宮大工のタグまとめ

宮大工」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには宮大工に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「宮大工」タグの記事(23)

  1. 銅板工事 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    銅板工事

    大仙寺様本堂改修工事の状況です。銅板工事も順調に進んでおります。軒付5段葺です。綺麗に納まってます。この狭さ。大工も板金屋さんも泣いて喜んでおりました(涙)谷は網代葺です。下には捨銅板が入っているので、雨漏の心配はないです。向拝唐破風の箕甲と谷の網代葺。隅の蛤葺廻しもバッチリです。大工の気持ちをしっかりと板金屋が汲み取って、形にして良い仕事をしてくれています。さて、棟梁の山本君は板金工事が終...

  2. 菅組 刻み小屋から - ShopMasterのひとりごと

    菅組 刻み小屋から

    善通寺市にある小さなお寺の部材の番付が進みます。彫り物はほぼ完成。こちらは若手宮大工が金輪継ぎに挑戦中。刻み小屋では黙々と作業が進みます。鉋と鑿の音が小屋に響きます・・・

  3. 火燈窓の続きと建具修理 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    火燈窓の続きと建具修理

    大仙寺様本堂改修工事の状況です。こちらは先日の続きの火燈窓です。バッチリ納まりました。菅ケ谷君も腕を上げています。これが修理前の火燈窓。下半分の格子が切断されていました。こちらは、硝子障子の修理前。修理後。こちらは、筬欄間の修理前。修理後。今回の工事では、建具の修理まで見ておりませんが、他がよくなったら見ていないものまでやりたくなってしまうのが職人魂です。大手の下請けでやっている大工さんなら...

  4. 刻み小屋の風景 - ShopMasterのひとりごと

    刻み小屋の風景

    ある日の菅組刻み小屋の様子です。宮大工が彫り物を製作中です・・・檜の塊が彫刻刀のような鑿で彫られていきます。図板です。神社の部材が並びます。もうすぐ出番を迎えます・・・

  5. 火燈窓 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    火燈窓

    大仙寺様本堂改修工事の状況です。修理前の火燈窓です。後の改修で下半分が切り取られてしまっております。今年3年目の菅ケ谷君が任されました。南京鉋で四分一を仕上げております。格子の仮組。網戸として納めるので、片面ずつ格子を作ります。片面からステンレス網を張り、この上から押縁と四分一で押えます。さて、本堂内部は天井張り替えも終了し、片付けに入っております。この春弟子入りした大城君は、内部の掃除を頑...

  6. 結婚記念日 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    結婚記念日

    4月12日は、私事ながら結婚記念日になります。5年前、結婚を記念し、御神輿の制作をいたしました。制作した御神輿は、妻に結婚指輪の代わりにプレゼントしました。その時の制作工程を紹介いたします。図面と原寸図をもとに、型板の作成です。茅負の加工です。茅負は須弥留にして、車知栓打ちとしております。心柱と屋根力板の組立て。心柱と屋根力板の仕口は、二枚ホゾ車知栓打としております。逆さまにして組立てです。...

  7. 雪化粧の鎌倉 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    雪化粧の鎌倉

    鎌倉 円覚寺塔頭 雲頂菴様 望岳殿屋根替え工事の続きです。この写真は、春分の日の3月21日の写真です。この日は、前日に足場の解体が完了し、片付けに行ったのですが、3月だというのにまさかの雪で驚きました。片付けは途中で作業中止にならざるを得ませんでしたが、雪化粧は滅多にお目にかかれないので、これはこれで風情ありました。杮葺から銅板葺に改めましたが、銅板は葺足二寸三分(70㎜)で葺いたので、杮葺...

  8. 祝 落慶 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    祝 落慶

    本日は、鎌倉の円覚寺塔頭 雲頂菴様で望岳殿の落慶でした。おめでとうございます。これは、先日の枝垂れ桜が満開時の写真です。季節の花の中に佇む望岳殿です。工事は、今年の1月よりスタートしました。杮葺はかなり傷んでおりました。杮葺の解体中。今回は、杮葺から銅板に改めるため、下地を作ります。将来的に、また杮葺に戻せるように、杮葺の木舞野地は残し、上に胴縁を打ちます。野地板張り。田代君も頑張っておりま...

  9. T神社屋根改修工事 - ShopMasterのひとりごと

    T神社屋根改修工事

    観音寺市豊浜町にある神社の屋根改修工事中の光景です。屋根の改修工事と言っても瓦を葺き替えるだけではなく、下地の痛んでいる木材(野地板や垂木など)を取り替える工事がかなりの量あるので宮大工達の出番となります。残せる古い部材は残し、痛んでいる木材は新しいものに取り替えていきます。新旧融合した材料が歴史を繋いでいきます・・・若い宮大工の卵達の修行の場でもあります。墨の番付があちこちにはっきりと残っ...

  10. 唐破風の続き - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    唐破風の続き

    大仙寺様本堂改修工事の状況です。軒唐破風の箕甲も終了しました。いい感じに納まりましたよ。板金屋さんは、ルーフィングの上に銅板の捨板です。谷ももちろん捨板。谷と唐破風の棟との取り合いが一番雨仕舞が悪いですので、これでもかってくらいに養生して、その上に箱棟を乗せます。こちらは、後堂の箱棟。こういうところをきちんとやっているかどうかで、50年後に雨漏りするかどうか、違いが出ます。見えないところこそ...

