宮大工のタグまとめ

宮大工」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには宮大工に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「宮大工」タグの記事(34)

  1. 石雲寺様 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    石雲寺様

    石雲寺様薬医門新築工事の状況です。前回の続きの現寸です。テープで色分けすると見やすいんですよ。棟梁の酒井君は墨付けです。佐々木さんは斗の加工です。11月の落慶に向けて着々と進んでおります。

  2. 祝上棟 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    祝上棟

    仕事の方がバタバタしておりましたので、少し遅れた紹介です。6月29日に、伊勢原市内において、「宮大工が建てる自然素材の家」が上棟しました。天然乾燥の国産材100%の自然素材の住宅です。夕方には、形になりました。上棟式です。「槌打ちの儀」では、『千歳棟、万歳棟、永々棟』の掛け声に合わせて棟木を叩きました。これから完成まで、安全第一で進めてまいります。おめでとうございます。尚、構造見学会を企画し...

  3. 原寸引き - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    原寸引き

    原寸場では、石雲寺様薬医門新築工事の原寸を引いています。この現場の棟梁は、酒井君が任されました。原寸引きと型取りが同時進行しております。虹梁と木鼻です。宮大工は彫刻の絵様も当然ですが自分で書けなくてはなりません。石雲寺様薬医門は、今秋の竣工に向けて、着々と進んでおります。以上、石雲寺様薬医門新築工事の状況でした。

  4. 素屋根の解体(続き) - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    素屋根の解体(続き)

    本日は、日曜日ですが、いかがお過ごしでしょうか?大仙寺様の現場では、京都より出張で職人さんが来ておりますので、雨でも、日曜日の本日も素屋根の解体作業が進んでおります。先週、スパン18mのトラスの解体作業が行われました。下でバラします。一日でトラスの解体終了。実に段取りがいいですね。現在はここまで解体が進んでおります。素屋根の解体はあと少しです。以上大仙寺様の状況でした。

  5. 素屋根の解体 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    素屋根の解体

    大仙寺様の現場では、素屋根の解体工事が始まりました。波板トタンの撤去作業は雨が降ってると滑ってできないのですが、本日は良い天気になってくれたので、助かりました。素屋根とメッシュシートが外れると、本堂の姿が見えるようになりました。早くすべての足場を撤去して、全景を見たいです。半日で、波板の撤去完了です。京都の職人さんは、仕事の段取りがとても良いです。以上、大仙寺様の状況でした。

  6. 奈良へ(その1) - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    奈良へ(その1)

    先週の土曜日、日曜日は奈良で勉強会でした。10年前に、文化財建造物木工技能者の受講生が10名いるのですが、同窓会を行いました。土曜日は、興福寺で国宝館の見学。中金堂は素屋根の解体中でした。それにしても、大規模な木造建築は圧巻ですね。その後は、久しぶりに同期の仲間と楽しいお酒を堪能。日曜日は、法隆寺の見学です。まずは、西院伽藍から、国宝の金堂。(飛鳥時代)年代は諸説ありますね。国宝の五重塔。言...

  7. 鴟尾 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    鴟尾

    大仙寺様では、鴟尾の取付けが完了しました。板金屋さんも取付けには苦労されておりましたが、バッチリ納まりました。現場では、屋根工事もあと少しです。以上、大仙寺様の状況でした。

  8. 避雷針と鬼 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    避雷針と鬼

    大仙寺様本堂の状況です。これは避雷針です。古いものでしたが、大変手の込んだアイアンデザインですので、あえて再利用しました。錆々だったものを酸洗いし、ドブメッキを施し、ステンレスのブラケットを特注して取付けました。後は、電気屋さんが突芯と取付ければ完了です。さて、唐破風の鬼台を削って欲しいとのことで、鬼台の光付けです。工場で鬼台を巻いてから、こちらの鬼とともに取付ける予定です。今月半ばより、素...

  9. 避雷針と鬼 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    避雷針と鬼

    大仙寺様本堂の状況です。これは避雷針です。古いものでしたが、大変手の込んだアイアンデザインですので、あえて再利用しました。錆々だったものを酸洗いし、ドブメッキを施し、ステンレスのブラケットを特注して取付けました。後は、電気屋さんが突芯と取付ければ完了です。さて、唐破風の鬼台を削って欲しいとのことで、鬼台の光付けです。工場で鬼台を巻いてから、こちらの鬼とともに取付ける予定です。今月半ばより、素...

