実験のタグまとめ

実験」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには実験に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「実験」タグの記事(37)

  1. Rossiya で 爆発事故 - SPORTS 憲法  政治

    Rossiya で 爆発事故

    ロシア実験場で爆発、国営原子力企業の職員死亡ロシア北部アルハンゲリスク州の海軍ミサイル実験場で起きた爆発事故をめぐり、同国の国営原子力企業「ロスアトム」は10日、同社職員5人が死亡、3人が負傷したと明らかにした。国防省は同省職員と関連企業職員の2人が死亡、6人が負傷と発表していたが、5人との関係は不明。ただ同省筋も同日、インタファクス通信にロスアトムの専門家らの死亡を認めた。爆発は8日、同州...

  2. 越冬個体のウラギンシジミ - 秩父の蝶

    越冬個体のウラギンシジミ

    自宅で飼育中のウラギンシジミ Curetis acuta越冬個体ですが、8/1現在、まだ、元気にしています。どこまで行くのだろうか?

  3. 夏眠実験中のヒオドシチョウ - 秩父の蝶

    夏眠実験中のヒオドシチョウ

    夏眠実験中のヒオドシチョウ Nymphalis xanthomelas 、梅雨寒が有効だったのか、今年は脱落者なく、上手く夏眠に入ったような気がする。

  4. ケージ内のテングチョウ - 秩父の蝶

    ケージ内のテングチョウ

    自宅大型ケージ内の実験中テングチョウ Libythea lepita、お天道様が出ないので、寝ているだけなのか、休眠中なのか良く分からない。

  5. 夏休眠実験用ケージ - 秩父の蝶

    夏休眠実験用ケージ

    今年も夏休眠実験をやっているのですが、今回は、毎年失敗する原因の一つとして、野外では考えられない多さで(密度)実験するため、お互いが干渉し、ゆっくり眠ることができないのではと考え、1匹だけ入れた小さなケージを準備してみました。果たして、どうなるでしょうか?

  6. 実験中のヒオドシチョウ - 秩父の蝶

    実験中のヒオドシチョウ

    今年も自宅大型ケージで、ヒオドシチョウ Nymphalis xanthomelasの実験をしています。今日ケージを覗いたら10数頭が四隅に集まっていました。3~4頭集まっているのはよく見られるのですが、ここまで多いのは初めてです。・・・なぜ、集まるのだろう。

  7. ヒオドシチョウの蛹 - 秩父の蝶

    ヒオドシチョウの蛹

    今年も夏眠実験用にヒオドシチョウ Nymphalis xanthomelasを飼育してます。上手く越夏できるでしょうか?

  8. テキトーつまみ① - 三毛猫酒場で朝から酎ハイ。。

    テキトーつまみ①

    明日は金曜日!昨日は飲んだし今日は我慢しようかと思いましたが。。やっぱり呑むよねぇ〜!!飲まない気でいたからつまみがない。。じゃあテキトーにやりましょ!ってことでもらいものの新たまねぎがあったこれにバターのせてラップしてチンッ!!してこしょうふりふりして出来上がり!!お好みで醤油をどうぞ!あたしはバターの塩分だけでいただきます塩分取りすぎると次の日顔パンパンだからね!健康的に酔わないとね!酔...

  9. 地機布13 織り始め - わたいとや

    地機布13 織り始め

    なんとか連休中に織り始め。今回は糸綜絖作りも、腰側に経糸を固定する方法も、3月に綿工房さんに教えてもらったやり方をちょっと変えて取り入れてみた。さらには緯糸も。今までは経糸と同じように足踏み式紡ぎ車で紡いで、綛上げ・撚り止め・杼に納めるために少量ずつ巻くという作業をしていたけど。チャルカで杼に入るサイズだけ紡ぎ、織る前に錘のまま(これはいつもどおり)撚り止め、脱水してそのまま緯糸を入れていく...

  10. 綿のタネのなれの果て - わたいとや

    綿のタネのなれの果て

    翌年播種用にも、販売用にもできず残ってしまうタネは、まとめて畑に還している。綿繰りが終わってそんなタネがたまった2月頃、畝の合間に40~50cm深さに穴を掘って、タネを少し埋めて、動かした土を戻す。ということを、数か所繰り返す。もともと未熟だったり小さかったりするタネが多いので、分解もそれほど時間がかかることはないと予想していたけど、(たぶん去年の)埋めた跡を掘り返してみたら、まだ多少形が判...

  11. 茶綿のクヌギ染め - わたいとや

    茶綿のクヌギ染め

    地機布13の経糸用に、茶綿を紡いだ糸を染色。今回は全部未精錬。先日の秩父での講習を参考に、数年前に拾い集めて保存していたクヌギの殻斗(かくと)を煮だして、放置していた鉄さび液を媒染に。媒染に浸すタイミングがずれて、先と後で濃さがずいぶん変わってしまった。先の綛のほうが濃過ぎて後の方が求めていた濃さという微妙な仕上がり(汗)。1枚目画像の手前が後、奥が先。2枚目は乾燥後。もともと紡いだ茶綿が和...