  11. 唐破風と - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    唐破風と

    大仙寺様本堂の状況です。大屋根の野地も終了。こちらは後堂。鬼の仮合わせ。向拝の唐破風の屋根下地です。唐破風の箕甲櫛型取付け。あとは小割桟打ちです。正面千鳥の妻は、銅板工事が終了してから手を付ける予定です。さて、内部造作はというと、天井張り替えが進んでおります。木工事の方は、先が見えてきました。以上、大仙寺様の状況でした。

  12. 千木と勝男木 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    千木と勝男木

    先日の某神社本殿箱棟修理の続きです。新しく作り替えた千木は・・・こうなりました。錺金具もすべて金箔押で新調しました。これを本日取付けました。写真は公開できないので、これで堪忍してください。一人で運べるほどの大きさなのですが、小さくても大きくても、かかる手間は同じです。板金屋さんもキレイに納めてくれました。

  13. 野地板張り - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    野地板張り

    大仙寺様の状況です。照り起り(てりむくり)屋根の本堂の野地板張りも、順調に進んでおります。背面側の後堂との取り合いです。正面側。向拝の入母屋屋根との取り合いです。今週中には唐破風の野地残しでほぼほぼ野地板張りは終了する予定です。さて、工場では箱棟廻りの加工が進んでいます。向拝軒唐破風の鬼板です。これから彫刻を仕上げます。以上、大仙寺様の状況でした。

  14. 見学会と - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    見学会と

    年度末でバタバタしておりましたので、久々の更新です。大仙寺様本堂改修工事の現場では、見学会を開催しました。3月3日(土)は檀家様の見学会を開催しました。140名余りの檀家様にご来場いただき、盛況に開催することができました。3月7日(水)には、神奈川県建築士事務所協会の木造特別委員会 伝統工法部会の見学会を開催しました。まずは、工事の流れをパワーポイントで説明です。ご住職様には開館を貸していた...

  15. 軒付 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    軒付

    大仙寺様本堂改修工事の現場です。軒付が取り付きました。赤身の杉板ですので、長持ちしますよ。こちらは、向拝。野隅木も付きました。反対側では、野隅木の取付中。振隅木ですよ。こちらは、客殿側。かなり狭いです。大工さんも大変ですが、板金屋さんも大変ですね~。これは、小屋束。既存の母屋を痛めることなく、すべてヒカリ付けて納めます。既存の母屋の上に束のすわりを取ってしまえば早いですが、既存の小屋組を保存...

  16. 桔木入れ - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    桔木入れ

    大仙寺様本堂改修工事の近況です。プロペラのように捻じれてしまった為鼻先を継木した化粧隅木は、隅桔木でがっちり補強です。桔木を入れる為に桁上に枕を敷きました。桔木入れ。元々は一間おきに入った力垂木のみで、桔木は1本も入っていませんでしたので、軒先の不陸が顕著でしたが、今回の修理で桔木を入れて補強しました。がっちりしますよ。さて、こちらは野隅木の続きです。以上、大仙寺様の状況でした。

  17. 千木と - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    千木と

    工場では、木村さんが某神社本殿修理工事の千木の加工です。千木の製作完了。これは、既存を基にした原寸図です。加工が終了すれば、板金屋さんの出番です。さて、こちらは私が担当している鎌倉市の某お寺さん修理工事現場の登りです。捻じれて納まるので、赤身芯去四方無地の材料から作り出しです。以上、工場の近況でした。

  18. 宮大工の技など、ユネスコ無形文化遺産へ - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    宮大工の技など、ユネスコ無形文化遺産へ

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180208-00000009-ann-sociユネスコ無形文化遺産の日本の候補として、宮大工や左官などの技術を「工匠の技」として推薦することが文化庁の審議会で決まりました。私も理事を務めている日本伝統建築技術保存会など、13の選定保存技術保存団体が推薦されます。以下、コピペ  ユネスコ無形文化遺...

  19. 野隅木と - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    野隅木と

    大仙寺様本堂改修工事の現場の状況です。継木された化粧隅木。隅桔木はこれからです。こちらは、補修された力垂木。背面側の登り梁は、シロアリにやられていたので1本交換です。現在は軒廻りが進んでおります。茅負、裏甲の留先もバッチリです。こちらは、棟梁の山本君が野隅木の取付中。既存の小屋組を一切傷めずに保存するため、この上に野隅木を受ける小屋束のヒカリ付けをします。こうなります。内側は、こうです。お見...

  20. お稲荷さん - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    お稲荷さん

    現在施工中の宮大工が建てる自然素材の家では、本日の初午に合わせて、稲荷社の工事です。保管していた稲荷社を据付け。鳥居を建てるために穴掘り。鳥居建立。本日は、初午ですので、仮本殿より遷座祭を執り行いました。おめでとうございます。今日は初午なので、神主さんも大忙しのようですね。さて、肝心の建物はというと、外部はほぼ完成しております。玄関より階段ホール。2階の洋室。大工工事は今週中には決まりが付き...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