客車のタグまとめ

客車」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには客車に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「客車」タグの記事(75)

  1. KATOとTOMIXの旧客を混ぜて使える様に、内装塗装、室内灯をKATOに統一 - Salamの鉄道趣味ブログ

    KATOとTOMIXの旧客を混ぜて使える様に、内装塗装...

    KATOとTOMIXの旧客は、ぶどう色2号の色合いは結構近いですが、室内の印象がまるで違います。室内灯も色の傾向が全然違うので、TOMIXの旧客はあまり出番がありません。混ぜて使える様に、車内塗装と室内灯統一を図ります。茶色の旧客は全部で24両ありました。マニを中心に、まだまだ20両ぐらいはあるはずですが、とりあえず一度に作業するにはこれでも多すぎます。まずはレッドブラウンと黒を混ぜて床色を...

  2. 1977年3月札幌運転区にてオロハネ10 505 - 急行越前の鉄の話

    1977年3月札幌運転区にてオロハネ10 505

    突然ですが、オロハネ10の画像を友人が提供してくれたので紹介します!!先日久しぶりに友人と会う機会があり、外出自粛で家で何をやっていたかという話になって、友人が昔のネガをスキャンしていたとかで、「そうしたら、オロハネ10の写真が出てきたんだよ!!」と言うので「見せて!見せて!」と言ったら、今日、メールで送ってくれたという次第です。何でも客車好きの?の友人が「オロハネ10っていう珍しい客車がい...

  3. スハニ64 2212 - 急行越前の鉄の話

    スハニ64 2212

    6月4日ということで、EF64の写真でも、と思って探していたら珍しい車輛の写真がありました。オハニ61に電気暖房をつけて重くなったスハニ64です。1982年3月末の時点で本家オハニ61は326番が1両だけ鳥取に、北海道用のスハニ62が4、24、41が北見に、そしてスハニ64の2143と2212が郡山に残っているだけでした。因みにオハニ36は13両残存、秋田にはオハニ36に電気暖房をつけたスハ...

  4. 523の日!?スハフ42 523 - 急行越前の鉄の話

    523の日!?スハフ42 523

    なかなか出かけられない昨今、何かネタがないかと探していたら..スハフ42 523がいました!!昔一度ご紹介したような気がしますが、元はスハ42 501←スハ42 13で本来なら緩急車でスハフ41になるべきだった車両です。写真をよく見ると、歯車式車軸発電機と大型蓄電池箱はもちろんですが、ただでさえ異端車なのに、車掌室窓はアルミサッシの引違え、向こう側の台車の手前には温気暖房器、こちらの台車の手...

  5. 短命に終わった50系客車 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    短命に終わった50系客車

    老朽化した一般客車の置換え用に開発50系客車と呼ばれる客車が、昭和52年に誕生しました。昭和31年以降、一般型と言える客車は製造されておらず、これら老朽化していた、旧型客車を置き換えることを目的に開発されたものが50系客車でした。もちろん、急行形客車等の格下げ改造【スハ43など】で全体としては改良が進んでいるとはいえ、引き続き手動ドアであることから、安全面でも問題があり、昭和52年当時で90...

  6. 1996年白沢 - 懐可視画像庫

    1996年白沢

  7. 鉄道ピクトリアル2020年1月号「思い出の客車列車」 - 急行越前の鉄の話

    鉄道ピクトリアル2020年1月号「思い出の客車列車」

    鉄道ピクトリアル2020年1月号(968号)は「思い出の客車列車」という特集です。その中で「客車の色は青か、茶か」という記事と「47-3における客車特急・急行の動き」という記事に特に興味を持ちました。スハ43の青と茶色のリストが載っていますが、この資料は貴重ですね!この資料の時点の1978年3月末でスハ43は208両ですが、オハ46が199両、オハ47に至っては293両いましたからそっちも欲...

  8. 急行「銀河」とスハ44 - 急行越前の鉄の話

    急行「銀河」とスハ44

    私は新幹線博多開業後の昭和50年代初め、いわゆる「ブルートレインブーム」のころに、東京駅や上野駅に通っていた世代なのですが、その中に10時前に東京に着く急行「銀河」もありました。編成は「大阪←ハネ+ロネ+ハネ×9+スハ44+スハフ43→東京」で、元特急用座席車のスハ44の最後の優等列車運用でした。ところがこのころの上り「銀河」の写真を見るとかなりの確率で東京方のEF58の次位はスハフ42でし...

  9. 羽前中山1980年(昭和55年) - 懐可視画像庫

    羽前中山1980年(昭和55年)

    山形撮りまくりその④ちょっとカーブのとこで、また2時間臨時つばさ客車はイイねキハ65は多分、米坂線経由の新潟行あさひ

  10. 中川羽前中山1980年(昭和55年) - 懐可視画像庫

    中川羽前中山1980年(昭和55年)

    山形撮りまくりその③背景に山を入れたくて、中川から田んぼの中で2時間

  11. スニ41完成 - Salamの鉄道趣味ブログ

    スニ41完成

    スニ41はインレタ貼り&半光沢クリア塗装、窓セル貼り、室内表現の取付を行い完成しました。ナンバーは適当に貼ったら、これは鳥海用の車番・・・。所属は尾久にしたので、ごっちゃごちゃです。八甲田に組むなら2001とか2002にするんだった。クリア塗装してしまったので後の祭りです。車掌室にはシートを置いてみました。天賞堂の客車用をボディ幅に合わせて左右幅を詰めてみました。が、良く見えない・・・。寸法...

