチの花芽?

    サギンサギンことスイギュウノチチ(Uvaria rufa)。初開花した花は受粉することなく普通に落ちてしまいましたまた来年かなと思ってたのですが、何やら雰囲気の違う脇芽を発見。ふーむ、見慣れた葉芽とはずいぶん違います。ひょっとしてこれが花芽??これが花芽なのならば、まだまだ花は咲きそうです。他の枝にも似たような脇芽がついてました。まあまだわかりませんよね。充実した葉芽かもしれません。期待し過...

  13. スイギュウノチチの花その後開花特性が判明?! - トロピカルフルーツ成長ノート

    スイギュウノチチの花その後開花特性が判明?!

    先日咲いたサギンサギンことスイギュウノチチ(Uvaria rufa)の花。台風の被害は花びらがちぎれただけ。落ちはしませんでした。予報よりもじゃっかん上陸が西よりになったのかな?風向きが北よりだったこともあるかもしれません。(ってか、西のほう、大丈夫か〜〜〜?)黄色い部分が松カサみたく開きました。やっぱりここが雄しべっぽいですよねぇ。同じバンレイシ科のチェリモヤとかみたく。花粉はもう落ちちゃ...

  14. スイギュウノチチが初開花!! - トロピカルフルーツ成長ノート

    スイギュウノチチが初開花!!

    サギンサギンことスイギュウノチチ(Uvaria rufa Blume)。ふと目をやると、なにか枝に違和感が・・・蜂かなにかがとまってるのかな?よくよく見てみると・・・こっ、これはっ?!花キタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!とうとうです、とうとう咲きました!!!完全に開ききってますね。大きさは花弁込みで2cmくらい。同じバンレイシ科(Annonaceae)のチェリモヤやシャカトウのように♂ステー...

  15. チェリモヤの幼果(受粉後40日) - トロピカルフルーツ成長ノート

    チェリモヤの幼果(受粉後40日)

    あとから受粉した左側の実のほうが先に膨らんできてるようなタイトル中の受粉後○○日は目安です。正確な受粉日は忘れました左側の実のほうが数日あとです。種子の由来:和歌山産ホワイト発芽:2008年2月初め現在の樹齢:10才5ヶ月現在の樹高:160cmくらい現在の鉢サイズ:10号

  16. チェリモヤの幼果(受粉後30日) - トロピカルフルーツ成長ノート

    チェリモヤの幼果(受粉後30日)

    強風が続きましたが落ちずに残りました種子の由来:和歌山産ホワイト発芽:2008年2月初め現在の樹齢:10才5ヶ月現在の樹高:160cmくらい現在の鉢サイズ:10号

  17. チェリモヤ:人工授粉に成功か?! - トロピカルフルーツ成長ノート

    チェリモヤ:人工授粉に成功か?!

    今回、花は4つ咲きました。すべてに人工授粉(まるさん方式)を試みて、落花せずに残ったのは2つ。まだ5mmくらいしかありませんが、いっちょまえにチェリモヤの形になってます。受粉したようですね。とりあえず第1関門クリアこれがまた2cmくらいに育った頃によく生理落果してしまうんですよねーそれが第2関門。そこをクリアできれば収穫まで行けると思うんですが。台風とかにやられない限り。はてさて、どうなるか...

  18. 鉢植えジャックフルーツの花、落ちる - トロピカルフルーツ成長ノート

    鉢植えジャックフルーツの花、落ちる

    1個だけついてた雄花っぽい花・・・結局、花粉が出たのか出なかったのか、よくわからず。このあとポロリと落ちて、終了〜ちなみに白っぽいツブツブは真珠体だとか真珠腺だとかよばれる植物の分泌物だろうと思います。スターフルーツの枝とかにもよくついてるやつです。悪いものじゃありません(たぶん)。→Pearl body (Wikipedia英語版)種子の由来:マダガスカル産発芽:2008年10月末現在の樹...

  19. 寒害のダメージをひきずるルクマの木 - トロピカルフルーツ成長ノート

    寒害のダメージをひきずるルクマの木

    昨冬もベランダに出しっぱなしのまま屋外で越冬させたのですが、やはり1月の寒波がキツかった。葉っぱは8割がた枯れ、枝先もけっこうやられてしまいました。でもまあそれだけといえばそれだけだったので、枯れた枝先を切って、あとはほうっておいたんです。春になって気温が上がってくると、幹や枝のあらゆるところから元気に芽吹いてきたので、もう大丈夫だと思ってました。でも2週間くらい前に、ふと気づくと、主枝から...

  20. チェリモヤが開花 - トロピカルフルーツ成長ノート

    チェリモヤが開花

    とりあえずまた人工授粉を試みてみます種子の由来:和歌山産ホワイト(たぶん)発芽:2008年2月初め現在の樹齢:10才4ヶ月現在の樹高:160cmくらい現在の鉢サイズ:10号

総件数:37 件

似ているタグ