  12. 実験。 - ワレココニアリ。

    実験。

    掃除ブームは依然続いています♪いや~、他人様が書かれた断捨離や掃除に関するブログを読んでその人の心の動きや、もたらす副産物のすばらしさをちょっとばかり分かった気になっていたけれど実際、自分で経験してみて本当にその影響力に驚く。家の中だけでなく頭の中、心の中がどんどん軽く、クリアになってくる。クリアになるとどうなるか・・・。笑笑笑単純なようだけど・・・、色んな物に惑わされずなんか、機嫌が良い。...

  13. 実験バナナ - Tangled with 2・・・・・

    実験バナナ

    実験は大成功。家事やって、その隙間時間に実験ゴソゴソゴソゴソ。今朝から「実験:バナナ染め」和多志の背より長い大きな葉っぱを小さく切って3時間煮て染液を作って、精錬した糸を入れて、晒しも入れて、明日まで浸けよかと思たけど、夜に媒染して、染液に戻して、洗て仕舞た。ええ感じです。昨日はおっさんのズボン1本縫いました。今日もこれから同じ布で縫いたかったけど、出来てない。昨日は藍染めにマンゴー明晩染め...

  14. 実験紅花染め - Tangled with 2・・・・・

    実験紅花染め

    紅花染め。実験です。中華街でふらっとかって仕舞た「紅花」さて、使ってみよかと昨夜、それを酢水に浸けた。先のことを考えんと何気に始めた。よく考えて行動せねばいけませんな、今日、付きっきりやなかったけど、ほぼ、一日かかってん。寒いとこやないと奇麗に染まらんそぉやし、熱を加えへんから堅牢度はあかんやろ、朝からまず、洗濯袋に入れて浸けてあった紅花を揉みます。4、5回、水をかえた。で、その水キープ。そ...

  15. なんと、実験で、ひざの可動域が改善しました。 - ひざ関節のケアは「皇潤 極(こうじゅんきわみ)」がおすすめ!

    なんと、実験で、ひざの可動域が改善しました。

    なんと、実験で、ひざの可動域が改善しました。非変性Ⅱ型コラーゲンを飲んだ人と飲まなかった人を比較した結果、飲んだ人のひざ関節の柔軟性と可動域を改善されました。詳しくは、公式サイトを見る↓

  16. 炙りランナー - ミカンセーキ

    炙りランナー

    本日のお題。炙りランナー、じゃなくて伸ばしランナーの話。でもなんで、「炙り」じゃなくて「伸ばし」と言うんでしょうね。それに、「伸ばしランナー」と書くのが正しいのか「延ばしランナー」と書いたほうがいいのか、どっちなんでしょうね。手延べうどんの替わりに手伸びうどんと書くと腰がなさそうな雰囲気になるから言葉って面白い。プラモを作った後に残るランナーを100円ライターの火で炙って伸ばしランナーを作る...

  17. 日本人の器用さ - 中年研究者の挑戦

    日本人の器用さ

    私のブログを書くモチベーションってだいたいが愚痴。そんなに「内気」で「何も言えない」タイプではないんだけど(どちらかと言うと気が強いほう)、アメリカでは結構強く言っても解決できずにモヤモヤすることも多い。日本人だからか、私はかなり器用である程度の実験手技がこなせる。特に動物実験になると、(私基準では)全然ダメな人が多い。私は尾静脈注射ができるんだけど、できない人がほとんど。うちのラボでは私だ...

  18. ギフテッドは実験が好き(ネネとトキ、やらかす) - マシュマロとまんじゅうと

    ギフテッドは実験が好き(ネネとトキ、やらかす)

    ギフテッドは、その強い知的好奇心や探究心ゆえ、色々な事を実際に自分で試し確かめたいという欲求が強いようです。科学実験という訳ではないですが、ネネもトキも日常において色々な事を試したがります。五円玉の穴に水を垂らすと凸レンズの役割をすると知れば、実際に試して新聞の文字が大きく見える事を確認したり。懐中電灯に小さな穴を開けたアルミホイルを被せ、光の焦点を絞り水の入ったペットボトルに当てると虹を作...

  19. 馬刺しを塩で食べてみた。。 - 三毛猫酒場で朝から酎ハイ。。

    馬刺しを塩で食べてみた。。

    最近馬刺しよく食べるのよ御殿場の山崎精肉店によく買いに行くんだけど買いに行くだけだとちっと遠いわけよでさトンカツがうまい山北町にある『肉の三喜屋』に行った時に馬刺しの文字があって聞いたらその日は売り切れ!聞いたら冷凍じゃなくて生の状態で売ってるとのこと。。こりゃ~近いうちにまた来なきゃなと思っていて昨日行ってきた!100g1100円でした山崎精肉店よりはちっと高いけど交通費考えればオッケーよ...

  20. 実験中のヒオドシが覚醒してしまった - 秩父の蝶

    実験中のヒオドシが覚醒してしまった

    実験中のヒオドシチョウ(Nymphalis xanthomelas)が、先日の30℃越えで覚醒してしまった。早く再び寝てもらわないと来春まで行き着かないかもしれない。心配。

総件数:37 件

似ているタグ