実話のタグまとめ

実話」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには実話に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「実話」タグの記事(10)

  1. 最新映画レビュー『ヒトラーと戦った22日間』 まだまだ知らなかったことがある。実話の映画化 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ヒトラーと戦った22日間』 まだまだ...

    2018年/ロシア、ドイツ、リトアニア、ポーランド 監督:コンスタンチン・ハベンスキー出演:コンスタンチン・ハベンスキー、クリストファー・ランバート配給:ファインフィルムズ公開:9月8日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館にて公開中公式ページ http://www.finefilms.co.jp/sobibor/ 最近、ナチス政権下のユダヤ人もの、「ヒトラー」を入れ込んだ邦題...

  2. ペンタゴンペーパーズ 最高秘密文書 - Tears of joy

    ペンタゴンペーパーズ 最高秘密文書

    2018年3月30日に劇場公開されたペンタゴンペーパーズ最高秘密文書(MOVIE)が、2018年9月5日にBlu-ray、DVDリリース!映画館へ足を運ぶと、立て続けに通うようになり、またパタッといかなくなると、しばらく遠のくという関係。この関係(リズム)がここ数年続いている私ですが。このリズムの背景というか理由は、映画が始まる前の番宣があり、ひとつ観に行くとまた観たくなる映画がみつかり、意...

  3. 最新映画レビュー『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』最大の敵は自分。似ていないようで似た者同士 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男...

    監督:ヤヌス・メッツ出演:シャイア・ラブーフ、スベリル・グドナソン、ステラン・スカルスガルド、ツヴァ・ノヴォトニー配給:ギャガ公開:8月31日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて 格別テニスファンでもないし、ウインブルドンも見ていないが、スポーツ映画はわりと好きという自分。今年は、実話ベースのスポーツ映画が大豊作で、『アイ、トーニャ』『バトル・オブ・セクシーズ』と良作続き。本作も、地味なが...

  4. 最新映画レビュー『ヒトラーを欺いた黄色い星』 多くの人が知らなかった意外な事実 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ヒトラーを欺いた黄色い星』 多くの人...

    ふと気づいたら、この映画もう公開して一ヶ月ぐらい経っていた。最近、やたら公開されているナチス政権下のユダヤ人もの。きっと、収容所の生存者たちがもう高齢で(1945年に20歳ならいまは80代。収容所では小さな子供は率先して殺されたので少ない)、話を生で聞いたり、出演してもらうギリギリだからか。 本作は生存者たちへにインタビューをもとに映画化した劇映画だが、実際の生存者たちも登場するので、ちょっ...

  5. 映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」 - 麻生舎(あさぶや)日記 聞き耳ずきん

    映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」

     男女同権の革命が盛り上がっていた1973年当時、プロテニス界で実際に行われていた女性差別を描いた本作。同じ優勝でも、女性選手の賞金金額は男性選手のそれの8分の1であり、それを何とかしようとしたのが当時29歳の女性世界チャンピオン、ビリー・ジーン・キングだった。そして、彼女と対戦することで再び名を上げようとしたのが、55歳の元男子世界チャンピオンで目立ちたがりのボビー・リッグス。2人は、その...

  6. 最新映画レビュー『バトル・オブ・セクシーズ』ウェルメイドで内容は深い - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『バトル・オブ・セクシーズ』ウェルメイ...

    本作をスポーツ映画といっていいかどうかはわからないが、『アイ、トーニャ』と並ぶ、アメリカ70'sのスポーツ選手を題材とした映画の名作といっていいだろう。 ビリー・ジーン・キング夫人は、当時子供だった僕もうっすらと知っている、アメリカ女子テニス界で偉業を達成した女性だ。本作は予告編から、すっかり性差別に対抗するために戦うウーマンリブを描いた作品と思っていたが、それはミスリード。ありのままの自分...

  7. 最新映画レビュー『オンリー・ザ・ブレイブ』実話がもとの山火事映画。オチを知らなくて驚いた! - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『オンリー・ザ・ブレイブ』実話がもとの...

    先週、気分転換にレイトショーに行って観たのがこの映画。「山火事」「実話」映画以上の前知識無し。実話も基になった話も全く知らず。なので結構驚いた。これはオチを知って映画を見るのと見ないほどの差がある。なんで僕は素直に、シナリオのミスリードに引っかかってしまった。映画好きとしては、なんて幸せな事よ! しかしアメリカでは有名な事件で、みんな知っているので、そんなボンクラはいないのだろうな。というこ...

  8. ビック・シック - 吾唯足知な日々

    ビック・シック

    どんどん感想文書いてくよ! 父・娘・母母親がちっちゃくて辛口でそして可愛いの。誰だっけ?見たことあるんだけど、、、エンドロールでやっと分かるというボケボケっぷり。お久しぶりでした、ホリー・ハンターさま。こんなにちっちゃかったのね。笑それはそれとして。これは実話なんですと!パキスタン生まれのクメイルと、シカゴの大学院生エミリーの出会いは、クメイルがスタンドコメディ中の小さなクラブ。お互い惹かれ...

  9. 最新映画レビュー『ゲティ家の身代金』リドリー・スコット最新作は、実際の誘拐事件が題材 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ゲティ家の身代金』リドリー・スコット...

    マスコミ関係の仕事をしている人ならお馴染みだろうが、Getyy Imagesというレンタルフォトの会社がある。この会社の創立者は、石油で財をなした大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫だが、このジャン・ポール・ゲティ(以下、単にゲティ)には14人の孫がおり、本作はそのうちの一人、当時16歳のジャン・ポール・ゲティ3世(3世)が1973年にイタリアのローマで誘拐され、身代金を要求された事件を描いたも...

  10. LION25年目のただいま - Tears of joy

    LION25年目のただいま

    アカデミー賞6部門にノミネートされたという実話を映画化した「LION25年目のただいま」という映画をWOWOWでみることができました。25年という長い時間を2時間弱のフィルムにうまくおさめて表現されてます。幼少期の時代から感動のクライマックスまでの感情の動きが圧巻でした。AmazonPrimeにも字幕版も吹替版もありました!インドには行方不明になっている子供達が8万人もいるという現実と子供た...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