  12. 羽前千歳南出羽1980年(昭和55年) - 懐可視画像庫

    羽前千歳南出羽1980年(昭和55年)

    山形撮りまくりその②赤い電機にブルーの客車は最高に合う、と思う山形以北は75700の天下だね、75700の重連はイイね、陸羽西線経由の鶴岡方面の急行とかあったこんな田んぼの真ん中で、何時間居たっけ?過去、若かったし、今ほど猛暑にはならないが、それでも山形って暑いんだな、これが。

  13. 山形蔵王1980年(昭和55年) - 懐可視画像庫

    山形蔵王1980年(昭和55年)

    山形帰省もこれで終わりだから、撮りまくりその①朝一着の夜行ざおう臨時で山形に着いて、即撮影開始したとかキハ20や55が引退するらしく、40がいつの間にか登場してた旧型客車も風前の灯火か?50客車の赤いのも登場、赤い電機に合うか?合わん!

  14. 南浦和夜行1980年(昭和55年) - 懐可視画像庫

    南浦和夜行1980年(昭和55年)

    また南浦和にやって来たよ夜行列車らを上から順に加賀男鹿越前北星津軽あけぼの東大宮からの回送八甲田東大宮へのゆうづる回送

  15. スニ41の塗装完了 - Salamの鉄道趣味ブログ

    スニ41の塗装完了

    土日の晴れ間に塗装をしました。よく晴れているはずだったのですが、みるみる雲が増えてきて湿度も上がり、エアブラシからは水滴を吹く始末。3度塗装をやり直す羽目になりましたが・・・・。トラブル続きだったので途中写真がありません。1. マッハメタルプライマーを全体に。2. 淡緑色で車掌室室内、屋根裏とパレット荷物室柱、妻板裏側を塗装。3. パレット荷物室の床は某MSNや先人の作例だと淡緑色になってい...

  16. 渋川敷島1980年(昭和55年) - 懐可視画像庫

    渋川敷島1980年(昭和55年)

    遠征したよ上越線定番の渋川利根川鉄橋で背後に冠雪の赤城山クソ寒いのによく歩くんだな58の客車は湯沢臨時スキーかないなほは400mmで捉える5枚目はこれも臨時新雪、榛名連峰が綺麗だったよ

  17. スニ41は生地完成 - Salamの鉄道趣味ブログ

    スニ41は生地完成

    安達のスニ41ですが、床下や細かなディテールはこだわるときりがないので、腕前と予算と相談してエコーの胴受けパーツと客車引戸取っ手を取り付けて生地完成ということにしました。窓が小さくあまり見えないだろうけれども、車掌室内装もプラ板細工で作ってみます。工房ひろの仕切パーツ等を使うと素晴らしい出来になりますが、ただでさえスニ41は屋根板が二重で重いのですが、内装もブラスで作るとさらに重くなっちゃう...

  18. 上野冬夜行到着1980年(昭和55年) - 懐可視画像庫

    上野冬夜行到着1980年(昭和55年)

    この1980年内で一時的に鉄を停止したのでもこの年は撮って撮って撮りまくったんで、当分つづくんよしかしこの、クソ寒い中上野に着く夜行群、雪が付着で大興奮EF58の能登、越前、鳥海、津軽、あけぼの何か、旧国名ばかりで時代劇?かよもう、駅のホーム撮りは止めたい、といつも思っていたんだが。

  19. 先週の蒲田、そして買ってきたもの - Salamの鉄道趣味ブログ

    先週の蒲田、そして買ってきたもの

    先週は台風19号来襲で大変でしたが、蒲田の鉄道模型ショーも1日目は中止に。日曜日は台風一過で快晴でした。第一京浜に車がいない朝。まだ首都圏の鉄道が半分も動いていないのに鉄道模型ショーは開催されていました。個人的には天賞堂の新パワトラみたいなのが気になります。トラムウェイも新製品を発表していました。DD16のサウンドDCC化は難しいだろうなと思ったり。パーミルのPDCは組み立てたら楽しいだろう...

  20. 黒磯1979年(昭和54年) - 懐可視画像庫

    黒磯1979年(昭和54年)

    褪色が酷過ぎてヤンなる多分夏、東北新幹線はまだ工事中クソ暑い那珂川の鉄橋の下で、よく我慢して狙っていたもんだ黒磯駅構内では、ELの交換があり観察して楽しんだ余りにもホーム上にいたもんだから、改札口で何してたの?って聞かれる程ED71は好きだったな、既に直流のED62とかが消えていたんで、顔同じED75の重連は多かった、今のEH500だな。

総件数:75 件

似ているタグ