  10. 寺院上棟式 - ShopMasterのひとりごと

    寺院上棟式

    善通寺市にある小さなお寺の本堂 上棟式でした。紅梁や組み物の彫り物はすべて菅組刻み小屋で宮大工達が彫ったもの。ハレの舞台に登場であります・・・

  11. 箕甲の続き - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    箕甲の続き

    大仙寺様本堂改修工事の状況です。板金屋さんは、向拝軒唐破風の箕甲が完了しました。箱棟も終わり、鬼と鳥衾を付けるのみとなっております。板金屋さんは0.4㎜の銅板ですので、箕甲の曲線出しに苦労されたようです。ご苦労様です。以上、大仙寺様の状況でした。

  12. 箕甲と銀杏葉 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    箕甲と銀杏葉

    大仙寺様本堂改修工事の状況です。板金屋さんは、しばらく加工に入ってましたので、久々の状況報告です。向拝千鳥の箕甲です。いい感じに納まってますよ。振り子は、型取りした通りに納めていきます。この振り子のラインで建物の良し悪しが決まると言っても過言ではないですから、板金屋さんも責任重大ですよ。バッチリです。こちらは、銀杏葉です。軒付、銀杏葉ともに扇状に割り付けしているのがわかりますか?軒付の破風尻...

  13. 配筋検査 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    配筋検査

    伊勢原市内の「宮大工が建てる自然素材の家」では、基礎工事が着々と進み、本日は配筋検査を行いました。縦筋のフック、人通口の補強鉄筋もバッチリです。基礎屋さん曰く、「ハウスメーカーの住宅のように30年ほどで壊してしまうのと違って、内田工務店さんの建物は上物が高い耐久性があるので、基礎も負けないように気を使ってます」だそうです。ありがたいですね。この住宅は6月末頃に上棟予定ですが、7月に構造現場見...

  14. 日伝建 春季研修見学会 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    日伝建 春季研修見学会

    5月27日(日)、28日(月)と、日本伝統建築技術保存会の総会・春季研修見学会に出席するため、京都に行っておりました。総会後には、山岸常人氏による-「構造形式」を考える-と題した特別講演会が行われました。その後、情報交換会を開催し、会員相互の情報交換と懇親を深める機会となりました。情報交換会の後は、有志で京都駅そばの新福菜館のラーメン。肉多め(チャーシューメン)京都に行くと、天一か新福菜館の...

  15. 刻み小屋の風景 2018年5月 - ShopMasterのひとりごと

    刻み小屋の風景 2018年5月

    善通寺市にあるS寺。今月25日の建て方に向けて菅組刻み小屋では急ピッチで作業が進みます。各種彫り物も着々と出来上がってきています・・・。写真は紅梁の彫り物。こちらは砥石場。色とりどりの砥石が並びます。刻み小屋全景。

  16. 東光寺様 見学会 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    東光寺様 見学会

    本日は、昨年末に竣工した東光寺仁王門の見学会を開催しました。これは、竣工時の写真です。安永3年(1774)建立の仁王門は、老朽化が進んだため、一年三カ月ほどの工期で全解体修理を行いました。集会場にて、パワーポイントで一時間ほど修理内容を説明。タウンニュースを見て申し込みをされた方々が50名近く集まりました。仁王門に移動。上層内部の見学。皆さん熱心に見入っておりまました。上層の外部も見学。通常...

  17. 振り子 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    振り子

    大仙寺様本堂改修工事の状況です。これは箕甲の振り子の型板とりです。大工の下地に合わせて、板金屋さんがルーフィングで型取りをして、加工します。拝みの方はこのようになります。箕甲残しで銅板を葺いていきます。軒唐破風も箕甲を残しています。平の銅板は今週中に決まりが付きそうです。隅は蛤葺き回しですが、寄棟屋根は隅が長いから板金屋さんも大変ですよ。谷の網代葺き。綺麗に納まりました。以上、大仙寺様の状況...

  18. 唐破風の鬼 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    唐破風の鬼

    大仙寺様の向拝軒唐破風の鬼です。シンプルイズベストをモットーにデザインしました。いかがでしょうか?鬼台とともに仮合わせ。後は板金屋さんが銅板で包みます。住宅の鬼はガランドウがほとんどですが、社寺の鬼は必ず芯に無垢板が入ります。以上、大仙寺様の鬼板でした。

  19. 下見板 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    下見板

    大仙寺様本堂の下見板の修理です。換気口も作り、板を新調しました。こちらは、渡り廊下。そして毘沙門堂。見積に入っていなかったんですが、廻りがよくなったので、ご住職様や檀家様に喜んでいただければと、綺麗に直しておきました。以上、大仙寺様の状況でした。

  20. 箕甲 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    箕甲

    大仙寺様の状況です。向拝千鳥の箕甲です。櫛型の取付けです。小割桟の取付け。小割桟の取付けは捩じりながら固定していくので、結構大変なんですよ。完了。この下地に合わせて、板金屋さんが振り子の型取りをして葺いていきます。それはまた今度紹介します。以上、大仙寺様の状況でした。

1 - 20 / 総件数:34 件

似ているタグ